最近のトラックバック

フォト

エレクトーン

2018年7月17日 (火)

大地讃頌 エレクトーン伴奏編曲

来月のコンサート合唱「大地讃頌」のエレクトーン伴奏アレンジ出来ました!
午前中に合唱セミナーがあり本番で一緒に歌えます!
合唱でwithエレクトーンぜひお待ちしています。

Fb_img_1531792702593


Fb_img_1531792705757


Fb_img_1531792708842


Fb_img_1531792711943


2018年6月11日 (月)

エレクトーン普及

今日は台風~でも思ったより、雨も風も大したことない感じでした。

しかし、そうは言っても台風は台風、普段の日より、我が家のマンションの廊下はかなりの雨ざらしで、玄関でたら2分でびしょ濡れ~(^_^;)

そんな中に先日の小田原の楽器店さんが、たまたま近くにお仕事でいらして、ついでに楽譜やら音源などのお買い上げ~有難うございます!

また、なんと!あの講座参加者の方からエレクトーン購入が決まったそうで、熱く語ったエレクトーン、普及につながって結果が出せたと、一緒に喜びました‼️

私の音楽聞いてくださって、エレクトーン頑張ってみようかと思って下さったこと、何よりワタクシは、嬉しくて、たぶん楽器店様とまた異なる喜び、お互いの喜びをかみしめて、またまたエレクトーン普及に頑張ろう!と誓いあった!嘘(笑)みたいな、同じ気持ちでとにかく、共感高まった‼️わけです。(^_^;)

台風に、爽やかな笑顔で普及の実感、jetの仕事で関わる九州では、こんな感動共有は担当者様と分かち合えても、東京ではフリーですから、なかなかこんなことは少ない~

私がエレクトーン買ったわけじゃないのに、めちゃめちゃ嬉しくて、ルンルンになれる自分が、あ~ビョーキね、エレクトーン病。

ますます進行中😆

2018年5月27日 (日)

エレクトーン音楽指導を振り返る

お天気のよい日曜日、実は今日はプチプチ同窓会の予定で楽しみにしていましたが、ちょっと都合で欠席、その分、頭の中はまた時間のゆとりをもつことになり、講座の準備につながる、エレクトーン音楽指導の歴史を振り返りました。

私はエレクトーンという楽器と同じ年齢、自分自身の人生、エレクトーンの取り組みがそのままエレクトーン指導や音楽の歴史を見つめることになります。

たまたまこの世界に生きることになり、それも一匹狼、いや、一匹犬(笑)(^_^;)

組織のスタッフとして、先生方と歩いてきたので、自分自身の作品も先生方の活動を見つめたからこそのコンチェルト。

そのコンチェルトに対する思いは、単に我が身のためだけではなくなり、頑張った先生方の高い指導効果が耳に届く度に、制作者として大変な喜びを感じています。

そんな姿が、広がっていけば、エレクトーンも生き残っていけると信じている者です。

ピアノ指導へと生徒がいないからと、完全に転向される先生には残念~エレクトーン講師としてご自身が向き合われてきたお気持ち、簡単に無しにしてよいのかと。

最近は、若手のピアノご専門の先生が、昨今の住宅事情を考えて、通ってくる生徒の一般的なレッスンに求めるものと、ご自身の指導活動の未来を見据え、エレクトーンベーシックを教室に置かれ、コンチェルトを発表会などに取り入れようとする方々もいらっしゃいます。

そんな指導の新しい風もあるなかに、従来のエレクトーンご専門の方々の状況も踏まえて、そこに横たわるものを、今日はじっくり考えました。

会報誌も届き、全国の頑張っている他支部の様子が明るく語られていました。仲良く協力して共に歩いていく力が伝わって来ます。

今週木曜日、小田原講座、さあ、どんな出会いが待っているやら楽しみです。

ショパンバラードアレンジもお披露目!

伴奏音楽からとらえた教室活動、先生方のお役にたちますように。

2018年5月26日 (土)

エレクトーン音楽を教える喜び!

今日は、朝からレッスンでした。

五年生になって、塾も忙しくなり、たぶん毎日スケジュールはぱんぱん。練習する時間はどれぐらいありそうか?どれぐらいの時間でこれをこなせるか、見極めも重要なポイント。

今日は、フランス曲「クラリネットをこわしちゃった」でオルタネィティング ベースの練習。楽譜を弾くだけなら、ど根性の修行レッスンですが、何のためにこの動き、その効果を感じさせて、ベースの動きのルールを教えました。

あと、それから発展した順次進行や、ベース音とメロディーは、重ならない方が良いことなどを、実際に音を確かめながら弾いてやると、納得するようで、動きもスムーズでできるのです。

つまりは、たぶん脳のどこを使って弾けるようになるのか!奏でるのと、視覚から入った作業的な運動では、弾けるようになるという意味が、全く違ってきます。

急がば回れ~(*^^*)

ついでに視覚からかっこいいなと思わせるには、先生が弾いてきかせて、トゥー&ヒール!これは、かなりお目々キラキラの反応でしたから、ついでにベースの半音階トレーニングまで教えました‼️

生徒さん自身も、出来なかったことができるようになれる実感がはっきりあれば、それは嬉しいことだし、次へと繋ぐことができます。

そして教える側も、教えたことが今すぐに反応して成就した思いになれて、喜びが持てるというものです。

エレクトーン教材、ぎゃらりい4に入り、やっとちゃんとした個人指導のためのメソッド、大好きエレクトーンは、感覚育成でややグループレッスン向きの感じがして、指導者の演出エネルギーがかかるものでした。

しかし、ぎゃらりい4で中級へと進み、まだまだ入り口ですが、エレクトーン音楽を教えている喜びが、私にも生徒さん側にもあって、それは決してわくわくドキドキみたいな話ではないけれど、この積み重ねが、あいみちゃんのエレクトーン力をつけて、大好きエレクトーン!になっていくことでしょう。

あいみちゃんのレッスンで教えられること、指導歴が40年でも、新鮮に実感、あいみちゃん、ありがとう😅♥️

2018年5月24日 (木)

はじめてのテキスト

コンチェルトのこの10年間を振りかえり、自らの活動の一区切りとするために、せっせとこれまでの講座のレジュメをまとめています。

講座でエレクトーンをあまりご存知ない方や、取り組むときに必要なことを、楽器から、演奏について、音響のこと、コンチェルト編曲のポイント、コンチェルト指導のために、伴奏するために、などなど、綴れば綴るほど、今更ながらに、この活動で私自身がエレクトーンを学んできた証を実感しています。

最初にエレクトーン音楽にふれたのは
レッツプレイエレクトーン という楽譜、今でも大事にとってあり、ボロボロになった背表紙を母が赤い毛糸で閉じてくれていました。

そしたらなんと、私の導入曲集「はじめてのレパートリー」の表紙も同じ赤い背景にイラストは、丸ぬきだったことに気づいて、ちょっぴり、誇らしくなりました。

_20180523_231139

楽譜の表紙も大切なポイント、一生の思い出です。


2018年5月 2日 (水)

久しぶりにエレクトーン弾きまくる

私の唯一の子供の生徒さん、五年生になりました。

あの小さかったあいみちゃんが、今やすらりと伸びた手足で、素敵なお姉さんになり、だっこ~!と言っていた涙もろい姿から成長して、本当に感慨無量~孫を見ている気分になります。(^_^;)

演奏もエレクトーンらしく、最近はベースをさくさく動かすオルタネィティングがお得意、耳がよいため、初めての曲に接する時には、私の範奏を、それはそれはじっくりと聞いてメロディーのフレーズ、アーティキュレーションにも細やかに注意しているようです。

ある意味、、、怖い~( ≧∀≦)ノ

今に、老いていくワタクシを、大丈夫~と慰める日も、そう遠くないかも(^_^;)

そんな気持ちに励まされ、コンチェルトで本格的なクラシックをガンガン先生方のためにというラインから離れて、現実のあいみちゃんが弾いたらよさそうな中級レベルのデータものを、片っ端から弾いてみました。

一番気に入ったのは、「ラ クンパルシータ」相変わらずの明解な楽譜とレジスト、稲垣千章先生のアレンジは、弾いていても聞いていても身近に感じる好感度抜群で、あいみちゃんに必ず弾かせたいな。

ラテンにディズニーに、ヒット曲、ジブリ、オールディーズ、、、月エレ、以外と便利な大人のエレクトーンシリーズ、、、

久しぶりにジムに行った気分、体調もよくなったかも。(^O^)

土曜日のレッスンが楽しみだな🎵

2018年4月30日 (月)

オーディオ録音と再生機能

8月福岡なみきコンサートのコンチェルト参加申込みエントリーが次第にリストアップされ、各ご担当の先生から、指導のための音源活用について、あれこれやりとりを進めています。

ステージア02から搭載されたオーディオ録音機能は、コンチェルト指導には優れものの力を発揮、私の制作した伴奏音源をオーディオ化してパソコンに取り込み、CDにして生徒さんに練習用としてお渡し、以前のICレコーダーでライン録りして、パソコンに取り込む作業からすると、バランスなど、本当にきれいに自動でオーディオ録音されて、なんと便利になったことでしょう!

また、生徒さんのテンポがゆっくりじゃないとあわせられないなど、MDR録音したデータのパーセンテージを90%→100%など次第にアップして異なる速さのオーディオ録音データを作成することもでき、生徒さん自身の練習を大いに助けてくれることになります。

新しい時代の鍵盤指導として、この活用をマスターしない手はありませんぞよ!

今の時代、特に中学生あたりは忙しくワタクシ、サラリーマンのようだねなんて、先生方と話すこともあるほどです。そんな練習しない、いや時間がとれない(^_^;)生徒さんたちに、どれだけ伴奏音源が身近に感じることでしょう。

また、そのオーディオ録音データのUSBを、生徒さんのクラビノーバ(電子ピアノ)から出すこともできるわけで、今奏でるピアノから、オーケストラ音として支え寄り添うように伴奏が流れてきたら、それは嬉しいし、一体感を実感することでしょう。

つまりは、この機能を活用し、ピアノソロレッスンにも取り入れ、練習用CDをつくるのも簡単にできますよ!

自宅にいながらにして、先生との共演、ネットでレッスン、アンサンブルも進んでるかもですが(^_^;)、ムズいですよ(笑)

やはり、自宅練習は、ちと楽しくであっても、じっくりこなして何回もやったら、そりぁ弾けるようになるし、上手くなる、練習したら上手になる、これは当たり前です。

読譜ができない?ほな、できるようにするためのトレーニング音源をつくってみたら!と、更に頭をひねりアイデアが湧きそう(^O^)

さてさて、オーディオ録音機能についてや、今時のエレクトーンの機能活用法を習ってみたい!方は、どうぞお問い合わせお待ちしています。


2018年4月11日 (水)

Withエレクトーン in 福岡 なみきホール

8月12日に実施予定のエレクトーンを伴奏としてとらえたステージ、参加型コンサートのお申し込みが予定参加枠の半数に近くなりました。

まだ募集して一週間ぐらいなのですが、良い機会として前向きに捉えて下さって、大変嬉しく思います。

また、お手伝いを申し出て下さった方もいらして、有難い~助かります!

最終的な締め切りを5月末位を予定していますが、定員になりましたら、締め切りますので、曲や内容はあとからでも構いませんので、参加ご予定の方は、先にご連絡のみどうぞよろしくお願いします。

なみきコンサートの参加者募集チラシは、こちら

「1.pdf」をダウンロード

実施に関するご案内

「namikisankayoukou.pdf」をダウンロード

実施参加要項


「namikiconcept.pdf」をダウンロード

2018年4月10日 (火)

プチオフ会

出張でいらしたアコーディオン&エレクトーンつながりのお友達と上野「古城」へ。
懐かしの楽譜と、お土産いただきました!楽しいひとときありがとうございました。

Received_2070908179853655


Received_2070908233186983


Received_2070913673186439


Received_2070916843186122


Received_2070916923186114


2018年3月15日 (木)

フライヤー

新たにご縁をいただいた楽器店で開催予定の講座フライヤーを作りました。

普段から、あちこちのコンサートチラシに目を配り、素敵なデザイン、色合い、レイアウトをチェックして、いざ!ワタクシもそれに倣って作ってみようかと挑戦するまのですが、結局、自分なりのスタイルが実はできてしまっていて(^-^ゞ、いつも同じようなフライヤーになります。

エレクトーン普及のための、露出には、まずはフライヤーが大切、参加型コンサートなら裏面に参加要項を掲載し、コンサート主旨などもわかりやすく書き入れて、気持ちを1つにレッツゴーゴー!楽しく加わりたくなるようにとひねります。

いつの間にか、コンサートのための準備あれこれと、奏でる曲の制作の類、その演奏と、そのための指導、多岐に渡る業務を発信しながら、ひとりでできる限界は充分に感じていますので、力になってご一緒してくださる方の存在は有り難いです(^O^)

狭い世界で取り組んでいることかもしれませんが、参加してくださる方々と共に成長できたらと願う毎日、さてさて、このフライヤーが、どれだけの人の心を掴むのか、よい風を起こすきっかけになりますように。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ