最近のトラックバック

PTNA

2019年8月14日 (水)

打ち合わせ~信頼を作る

Dsc_2008

お盆で東京は毎年の光景、地下鉄も街も、人が少ない~

今日は、この時期に帰省中の娘を連れて銀座コンサートのMCをお願いした先生と、上野でじっくり打ち合わせを行いました。

人が少ないといっても、暑さが和らいでくれるはずはなく、駅ナカのレストラン、レカンにてティータイムのあと、更に場所を変えて、喫茶「王城」へ。

夕方まで本番さながらに全てのチェックをおこないながら、一言も漏らさぬ勢いで打ち合わせて、終わったらコンサートが終わった気分になりました。

こんなにじっくり詰めたのは、初めてのことかも。この時間、築き上げた信頼でコンサートは、上手くいくに違いない!と、盛り上げていける手応え感じて、胸が詰まるほど嬉しかったです。

また、コンサートの来場ご予約のご連絡が入って、見ず知らずの音楽指導者の皆様からのお問い合わせ、ご興味をお持ちいただけた生のお話も、何よりの励みになります。

昨日は、ずっとあたためたプログラム原稿をやっと入稿し、楽譜制作でも以前から大変お世話になっている担当の方に、また助けていただけたりと、本当に日頃からのお付き合いは大切で、安心してお願いできました。

そんな実家での様子を見た娘が、お母さん、いろいろやってきたけど、こうして有り難いこと、信頼で繋がって来たねと何気に涙目で語りかけてくれたら、私もドッと頑張ってきた苦労を振り返ってしまい、涙が出そうになりました。

まだ、本番これからだった‼️

皆様の支えがあってこその銀座のステージ、後援とはよくいったものだわ~ひたすら、感謝!感謝!

ちょっと気になることがあり、思いきって連絡したら、やはり的中で、なんと我が身のいたらなさを感じた日でもあったのですが、音楽の力で彼女が頑張っていこうとする姿にまた、私自身が励まされました。

関わる皆様のお気持ち、皆でひとつにして、其々がこのコンサートを次に繋がるエネルギーとなれますように。

今日もよい1日をありがとう。


2019年7月22日 (月)

コンチェルトアドバイスレッスン

Dsc_1858_20190722092301

昨日は午前中の研究講座のあと、午後から、8/23の銀座コンチェルトコンサートのためのアドバイスレッスンを行いました。

↑の写真、小3で私とのコンチェルトは3回目、ベートーベンソナタをコンチェルト❤️

Dsc_1859

ウェーバー人魚の歌をコンチェルトのお友だち。最初は緊張していたけど、合わせるほどに気持ちが入ってきて本領発揮!

Dsc_1860

シューマン異国からと、フォーレ  シシリエンヌのお姉さんたち。音楽に対する思いは、なんと真摯なことでしょう。そんな姿が私には可憐で密やかな野の花のように見えました。ありがとう(o^O^o)

Dsc_1863

ラフマニノフを弾いてくれる高校生、部活も忙しいけど、好きなピアノが息抜きになり、コンチェルトを楽しみにしてくれているようで、気かつけば彼とのコンチェルトも5回?いやそれ以上かも(^_^;)


あと約1ヶ月、いつもよりも早めに対応してきて、今日がはじめて合わせたお友だち、2回目の人、みんなそれぞれに合わせるほどに、私のエレクトーン伴奏を聞く耳の経験が重ねられて、コンチェルトの醍醐味を感じてくれたようでした。(お一人だけ撮影忘れてしまいごめんなさい((T_T))

ご担当の先生、ご父兄ともに熱心に聞き入って下さり、その様子に、またお互いに笑顔、そう!アドバイスによって少しずつ音楽が変化していくことが見てとれるから、ご父兄もまた納得、我が子の様子を心配しながらも、親として安堵や成長を喜び合ってご一緒下さっていらっしゃいました。

それぞれの家、教室からはみんな1時間以上の場所からお運び下さっているのですが、だからこその、日頃のレッスンとは異なる特別な機会。

そこでそれぞれの音楽、それぞれの取り組みに私がアドバイスできることは何なのか、またこの機会を納得していただくものへと、ご父兄にご指導下さったご担当の先生、そこに応えるためにも、私もその教室活動に責任をもって参画させていただかねばと心しています。

ピュアな気持ちが、音楽へと放たれ、その美的感覚育成が健やかな心の成長につながるように!

コンチェルトアドバイスレッスン、お疲れ様、またどうぞいらしてね。お待ちしています☺️

8/23 18:30開演 銀座YAMAHAホールにどうぞこの子供たちの応援、皆様のご来場お待ちしています。

2019年7月21日 (日)

エレクトーン指導研究講座2回目終了

1563719440638

1563719416099

1563719403303

1563719435051

今日は1日、石神井のムジカサロンフォレスタでした。

午前中は、2回目となったエレクトーン指導研究会。エレクトーンを使った新しい鍵盤指導を目指す11名の先生方がご参加下さいました。

音楽の入口~リズムを鍵盤に~キーボードパーカッションとリズムアサインの機能と活用法をお伝えし、実際にエレクトーンを囲み、プリセットで自由に鍵盤のパーカッションを叩いてリズムを打ったり、アサインのやり方、豊富なキットのご紹介など、皆様楽しく実践!

オートリズムに合わせるのではなく、アサインによる伴奏が生きたリズムとなって、生の音楽へとエレクトーンの新たな音楽創出表現をお伝えしました。

皆様で取り組んでいただいたのは、私のはじめて出会うコンチェルト作品から、アンダンテ(ハイドン)、聖者が街にやってくる。

その後、剣士の入場、双頭の鷲の旗のもとにをご紹介、効果的な生アンサンブル、キーボードパーカッション活用編は大いに盛り上がりました。

ご参加の先生方お疲れ様、ピアノアシストをいきなりお引き受け下さった先生ありがとうございました。

また、今回から生徒さんのご提供プロジェクターを使って流れとポイントをお知らせ、お貸し下さったY様、ありがとうございました。

また、資料の中には、現行発売機種エレクトーンの音色数やリズムの数などの違いが一目でわかる早わかり機種の違いなども、Y社のホームページを勉強してまとめました(^_^;) あ、別に何とかの回し者状態ではないですのよ、先生方がこの楽器を使って、音楽指導をされる時、生徒さんにご案内される時に、全く知識がないのは、その楽器の専門で教えているとは言えないのではと思うのです。知識としての心得は、必要だ!

さあ、次回は何をしましょう😃リズムの流れで行こうかな。

早速ご感想やら、お礼のメールをいただきました。大変嬉しく、笑顔の先生方の様子がまた励みになります(o^O^o) 

これからのスケジュールをお尋ね下さる方々もいらして、具体的にお伝えしておくと、奇数月は、何かしらのテーマに従い新たな講座、偶数月はそのフォーローアップ的に対応実施致します。

日程は以下の通り予定(月に一回 日曜日10:30~12:30) その都度ブログで1週間ぐらい前にご案内いたします。

8月は日程未定 ★9/29  ☆10/20  ★11/24  12月はお休み <<<2020年>>>  ★1/19 ☆2/16 ★3/22

本日の資料はこちらから

ダウンロード - 2e59b9ee79bae2019.7.21.pdf

パワーポイントはこちらから

ダウンロード - 2e59b9ee79baee38080kbpe381a8e382a2e382b5e382a4e383b3.pptx

ここまでお読みくださってありがとうございました。

2019年7月19日 (金)

明日第2回目エレクトーン指導研究会

1563456252431

■第2回目 エレクトーン指導研究講座ご案内■

・7月21日 (日)10:30~12:30

・ムジカサロンフォレスタ(練馬区石神井6-1-25)

・キーボードパーカッションの機能と活用、アサイン活用法

・参加費 3000円(資料代含)

・筆記具、五線紙、USB

・お申込みは、必ずのご予約をお願いします~08035172770 or gurico8765@gmail.com


ピアノの生徒へのエレクトーン活用としてコンチェルトベースにエレクトーン演奏法、楽器機能と活用、指導法などを皆で学びあうワークショップ形式の研究講座を、5月に7名で楽しくスタートしました。

参加者の皆様の情報交換や親睦も今後深めて、各先生方の教室活動発展につなげたいと進めて行きたいと思います。

今回、新たにお申し込み4名加わり、ますます楽しくやりましょう!


エレクトーンにご興味あるピアノの先生大歓迎!

エレクトーン復活の先生ももちろん大歓迎!

これを機会に、あなたのエレクトーンの力をレッスンに生かせるように一緒に学んでみませんか?


どうぞよろしくお待ちしています。

8/23銀座コンチェルトコンサートProgram

P3

0001_20190719080901

P2

8/23銀座ヤマハホールでのはじめて出会うコンチェルトコンサートのプログラム原稿は、こんな感じです。

表紙は、娘である東條飛鳥の銅版画の作品で、コンチェルトVol.26 27に使用した作品を使わせていただきました。(使用許諾承認済 転載不可)

1部は、小学生から高校生のお友だち、2部は大人の方々、3部はゲストの佐々木さんのテノール、4部はピアノコンチェルトで全曲のコンチェルト作編曲と伴奏を致します。

一部最後のお二人、4部最後は、ピアノとエレクトーンのアンサンブルとして書いた私のオリジナル曲です。

また、声楽の伴奏、特にゲスト演奏のシューベルト「魔王」は、エレクトーンのキーボードパーカッションにあるSFXキットから「マオウ」の音色を使って伴奏アレンジ致しました。

原曲が伴奏によってイメージを広げて、新たな作品となる楽しみで、奏でるお友だちも生き生きととりくんで、アドバイスレッスンが進んでいます。みんな、あと一か月、更に磨いていきましょう!

ソロの方々もそれぞれに張り切って、連弾も楽しみ~

福岡で作曲に取り組む村濱さんは、ご自身のオリジナル曲をご披露されます。~「水平線上のロマンス」素敵な曲ですよ。

チケットは、現在ぼちぼちと販売で広がっていますが、平日金曜の夜、ご興味をお持ちでお聞きいただきたい先生方は、お盆明け休みも取れず、其々お仕事の真っ最中の時間帯。たくさんのお席がまだまだ残っています。皆様どうぞ応援にいらしてください。

これからピアノコンチェルトに取り組んでみたい方、クラシックエレクトーン伴奏を子供たちとのアンサンブルではじめてみませんか?

私の集大成的な作品展の色合いで、様々な作品をご参加の皆様と共にお届けいたします。お楽しみに~

2017年9月28日 (木)

コンチェルト講座のご予約

10/31のクラシックアンサンブル講座の告知がPTNAのサイトで始まり、ぼちぼち予約が入ってくるようになりました。現在20名ぐらいの皆様となっています。

毎年実施していますので、常連のようにいらして下さる方々は、お席のご予約を比較的早めにいただいて有難いです。

というのも、これまでは、東京芸術センターのピアノサロン、キャパが30名ぐらいのところで、あまりぎゅうぎゅうでもよろしくないため、午前午後の2回実施を行っていました。

一回でできない人数ではないけれど、わさわさがやがやは、ゆっくりお聞きいただけませんので、少し広いアリエッタで今回は実施してみることになったのです。

私も初めてのところで、さて、どんな感じになるだろうかと思っています。

メールでご予約下さった方、これからの方も、よろしかったら以下のサイトからどうぞお申込みいただきますように、よろしくお願いいたします。(直接私にいただいた方、お席は抑えてありますのでご心配されませんように。よろしかったら、PTNAのサイトの方もお手間ですが、お申込みいただけますと有難いです)

講座のご案内 申込はこちらから
http://www.piano.or.jp/seminar/list/s_info/2015414

2017

2016年8月17日 (水)

レッスンの楽しみ 教える喜び

お盆明けで、いつもの生徒さんたちが今日は一度に4人いらして下さり、朝から夕方まで、レッスンでした。

通常は、1~2時間程度の個人レッスン。

私は、よい時間にしていただくためにも、一日2人を限度でレッスンしているのですが、今日は特別!

みんな頑張っていらっしゃいました。

私のレッスン、今日はコレ!を習ったぞと納得ある状況にならないと、帰れない~いやいや、そんなことはないのですが(笑)、ついお話が弾んだり、単に音楽を教えるという時間から、お付き合いとして人との関わりとして、皆様ととても良い関係でいることで、生徒さんたちがいらして下さることが、私の体調やら、メンタルやらも、とても励みになっています。

今定期的にいらして下さっている生徒さんで一番長い生徒さんは、大学院を来春卒業予定のMちゃん。10年ぐらいのお付き合い、その成長を振り返るだけで、私自身が涙が出るぐらい感動してしまいます。

マダムの生徒さんも、地道にレッスンを継続、この生徒さんの存在が私のクラシック、コンチェルト制作にもプラスの影響で、感謝、いろいろと人生を教えてもらうことも多いです。彼女の趣味のよい選曲で、私のコンチェルトのレパートリーも増えていったといっても過言ではありません。

最近通ってくださるようになったピアノの先生、指導者として大変熱心で、コンチェルトを教室のメニューに取り入れる勢い、とうとうエレクトーンもご購入、今日は楽しくレジストメニューで、様々な「メリーさんの羊」アレンジ体験=エレクトーン体験で、生徒をヤル気に楽しませる手法をレッスン。先生ご自身がエレクトーンの魅力の虜になったかなと思ったら、ご自身の生徒さんにどう活用するかを、すでにさくっとイメージしていらっしゃるようでした。

そんな指導手法としても、誰かの真似事が実際に使えるかどうかは、その先生コーディネート力であり、はっきり言って、ベースとなる音楽力が発揮されるものなのです。だから、今日は、私もすごくいい子と教えた気分になれて、優れものベーシックのおかげで生きる喜び感じました(*^_^*)

そして、夏休みにお出かけしたお土産持ってきてくれたAちゃん。教材曲をやっていますが、音楽の中に流れる❤をヨーク感じ取れる生徒さんなので、グルリットの「小さなロマンス」をコンチェルトして聞かせて見たら、感動した様子、音楽に触れて、つまりはレッスンに来て、優しい気持ちになってくれて、先生も嬉しいなぁ。

コンチェルトに、ソロに、教材に・・・・

モーツァルトに、グルリット、ラフマニノフ、その作曲家たちとも会えたような気分でした。

制作のウエイトが多くなっていますが、生徒さんたちとの時間が次への起爆にもなり、その誠実に学びの姿勢に触れる時、私も真摯な音楽の学びを連ねて一生音楽に向き合っていくことを喜びに感じます。

生徒さんたち、これからもどうぞよろしく。いつもありがとう!

2016年7月28日 (木)

所属と活動

現在、jetの方はヤマハ福岡店、小倉店のアドバイザーとして担当している関係で、住まいのある東京で教室活動を行っておりますが、会員としての所属をどちらかの楽器店に籍を置かずにおります。

PTNAの方は、自宅でお教室を展開される先生方の特質上、あまり楽器店の所属拘束がjetのような体制ではないため、私は無所属でピアノレッスンにお役にたつエレクトーン作品を作る研究をしています。

どちらにとっても、どこかふわふわと居場所のないわが身のようですが、お陰様で様々な先生やスタッフの皆様との交流で、楽しく制作にも人生にもプラスになる関わりで頑張れております。

今回、10月の自主セミナーは、一応PTNAからは登録セミナーとして申請させていただきました。jetの方は毎回、本部を通して後援をいただくようにしています。

ご興味のある方々が次第に増えていくのに従って、力を貸して下さる方も増えてまいりました。

私は、自分から売り込みに行くのが下手ですので、(それで?~って言われるかも(^^ゞ)何かしらのきっかけが必要なのですが、生徒さんが今回ベーシックをお買い上げ下さったり、お使いになられた先生がコンチェルトに大変ご興味をお持ちになられたり、感動したお気持ちをあちこちで伝えて下さったこと、信頼できる印刷業者さんとの出会いなどがあり、講座のチラシをPTNAでは会報等の封入サービスを使わせていただくことになり、jetでは銀座店からは先生方へご案内していただくことができるようになり、大変感謝しています。

すでに10月の講座は予約で3/4程度埋まってきましたので、午前の部も開催する予定です。

リピータの方を中心とした皆様は当初の午後に、これからの方は午前にご案内をさせていただくつもりでおりますので、必ずご予約をお願いいたします。

作っているときには、変な言い方ですけれど、大変孤独ですが、幸せな気持ちで制作するとよい作品として愛好されることの実感があるのです。

多くの方々のお耳に届けられるようになりますこと、どうぞ応援して下さいませ。

2016年7月26日 (火)

コンチェルト公開録音無料見学ご案内

エレクトーンによるコンチェルト公開録音会お知らせ~

8月4日10時~二時間程度、埼玉県松伏町田園ホールエローラ(カバー写真に使っているホール)、ピアノとエレクトーンのアンサンブル、はじめて出会うコンチェルトVol.19 20の録音を行います。ご興味あるかたは、どうぞ自由にご見学ください。(無料)

エローラは芥川也寸志さん設計の大変響のよいホール、スタンウェイとヤマハステージア、導入から講師演奏まで、発表会に使える曲を演奏いたします。一台ずつのバランスやオーケストラを一台で賄うアレンジもじっくりお聞きいただけることでしょう。
演奏はピアノを新明知美さん、エレクトーンはワタクシ松丸弘子です。

演奏曲
シューベルト/軍隊行進曲、
ブルグミュラー/牧歌、
バスティン/三つ子のマーチ、闘牛士、聖者が街にやってくる、
エルガー/威風堂々
グリーグ/アニトラの躍り、
グルリット/小さなロマンス、
ビゼー/アルルの女より第2組曲メヌエット、
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番第一楽章より

いらして下さる場合、ご連絡くださると嬉しいです。

2016年6月28日 (火)

アンドレリュウのアレンジで

毎日何か音楽を作っているわけですが、皆様アンドレリュウってご存知?

この10年、いやちょっと前ぐらいからかな、話題になっていたこともあり、時々ステージ性があって壮大なオーケストラをイメージしたアレンジの参考に学ばせてもらっているのは、アンドレリュウ。

バイオリニストであり、指揮者でもあり、葉加瀬太郎さんみたいにバイオリン弾きながら、自らのオーケストラを従えてコンサート、音楽は楽しむものだ!とのメッセージが、ステージからあふれています。

歌ものをステージでインストとして聞かせる時には言葉がない分、演奏家の語りと音色の重ね方アレンジに配慮して、言葉がなくても歌詞が持つ意味の力を音楽に込めて何かしら施さねばなりません。

今日は森山尚太郎の「さくら」ノアンドレリュウのアレンジを聴いて勉強になりましたわ!

すべての人を幸せにする音楽の仕立て方、演奏の仕方ってあると思うのですよねー

より以前の記事一覧

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ