最近のトラックバック

フォト

;レッスン

2018年10月26日 (金)

神田でレッスンFRIDAY

金曜日は、神田の宮地楽器をレンタルして、合わせやレッスンをしています。

朝からコンチェルト伴奏をベースに、キーボードハーモニー、和声の基礎をいかに鍵盤に生かし、レッスンにも役立ていただけたらと、ご自宅でピアノをレッスンされる先生と楽しいレッスンタイムでした。

私の作品を通して新しい何かをプラスと感じていただけたらと、月に一度のレッスンは私にとっても楽しみになっています。

レッスンにおける即興力、どんなシーンで生かすことができるか、生徒さんへの対応が幅広くなり、ご自身の音楽感性も豊かになればと思いますし、こんな訓練こそ、音楽の本質、美的感覚磨きに繋がるかと思うのです。

午後はまた、趣味の大人の生徒さん、「ウィーンはいつもウィーン」と、「フライミーツゥーザムーン」クラシックが得意だから、なかなか、ポピュラーは、、、とつい尻込みしたくなる気持ちも、エレクトーンの機能を効果的に活用して順を追って作り上げていけば、すてきな演奏にまとまりました!このレジストで他のボサノバやってみよう!

そして最後は、唯一の小学生の生徒さん。今日は帰宅後体調が悪いと急にお休みになったものの、レンタルの時間が終わる頃になって、もう今日はレッスンは無くてもいいから、体調よくなったしと、なんと私に会いに来てくれたのです。

嬉しいなぁ😃体調よくなって良かった❤️

皆様、各々に日々の生活の中で、私との時間を大切にしてくださっていること、私も頑張ろう😆👍❤️

金曜日に神田で会いましょう🍀

宮地楽器のスタッフの皆様とも顔見知りになって、予約に変更に、スタンプ押印、定期的にお借りすると、すぐにカードはいっぱいになり、ちょっと自分の練習にも使ったりすることもでき、最近はかなりの時間を神田で過ごしています。

2018年10月 7日 (日)

楽譜浄書フィナーレレッスン

今日は、ちょっとまだ本調子ではなかったのですが、保護者付き添いモードで、主人に付いてきてもらい、渋谷へフィナーレのレッスンに行きました。

日曜日、夕方の渋谷は、若者がうじゃうじゃ、あてもなく何を探しているのか、直ぐに分かる人混みで、ジジ、ババカップルなんて、おりませんので、それはそれで、目立つ、、、ことはありませんが、(^_^;)、やっぱり何だか居づらいわ~(笑)

月に二回のレッスンであっても、九州出張や、風邪で二回もお休みしてしまいまして、前回のポイントをおさらいするように、また先生にご指導していただきました。

本格的な浄書には、まだまだ届いていないこの事実を知った時には、奈落の底に落ちた気分になりました。

ミュッセにワタクシが入稿したのは、何だった?既に販売購入された皆様~(^_^;)許して~みたいな気分に陥ります。

が、

ワタクシのよい所、人間って、間違いはいくらでもあるものだわ。また、学んで磨いて、更に力をつけましょ。

そうだ!そうだ!

幸せな😃💕奴と言っておくんなせ~👍

ゴールは遠いし、この年になって、また一からなんて、余程浄書家の方に、お任せする方が早そう。

でも、自分の作品ぐらい、きちんと伝える術を身につけておきたいと思います。

帰りに、原宿方面をジジババカップルで、お散歩したら、若返った気分になりました爆笑

また歩きたいな。

追伸 ❤️ 今日は受講生の中にエレクトーン関係の講師さんであり、演奏家の方とご一緒致しました。なんとぉ、事前に先生がお話されていたこともあるのでしょうが、ワタクシをご存じで、嬉しいのと、恥ずかしいので、久しぶりにオーディションのような、いや、お見合いのような、、、ちがうな(笑)

繋いで下さったそのお気持ち、とても嬉しかったです。

新しい出会いと、新しい関係、大切にして参りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

2018年10月 3日 (水)

博多の生徒さん

月初は福岡でレッスン。単発受講でもO.K.とうたいながら、継続して受講される方々は6名になりました。

そして、この私のレッスンも、足掛け4年ぐらいのお付き合いの継続の方もいらして下さり、私の状況もありますが、先生方のご都合にもフレキシブルに合わせていますから、お互いに無理をせずマイペースでも、継続は力なり。

その成果を最近大変感じるようになりました。

そんな中にあって、私よりもお姉さまの先生方お二人が、昨年からいらしてくださっています。

のペアのレッスン。コンチェルトを取り組んで下さっています。

私がレッスンすることは何かと、彼女たちからのリクエストにお応えしながら、私のほうが学ぶべきこと、教わることが多いのです。

エレクトーンの機能的なことへのサポート、新たに入ってきた今時の生徒さんへ、今のエレクトーンで楽しくレッスンするコツをご伝授したり、せっかくお二人ですから、コンチェルトも取り組んでいただいています。

今日は、ショパンのノクターン。皆が楽しく弾けるようにと、「ショパン優しくノクターン」の副題をつけた作品。はじめて出会うシリーズのvol.9に入っています。

テクニック的な難易度は、手の届くようにししても原曲のもつ表現のセンスは生かして、内包されるハーモニーは変わりませんから、伴奏するとかなりの勉強になる作品。

登場した減7の和音から、和音(コード)のつくり、ショパンならではの進行、効果的なエレクトーン伴奏のポイントをお伝えしたら、ますます作品にご興味お持ちくださり楽しそう!

夏のなみきでは、「ペルシャの市場にて」を演奏されたお二人。これまで子供たちが取り組むことが多かった作品を、大人テイストで演奏、その姿に、会場にいらしていた多くの先生方が感動、奏でる喜びを目の当たりにして刺激とされる感想をたくさんいただきました。

何より主宰として、またアドバイザーとして、また、彼女たちをレッスンする立場として心に染みたことがありました。

若い先生方から、私もずっと楽しくエレクトーンを弾いてアンサンブルして、あんなふうに年をかさねていきたい。とのこと。

成長するのは生徒ばかりではないのです。

指導者も生徒とともに育っていく姿を共有しながら、分かち合える喜び!幸せなことだと思います。

その瞬間、その時限りの出会いや出来事自体で終わってしまう目まぐるしい時代にあっても、継続の価値はなにものにも変えがたく、よい先輩に誘われて、九州で、福岡での居場所を私も持てたことを感謝します。

明日は、小倉でコンチェルト。どんな1日になるのかな。

芳しくない体調ですが、少しずつの回復です。おやすみなさい。

2018年9月27日 (木)

やみあがりレッスン

一週間ぐらい伏せった生活から、久しぶりに世間の風邪を浴びるかのように、お茶の水へレッスンに出掛けました。

今日の生徒さんはご専門のピアノの先生、アリエッタサロンではグリーグのピアコンを弾かれたのが記憶に印象深く、あれから気がつけば2ヶ月。遠い昔の出来事のようです。

あのあとすぐに、クリスマスにご自身の教室のイベントでコンチェルトを頑張ってみたいとお電話でお聞きして、既にエンジンはスタートしていました。

今日はその楽しい企画や演奏曲などをお伝えくださり、楽しみ~みんなの喜ぶ姿が目に見えてきます☺️

いつも、1つ何かプラスとなることを見つけては、ご自身の刺激にされ、それをすぐに生徒さんのために還元していらっしゃって、前向きな姿に感心するのです。

来春の発表会も会場がとれたそうで、更に華やかなプログラムが期待できそう!素敵なこんな先生だったら、生徒さんはレッスンに通うのが楽しみで仕方ないのではと思いました。

生徒さんに頑張る機会を作ってあげるのは、指導者の重要な務め!

そんな刺激を受けて、自宅に戻ったら、ふと思いつき!ワーグナーの「双頭の鷲の旗のもとに」のコンチェルトアレンジに着手。サクサク楽しく筆が進みました。jetの教材曲でもあるし、取り組んでいただける曲になるかも。

内職中のビバルディには、スコアを紐解きながらひたすら感動しています。音楽のルーツ、和声の力、何をもって標題音楽としたかビバルディの奥深い協奏曲の原点を見て、新たな挑戦だなと、コンチェルトアレンジのデザインを考えました。

新しい作品をご紹介できるのも、私の楽しみのひとつ。

寒い晩秋のような1日を終えて、静かに過ごす時、以前ならば、ネットを閲覧する時間でした。

しかし今は、それもやめて、大切に、この時を慈しんでみたいと思います。


Main_00000000268


2018年9月 4日 (火)

作曲のレッスン

福岡で、指導者の皆様対象にレッスンを行っています。

先生方の教室活動のお悩みの痒いところ対応や、作編曲、指導法、グレード対応、ヨロズやさん松丸講座(^O^)、、、今日はこれをと、レッスンで見てもらいたいことを
事前にラインやメールでお知らせいただき確認。

私も計画がたてやすく、貴重な時間に内容を納めるためにも、ポイントを絞ってレッスンできます。

その中に、毎回作曲をお持ちになる先生がいらしゃいます。

音列即興がそのレッスンのベースにありながら、毎回の課題に作ってお聞かせ下さる曲は、一つひとつに工夫があり、また彼女なりの個性を感じ、私も楽しみになっています。

作曲は、作りたいと思う創出の、「こんなこと」がなければ、なかなか先に進まないわけですが、小さいときから、YAMAHA音楽教室で所謂J専と呼ばれるレッスンで重ねた訓練が、彼女の音楽性を育てて、その作曲魂は静かにも確かに大人になっても更に成長して、まだまだ磨かれて進行中。

これは、YAMAHA音楽教室、教育の宝物。

私なりに気がついたことをアドバイスすると、それをヒントにして更なる工夫を重ね、また新鮮なものを聞かせてくれて、なかなか楽しい時間。

かれこれ一年ぐらいになってきたのでしょうか。様々な音楽、リズムスタイルなどに挑戦~まとまったら、多くの方々にお届けするシーンを持たせたいと思っています。

いくつになっても、音楽したい気持ち、楽器を弾くだけでなく、曲を作りたい!

音楽は一生のお友達🎵
福岡で元気をもらった!

2018年8月17日 (金)

休み明けレッスンスタート

お盆が明けて、夏休みも終盤へと宿題に明け暮れる頃がはじまりました。

今日は、午前中、お茶の水まで小学生のエレクトーンの生徒さんのレッスンでした。

2週間のご無沙汰にさて、何をレッスンしたかというと、、、。

①指のテクニックのための練習~ピアノを使ってハノンのようにリズム変奏と表現、アーティキュレーションをつけて、煽るようにテンションをアップ。

②宿題の「双頭の鷲の旗のもとに」をチェック。シンコペーションのリズムと左手メロディの音色と表現についてより高い表現を練習

③新曲「サッカー」に入り、ソルフェージュと初見による譜読み。曲を気に入ってくれたようで楽しく取り組めそう。

④コンチェルト伴奏のために、グルリット「ほがらか」に入りました。伴奏形と構成を伝えて簡単アンサンブル。明解な曲ですぐに楽しさを感じてくれた様子。

こうして書くとなかなかの内容です。

最近、アリエッタでのステージ等、ちょっとした発表も経験を重ねることで、かなり冷静な演奏ができるようになり、できないと言って出来るまで泣き続けながら練習していた小さい頃が嘘のようです。

意思の強さが、集中力を高めさせてくれたのか、効率のよい練習方法も工夫しているのでしょう。無駄の無さに冴えを感じてきた愛実ちゃんです。

実は、この夏のアリエッタの準備あたりから、お茶の水の宮地楽器をレッスンにレンタルさせていただいています。

教える側だけでなく、教わる方も、自宅レッスンとは異なる時間の向き合いかたに、緊張感と集中力で一時間のレッスンの内容は充実感でいっぱい。

軽やかに、細い指で、楽しそうに奏でるエレクトーン、次第に本格的なエレクトーン奏法や音楽の基礎をしっかり与えるまとめのあたりに入ります。

本当に一から純粋培養の教え子となったあいみちゃんの存在は、私にとっても励みです。

塾で忙しくなっても、好きな時間を大切にして、またステージめざしましょうね☺️

今日はお疲れ様~写真は今年の春、私の仕事部屋でのレッスンで撮影。

Dsc_0006_1


2018年7月 6日 (金)

お茶の水小川町の宮地楽器

最近、アンサンブルの合わせのために、あちこちの楽器店のお部屋をレンタルしています。

エレクトーンがないと、私の場合、レッスンにならないため、一般のレンタルスタジオでは、グランドピアノが完備され、設備もアクセスがどんなによくても、なかなかお借りできるところはなく、結局ヤマハ関係の音楽教室をレンタルしています。

もちろん、自宅にスタジオ完備でといきたいところですが、我が家の状況はそんなリッチな立地ではなく(^_^;)そのあたりから、外れてます、、、何が?(笑)

以前からちょこちょこお世話になって、最近もよくレンタルしているのは、お茶の水、都営新宿線小川町と丸の内線淡路町駅上の宮地楽器。

湯島での教室に通ってくれて、今も我が家に来てくれてる生徒さんたちに、我が家では思い切り音が出せませんから、今日は、けこちらでレッスンしてみました。

やっぱり、のびのびと弾けて気分良さそう!実際に効率のよいレッスンを行うことができました。

音楽教室の環境って大切なんだと、つくづく考えて、思いきって全てのレッスンや合わせを、こちらでやろうかなんて思ってます。

私には自宅で教室というのは、ちょっと無理、いろんな人生歩いてきて、今の私にはこれがベストかな。

レッスン終わって、一人のティータイム。

Dsc_0286


2018年5月 9日 (水)

ピアノ講師のエレクトーン体験

福岡jet定例会あとの火曜日、水曜日と、昨年から特別講座のように、個人レッスンを展開しています。

自宅指導者の皆様が、ご自身のスキルアップや、レッスン対応、グレード準備に、コンチェルト伴奏法、その時期になると、作編曲のアドバイス、エレクトーン機能説明や活用法、教室イベント対応などなど、多岐に渡っての内容で実施。

福岡だけでなく、長崎や佐賀からいらしてくださって、ワタクシも気合いがはいります。

今日は新しい生徒さんの体験。

若いピアノの先生ですが、一目で生徒さんがたくさんいらしゃるのではと思いました。

笑顔と努力と謙虚さが、眩しい!

たくさんの先生方を見てきたから、アラカンは、初対面で、見抜くのでございます(*^^*)

強烈にエレクトーンを、コンチェルト活用でアピールして、またお仲間になっていただけそうです。

楽しみふえた~😃💕

2018年4月19日 (木)

アンサンブルアレンジレッスン

昨年の発表会にお邪魔した神奈川の先生が、久しぶりにレッスンにお見えになられて、楽しいひととき。

エレクトーンを使ったアンサンブルのために、今日は市販のエレクトーン楽譜を使って、アンサンブルアレンジ制作するやり方をレッスン致しました。

つまりは、エレクトーンパートは、市販の楽譜を弾くことを主にかんがえ、ピアノパートをどのように弾かせるかのアレンジについて、鳴りをよさげにするコツやら、アンサンブルにしたからこそ、よく見える、聞こえるアレンジ手法についてご伝授。

自宅音楽指導で長らくお仕事される方々は、生徒さんへの愛情は、そのまま生徒に弾かせる作品制作にも現れてくるもので、楽しいディズニーやら、ジブリやらが、その教室のオリジナルアレンジになれそうな勢い、教えている私も楽しく、やりがいを感じました。

とかく、音楽教室経営云々が問われ、社会性向上のためか何のためか、やたら数の論理に走る昨今、正直生徒数が多いことを誇りに思う指導者には嫌気がさしてしまいますが、うまくバランスよく、私のコンチェルトをレッスンに活用され、教室の「売り」にされる姿には、音楽の本質をついた逞しさと受け取っています。

時間がなくなると、とかく、手っ取り早く音源に頼りがち、効率のよい指導に特化して、気がついたら、あなたは弾けない音楽指導者?になってもらっても困るわけで、、、。

そんなワタクシの思いをよく心得て、本日の先生は、発表会の演出に、またまた夢を膨らませるお話で、私も作品を生み出すエネルギーをいただきました。ありがとうございました!

片道二時間コース、遠くからありがとうございます、また練ったアイデア、こぼれるヒント、楽しみに私も頑張ってみよう~(*^^*)お疲れ様でした。

2018年4月 3日 (火)

福岡のレッスン

仕事に家庭にと多忙に時間を過ごしている中で、音楽を介して多くの方々と関わることになりますが、たくさんの方々との会話やら出来事は、気分を左右することになります。

嬉しい思いで幸せになった一日が続きますように!・・・

そんな日は、どんな時かというとレッスンがうまくいった時やら、制作がすいすいで進んだときやら、美味しいものを食べたり、良い音楽聞いたり、出会いに喜び、仕事がスムーズに運び・・・・などなど~

自分のメンタルを整えることで、時間を充実にしたものにしたいですし、一方つまらないことで、余計なエネルギーを使いへこんでしまっては、本来なすべきこと自体がおかしくなってしまいます。

音楽を仕事にして良かったと、これまで思ったことは数知れず、関わる皆様に感謝です。

出張が多いので、気分は元気でも体がお疲れということもあり、そんな時には、関わる皆様との会話や音楽がとてもとてもパワーをいただくことになります(*^_^*)

今日は、福岡のわたしのレッスンの日でした。朝からいいことたくさんで、まずは生徒さんの作曲作品、次々と作ってはお聞かせくださり、新鮮な気分にしてくれます。新たなページを踏み出しているのは、生徒さんご自身だけでなく、私も確かに新しい感覚です。

育っていく生徒さんたちの新たなステージをご用意することも、仕事のうち、そしてその経験値自体が生徒さんだけでなく、私を育ててくれるのですもの。

実は、8月に行う予定のWithエレクトーンコンサート、とても迷っていたのですが、生徒さんたちの活躍やエレクトーン普及を考え、そこに進んでいくシナリオを予感することになった一日となりました。

様々なお考えの方がいらっしゃるのですから、いろいろあって当たり前です。ご一緒に同じスタンスに立って成長していきたいと思う方々、同じ価値観とか方向性を共有できる方々と共に幸せになれたらよいことです!

少しずつできる範囲で最大限のことを!

チリも積もれば山となり、崩そうとしても崩せない、登ろうとしても登れない山に、いつまでも上り続けていく気分は、結構楽しいものなのです。

皆様の温かいお気持ちに感謝して帰京する新幹線車中・・・・5時間ののんびりタイム。

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ