銀座コンチェルトコンサート

2022年8月 1日 (月)

銀座へ

今日は暑い一日で、まるで溶けるような暑さ、酷暑、猛暑とはこんなことをいうのですね。

ヘロヘロになって倒れそうな勢いでヤマハ銀座店に到着したら、一階のコンシェルジュの方が、うちわとおしぼりのお心遣い下さり、生き返りました。😃💕

来年の予約キャンセルについてのお詫びを、お世話になっている担当のK様にお伝えしたら、なんだかホッとするのと、ポッカリ空いた心の隙間がどんどん広がっていくのが解りました。

ハードルのある決断を自ら選んで、更にお山は高くなったかと。

2度の銀座ヤマハホールのコンサートを経て学んだこと、得られた経験は秤知れず、育てていただいた感謝と、支えてくださった思い出がいろいろよみがえり、ガラス越しにさよならと手をふる姿は、涙でまた逢いましょうと、心の叫び~

どうやって日比谷まで歩いたか、良く覚えていません。

私の居場所はどこ?

これまでの人生振り返り、いつも音楽がそばにありました。

帰宅したら、出掛けていた主人が既に先に帰っていて迎えてくれました。

「どうだった?」

「うん、ご主人にもよろしくって、いってたよ~」

「うん」

その後、しばらく無言がつづきました。

そしてまた、私は美味しいご飯をつくります。

そしてまた、楽しい音楽もつくりましょう。

あなたの心に届くように。

それが、ワタクシの生きる道なのでございます。

K様、本当にありがとうございました。またお目にかかれますように♥️

1634804043014


2022年6月23日 (木)

日比谷でデート

Dsc_27332

今日はいつも私の音楽活動をご一緒してくださるかたと、日比谷でデート(*^O^*)

このオタッキーなワタクシが、いそいそとお出かけ~最近あまり無かったことのため、張り切って、、、

朝起きました。😆💣️✨

彼女のために書き上げたシューマン、実際にはこれから練り込んでいくために、その作品へと向かうエネルギーをたくさんいただき、充実した思いで胸が熱くなりました。

来年また迎える銀座のコンチェルトコンサート、様々な不安もふきとび、感動のステージを作り上げていくモチベーションがぐぐっとアップ!

くよくよ考えてばかりでも、実施のイメージを広げて突き進むには、なんといっても信念がなければやり遂げられないのです。

そして、そこに賛同してくれる仲間の支えが何より有難い存在になり、心から今日の時間に感謝でした。

エレクトーンコンチェルトについて、私自身の演奏について、たまたまエレクトーンという電子オルガンを選んだがための、考えなくてよい、いや、考えるべきその音楽に真剣に向き合えば向き合うほど、突き進む自分自身の人生が悲しくならぬように、胸をはり良かったと思えるように。

そんな迷いの理解者はなかなかいません。

ひたすら書いているときには、一点の曇り無く楽しく、しかしいざそれを形にしたり、伝えることを考えると、エレクトーンという世界が私の思い描く音楽の世界とはかなり異質な方向ですすみ、身近に私の作品を受け入れて下さる方々と、一般的なその世界とはかけ離れている思いに駆られ、かつてこっちからあっちからと全否定を浴びる度に、あのステージで群衆が感動の束となって私の放つ音楽に震えているのは嘘だったかと、混乱の中でも貫く思いで、それは孤独な世界でした。

家庭をもち、好きな道を歩いてきた中で向き合う音楽活動への意識、その会話、なかなか本質的な話ができる機会も得られない日々が、コロナ禍に悶々と過ぎていきます。

自己満足が他に受け入れられた喜びは果てしなく、みな芸術に向き合う方々は同じ思いかと思い、彼女は演奏の立場で、日々精進を怠らず、やはり自分自身の世界を高めるべく、精進の努力を続けていると思いました。

彷徨う漆黒の空に光る星のように、時々その光を求め歩いていきましょう!

そして、どんな日にも必ず朝がやってくる!

Received_569022611519200

2022年6月15日 (水)

紫陽花に励まされて

しとしとと、うっとおしい梅雨の五月雨の中で、生き生きと咲く紫陽花。

来年の夏銀座で御一緒する先生のために、サンサーンスの動物の謝肉祭フィナーレのP&E書き上げました。

来年のことを言ったら何とかが笑いそうだなんて、私にはあまり関係なく、準備はスタートしています。

あちこちで展開する予定のコンチェルトコンサート、銀座はあと、ガーシュインを書かねば!

今日は午前中はオンラインがあり、聞き逃しギャラリィ4前半を実施致しました。なんだか、お伝えしたいこと、力入って、話せば話すほどに、エレクトーンでがんばっていただきたい思いが湧いて、未来に託したいと思うのでした。

夕方嬉しい報せひとつ。

神様見ていてくれたのかなぁなんて、涙でそうになります。

続けていれば良いこともあるさ!

Dsc_28802

Dsc_28812


2022年6月 9日 (木)

銀座にむけて

虎ノ門へ糖尿病の定期診察、がーん!数値がかなり高くなってました。ちょっとショック😱

つい先生にお尋ね、、、

糖尿病の人は、どうやって死ぬのですか?

なんだか人生のシナリオ、死をもまるでコンビニ行くような感覚で語ってる自分が怖いです。

食事に運動に、水分補給、自重しながら、私はまだまだページをめくらねばならずの意識、生きてるうちにと更に強く思いました。

そんな気分で銀座ヤマハホールへ、来年のコンサートにむけていろいろと打ち合わせへ。ヤマハホールへ向かう途中、様々に複雑な思いが交錯しているまさにその時!

以心伝心、ワタクシの恩師からLINEが!こんな時に嬉しいやり取りで元気を貰うことができました。

☆彡~~~~

来年の7/15(土)昼公演で、3回目のヤマハホールにおけるコンサートを開催します。

ゲストは、安田裕樹さん、ガーシュウィンをご一緒致します。

これまでの流れを生かしながらも、よりレベルアップしたものをお届けできるように、様々な打ち合わせを行って参りました。

不安な気持ちから前に進み出し、またホールとして共に寄り添って作り上げて下さる力を大いに感じ、嬉しくてまた勝負!と、強い気持ちになります。

あちこちでの展開にもこの気持ちがベースです。これから一年は銀座を最終目標に整えていかねばなりません。

どうかご一緒してくださる皆様と作り上げていけたらと思っております。

お客様をお迎えし、作品と演奏を発表するステージ、皆様どうぞいらしていただけますように。

ヤマハホール様!

またお世話になります。

よろしくお願いします。

Dsc_2865

ヤマハのお店一階から外を眺めて。



2022年5月20日 (金)

シューマンピアコン

シューマン、愛に溢れた音楽~来年の銀座でご一緒する予定の方のために、イ短調ピアコンを少しずつ書いていたのですが、ようやく最後まで書き上げました。

500小節ぐらいのエレクトーンパートは、20ページにおよび、スコアにしたらとてつもない感じになることでしょう。

形として見える化、これから音づくりと共に練りあげていきます。

ひとつコマが進んだ感じ~

お待たせしている皆様、よろしくお願いします❤️

Dsc_2747


2022年1月31日 (月)

発信する極意

1月も今日で終わります。

お正月から早くも1ヶ月、体調は回復してやっと元気を取り戻してきました。

また2月が始まり、感染の影響で出張は流れオンラインで業務、画面の共有のスキルを上手くいかせますように。

コードづけまだの方、頑張れ~2回目の①は、参考解答をアップしましたよ~

2回目②は、生徒に弾いてほしいスタンダード~ワールド編でした。

こちらは、解説つけて執筆、参考資料でお送りいたします。

娘のお腹はいよいよで検診では少し予定日より早くなるのではとのこと。

家事に、仕事に、かなりの忙しさではありますが、楽しく過ごしていかねばですよね♥️

銀座ヤマハホールコンサートの件もホール側と協議、またお知らせ致します。

何かを発信、計画、未来を明るくするために、まずはモチベーションの作り方、それは、、、、

気の持ちようだ!

最近の元気のもと↓

Valencia15l


2022年1月 4日 (火)

祝 コンサート

昨年ずっと取り組んでいた楽曲、生オケとのコンチェルトを、昨日大阪シンフォニーホールでニューイヤーコンサートで演奏された杉山真衣子先生から、嬉しい報告がはいってきました。

無事に終えられ何より、生オケに包まれてのびのびとたのしんで演奏された様子で、おめでとうございます。(^o^)

テンポの変化のドラマティックな楽曲をダイナミックなピアノで盛り上げて、メリハリある演奏をされたようで皆様からも賞賛の声をたくさんいただかれたとのこと、良かった!

オケの代わりのエレクトーン、練習にお相手させていただき、私もたくさんの発見や学びで、近くなら聞きに行きたかったけど、また機会ありましたら、ご一緒したいと思います。

1/23の新作講座でゲストのように演奏していただき、伴奏アレンジ作品としてご披露したかったわけですが、中止となり残念です。

私の体調もようやく元気を取り戻し、三が日終わって、仕事もスタート。

今年もエンジンかかってきましたよ🎵♥️

またコロナ感染も拡大の傾向にあり、いろいろ心配になってきておりますが、臨機応変に取り組んで参りたいと思います。

今年は、本格的にコンチェルトをやっていくつもりでいます。

書きまくるぞ~(^o^)

1641189132215

2021年11月30日 (火)

コロナ禍で失いそうになったもの

11月最後の日、あと一か月で新しい年がやってきます。ついでに、わたしもまた一つ年をとります。

この一年半ぐらいのコロナ禍で、なんとか音楽の力で、自分にも、周りにも、元気になってもらいたくて、
ずっと最近はYOUTUBEで音楽発表を続けていました。
過去のコンチェルト作品をMIXしていただいて、イメージ動画を貼り付けて、
気楽に楽しんでいただくもよし、レッスンにご活用いただくもよし、
松丸弘子の作品サンプルとして、YOUTUBEライブラリーだぞ!の意気込みでもありました。

いろいろなところから、お聞きいただけたことをお知らせいただいて、
それは、とても嬉しいことであり、自らを励ますことにもつながって、
残しておいてよかったなと思っていたところでした。

昨日、久しぶりにリアルなアンサンブルを行って、ハッとしたのです。

机上で制作していた音楽では、まったくリアルの空気を通した音楽の良さには追い付いていかないことを。

当然わかっていたことでしたのに、今更のように・・・、
リアルなアンサンブルの合わせる喜び、共に奏でる音楽のすばらしさを実感したら、
人に感動していただく音楽を目指していくために、
こうしてリアルに合わせることを磨いていかねばいけない、
耳を鍛えて心を鍛えていかなくてはならないのだと強く思った次第です。

たとえ何もイベントやコンサートがなくても、
アンサンブルして、誰かと合わせるようにこれからは心がけていこう、
でないと、何かを失っていくような気がしました。

今年は、7/2に昨年から延期続きとなった、コロナ禍の銀座のコンチェルトコンサートがありました。
50%の規制の中で何とか無事に終えたときには、音楽の感動よりも、
緊急事態宣言下に、決められた時間をしっかりとつつがなくやり遂げられた達成実感のほうが強く、
音楽の喜びは確かに二の次になっていたかもしれません。
それだけ、プロデュースとしての荷は重く、責任の中で押しつぶされそうでした。

誰のための責任?

それは、お客様と、演奏参加していただいた皆様、
このコンサートに賛同してご一緒してくださった方々すべてに対してでした。

しかし、あの中で伝えられたことの価値の大きさは、
それぞれの心の中に強く大きく実体験として残ったのであり、
コロナ禍でのコンサートの思い出として一生忘れないことになったことを、
今その価値の高さに気付いています。

それは、今にして思うに、失っていきそうな心を取り戻すための、アクセントのような通過点だったのかもしれません。

何かをやり遂げるために、文字が踊り、五線の上を音符が踊ることではなく、
空気の中を音が踊り、耳を伝って、心に届かせる音楽のすばらしさを、つくづく感じた生アンサンブル。
息をしている、呼吸して作られて行くものの尊さ~
うまく言葉で言えませんが、自分の担っていることの価値や、これからを考えることにもなりました。

たまたま1月に新作講座を行いますが、そこでの準備が少しずつ始まります。

一日のうちに1時間だけでも練習し、1時間だけでも、読書をして
1時間ぐらいは、メールやラインでのやり取りを行い
家事をやりこなし、健康でいられるようにお散歩したりの外出も少しだけ・・・
そして、時々オンラインでセミナーを行い、培ってきたものを伝えて
アンサンブルでは、共に磨いて・・・
毎日こうして、考えたことを日記のように書き残しています。

そんな毎日でも、積み重ねながら、何かが残っていけばよいです。

今日は、あちこちから、たまたまいただいたメールのお返事も、とても嬉しい励まされるものばかりでした。

今日もよい一日を! と、あなたに贈るときのせめてもの笑顔を大切にしていきたいと思います。

Dsc_4674-1_20211130213201

_20190124_012747_20211130213201





 

2021年11月26日 (金)

後援サポート感謝!

ご案内している1月23日実施予定のコンチェルトレクチャーコンサート&セミナーに、
PTNA全日本ピアノ指導者協会のほうからも講演をいただくことになりました。

私の核とするエレクトーン指導者協会と、同じ鍵盤楽器として研究を続けているピアノ指導者協会
どちらの指導者としてのフィールドから応援をいただけることは、
大変喜ばしく光栄だと思っています。

https://seminar.piano.or.jp/detail/10002032


ご案内いただけるからには、中身をよいものにさらに頑張っていかなくては!
と、育成のためのギアが入ってきたところです。

細かなご対応でwebにアップしていただくこと、PTNAのホームページの一部に
新規セミナー案内として広告していただいて、とてもありがたいです。
今は、時にどこかのステップに私自身がお伺いしてはおりませんが
伴奏される方々のためのレクチャーと思って、次の段階に入っています。
各あちこちのステップや、ステージで、
エレクトーンを使ったコンチェルト展開が進んでいきますようにと、
PTNAのお力をいただける一つのページになり、
jetもPTNAもそれぞれのフィールドで、相互に作用して鍵盤指導教育が盛り上がっていく
一つのきっかけに慣れたら、こんなうれしいことはありません。

本当にどうもありがとうございます(*^-^*)

エレクトーンは弾いたことないけれど、ちょっと聞いてみたい方とか、
エレクトーンは一応あるけれど、コンチェルトやってみようかなとか、

これまで導入から、本格的ピアコンまで、
たくさんの作品を書いてきました。今も書いてます(*^-^*)

その作品の一部は、最近OUTUBEにカタログのように再生リストを作り
アップしておりますので、どうぞご視聴ください。

導入初級  ピアノ学習者のための楽しいコンチェルト作品アルバム


      エレクトーン学習者のためのソロアレンジ


中級    ピアノ&エレクトーン コンチェルトアレンジ


上級含ステージ 銀座初めて出会うコンチェルトコンサート2019&2021

現在、午前中の部も、午後の部も、まだまだお席は空いています。
午前の部から埋まってきております。
どうぞ↑のフォームからのご予約か、またはワタクシまでご連絡くださいませ。
123a

フライヤーの↑ データダウンロードはこちらから↓

ダウンロード - e383a0e382b8e382abe696b0e4bd9ce8ac9be5baa71.23e38380e383bce382afe38396e383abe383bca.pdf

 






2021年11月14日 (日)

エレクトーンコンチェルト展開

コロナ禍で始まったオンラインは活動の重要なコンテンツになり、より深い絆コミュニケーションを作ってくれました。

しかし、リアルな音楽の効用こそ、音楽指導では大切な部分、長年エレクトーンでアンサンブル、特に教室にあるピアノとのコンチェルト取り組みをうたってきた私には、遠隔アンサンブルのハードル、かなりの壁を感じました。

時を経て、またもとの仕事の循環も復活してきた今、おちついて考えると、コロナ禍がもたらした経験の上にたち、更に驀進モードでセレクトしながら活動していかねばとおもいます。

アンサンブル教育に視野をもち、意識高く取り組んでみたい方や、同じ価値観としてエレクトーンにもご興味お持ちになるピアノの先生や、一般の方に、コンチェルトエレクトーン伴奏のレクチャー、レッスンをやってみようかと考えています。

個人レッスンならば、オンラインで対応、セミナーには、体験やデモをお聞きいただくため足をお運びいただいて作品や、PEのコンチェルトに身近にふれていただかねばとおもうのです。

youtubeに参考音源をお耳に届かせてと、動画編集してかなりの数を再生リストで提供しておりますが、それもレッスンツールのうちなのです。

またセミナー録画をご覧いただいたりして、オーケストラ音色体験がエレクトーン一台でできる便利さも知ってほしいわけです。

でも、何と言っても、とにかく自らエレクトーンを弾いて体験してみなければ、生徒へもひろがらず、ちょっとプロジェクトチームを作って、コンサートしながら広げる、って、これは私がやる話ではないかもと、いつも身の程かんがえていても、ハッキリいって誰もやらない。

お手並み拝見のかたは、ずっと眺めていただき、大拍手で応援(*^O^*)生徒と幸せな新たなコンテンツ磨きして、そこらの教室より一歩先を目指したいかたが集ってくださるようにするには、やっぱり、エレクトーンもグランドピアノも揃っているお教室が、コンチェルトにはよいわけなんです。

まさか、ピアノがちで頑張っていらっしゃる先生に、コンチェルトで更に頑張るにはエレクトーン買いましょう!と言って、買ったひと、あ、結構いらした(*^O^*)

そう、あなたよ♥️

ピアノの先生のためのエレクトーンレッスン

いや、

ピアノコンチェルトのためのエレクトーン伴奏法

いや、

新しい鍵盤指導のためのエレクトーン活用法

いろいろ書いてます(笑)実行せえや~(*^O^*)

来年のコンチェルト展開を文面化してみました。各拠点のカラーもあり、合わせた展開を考えて効率よく、共存共栄いきましょ‼️

明日は神戸かんばります。

Dsc00245_20211115090101

より以前の記事一覧

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ