エレクトーン

2021年1月16日 (土)

風の蔵

もう、15年以上も前に書いたエレクトーンソロ。EL900の最後の時期で、書いて一年もしないうちにステージアが発売になり、しばらくはかなり気に入って、あちこちの演奏の機会にプログラムに入れておりましたが、コンチェルトで忙しくなってからは、ほとんど演奏する機会が少なくなって、この数年開くこともありませんでした。

来週は、作編曲のオンラインで、またまたオリジナルをご披露するわけですが、次第に難易度も高く、本格的なものをご提供してみようかと思い、久しぶりに楽譜を・・・と思ったら、浄書していなかったー(;^_^A

3年ぐらい前にフルートとのアンサンブルの譜面を制作した時に、アンサンブルとしては浄書したデータが残っていましたが、やはりエレクトーンソロらしく、また楽曲の雰囲気もレイアウトで違ってくるような気がして、一から入力しまして、あと半分ぐらい11ページの約200小節ぐらいになりそうです。結構な作品じゃん!(#^.^#)

どこかに音源をアップしていないかと思って探したら、ありました。

2003.6.19に完成、子宮の手術で入院した時に入院先のベッドで、手書き清書したのを覚えており楽譜にも、その旨記載していました。その年は、義父が3月に87歳で亡くなり、かわいがってくれていた叔父が1月に77歳で亡くなりと、立て続けに親族が亡くなって、それまで身近に感がることのなかった「死」について、考える時間が多くなった頃でした。

実際には、お世話になっていた久留米のjetの先生から、うちにある蔵を改造して、地域のためにコンサートができるような空間を作るので、そちらでコンサートをやろうということになり、グラフィックデザイナーの友人の助けをお借りして、また当時私の門下であった方々にも応援を頼み、病み上がりの8月末に初演で、大分県日田市にある「風の蔵」で演奏いたしました。オーナー様の情熱と、私のエレクトーン普及の精神がコラボしたかの出来事、人生の大きな節目となった気がいたします。

小さなスペースといっても、十分ピアノとエレクトーン一台ずつが入り50人ぐらいが入るスペース、アットホームな雰囲気の中で、この時から、自分の作品を人前で演奏することがスタートしたように思います。

今でも、自分の作品を演奏するとき、自分自身だから弾いてみる強い気持ちと、どこか裸になった自分をさらけ出す勇気がない頼りない自分も感じながら、きっとこのまま終わっていくのかなぁ~(;^_^A

作品は、その「風の蔵」からイメージされる物語をテーマに据えて、九州の自然とともに生きる女性の姿をえがいたつもりです。
よろしかったらお聞きくださいね。録音はあまりよくないのですが、私の曲の中では、凝った作品だと思います。

風の蔵 松丸弘子作曲


あの時お世話になった方々どうしていらっしゃるだろう。皆様に感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございます。
E44b2f32eaea368a03dfd4c3fd0c5a7e_t

2021年1月15日 (金)

神戸jet定例会~ピアノ指導新しい鍵盤指導のために

今日は朝からjetの本部ライブ配信げあり、教材制作秘話とのテーマで対談によるトークショーを一時間ほど視聴したあと、11時から神戸jetの定例会をオンラインで行いました。

新年最初の定例会、コロナ感染拡大の緊急事態宣言も発令され、新年あけて今年こそはの各種展開支部イベントも、またまた頓挫の方向にならざるを得ない現実で、お店からの最初のご挨拶では、jetライブ、合同発表会についての見通し、現状のお話がありました。

教室活動、指導活動は目標がイベントと共に成立、計画を伴う話ですから、どうか皆様、それぞれご計画されますように。

研修は、事前に視聴していただいたピアノ講座をもとに、感想をお聞きして、エレクトーンもピアノもご指導される先生方の鍵盤指導を新しい観点から考えてみようと、様々なお話を皆様からお聞きして共有~大変貴重なお話を伺うことができました。

自宅で教えるjetの先生、ピアノ志向の良さ、エレクトーン指導にももっといかせば、エレクトーン音楽がより芸術性高くなりそうですし、ピアノ指導にエレクトーンの良さを生かせばまたプラスに時代にのった価値が高くなるというもので、皆様それぞれの指導スタンスやお持ちの指導スキルに刺激とされ、きっかけになる定例会だったように感じました。

皆様ご参加ありがとうございました。ライブ配信からの方々は長時間になりましたよね。大変お疲れ様でした。

終わって皆の笑顔が凄く嬉しいお写真!やっぱりアップさせてくださいませ‼️因にお顔が写っていらっしゃらないのは、支部担当者様がご参加なのですが、カメラはお仕事もありオフに。研修にもご参加いただいて、ありがとうございます。

来月はこの流れで、ピアノ楽譜からエレクトーンアレンジ、ピアノ生徒さんに生かすブルグミュラーエレクトーンをお伝えしてみたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

1610720274252

 

 

2021年1月14日 (木)

リモートワーク

Dsc_07412

新年明けて初めての小倉jet定例会を午前中に実施、午後は和声の個人レッスン、夕方打ち合わせとオンライン三連続で繋いだら、かなりハードな1日になりました。

画面の向こうに見えるたくさんの方々と、リアルにお目にかかるのと同様に、その関わるエネルギーでかなり疲れますが、各々から求められる、また担う責任を感じており、マイペースといえども、今日は日頃とは違うスタンスの1日でした。

jetのアドバイザー業務は、関わる支部の地域のエレクトーン普及となりますので、状況把握と少し先を見つめて、皆様と共に発展的な活動展開を推進しなければと考えています。

コロナ禍において、いや、それでなくても、人をまとめ、組織を動かし、と、自分自身のスタンス考えると、jetの業務は骨の折れるところであり、対応の細やかさとしなやかさは必要でありつつ、振り回されて気分まで疲弊しては、とてもやり遂げられず、強い意思、高い意識、広い視野が必要だと常々自らを励ましています。

そんな中に、突然、私の作品を使ってコンチェルトに取り組んでみたいとお問い合わせが入ってきました。

チラッとお話伺ったら、以前に武蔵小金井の宮地楽器で講座をお聞き下さった先生で、本格的に取り組みたい御様子!

リクエストは4曲から、たまたま在庫のあるブルグミュラーコンチェルト13曲の楽譜と、コンチェルト導入初級レパートリー11曲の楽譜をご紹介しました。早速明日お送りすることになりました。嬉しいなぁ。

組織の中での思考回路から、自ら発信する世界を求められる居場所に帰って、音楽する我が身を意識確認。そこには感謝とまた起爆発進。

忙しいと言いながら、昨晩観た「マチネの終わりに」

私も過去を変えられるかなぁ。

生きている間にできること、伝えられること。限られた時間をどう使うかとコントロールする暇もなくなる程、充実した毎日が訪れているのだから、何も恐れず迷わず、流されながらも、ぶれずに過ごして参りたいと思います。

関わる皆様、いつもありがとうございます。

明日は、神戸jetだ!頑張ろう‼️



2021年1月12日 (火)

エレクトーンアレンジ楽譜

サウンドカーニバル作品制作指導のための講座を今週木曜に小倉jet来週月曜に福岡jetと、実施します。

既に昨年暮れに終了した神戸は、また別のテーマで、各支部オンラインセミナーが続きます。

私はいつも、仕事でお話したりレッスンするときには、形は個々にことなりますが、何か形にしてお渡し、または自分自身のアンチョコのようにレジュメや資料を準備するので、今週は毎日続くオンラインに、巻きをいれてあれこれ準備しています。

エレクトーンでの音楽制作指導、作編曲につながる部分では、延々と取り組むテーマでありつつ、エレクトーンの使い方をしっかり講師が解った上で、楽しく作編曲に、はて、どこまで踏み込めてレッスンできているのか、いつもアドバイザーとして気にかかるところ。

最近エレクトーン普及のために、同じ鍵盤指導の括りでピアノ生徒さんにエレクトーン体験をさせてみようと、サウンドカーニバルにも自由表現部門というのがあり、ピアノ曲をエレクトーンでそのまま弾かせてみる音楽体験作品を募集しています。

ピアノの生徒さんが培ってきた能力、エレクトーンの世界ではあまり気にしないことも、楽譜主導で訓練されてきたピアノの生徒さんにはコードも、リズムもちんぷんかんぷん、でも、ピアノで弾いた、その全くおなじ鍵盤を弾く指の運動が、エレクトーンでは違う音楽となっていくその体験を、確たるものとして与えるには、楽譜が必要なのではと、組んだSEQのリズムが明記してある楽譜を作りました。

ブルグミュラーにギロックにと、やってみたら、またまた楽しくなって、時間が足りない(^o^;)

明日は音楽理論Cクラスで、昨日ミスティを題材にアレンジ二つ、ビルエバンス聞きたい!

今日はサウンドカーニバル講座のための資料つくり。先生方のお役にたちますように♥

毎日が勉強の連続だ!

Elen_chan_20210113003501


2021年1月 8日 (金)

オンラインレッスン

今月から新たにお二人、オンラインレッスンをスタート。

あらかじめお送りしておいた音源と楽譜をもとに、その音楽と演奏のためのエレクトーン機能についてレッスン致しました。

オーディオインターフェイスつないでやってみましたが、本体のマイクからのやりとりの方が音が上手く繋がり、ストレスたまることは回避だなと、とりあえずできることで頑張っていくことにしました。

生徒さんは福岡からで、今日は東京も緊急事態宣言が発令となって、寒い北風が吹いていたのですが、あちらは雪が降っているよと、携帯からお庭の雪景色を届けて下さいました。

真っ白な世界、心の奥深くに響く音の世界のようでした。

毎日のように、ドラマが広がり、嬉しいこと、楽しいこと、悲しいこと、怒り、諦め、様々な日常をもはやあれこれ思い悩んでいくのも流されて、私は深夜にひとり静かに過ごすことが多くなりました。

1日を振り返り、その触れた気持ちに私ができることは、せめて温かな毛布でくるめてあげたい。

そして私も包み混んだ上から一緒に安らぐことにいたしましょう。

今日もみんなお疲れ様

ゆっくりしてね


Category_tn_191

2021年1月 7日 (木)

月エレ掲載で

月エレにオンラインセミナーの件で掲載されたことがきっかけで、あちこちからメールをいただきました。

また、同じエレクトーン仲間として、エレクトーン普及に頑張っている方からのお問い合わせは、嬉しくて、私も励まされます。

やはり流通した専門誌をご覧になっている方々が多いわけで、その世界の端で頑張っている方々がたくさん見ていらして、違うなぁと今さらですが月エレで、気持ちが前向きになります。

これまで、音楽の方向として、受け入れていただけないような世界を感じるのは私だけかと、読む度ごとに落ち込み、音楽を否定されたかの気分になっていました。

今から20年以上前に自分がまだ若い?!括りに今から思えば入っていた頃も、その当時であっても、若い方の専門誌で趣味の方々が楽しくエレクトーンで集う雑誌に見えてしまい、どこか乗り切れない世界を感じていました。

エレクトーン音楽を真面目にアカデミックに語る部分も、専門誌としてのカラー、スタンスが全面に出ていて、どこか流行を追いかけるカッコよさ!

つまりは、私が考える音楽世界とは、ちょっと違う(^o^;)流行を追いかける世界。

世の中には様々な感性もあって当たり前だし、まあ、自分らしく好きなことを続けてと、やってきたわけですが、自宅でエレクトーンもピアノも教える世界からは、楽しけりゃいい方向についていけなくて、他の同業者やら仕事仲間と話すときにも、そのギャップを語る人がいても、そこまで考えるナンセンスさで、一瞥されるのがオチだったように思います。

むしろ、ピアノのご専門の方々、クラシックの楽器や歌、合唱の皆様からは、オーケストラ代わりの有能さをおおいに受け入れて下さり、ピアノ教育のところで生かすエレクトーン伴奏に、私自身は心血注ぐ時間を紡いできた人生だったかも。

今、長いこと続けてきたこの仕事の中で、マイペースが様々な方々に受け入れられてきただけでも有り難く感じます。

自然の成り行きにおいて、楽器本来のよさを見つめ、教育上においての有能さを感じるエレクトーン指導者の意識が育ってきた時代に入っていけば、専門誌の方向も、新たなページとなれたら、読者はさらに嬉しいのではないかと。

専門誌は、それだけ担っている役割があると思えてしかたありません。

エレクトーンの先生たちが読んでなるほどと思うためになる本、趣味の人がサブテキスト代わりの本、業界の情報、、、ネットでググれば、何でも出てくる時代に、専門誌がどう生き残るかにおいて、ユーザー登場ページは、活性化に繋がることでしょう。

出版の姿が様変わりしていく時代の中でも、ずっとユーザーによりそった専門誌、もっと音楽界にアピールできる力で、これからの月エレの発展を願っています❤️

Dsc_1494_20210109042901

2020年12月24日 (木)

メリークリスマス! 私の一日は・・・

今日はクリスマス。主人と二人で静かに楽しい時間を過ごしています。

私たちは、二人ともあまり群れでワイワイガヤガヤするのが好きなほうではなくて、マイペースの時間を自由に過ごす毎日を楽しんでいます。

もちろん、子供たちが小さい時には、子供中心の生活、クリスマスも大騒ぎの家族行事でした。

子供たちが巣立ってからというものは、まだ孫もおりませんので、美味しい食事にクリスマスのちょっとしたケーキを二人でいただいたら、好きな映画を見たり本を読んだりといつもの夜になりそうです。

毎年来るクリスマス・・・12年前には、私の母のお葬式がクリスマスの夜に故郷の教会で行われて、私にとってのクリスマスイブは、その時から特別のものになりました。母は、天に召されていったのだと・・・

今日は、いろいろな方からラインをいただき、またお手紙も頂戴したり、プレゼントもいただいて、なんと幸せなクリスマスなのでしょう。皆様、ありがとうございました。

娘からは、彼女の描いてくれた素敵なカードがラインから送られてきて、なかなか会えなくて最近はご無沙汰で、ちょっと寂しいです。

そんな私たち夫婦のクリスマスの雰囲気でアレンジ、動画編集してYOUTUBEにまたまたアップしました。完全に趣味の世界に没頭!(^^)!

そして、なんと、PCにダウンロードできたかどうかであきらめていたムービーメーカーが、なぜかわかりませんが、インストールできていることに気が付いて、嬉しい~💛

フォトで動画編集を行っていたものの、やはり映像ではなく画像編集ソフトなので、ちょっとポップなものには向くけれど、曲調に合わせたイメージ動画編集をやりたかったので、嬉しいクリスマスのプレゼントのように思いました。

Star Train in my Life 

たまにはこんなアレンジもお聞きください。ブランデーでも飲みながらゆったりとお過ごしくださいね。
メリークリスマス!

6sukhlrjr

2020年12月19日 (土)

月刊エレクトーン記事掲載

Dsc_1575_20201219100701

エレクトーンの専門誌、月刊エレクトーンの新年号特集記事オンラインについて、私の活動もとりあげていただき、P15に掲載、本日はワタクシ62歳の誕生日ですが、一生の思い出になりました。

コロナ禍という未曾有の時代を迎えた中で、できることを模索してたどり着いた今の私の毎日は、確かに今年の3月ぐらいまで全く別の時間の使い方であったわけで、新しい人生のページを捲った姿がそこにありました。

9歳でエレクトーンに出会い、寄り添うように、コンクールや月エレアレンジ公募とか、時折紙面の片隅に載せていただいたことがありますが、しっかりとりあげていただいたのははじめてかも。

お、お、音楽じゃなかった(^o^;)いやいや、その音楽制作や提供の足取り、それこそが、毎回のオンラインの資料につながる何よりの財産だから、今の私らしく続けてきたエレクトーンの日々そのもの、お誕生日の記念のプレゼントになりました。

掲載に至るまでお力いただいた皆様へ心より感謝申し上げます。


2020年12月 5日 (土)

コスモス揺らして

Fb_img_1604397398024

12月のjetは、既に小倉は終わりましたが、明後日は福岡、14日は神戸と、皆オンラインで、サウンドカーニバル対応メニューをそれぞれの展開で実施。

神戸は作品が集まり、今月が作品展でオンラインでみんなで感想やら、意見交換を行い、評価を実施して、ちょっとだけ励みになる賞を与えることにし、みんなで決定することにしています。

小倉と、福岡はこれからで、来春3月を作品展にするため、今月は打ち出しですが、アレンジステージで目にしていただいた作品を映像化する方法を皆様にご紹介して、教室活動の参考にもなるかと、定例会において作成手法をお伝えします。

その練習のため、また、この作業、ワタクシ結構はまっており(*^^*)クリスマスソング二曲をyoutubeにアップしましたら、なかなか癒されたとのことで、映像と音楽の力で、誰かが喜んでくれた実感に嬉しくて(*^O^*)

今日は、ちょっと季節外れだけど、「コスモス揺らして」というオリジナルをアップしました。

皆様、どうぞたくさんのコスモス写真に癒されてくださいね。

作品はこちらから

コスモス揺らして

 

2020年12月 4日 (金)

ダンシング サンタさん~赤鼻のトナカイ

可愛い赤鼻のトナカイアレンジ で、動画を作ってみました。

実は、コロナ感染拡大で、やはり出張は控えたほうがよいことになり、ぽっかりと、いろんなところが・・・空きました。

師走だけど、師走じゃない今年は、のんびり、というほどではありませんが、好きな作編曲に動画編集で、ほっこりとしましょう。

ちょっと早めの、メリークリスマスのつもりで、どうぞお耳に届きますように。

Photo_20201204192301

より以前の記事一覧

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31