最近のトラックバック

松丸弘子楽譜

2020年5月11日 (月)

夏がやってきた!

Screenshot_20200511103759

Dsc_09163_20200512002401

Dsc_09182

Dsc_09242

今日は、午前中は福岡jetのオンライン定例会でした。今日はお店から担当者様と普及担当者様2名が参加下さり、会社からの伝達もバッチリ!音声や画像も不安定な中にたくさんのご参加をありがとうございました。

やっと三支部すべてのオンライン定例会が終わり、ほっと一段落です。

午後から近くのスーパーへお買い物ついでに、親水緑道を通ってお散歩~新緑がぐっぐっと夏モード。

汗をふきふき、三日分の荷物を抱えて、外出の楽しみ?!

また、夕方になり福岡の生徒さんか久しぶり~LINEで繋がり、お孫さんがエレクトーンで私の作品を演奏している動画が送られてきました。懐かしい。

このコロナでお片付けされてたら、私のリトルプレイヤーズ初版分も出てきたとか。20年前に初版でした。

小さい子供にエレクトーンが音楽の入口に最適であること、とてもよい曲集だと感謝したコメントが添えられて、とても嬉しく思いました。ありがとうございます。

1589188857477

福岡に住んで初めての生徒さん、といっても私より年上のレスナーさん、懐かしいです。お嬢さんも一時期レッスンを見て差し上げており、そのお子さん、映像から楽しいご家族の幸せなひとときが伝わってきました。

最近、オンライン化で、あちこちの皆様と手軽につながり、おしゃべりすることが多くなり、昨年から取り組んでいた指導研究講座も復活させることに致しました。

また、今日は神戸から合同発表会の会議をオンラインで実施され意見交換、その報告も上がってきました。コロナの中に取り組まれるご苦労の生の声が綴られて、皆様頑張っていらっしゃる‼️

1589213028904

これはリアルレッスン再開で、飛沫感染予防対策として透明のシートを設置された先生の様子もとどきました。

皆様各々にできることで頑張っていらっしゃいますね❤️

さて、ワタクシが出来ることは?

しばらく本来の姿に戻りたいと思います。

2020年5月 3日 (日)

オンライン発表会

Dsc_0866

Open Cafe'をYoutubeにアップしFacebookでもご案内してみました。明るいメロディーが、皆様に受け入れられたようで、大変有難い反応がとても嬉しいです。

こんな時期の中に予定していた発表会をオンラインで映像で繋いで工夫され実施することにして、ゲストにお呼びしているバイオリンの方とこの曲をお使いくださることの知らせが届きました。

活動のお役にたつと思うと、こんな嬉しいことはありません♥️とりあげて下さり、ありがとうございます。

どうか、皆様がこの曲でコロナを吹き飛ばし、体の奥からハッピー!と自らを励まして下さればと思います。私も楽曲で御一緒できる気持ちになります。✨😍✨

皆様、発表会いろいろと工夫されご苦労もたくさんおありかと思いますが、それぞれの先生らしく作り上げる工夫で、生徒さんも喜ばれ思い出に残る発表会になられることかと思います。

遠く東京から応援していますね、オンラインで見れるかな?聞いてみよ~(*^^*)💕ワクワク😃💕


2020年5月 2日 (土)

作曲課題作品から見えてくるもの

Dsc_0240_20200502171201

楽しんできたエレクトーン、長い年月と共にその楽器に育てられてきました。

嬉しい時、悲しいとき、寂しい時、苦しい時、人生のあらゆる時にも、部屋のすみに鎮座!(^o^;)

そこで、一体どんな音楽を奏でてきたのかなと振り返ると、実に様々な音楽に向き合って、その原曲をもとに、弾きやすく弾いてきた、、、のが、実感です。

ある時から、私は私の楽しいエレクトーン、それを奏でることが、私の音楽と思えてきたのです。

40代になる頃、楽器の進化は素敵なのだけど、アレンジによって拒絶したくなるエレクトーンの世界を目の当たりにしました。さも、それがエレクトーン音楽の正統派と言わんばかりで、ましてや指導者自身が趣味の延長になっていないか、それは何がそうさせているのか、かなりの長い間悩みました。

私にとっては、楽しいエレクトーンでは全くなくなってしまったから。

内蔵された伴奏に合わせる音楽そのもの、機能優先サウンド、迫力はあっても全く美しさを感じなくなり、美意識からは遠退い世界で、自らが指導者として籍をおいていることにも苦痛でした。

私と同世代の素敵な音楽指導者は、またひとり2人と、エレクトーンを捨てて、ピアノや、他楽器の世界へ。それでも、他の世界へは、身を投じる気にならず、はっと気づくと、世代交代、エレクトーンの向き合い方の流行にも遠退いているように感じました。

そして、なぜ、人はそんなエレクトーンを奏でるのか?

私は何をしたいのか?

そんな中で出会った新作小品集、レジストデータなくても、作者が意とする心を感じ自由なレジストで表現すればよく、既存の楽曲世界にはない音楽本来の魅力を奏でることに気づくことができました。

この自由さ、そしてエレクトーン音楽として表現するための左手の重要性に気づいて今に至っています。

これまで長い間、多くの方々に作曲や編曲を教えてきましたが、リアルなレッスンで実際に音を出していたことは、ついついその素晴らしいサウンドのエネルギーにまやかされていたのではないか、言葉となる一音を見過ごしていたのではないか、と思います。

生徒さんへ出した作曲の宿題~

私と関わって下さり、それなりに取り組んで下さることに私も真摯に向き合うならば、と、彼女たちが日々自らの生徒に愛をもち実に粘り強くレッスンするように、私の大事に思うエレクトーンの音楽を教えていかなくてはと思います。


2020年4月24日 (金)

ケーラーバースディマーチ

Photo_20200424185601

 

またまた、来月のjet定例会のための資料として、アンサンブルアレンジの参考に、ケーラーのバースディマーチをご紹介。

解説や、セミナーのレジュメは、別途各実施日の少し前に改めてアップさせていただきます。

jet神戸、福岡、小倉の先生方は、どうぞ音源をお聞きくださり、楽譜やレジストをダウンロードして、エレクトーンからも弾いて見て下さいね。

ピアノの生徒さんには、YouTube音源をご案内していただき、合わせてコンチェルトしてみましょう。

Youtubeは、こちらから どうぞお聞きください。できたら、ヘッドホン等でお聞き下さると、いい音致します。

バースディマーチ(ケーラー作曲)松丸弘子編曲P&E

楽譜は、こちらからダウンロード

ダウンロード - e38390e383bce382b9e38387e382a3e3839ee383bce383812020.2.9e291a9mus.pdf

エレクトーンパート、ステージデータはこちらから (演奏入り)

ダウンロード - efbe8aefbe9eefbdb0efbdbdefbe83efbe9eefbda8efbe8fefbdb0efbe81.zip

 

 

 

 

 

 

2020年4月 2日 (木)

コンチェルト指導実践へ

1585837219710

1585804785520

私のコンチェルト作品を取り上げて演奏してくださる皆様のお話で、その活用は、大体3つに別れます。

1、ご自身が本格的なピアノコンチェルトを取り組まれる

2、生徒さんのピアノソロがある程度弾けたら、御褒美のコンチェルト体験

3、導入や初級の生徒さんに楽しいリズムや音色でお楽しみコンチェルト体験、

また、取り組まれる先生ご自身が、エレクトーンもお弾きになる場合は、即生伴奏としてピアノの生徒さんと、アンサンブルコンチェルト!場合によって、先生がピアノ、生徒さんエレクトーンの伴奏体験。

ピアノオンリーの先生は、伴奏音源を使ってコンチェルト体験で、おうちコンチェルト!

実は、親しくさせていただいている森田香先生が、私のコンチェルト作品音源をI padに取り込み、取り組んで下さっているそうで、そのお写真をいただき感激しています。

I padのアプリで再生する時、音源テンポも変化させることができるそうで、ワタクシが演奏した伴奏音源をバックに、森田先生の生徒さんがおうちコンチェルトする日も近いかと、その成果がとても楽しみになりました。\(^o^)/

コロナで自宅で過ごし、たっぷりの時間を楽しくピアノに向かうためのお助けツールに、コンチェルトが一役かうと良いなぁ~。

そして、その指導実践をご紹介して下さること、これからがとても楽しみです。

お写真のI pad画面に収まった、整理された私の作品たち、ワクワクして感激しています。

 森田先生ご自身とは、来年銀座でモーツァルトピアコン20番を御一緒することになっていて、先日楽譜を書き終えたばかり。これまでも、モーツァルトで御一緒して下さいましたから、エレクトーンコンチェルトの楽しさをご自身が実感していらっしゃるからこその、レッスンでの取り組みとなることでしょう!

どうぞ、よろしくお願いします。



2020年4月 1日 (水)

少し性根を据えて

Dsc_0731_20200401001001

在宅ワークで出張が無くなり、私にとっては、いきなり自分の活動を見つめる穏やかな毎日が訪れました。

今日は、銀座にご参加の生徒さんからメールがはいり、順調に準備が進み、合わせを楽しみにしてくださっていることが書いてあり、本番は延期となったことが、演奏を更に磨いて完成度高くご披露できるし、一段階アップしたステージを目指していけるなと、大変ポジティブな気持ちになりました。

ありがとうございます。

時間ができた分、この機会にちょっと思っていることをひとつずつやっていこうと思っています。

本格的なピアコンをいろいろと挑戦し、伴奏譜を書き続けて残しておきたいこと。

そして、それを演奏するために、腕を磨くこと。

エレクトーンを使ったピアノ指導について、jet教材活用研究を賛同する仲間とトライ、まとめる。

エレクトーン伴奏者養成

60歳になって銀座YAMAHAホールを体験したことは、伴奏音楽を作り奏で、広げるリサイタルのようなものでしたが、作品展として、発表会のいろが濃いものでした。

その成果を踏まえ、来年に延期となった銀座コンチェルト、これは継続させるには、普及の観点からまた違ったアプローチを今後は考えねばならないと思っています。

私にとってのjet業務活動での関わりは、自分自身の音楽を広げること自体がエレクトーン普及につながるコンチェルトであることを自覚して、御一緒できる方々との研鑽をより行っていくことがこれから次の段階かと思います。

今年度の関わる各支部の指導活動方針には、jetブランディングと称してjetならではの音楽指導をアピールしています。

こうやって書いてみると、シニア生活をのんびり、コロナがきっかけとなり、、、には、程遠いぐらい目標や挑戦がいっぱいでした。(笑)

3月は、ベートーヴェンにモーツァルト、4月は、ショパンをやってみようかなぁ~

ひとつずつ、ひとつずつ!

毎日、少しずつ。

皆様、応援してください。


2020年3月30日 (月)

モーツァルトピアコン20番1楽章

モーツァルトピアノ協奏曲第20番第1楽章のピアノ&エレクトーンアレンジ書き終えました!

世の中は毎日、閉塞的な空気で、ややまさかの戦争みたいな空気が流れているなかに、一人で相変わらず黙々と書いて、スコアからモーツァルトを感じていました。

この曲、ピアノパートの難易度の高さといったらありません、いやもちろん他の曲だって軽やかさが特徴のモーツァルトではあり、美しく奏でるためにはまろやかなエネルギーでうっとりと、、、内田光子さんの演奏やら、日本だと久元さんのピアノとか!

しかし、この20番、音のつまりと、並びは、ベートーヴェンのソナタを彷彿とさせて、オケは寄り添いの伴奏に徹し、昨年一昨年と書いた23番に比べると、伴奏は、そう骨のおれる話では無さそうに感じました。

スコアは、ベーレンライター、二台ピアノ版は、ペータース版をもとに作成、この調子で、2楽章、三楽章とすすめるつもりです。

個人的な趣味(^o^;)でやりたいことを御一緒してくださるかたにも恵まれ、生きてるワタクシ。

全てはエレクトーンのためにあり、いつかきっと役にたつ時がと信じて書き続けています。

福岡のコンチェルトやレッスンの生徒さんたちのグループLINEを作りました。皆どうしてるのかなと気になります。また元気にあえますように。

Dsc_0763

2020年3月22日 (日)

モーツァルトピアノ協奏曲20番

Dsc_0740

すっかりはまっています(^-^)vモーツァルトピアコン、次のお題は20番、モーツァルトには珍しい短調の曲、少し前、新作講座で交響曲40番をP&Eにまとめて、ますますモーツァルトにお近づきモードになり、さらに20番、、、あと50小節ぐらいのところまで入力がすすんでいます。

2楽章が、ロマンスのタイトルでjetの教材に入っていたこともあり、またよくとりあげられるピアコンなのか、シンコペーションの刻みがエレクトーン伴奏向きかと、気になっていたら、やはりご縁があった!~恥ずかしながら、既にこの曲が20番ということすら忘れていた(^o^;)

三楽章が、また素晴らしく、たぶんワタクシ、しばらくこの曲を取り組むことになるでしょう😆

ピアノパートは、音の詰まり具合密度濃く、テクニックを要し大変そう、でも銀座では、フルサイズでお楽しみ頂くことになっています。

って、銀座はできるのか!?

オリンピック次第かなと思いながら、自粛モードで対応策をヤマハホールもお考え下さっているようて、既に録音コンサートなどのスタイルや、開催日延期やらと、皆様それぞれヤキモキ~

私もそろそろ決断しなくてはですが、皆様楽しみにしてくださっており、政府の動きを見ながら対応、場合によっては延期でも実施と思っています。

御心配おかけします。皆様、体に気をつけて、楽しく練習に励んで輝く姿目指していきましょ(^-^)v

参加者の皆様には、4/29のサロン含めご連絡を今月末あたりに差し上げますので、しばらくお待ちくださいませ。

2020年3月14日 (土)

音源のオーディオCD化

Dsc_1443_20200316014001

春になると、生徒募集の季節柄、はじめてのレパートリー(リトルエレクトーンプレイヤーズ)の楽譜やデータのご注文、お問い合わせをいただくようになります。

今年は、発表会がコロナで流れたところがほとんどで、生徒さんにとっては、とても楽しみにがんばっていたことだろうから、かなりショックの様子を耳にして、せっかくコンチェルトにも取り組んでいたお友だちが、このコロナで時間ができた時に、もっと他のコンチェルト曲も、一人で楽しめたらいいかも、それには、伴奏音源を録音してあげることだと、たまたまご依頼のあった方への対応と一緒に、録音作業を致しました。

といっても、ワンタッチまではいきませんが、あらかじめエレクトーンで録音保存されたデータを、オーディオ録音のボタン操作できれいに変換してくれますため、そう一からの作業ではなく、過去の作品を楽しく聞きながら進めることができました。

が!

大曲は、録音するに及ばずと、もともと録音しておらず、ほとんど生コンチェルトをアシストさんと生録りしたり、誰かとのステージがそのままYoutubeに映像と共にアップされており、たとえばオリジナルの予感とか、ラフマニノフのピアコンとか、気合いでエレクトーンパートを録音致しました。

ピアノの先生方が、生徒さんにコンチェルトさせるのに、練習伴奏音源となるわけで、少しこれで作品やエレクトーンの広がりがあったらと思います。

懐かしい作品も、作った時のことを思い出し、初演のお友だちのことも思い出し、人生振り返る勢いでした。(^o^;)

楽しい作業だけど、我ながら膨大な作品数に、ご、ご、ゴールが見えない、、、(^o^;)

いざという時の備えの録音にして、お入り用の方にはお出ししよう。

コロナでできた時間、ゆっくり自分らしくながれてます。

2020年3月 4日 (水)

田園P&Eアレンジ2

P1080156a

銀座のために書いていたベートーヴェンの田園1楽章フルサイズで、35ページ完成、ピアノとエレクトーンでアンサンブル楽譜が第一段階着地!

ソナタ形式で明解な構成だから、紐解きアナリーゼするのも、結構楽しくて、昨晩はとうとう、マラソンの後半追い上げ気分になり、徹夜してしまいましたが、充実感一杯です😁

最近は手書きからパソコン入力ではなく、直接アレンジしながら入力、最初からアーティキュレーションや、フレーズ表すスラーなども同時に入力していきますから、最後まで来たら取り合えず、譜面としては完成を見ることになり、ピアノパートは、これで譜読み練習に入っていただけます。

エレクトーンは、書いた譜面から、レジストを作り同時にメモリー番号を加筆入力、エレクトーンデータ作成に入ります。

今回は、ピアノパートもスコアから振り分けて、創出しましたので、いつもの、ピアノは原曲コンチェルトスタイルという制作よりも、エネルギーはかかりました。

しかし、同型反復を主とした展開に、立体感や残像感を出しているベートーヴェンの作風をじっくり捉えることになり、満ち足りた気持ちになりました。

耳の不自由な中で取り組んだベートーヴェンのこの田園は、運命と抱き合わせのように同時期につくられており、今回やってみて、運命も作りたくなります。

また、この数年、本格的なピアノコンチェルトを、コンパクトサイズで、発表会演奏を目的としたスタイルで取り組んだことがきっかけとなり、ピアノ演奏者のリクエストに応え、フルサイズも書くのも、弾くのも辛く無くなってきています。

演奏家にはとてもなれそうに無いからと思いつつ、作ったものを弾く機会を、講座ではなく、演奏会としてステージをこなしていかねば広がらないわけで、昨年の銀座コンチェルトは、その新たなきっかけにもなったのだと思うのです。

次はモーツァルトピアコン20番先ずは1楽章から!既にピアノ奏者は、ひととおりさらってくださっている模様!またどうぞこの道のりを御一緒する楽しみ♥️M先生よろしくお願いします(^-^)v

スコアを紐解く、二台ピアノ版、一台でのアレンジ等々、P&Eに至るまでにあちこち参考にページを捲り、弾きやすく、鳴りがよく、無駄も省きと、作曲家の書いた作品を整理しながら、伴奏を作ります。

ピアノとエレクトーンコンチェルトスタイルアレンジとして、定番になれたら!

クラシックスタイルのエレクトーンを弾く人が、私のコンチェルトアレンジで伴奏を楽しんで下さるために、どこに出しても可笑しくない、いや、いいね👍️って思っていただけるように、これからは、本格的なピアコン作品に挑戦と思っています。

モーツァルト、ショパン、ラヴェル、プロコフィエフ、ベートーヴェン、シューマン、ブラームス、、、皆素敵な作品ばかり、そこに触れるのは、まるで時代劇観てるのと同様の感覚♪(^o^;)と私は、、、凄く思います❤️

皆様!コロナで賑わう報道に毎日忙殺されぬように、マイペースワークです!

わたし、お疲れ様~

O先生、どうか田園のピアノパートをよろしくお願いします。

より以前の記事一覧

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ