最近のトラックバック

PTNA

2020年7月24日 (金)

モーツァルトピアコン20番1楽章進捗状況

Dsc_1184

モーツァルトピアコン20番1楽章のアレンジ、レジスト乗せながらようやくゴールが見えてきました。

最初の序奏オーケストラの部分で、どのパートをオルガン鍵盤のどこで弾かせるか配分に悩み、やはりメロディーを右手で弾かせるのが筋かとおもったら、かなりの分析構築見直しと、シンコペーション左手の動きが難易度高くなり、練習しながら腱鞘炎になりそう?いやこれは末梢神経がイカれてきた糖尿病の症状?いやいや、単なる練習不足の結果(^o^;)ではとか、まあ、最初の77小節のソロをひたすら完成させねば、初演でご一緒する森田香先生にも、申し訳が、、、と、エネルギーかけまくりまだまだ不十分ではありますが、流れるようになりました。

そんなやこんなで、よくあるパターン、その後は、きっとモーツァルトも作品発表に圧されたのか、あららこっちだ、あそこだ、ほらちょっと形式にのっとり転調がと、似たような音形切って貼っての大騒ぎで、一気に最後まで行けそう~

何せ、長調が多いモーツァルト作品において、短調で、なんだかシリアスサスペンスかかった、やや、ゾクゾクおどろおどろしいような、そしてやっぱり美しく悲しく品格ある光を放っている作品で、取り組みながら今回は、そのエネルギーで具合が悪くなった気分に、、、なりました。あーやや、お疲れですが、また弾きたくなるモーツァルト病は、前から変わらずです。

20番弾いたあと、23番弾いてみました。

生き返りました(笑)

そんな時に、ガーン!

いよいよ壊れたヘッドフォン。

今回はネットで即購入。やっぱりいい音じゃないと作れません。

頑張りまーす❤️


2020年7月 1日 (水)

モーツァルト音色表

Dsc_1040_20200702231301

モーツァルトピアコン23番全楽章のオーケストラパートをエレクトーン一台で演奏できるようにアレンジして楽譜にしたもののステージア音色表を作りました。

昨年の銀座で3楽章、その前の年のアリエッタで1楽章、少し前2017年の天空に2楽章と、コンサートごとに少しずつ書いて発表したものを、おさらいするように振り返ってレジストを開いてみました。

私のオーケストレーションのレジストノウハウが、表されているようでした。

先日PTNAミュッセに入稿、そこに加えて本日こちらも入稿、まとめた一覧を眺めてみたら、大変な労力だったことを実感するわけです。

苦労があっても、楽しい苦労に思えるこの作業、やりたい作品は夢のように続きます。

ショパンに皇帝、モーツァルトに、ラフマニノフに、プロコフィエフに、ラヴェル、きりなく楽しみが広がります。

最近オンラインでの講座が続くので、昔読みあさった楽書類をまた読み返したり、読み残した専門書、30代には直ぐに睡魔が襲っていたのに、今は眠れないワクワクでページをめくり朝を迎えます。

データもかなり前に作成した文書が、思いがけず役立つかと、またタイミングよく見つけ出すのは、神様の思し召しかなと。(笑)

モーツァルト音色表、これにしたがってセットして、ピアコン弾いて下さいませ~発売になったら、またご案内致しますね。(*^^*)

2020年4月 1日 (水)

少し性根を据えて

Dsc_0731_20200401001001

在宅ワークで出張が無くなり、私にとっては、いきなり自分の活動を見つめる穏やかな毎日が訪れました。

今日は、銀座にご参加の生徒さんからメールがはいり、順調に準備が進み、合わせを楽しみにしてくださっていることが書いてあり、本番は延期となったことが、演奏を更に磨いて完成度高くご披露できるし、一段階アップしたステージを目指していけるなと、大変ポジティブな気持ちになりました。

ありがとうございます。

時間ができた分、この機会にちょっと思っていることをひとつずつやっていこうと思っています。

本格的なピアコンをいろいろと挑戦し、伴奏譜を書き続けて残しておきたいこと。

そして、それを演奏するために、腕を磨くこと。

エレクトーンを使ったピアノ指導について、jet教材活用研究を賛同する仲間とトライ、まとめる。

エレクトーン伴奏者養成

60歳になって銀座YAMAHAホールを体験したことは、伴奏音楽を作り奏で、広げるリサイタルのようなものでしたが、作品展として、発表会のいろが濃いものでした。

その成果を踏まえ、来年に延期となった銀座コンチェルト、これは継続させるには、普及の観点からまた違ったアプローチを今後は考えねばならないと思っています。

私にとってのjet業務活動での関わりは、自分自身の音楽を広げること自体がエレクトーン普及につながるコンチェルトであることを自覚して、御一緒できる方々との研鑽をより行っていくことがこれから次の段階かと思います。

今年度の関わる各支部の指導活動方針には、jetブランディングと称してjetならではの音楽指導をアピールしています。

こうやって書いてみると、シニア生活をのんびり、コロナがきっかけとなり、、、には、程遠いぐらい目標や挑戦がいっぱいでした。(笑)

3月は、ベートーヴェンにモーツァルト、4月は、ショパンをやってみようかなぁ~

ひとつずつ、ひとつずつ!

毎日、少しずつ。

皆様、応援してください。


2020年3月 2日 (月)

求めること、求められること

Dsc_0624

コロナの影響は、忙しさから解放されています。ありがたや~(*^^*)💕

毎日創作料理、体によいもの工夫して、お財布にも心にも優しいもの作って食べてます。写真は、冷蔵庫にあった春野菜で作ったパスタ、ちょっと山椒もいれてみた~(*^^*)

このらくらくお楽しみ時間の皺寄せがあとからくるかなと思うことすらノビノビのストレスフリー!やったあ😃✌️

何かとたまって後回しになっていることを、今日は2つ解決!

私の音楽ファンみたいな方に約束していたオリジナル曲の楽譜をお送りしました。大切に弾いていただけそうなので、コンチェルト版でなく、ソロ版で整えてみたら、いろいろと気持ちも楽になりました。

ソロオリジナルは、初めて誰かの前で弾く度に、いい思いをしたことがなく、あとになってその作品のよさを多くの方から賞賛していただくほど、当初の打撃、インパクトを思いだし、我が身の弱さに泣けてくる繊細な自分を感じ続けてきました。

いつか誰かに、1番とおい世界でじたばた一人で喜んでこれこそ滑稽に思えて、、、と、語ったら、その方はかなりの音楽家でいらしたのですが、私の真意が深く届いたようで私よりも遥かにその気持ちを背負っていらっしゃること感じて、更に落ち込んでしまったこともありました。

偉大な方々もそうなんだ!

私ごときが、何を迷うか!

その方から、そんなこと考えて落ち込んでいる場合か?みたいに、たぶんご自身にも励ましの意味をこめて、おっしゃってくださったこと、有難いと思っても、私ごときは、、、と暗い、すねる、腑抜け~

おほほほ、グリコはこんなのつくりましたぁ~ギャハハハハ、聞いてね😁ぐらいの勢いなくて、どーするよ~、、、と、生徒に言うワタクシ(^-^)v

世の中回ってます。(笑)

作ったエレクトーンソロ曲、作ったピアノオリジナル曲、こうして浄書もちょっとできるようになり、自主制作でもそれなりに楽譜制作成立、お客様はいてくださり、それを奏でて下さる、そのためにレッスンしている方もいてくださる、ついでにそれがきっかけで楽器買ってくださる、この最後のところに意識が集中している方々との接触が結構今のワタクシを作っているわけですが、求められるところに、できることをの需要と供給の縦筋の奥行き、しっかり見つめて求めよ、さらばあたえられん~(*^^*)

わたしのじ~ん~せ~い~

あなたに捧げますぅ❤️

2019年12月16日 (月)

コンチェルト新作講座開催ご案内

1911131404162rzp_l

❮❮❮ピアノ&エレクトーン❯❯❯

***クラシックアンサンブル講座~レクチャーコンサート***

松丸弘子編曲「初めて出会うコンチェルト」対応の、恒例の新作講座を開催致します。銀座YAMAHAホールでのコンサートをお聞きになられたり、これまであちこちで開催した講座にご参加下さった皆様、初めてご参加下さる皆様も、どうぞピアノの生徒さんへ華やかな発表会のために松丸弘子編曲のエレクトーン伴奏クラシックアンサンブル作品を活用してみませんか?

主にピアノは原曲としていますので、レッスンやグレードなど、きちんと仕上げたあとに御褒美で楽しむコンチェルトでお使いになっている先生方のお話をよく伺うようになりました。

取り組んで下さる皆様の広がりを感じながら、書き続けてきた作品数は、既にかなりの数になってきて新刊としてVol.28を迎えるに至っております。

今回は、リクエストをいただいた、発表会によく弾かれる初級のピアノ曲、中級レベルの名曲、また、好評をいただいております松丸弘子のオリジナル曲も中級レベルで書き下ろし発表、各曲の編曲と演奏や指導のためのポイントを、松丸弘子のエレクトーン、ピアノアシストは、小原久美子先生、森田香先生、持山愛先生でお伝え致します。


◾️日時  2020年2月11日(火)(祝)

午前10時半~12時30分

◾️場所  練馬区石神井公園駅徒歩7分 ムジカサロンフォレスタ

◾️受講料 3000円(税込) 受付にてお支払下さい。

◾️当日の新刊楽譜~

初めて出会うコンチェルトVol.28 29 他

予定価格 各2000円(各5曲程度挿入)

◾️新作紹介曲

クリーゲル~メヌエット

モーツァルト~魔法の笛

ケーラー~お誕生日のマーチ

グルリット~ガボット

モーツァルト~アヴェベルムコルプス

ビゼーカルメン~ハバネラ

ドヴォルザーク~ユーモレスク

リスト~ハンガリアンラプソディ第2番

モーツァルト~交響曲40番第一楽章

松丸弘子~Open Cafe

松丸弘子~SOAVE

松丸弘子~真っ赤なリンゴのロマン

*曲目は当日変更される場合があります。

◾️楽譜販売、およびデータのご希望の方は、必ずUSBメモリをご持参下さい。

既存楽譜は、在庫切れの場合、当日受付し、後日お届け(着払い)でご注文を受け付けます。

◾️講座のお申し込み

お電話では08035172770へ、

メールでは、gurico8765@gmail.com

定員(30名)になり次第締め切りますので、早めのご予約をお願い申し上げます。


2019年10月31日 (木)

ホームページリニューアル

Iso2022jpjaadsy5f7252

皆様、いつもブログをご覧いただいてありがとうございます。

ホームページをリニューアルいたしました。

アドレスは以前と変わらず

http://concerto-bravo.com

となります。

7年ぶりのリニューアル、古くは2000サウンドドリームに始まり、リニューアルする度に自らの活動を見直すきっかけ、60歳となって生涯現役を貫く覚悟もでき、エレクトーンと伴に関わって、音楽に活動にと、特に普及の観点からお役にたつページ作りをこれからも目指して参ります。

制作した作品や、jet活動について、また作品楽譜、データ販売についても、より発展したページ取り組みをご提供できるように、更に作り込んでいくつもりです。

これからもどうぞよろしくお願いします。



2019年10月26日 (土)

天本真理絵ピアノリサイタル

1571960615073

1572081401185

Dsc_0172

Dsc_0171

大阪で天本真理絵さんのピアノリサイタルを、ヤマハなんば店のピアノサロンで聞いてきました。


かれこれ10年ぐらい前になるでしょうか、当時芸大院生だった彼女にコンチェルトのピアノアシストをお願いし、音楽活動をサポートしていただいてました。


ドイツ留学から戻られて、今は地元関西で活躍。お目にかかるのも、かなりのお久しぶり。


リサイタルは、正統派ピアノ音楽を紡ぐプログラムで実に聞き応えあり、飽きることのない音楽を楽しませてくれ、幅広い音の表現で立体感溢れる彼女らしい懐かしい音楽が流れてきて、耳の奥に残るその音、表現を思い出しました。と同時に、その成長と実力に胸が熱くなり嬉しくて涙がこぼれました。


今日のプログラムは、ケンプのアレンジによるJ.S.バッハのカンタータに始まり、次第に壮麗な雰囲気に。2曲目のモーツァルトのソナタでは、軽やかさがやはり楽しいお喋りのようでもあり、三曲めからのドビッシーのベルガマスク組曲の4曲ではそれぞれの曲にあわせた色彩、音色が光り、ため息だったり、囁きだったり、最後にシューベルト ピアノソナタ第20番は圧巻のテクニック。


演奏も素晴らしいけれど、学生の頃教えることにも力を発揮していたことを思い出して、聴きにきているお弟子さんたちに、時の流れを感じ、変わらない音楽、ピアノへの情熱が伝わり、人生の中で関わる彼女の存在が私にも励みに感じるコンサートになりました。


天本さん、これからもますますのご活躍を心から祈っています。今日は、素敵なピアノを聞かせて下さりありがとうございました。またね❤️

2019年8月14日 (水)

打ち合わせ~信頼を作る

Dsc_2008

お盆で東京は毎年の光景、地下鉄も街も、人が少ない~

今日は、この時期に帰省中の娘を連れて銀座コンサートのMCをお願いした先生と、上野でじっくり打ち合わせを行いました。

人が少ないといっても、暑さが和らいでくれるはずはなく、駅ナカのレストラン、レカンにてティータイムのあと、更に場所を変えて、喫茶「王城」へ。

夕方まで本番さながらに全てのチェックをおこないながら、一言も漏らさぬ勢いで打ち合わせて、終わったらコンサートが終わった気分になりました。

こんなにじっくり詰めたのは、初めてのことかも。この時間、築き上げた信頼でコンサートは、上手くいくに違いない!と、盛り上げていける手応え感じて、胸が詰まるほど嬉しかったです。

また、コンサートの来場ご予約のご連絡が入って、見ず知らずの音楽指導者の皆様からのお問い合わせ、ご興味をお持ちいただけた生のお話も、何よりの励みになります。

昨日は、ずっとあたためたプログラム原稿をやっと入稿し、楽譜制作でも以前から大変お世話になっている担当の方に、また助けていただけたりと、本当に日頃からのお付き合いは大切で、安心してお願いできました。

そんな実家での様子を見た娘が、お母さん、いろいろやってきたけど、こうして有り難いこと、信頼で繋がって来たねと何気に涙目で語りかけてくれたら、私もドッと頑張ってきた苦労を振り返ってしまい、涙が出そうになりました。

まだ、本番これからだった‼️

皆様の支えがあってこその銀座のステージ、後援とはよくいったものだわ~ひたすら、感謝!感謝!

ちょっと気になることがあり、思いきって連絡したら、やはり的中で、なんと我が身のいたらなさを感じた日でもあったのですが、音楽の力で彼女が頑張っていこうとする姿にまた、私自身が励まされました。

関わる皆様のお気持ち、皆でひとつにして、其々がこのコンサートを次に繋がるエネルギーとなれますように。

今日もよい1日をありがとう。


2019年7月22日 (月)

コンチェルトアドバイスレッスン

Dsc_1858_20190722092301

昨日は午前中の研究講座のあと、午後から、8/23の銀座コンチェルトコンサートのためのアドバイスレッスンを行いました。

↑の写真、小3で私とのコンチェルトは3回目、ベートーベンソナタをコンチェルト❤️

Dsc_1859

ウェーバー人魚の歌をコンチェルトのお友だち。最初は緊張していたけど、合わせるほどに気持ちが入ってきて本領発揮!

Dsc_1860

シューマン異国からと、フォーレ  シシリエンヌのお姉さんたち。音楽に対する思いは、なんと真摯なことでしょう。そんな姿が私には可憐で密やかな野の花のように見えました。ありがとう(o^O^o)

Dsc_1863

ラフマニノフを弾いてくれる高校生、部活も忙しいけど、好きなピアノが息抜きになり、コンチェルトを楽しみにしてくれているようで、気かつけば彼とのコンチェルトも5回?いやそれ以上かも(^_^;)


あと約1ヶ月、いつもよりも早めに対応してきて、今日がはじめて合わせたお友だち、2回目の人、みんなそれぞれに合わせるほどに、私のエレクトーン伴奏を聞く耳の経験が重ねられて、コンチェルトの醍醐味を感じてくれたようでした。(お一人だけ撮影忘れてしまいごめんなさい((T_T))

ご担当の先生、ご父兄ともに熱心に聞き入って下さり、その様子に、またお互いに笑顔、そう!アドバイスによって少しずつ音楽が変化していくことが見てとれるから、ご父兄もまた納得、我が子の様子を心配しながらも、親として安堵や成長を喜び合ってご一緒下さっていらっしゃいました。

それぞれの家、教室からはみんな1時間以上の場所からお運び下さっているのですが、だからこその、日頃のレッスンとは異なる特別な機会。

そこでそれぞれの音楽、それぞれの取り組みに私がアドバイスできることは何なのか、またこの機会を納得していただくものへと、ご父兄にご指導下さったご担当の先生、そこに応えるためにも、私もその教室活動に責任をもって参画させていただかねばと心しています。

ピュアな気持ちが、音楽へと放たれ、その美的感覚育成が健やかな心の成長につながるように!

コンチェルトアドバイスレッスン、お疲れ様、またどうぞいらしてね。お待ちしています☺️

8/23 18:30開演 銀座YAMAHAホールにどうぞこの子供たちの応援、皆様のご来場お待ちしています。

2019年7月21日 (日)

エレクトーン指導研究講座2回目終了

1563719440638

1563719416099

1563719403303

1563719435051

今日は1日、石神井のムジカサロンフォレスタでした。

午前中は、2回目となったエレクトーン指導研究会。エレクトーンを使った新しい鍵盤指導を目指す11名の先生方がご参加下さいました。

音楽の入口~リズムを鍵盤に~キーボードパーカッションとリズムアサインの機能と活用法をお伝えし、実際にエレクトーンを囲み、プリセットで自由に鍵盤のパーカッションを叩いてリズムを打ったり、アサインのやり方、豊富なキットのご紹介など、皆様楽しく実践!

オートリズムに合わせるのではなく、アサインによる伴奏が生きたリズムとなって、生の音楽へとエレクトーンの新たな音楽創出表現をお伝えしました。

皆様で取り組んでいただいたのは、私のはじめて出会うコンチェルト作品から、アンダンテ(ハイドン)、聖者が街にやってくる。

その後、剣士の入場、双頭の鷲の旗のもとにをご紹介、効果的な生アンサンブル、キーボードパーカッション活用編は大いに盛り上がりました。

ご参加の先生方お疲れ様、ピアノアシストをいきなりお引き受け下さった先生ありがとうございました。

また、今回から生徒さんのご提供プロジェクターを使って流れとポイントをお知らせ、お貸し下さったY様、ありがとうございました。

また、資料の中には、現行発売機種エレクトーンの音色数やリズムの数などの違いが一目でわかる早わかり機種の違いなども、Y社のホームページを勉強してまとめました(^_^;) あ、別に何とかの回し者状態ではないですのよ、先生方がこの楽器を使って、音楽指導をされる時、生徒さんにご案内される時に、全く知識がないのは、その楽器の専門で教えているとは言えないのではと思うのです。知識としての心得は、必要だ!

さあ、次回は何をしましょう😃リズムの流れで行こうかな。

早速ご感想やら、お礼のメールをいただきました。大変嬉しく、笑顔の先生方の様子がまた励みになります(o^O^o) 

これからのスケジュールをお尋ね下さる方々もいらして、具体的にお伝えしておくと、奇数月は、何かしらのテーマに従い新たな講座、偶数月はそのフォーローアップ的に対応実施致します。

日程は以下の通り予定(月に一回 日曜日10:30~12:30) その都度ブログで1週間ぐらい前にご案内いたします。

8月は日程未定 ★9/29  ☆10/20  ★11/24  12月はお休み <<<2020年>>>  ★1/19 ☆2/16 ★3/22

本日の資料はこちらから

ダウンロード - 2e59b9ee79bae2019.7.21.pdf

パワーポイントはこちらから

ダウンロード - 2e59b9ee79baee38080kbpe381a8e382a2e382b5e382a4e383b3.pptx

ここまでお読みくださってありがとうございました。

より以前の記事一覧

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ