最近のトラックバック

;レッスン

2020年5月24日 (日)

生涯において出会う作曲家

_20190823_181040

暗がりで撮影した1枚、コンサートの楽屋でひとり、気分をあげて自撮りシャッターです。

音楽を続けていると、コンサートが作品演奏の発表になるため、毎回そこを目標に全ての取組、スケジュールが動いてきました。

しかし、コロナ自粛でその発表の場が失われ、皆様よく演奏動画を手軽にアップしていらして、ワタクシも!と思っても、とてもMix動画でコンチェルトをお届けする気にはなれず、自然とスタイルが変化してきて、生徒さん、jetの先生方のためのオンライン対応の作品づくりや、資料つくり。

そう、昔専門学校で学生たちに教えていたタフな時代の経験が今大いに役立っています。

そんな時に、指導に役立つ目線で自分の興味のあることが、先生方全てに興味を持ち下さるわけではない!と気づいてもいるわけです。

その現実を、ひしひしと実感すると、自分自身のための勉強モードと、資料作りモードは別にしなくてはならないと思うに至ってます。

楽譜の山を綺麗に整理しては、大体一ヶ月ぐらいでまた山になります。

好きな作曲家をその時々で紐解きながら、誰が一番お気に入り?

やっぱりモーツァルトに、ラフマニノフが好き❤️

子供のための作品を書いている作曲家も、グルリット大好き、ギロック好き、ブルグミュラーも!

生涯に渡り、関わる作品や作曲家から学ぶことは多く、また直でレッスンをつけて下さっていた先生方からの影響を、今このときになって、ズシリと感謝と共に感じています。

こんな私の何が皆様に役にたつのだろう?そう問いかける日曜日~


2020年5月17日 (日)

ききのがしオンライン

Dsc_0897

コロナでスタートしたオンラインセミナー、特にカメラを買ったり、スタジオは整えていませんけど、化粧品はちょっと先輩の先生からアドバイスいただいて、購入しました。(笑)

~少しだけシミが薄くなり、顔映りが明るく、、、なったかどうかはわかりません爆笑😆💣️✨

お道具は便利なより伝わる手段です。が、私は、音楽を演奏して伝えたいわけです。が、それもできないなかに、アナログで出来ることしか出来てないかも。

しかし、あちこち定例会で受講された方々からは、通信の状態さえよければ、内容にかなり喜んでいただけたようでした。

終わってフォローの作品添削アドバイスでまたコミュニケーションもとれて、活動起爆に励みにとなってくださり、何よりだと思いました。

定員制予約制として聞き逃しオンラインセミナー実施致します。

ご興味ありますかたは、こそっとご連絡ください。

2020年5月12日 (火)

分析する習慣

今月のjetの定例会、三支部ともに作編曲講座の中で、分析の話を致しました。

指導する楽曲を常々分析する習慣、この楽曲は何を伝えようとしているのか?

作曲する、創出する側の視線に立ち、逆に何を伝えたいと思うか、実際に曲を作る経験があれば、より深く指導にその楽曲表現へ反映することができるはずです。

今日のレッスンで取り組むその曲を、日頃から楽曲分析する習慣を生徒にも持たせましょう!という話を致しました。

テンポのこと、拍子のこと、楽譜表記について、調性について、メロディーの作り、特にモチーフ、そのモチーフの発展の仕方、楽曲構成、スラーやアーティキュレーション、ハーモニーと伴奏etc.

それらの要素の中で、一番jetの先生方が興味深く着目された部分は、ハーモニー、つまりコード分析でした。

おそらく、誠実にご指導され育成が進んでいくと、グレードでいけば7.6級のあたりからハーモニー指導にハードルを感じてくるかと思います。

単純なコード付けから、Progressionしていく力は即興力へとつながり、ここで先生ご自身のYAMAHAグレード試験取り組みの重要性を今さらながらに認識、またそこを超えてより豊かな音楽表現、指導へと繋いでいきたいところかと思います。

何といってもメロディーの持つ力をしっかり感じ取らなくては、お決まりコード付けで、何でもⅤ7をⅡm7-Ⅴ7に分ければよいというものでもないはずです。

試験合格は誇らしいことではありますが、実践応用となると別物。

ハーモニーのつけ方もセンスが見え隠れするものなのです。

で、オンラインで話しながら、こんなことを一方向でどれだけ伝わるのかな?とか、画面の向こうの先生方の表情を覗いて、やはりここにかなりご興味があることも実感しました。

私も音楽指導者として出来ることを教えていこうかなと思います。

Dsc_09272



2020年4月30日 (木)

作曲課題添削アドバイス

Horizon_0001_burst20200430123846773_cove

Dsc_0888

Dsc_0886

今日は、オンラインセミナーで宿題に出したオリジナル曲楽譜や音源映像歌付き(*^^*)が次々に届いて添削やらアドバイスを個別に行いました。

先生方お一人ずつの人生やら環境やら、思いが込められた作品のひとつひとつに触れて感動します。丁寧に一生懸命に自分の言葉を音楽に乗せて楽しく取り組まれて、これをもとに、作品として広げていただき、その課程がご自身の学び、経験となって行かれたら、きっと既成の楽曲をデータにあわせて弾くよりも、遥かに能動的に楽しみながら力をつけていかれ自信につないでほしいと願いました。

近くをお散歩しながらお一人ずつとお話した気分、皆様~頑張りましょう♥️

綺麗な青紫色と、紅色とグリーン、次第に彩り鮮やかな花たちが目にとまります。

季節は夏へと、もう歩き出しているのですね!

2020年4月 3日 (金)

活動ベースグループ化

Dsc_0770

コロナ感染が更に進み、テレビの報道に専門家で登場する先生方のお顔も覚えてしまいました。

医療崩壊を考えると、自分の体は自分で守らねば、そして、生きるために自分が出きることも皆が考えているのです。恙無く穏やかな何の変哲ない日常の尊さを感じて、慌てず騒がず、冷静さを失わずに、関わる皆様とのご縁を大切に過ごしていかねば!

さて、私の活動ごとに作成したLINEでのグループ化作成は、今日の福岡jetで一段落、福岡、小倉、神戸、福岡の生徒さんたち、銀座のコンチェルト、5つのグループができました。連絡や、情報交換、ちょっとした会議もこれからここを使ってやっていかなくてはと思っています。

早速、小倉のグループLINEに、社長様から、明日明後日の休業と、月曜日臨時営業の連絡が入りましたら、了解の一言確認コメントがものの見事にささーっと、皆様から入りました。

小倉の先生たち、凄すぎ~(^-^)v

そして、便利だぁ~\(^o^)/

この混沌とした先の見えないなかに、jetやコンチェルト、ワタクシと繋がっていることで、ちょっとでも気持ちに安心が生まれ、帰属意識がまた次の活動への起爆になるというものです。

何よりも、私自身が、自分の仕事や活動に対して仲間がいてくれる安堵感で、今更ですが、遠くのjetの皆様から支えていただいていることに心から感謝でした。

この思い忘れない、大切にしていきたいです。

明日からの土日、お出かけ無しで、楽しい自宅での時間をすごしましょう!おやすみなさい


2020年4月 1日 (水)

少し性根を据えて

Dsc_0731_20200401001001

在宅ワークで出張が無くなり、私にとっては、いきなり自分の活動を見つめる穏やかな毎日が訪れました。

今日は、銀座にご参加の生徒さんからメールがはいり、順調に準備が進み、合わせを楽しみにしてくださっていることが書いてあり、本番は延期となったことが、演奏を更に磨いて完成度高くご披露できるし、一段階アップしたステージを目指していけるなと、大変ポジティブな気持ちになりました。

ありがとうございます。

時間ができた分、この機会にちょっと思っていることをひとつずつやっていこうと思っています。

本格的なピアコンをいろいろと挑戦し、伴奏譜を書き続けて残しておきたいこと。

そして、それを演奏するために、腕を磨くこと。

エレクトーンを使ったピアノ指導について、jet教材活用研究を賛同する仲間とトライ、まとめる。

エレクトーン伴奏者養成

60歳になって銀座YAMAHAホールを体験したことは、伴奏音楽を作り奏で、広げるリサイタルのようなものでしたが、作品展として、発表会のいろが濃いものでした。

その成果を踏まえ、来年に延期となった銀座コンチェルト、これは継続させるには、普及の観点からまた違ったアプローチを今後は考えねばならないと思っています。

私にとってのjet業務活動での関わりは、自分自身の音楽を広げること自体がエレクトーン普及につながるコンチェルトであることを自覚して、御一緒できる方々との研鑽をより行っていくことがこれから次の段階かと思います。

今年度の関わる各支部の指導活動方針には、jetブランディングと称してjetならではの音楽指導をアピールしています。

こうやって書いてみると、シニア生活をのんびり、コロナがきっかけとなり、、、には、程遠いぐらい目標や挑戦がいっぱいでした。(笑)

3月は、ベートーヴェンにモーツァルト、4月は、ショパンをやってみようかなぁ~

ひとつずつ、ひとつずつ!

毎日、少しずつ。

皆様、応援してください。


2020年3月31日 (火)

ビデオ通話

Dsc_0680_20200401000701

jetの仕事で伺う拠点への新年度業務出張が来月は無くなり、福岡でのコンチェルト新作講座も延期、個人レッスンや、コンチェルトで集っている先生方の連絡に、こちらもグループラインを作りました。

今日は、それを使って、ビデオ通話を行い、今後の活動を申し送りやら、各先生方の活動をサポートする計画なんぞ、いろいろとご提案。

皆様忙しいので、なかなか10時半の参加者はお一人で、30分してその後に、また一人、また一人とご参加下さり、三人の先生方とこんにちは!

実は、今でこそ通信速度も整い、簡単にテレビ会議を実施できますが、今から20年近く前、jetで全国の先生方とビデオチャットで音楽研究情報交換を定期的に行っていたのです。当時はNTTブローバというブロバイダーから実施していたので、このコロナで久しぶりにそれを使ってみようかなと思ったら、既にそのサービスは無くなっておりました~20年だものね(^o^;)

LINEは、日頃から皆様よく使っているアプリだし、簡単で無料がよい!100人までは同時にビデオチャットでき、簡単~ネットで生徒さんとのレッスンや、連絡もこれで充分かと思いました。

久しぶりにお目にかかる先生方の様子、元気な笑顔に励まされました。昨日の志村けんさんの訃報に、思ったよりもショックだった気持ちが、ちょっと立ち直れたかも。

予めお送りしたデータも、それぞれ開いて下さって、弾いていただけますように。皆様から、それぞれにピアノ指導に役立つエレクトーン、エレクトーン指導に役立つピアノの姿、取り組みの現状から、御一緒していただけるかたと、研究会を少しずつすすめてみようかと思いました。

仲間がいるって有難いことを実感した1日。皆様お疲れ様でした!


2020年3月 2日 (月)

求めること、求められること

Dsc_0624

コロナの影響は、忙しさから解放されています。ありがたや~(*^^*)💕

毎日創作料理、体によいもの工夫して、お財布にも心にも優しいもの作って食べてます。写真は、冷蔵庫にあった春野菜で作ったパスタ、ちょっと山椒もいれてみた~(*^^*)

このらくらくお楽しみ時間の皺寄せがあとからくるかなと思うことすらノビノビのストレスフリー!やったあ😃✌️

何かとたまって後回しになっていることを、今日は2つ解決!

私の音楽ファンみたいな方に約束していたオリジナル曲の楽譜をお送りしました。大切に弾いていただけそうなので、コンチェルト版でなく、ソロ版で整えてみたら、いろいろと気持ちも楽になりました。

ソロオリジナルは、初めて誰かの前で弾く度に、いい思いをしたことがなく、あとになってその作品のよさを多くの方から賞賛していただくほど、当初の打撃、インパクトを思いだし、我が身の弱さに泣けてくる繊細な自分を感じ続けてきました。

いつか誰かに、1番とおい世界でじたばた一人で喜んでこれこそ滑稽に思えて、、、と、語ったら、その方はかなりの音楽家でいらしたのですが、私の真意が深く届いたようで私よりも遥かにその気持ちを背負っていらっしゃること感じて、更に落ち込んでしまったこともありました。

偉大な方々もそうなんだ!

私ごときが、何を迷うか!

その方から、そんなこと考えて落ち込んでいる場合か?みたいに、たぶんご自身にも励ましの意味をこめて、おっしゃってくださったこと、有難いと思っても、私ごときは、、、と暗い、すねる、腑抜け~

おほほほ、グリコはこんなのつくりましたぁ~ギャハハハハ、聞いてね😁ぐらいの勢いなくて、どーするよ~、、、と、生徒に言うワタクシ(^-^)v

世の中回ってます。(笑)

作ったエレクトーンソロ曲、作ったピアノオリジナル曲、こうして浄書もちょっとできるようになり、自主制作でもそれなりに楽譜制作成立、お客様はいてくださり、それを奏でて下さる、そのためにレッスンしている方もいてくださる、ついでにそれがきっかけで楽器買ってくださる、この最後のところに意識が集中している方々との接触が結構今のワタクシを作っているわけですが、求められるところに、できることをの需要と供給の縦筋の奥行き、しっかり見つめて求めよ、さらばあたえられん~(*^^*)

わたしのじ~ん~せ~い~

あなたに捧げますぅ❤️

2020年3月 1日 (日)

ベートーヴェン「田園」

Dsc_0630

今日は本来ならば、ホテル日航福岡夜間飛行でサロンコンサートを行っているはずが、自宅ですっかりノンビリした生活です。

でも、好きなことを仕事にしているワタクシには、制作到来の夢のような時間のプレゼントを宇宙からいただいたのだと思って、感謝しながらスコアを捲る毎日~

さて、今取り組んでいるのは、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」の1楽章で、全部で512小節のうち、290小節が終わりました。ちょうど再現部への繋ぎのあたりまでで、こちらを銀座のコンチェルトコンサートで演奏する方にむけて、ひたすら書いています。

当初はベートーヴェンイヤーにちなんでピアコンの「皇帝」をと考えて下さっていたのですが、プログラム全体の構成、演奏下さる方と協議の上、ピアノの世界の名曲ではなく、この銀座のために私が新たに創出アレンジで頑張ってくださることになりました。

エレクトーン一台の伴奏の可能性に挑戦するオーケストラ部分のなぞりではなく、オーケストラ曲をピアノとエレクトーンで楽しもう、迫力あるエレクトーンサウンドとピアノ一台のアンサンブルとしての可能性も挑戦してみたいかなと、実はこのために、すこし前にモーツァルト交響曲40番の1楽章をアレンジしてみました。新作楽譜はじめて出会う~Vol.29に、冒頭部をまとめて挿入しています。

講座の様子や、皆様の反応から、かなり新鮮に届くこと、以前にこの手の作品は、ドヴォルザークの新世界や、ベートーヴェン7番をまとめたことがありましたが、なんといっても曲自体がシンフォニックだから聞き応え、弾き応えあり、弦楽器持続音と、楽器の王様ピアノの打楽器としての最大の表現を生かした独特の響きを体感、こんな音楽経験をエレクトーンとならば出来ると、張り切って書いてます。

ベートーヴェン、エレクトーンに向いているのは、周知の事実とはいえ、このスケール感、ちょっとスマホの画面眺めてばかりだと、イマジネーション希薄で感じ得ないかも爆笑😆💣️✨短いフレーズしつこいんだよぉ~で終わっちゃ、ありやま残念ですので、実際にはベートーヴェンが考えなかったフレーズが入っていたり、音色やレジスト、バランスなど工夫してみたいと思っています。

ちょっとやすみになって、本来やらなくてはならないこと、見えてきました。

あ、ワタクシの東京のレッスンは通常通りですので、講座にいきそびれたとか、コンチェルト体験してみたいかた、どうぞ、練馬石神井公園のMUSICAや、神田小川町の宮地楽器でお待ちしています。

お申し込みは、08035172770

または、gurico8765@gmail.com



2020年2月18日 (火)

伴奏合わせ

福岡レッスン二日目、佐賀からの熱心な生徒さんにアヴェベルムコルプス、作曲の生徒さんは、新作ノクターンをお聞きして涙、午前中はしっとりと深みのある音楽、内包された感動の秘密はどこにあるのか、和声や、音楽構成について、お話しました。

午後からは、日航のサロンのためのレッスン、こちらもアヴェベルムとカルメンハバネラ。

リズミカルな音楽は、お好みもあるのでしょうが、時代も反映する運動性とテンポのせいか、やはりゆっくりした曲のアンサンブルの呼吸合わせ、表現につなぐには、二台であってもスコアをじっくり読み解いていただかねば、また日頃から、相手にあわせて、つまりは自宅指導者であれば、生徒の様子に合わせてのレッスン、イニシアチブをとりつつ、調和する心得も大切。ついつい、練習は独りですので、弾けたと思うのは、自分のパートをソロで弾けたわけで、アンサンブルは更に高度な演奏技術を求められるわけですが、だからこそ弾けた、綺麗にあわせられるその共感の喜びもあるというものなのです。

たまたま、今日は、日航で歌ってくださるバリトンの松岡良彰さんがいらして、ゴッドファーザー愛のテーマの合わせも行い、その様子は成り行き上、公開になりました。

素晴らしい機能を生かした伴奏データを作成してやってみたものの、歌いにくそうだし、なんだか誰でもできるカラオケ状態、まったく魅力を持てず、綺麗にデータは破棄することにして、即興生伴奏でやったら、音楽的!これでやっぱり、いいのです。

機械のリズムにあわせても、呼吸してるのは人間なのよ~音だけエレクトーンのオーケストラっぽいものを使いました。

松岡さんも楽しく歌ってくださり、その場でついでに中島みゆきの「糸」も適当にやったら、いける!これも歌ってもらおう(*^^*)

福岡で音楽を教える実感、生徒さんたちにはどう見えているのかわかりませんが、教える私は手応え感じて楽しい😃💕

よい音楽を奏でるには、よい精神でいないと放てませんし、それなりにハードル感じて乗り越えながら、毎日が精進であり、発見の連続なんです。

皆様お疲れ様~

Fb_img_1567005250024

より以前の記事一覧

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ