エレクトーン

2022年9月28日 (水)

一人コンサートおさらい反省会

コンサート終わって、月末は上半期が終わります。忙しかったなぁー今月は、本当に毎日何かやっている感じでした。


今日は、とてもさわやかなお天気で、部屋の窓から吹きそよぐ風が頬を優しくなでるようで、それだけでお疲れさまと語り掛けてくれるかのように感じます。幸せな気分・・・

今日は、本当はオンラインで研修を実施する予定だったのですが、急遽予定変更になり、先日のおさらい一人反省会。
自宅でコンサートと同じプログラムで2回回して弾きました。元気でしょ(^^♪
プレッシャーから解放されて、のびのびと弾いている自分、ハハッ、本番もこうでありたかったわー爆笑

調子に乗って、自作曲取り出していろいろと弾いてみました。
ゆとりが出てきたわー(笑)

これは、娘が高校生ぐらいの時に描いてくれたイラストです。
音楽の楽しさを伝えているから、大事にとっておいたものなんです。

Pvo

九州で、神戸で、こんな気持ちで音楽してこよう!

2022年9月25日 (日)

初めて出会うコンチェルト〜ピアノとエレクトーンで楽しむ秋のコンサート

埼玉県春日部市庄和町正風館での初めて出会うコンチェルト〜ピアノとエレクトーンで楽しむ秋の一日、懐かしい町でたくさんの皆様に音楽でご一緒することができ嬉しい一日となりました。ご来場の皆様、お招き下さいました正風館の皆様、お世話になりましたスタッフの皆様、大変有難うございました。


一部は、地元の先生方によるコンチェルト、圧巻のチャイコフスキーピアコンに始まり、ブルータンゴ、フォーレシシリエンヌ、エルガー威風堂々、ビゼー闘牛士の歌と多彩な選曲、全て私のアレンジを取り組んで下さり、コンチェルトの楽しさを伝えて下さいました。先生方が楽しそうに一生懸命に寄り添って弾いてくださる姿をとても嬉しく思いました。大変有難うございました。


二部は、私のソロ7曲で、ジャズバラードにアレンジしたStar Train以外はオートリズムを使わずのノーマル演奏、クラシック癒やしのエレクトーンテイストで私らしくまとめました。

観客席、皆様大変熱心に聴き入って下さり、以下お客様からの嬉しい感想が早速たくさん届きましたのでご紹介します。


エレクトーン、きれいな音で素晴らしいの一言でした。CDはありませんか?→YOUTUBE松丸弘子チャンネルご紹介(*^^*)させていただきました。以外とオリジナルアップしています。


G線上のアリア

エレクトーンだといろんな楽器が聞こえて素敵な音楽になりびっくりしました。〜エレクトーンだからこそできる音色アレンジの楽しさで作り込みました


アイネクライネ

毎朝YouTubeを聴きながら散歩していますが、弦楽合奏の原曲かと思うほど、美しい音色でした。


誰も寝てはならぬ

歌が聞こえてくるかの、複雑なテンポとオーケストレーションを難なくエレクトーン用にアレンジなさって、ウルウルきました。


ひまわり

きれい❣️心に沁み入りました。映画を思い出して懐かしかったです。


AGATA

藤沢周平の世界が見事に音に具現化されてたと感じました。庶民の哀感、弱さ、でもしたたかに生きる人達が思い浮かびました。冒頭ののメロディが素敵でした。〜こちら最も好反応いただきました。


木星

圧巻というしかないど迫力体の底まで低音が響いてきました。


三部は、神足麻由さんのピアノソロ3曲、リスト愛の夢、ショパン幻想即興曲、英雄ポロネーズ


彼女のピアノ、素晴らしく何が新しい出会いをその音楽に感じるものがありました。特に中音域から低音の奏法と音は、ピアノ作品をより立体的にコントラストをつけて、まろやかで深みがあり、渋さがありました。ピアニシモの美しさ〜大人のピアニシモ!儚さや、奥ゆかしい呟き、なんと上品なのでしょう♥低音は叫ぶのではなくまるで包み込む、すべてのその瞬間のサウンドを凝縮しても整理し支えて、上手くいえないのですが、ピアノという楽器を使ってオーケストラを聞いているかのようでした。そして、彼女はピアノで呼吸しているのでした!


自分の演奏を全うし、お聞き頂いたお客様の心を掴んだあとに、今度は麻由さんのピアノが体に沁み渡り感動、彼女はますます大いに活躍される演奏家になられるのではと思いました!


今日の一日、長々とお読み下さり有難うございます。普段は日常の業務に追われ、主に教育的なところで活動する私には、なかなか自作曲を生でお伝えする機会に巡り会えずにいました。

また、いわゆる私がいいなと感じるエレクトーンの世界は、他のエレクトーンの世界とは離れている気がして裸になる気分にもなれず自由な表現ができていませんでした。

しかし、一般の皆様の音楽を楽しむ自由な心にこの春辺りから触れて、自分の信じる世界を広げていく勇気も湧いてきました。新しい世界が広がった手応え感じます。

マイペースでこれからも精進して参りますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。松丸弘子

1664103612473

1664103608818

1664103639405

1664103639488


2022年9月24日 (土)

リハーサル

いよいよ明日、埼玉県春日部市庄和町の正風館で、コンサートとなり、本日はリハーサル、舞台や音響、照明、施設の館長さんや、スタッフさんともご挨拶。

心配した台風でしたが、楽器搬出時に大した雨もなく、無事会場到着。

皆様一丸となって準備下さって、そこからよいコンサートが始まりそうで嬉しかったです。

コンチェルトで頑張って下さっていた先生方、ご協力され作り込んでいて下さいました。

それだけでも、私にとっては、作品に取り組んでいただいて感謝〜よい機会をいただけて次につなぐ形を感じました。

私自身も、思ったよりスケジュールサクサク進み、搬入後すぐに音出しすることができて、やはり広々としたところで弾くと気持ちいいです。

もうひとりのゲストのピアニストさんは、実は昔、娘が習っていたピアノの先生のお嬢様で、よくうちの娘と一緒に、遊んでいた思い出があり、お目にかかったら、素敵な女性に成長され、何せ27年ぶりぐらいのご対面となりました。

昔お世話になった皆様とつながって、音楽で分かち合う明日。

皆様どうぞよろしくお願いします♥

S__7004401a

2022年9月22日 (木)

チューリップのラインダンス楽譜発売開始

Png_20220922165501
TOUTUBE音源はこちらから チューリップのラインダンス

楽譜のお求めはこちらから Piascore チューリップのラインダンス


3年前ぐらいに、平吉毅州先生のピアノ曲集「虹のリズム」から「チューリップノラインダンス」をダンスビートでピアノとエレクトーンのアンサンブルに編曲しました。

当時、まだ楽譜はPTNAミュッセから取り扱っていただいており、初めて出会うコンチェルトVol.25まではお願いできていたのですが、以後は自主制作の道を歩むことになり、自分の手で、全音楽譜出版にお電話し、編曲許諾の許可をいただき、Jasracにも申請し届け出て、自主制作で発売に至りました。

音楽活動って、教えるとか、弾く、作るだけでなく、自分のためのプロモーションのようなことがたくさんあり、そこにエネルギーをきちんと作ることも大切な仕事だと思います。jetのアドバイザーの業務もありますから、活動は多岐にわたり、それがよいのか悪いのか(;^_^A 相互にリンクして幸せになろう!モードで、前向きに💛

でも慣れないことばかりで、いつも誰かに助けていただきつつ、ついつい、泣きそうになるんですよー。
諦めてしまいたくなるようなことばかりなんです。

たまたま、楽譜やデータのご注文がはいり、今度はpiascoreからお買い求めいただくために、今回、いろいろとPiascoreさんへサポートしていただき、なんとか世の中に出すことになりました。良かったー。piascore様ありがとうございます💛

音楽を作ることが大好きで、ラジオ番組音楽制作や、お芝居の音楽や、様々な仕事もこなしてきたわけですが、教育的なところで役立つような作品を作るのが、ワタクシの使命かと(;^_^Aこの平吉先生の編曲自体も、ずっと前から取り組んでみたかった曲だったのです。

もちろん、ソロで弾いても、とっても素敵すぎます!(#^.^#)

こういうの書いてみたいです! と、「虹のリズム」のようなアルバム出せたらいいな。

当時、生徒のAちゃんに弾かせたら、ちょっとハードルがあるかなぁと思いつつ、曲が好きだったのでしょうね、楽しそうに弾いてくれて、私の伴奏に乗ってばっちり合わせたときの喜びったら、Aちゃんもワタクシも、至福の喜びでした。

ピアノソロとしては、Gコンクールの課題曲になっているとの情報で、ソロとはまた異なるテイスト、ピアノは原曲楽譜のそのままだけれど、エレクトーンのバックがダンスビートです。

楽しく弾いていただけますように。エレクトーンデータは、どうぞワタクシにこちらから。gurico8765@gmail.com

2022年9月20日 (火)

古典の良さ ソナチネコンチェルト

Jpg_20220922160001

台風が過ぎて、東京はなぜかぐぐっと寒くなりました。

昨晩エリザベス女王の一連の葬儀を最初から最後まで視聴、エリザベス女王は、生まれたときから女王様で、イギリスの女王が映画にも出るんだなって、女優のエリザベス テイラーと、ずいぶん長い間混同していた小学生時代(#^.^#)

そんなで、イギリス女王としての認識をしっかり持ちえたのは、やっぱりダイアナ妃の登場あたりからでしょうか。

生涯をかけて、国に尽くし、プライベートでは、妻として母として、また娘としても、その苦労を考えると、我慢することもいっぱいあって、つらいことは、つらいとも思わずに自らを制していらした強さが、お顔にも表れていらっしゃいました。

なんだか、立派とかいう話ではなくて、やっと重荷が取れて、フィリップ殿下とまたラブラブよねと、乱れぬ長い葬列をずっと見続けておりました。

ウェストミンスター寺院やバッキンガム宮殿、ウィンザー城と、イギリスの歴史を感じる建造物が画面にあられる横には、スコットランドの自然豊かな森が見えて、なんだか中世の世界へ~

というわけで、今日は、またまた内職のようにピアスコアへ作品をアップしてみようかと、ソナチネソナタの類を紐解いて、とりあえずベートーヴェンのソナチネ5番と6番の各二楽章ずつ4曲を申請してみました。

以前のフィナーレで入力し、PDF変換してみたファイルを開けたら、文字化けや、スペースなど、このままでは発売はよろしくないわと、それぞれ校正し、また、ピアスコアではエレクトーンデータを販売取り扱っていませんので、楽譜に音色も書き込んでみようと、新たに出現するメモリー番号のところには、小さくstrings とか、wood wind など入れ込んでみました。

ベートーベンの5番も6番も、各二楽章ともに、ピアノを学ぶ生徒さんには、必ず弾かせておきたいレールの上にある曲だと思います。

難易度は初級から中級入り口のあたりでしょうか。少ない左手の伴奏部から和声を拾って、エレクトーンでハーモニー付けすると、いい流れが現実として聞こえてきて、その美しさと言ったらありません! 

エレクトーンの方にオブリガートとしてメロディーを付けている5番はフルートが大活躍!

6番の方には、木管の、とくにオーボエの響きを活躍させました。

そして、真っ青になったのが・・・なんと、5番を録音していなかったのです。がー--ん!

ほら、またいろいろと見つけて仕事増えた(笑)(#^.^#)
でも、いいんです。そんな忙しさは、自らの学びを作って磨いているようなものだもの。
また、アシストさんたちの誰かに振って、彼女たちの仕事にしてあげよう(^^♪

ベートーヴェン ソナチネ6番1楽章はこちら

ベートーヴェン ソナチネ6番2楽章はこちら

どちらも、どうぞお聞きいただけたら嬉しいです💛

こんな表紙を作りました。イラストは娘が提供してくれた作品から使わせていただいてます。




2022年9月16日 (金)

シーズン忙しい時に突入

エレクトーン音楽の学び直し教材伝達セミナー、今日はギャラリィ8の後半でした。

難易度高い教材曲は、多彩でありつつ懐かしいレパートリーもあり、奏法に編曲手法にと、
より専門性高い音楽知識を獲得。

各自のエレクトーン音楽人生振り返りながら充実した学びの共有ご参加有難うございました。

ランチはいつもこんな感じ〜冷蔵庫から楽しく制作だ!(^o^)

午後はこの時期取り組まれる作編曲作品が次々に送られてきてアドバイス。
それぞれの感性に触れ情熱に触れまるであなたがそこにいるかのようで語りかけてきます(^o^)みんな頑張れ〜

20220916-121813ab

2209170032292452

220915130738746

2022年9月15日 (木)

神戸コンチェルトコンサートご案内


神戸jetに伺うようになって3年、コロナでいろんなことが頓挫していましたが、
やっと今年になって私らしく地元の先生たちとコンチェルト研究会を立ち上げ
毎月のように打ち合わせオンラインと研究会実施、
来年明けてその初めてのコンサートを開くことに致しました。


地元の生徒さんたちのピアノに先生が弾くエレクトーン伴奏で奏でる
「初めて出会うコンチェルト」をはじめとした16曲は、
心を合わせた素敵なアンサンブル!
小さなお友達の身近なクラシック曲から
先生方同士の迫力あるコンチェルト演奏まで楽しくお楽しみいただけます。

またその後に、バリトン松岡良彰、ピアノ村濱ひかり、エレクトーン松丸弘子で、
幅広く多彩な本格的なプログラムの音楽会、そちらもどうぞお楽しみに!

 そして更に、エレクトーン界の大御所スペシャルゲストのサプライズ演奏もございます!
秘密(⋈◍>◡<◍)。✧♡お楽しみに!
S__1024005

2022年9月14日 (水)

マイナーのダイアトニックと、サブドミナントマイナー

水曜日、HOROKO MATSUMRU ONLINE SEMINERの日でございます!

今日は音楽理論Bクラス、今年度は、こちら、コード進行法をじっくりやっております。

当初は代理コードをお伝えしようかなと思っていましたが、その代理コード、
サブドミナントマイナーをしっかり押さえておこうかと、借用和音のことを考えていたら
そういえばマイナーのダイアトニックを、じっくりやっていなかったぞと
短音階の自然的、和声的、旋律的に加え、ついでに覚えようドリアンスケールまでの4つについての
ダイアトニックをセブンスでしっかりお伝えしました。

練習になるように、覚えておきたいコード進行をいくつかご提示して
トレーニングのための問題を作成、皆様弾きながら取り組んでいただけたらいいな。

そして、実践のコード付け2問 これが意外とハードルがあったようなのです・・・・

画面の向こうから、じっくりお聞き下さり、確認でそれぞれさくさくエレクトーンで音出し。
マイナーのダイアトニックの機能は、何せスケールを3つは知っていなくてはなりませんから
その機能についても、ちょっともう一度確認しないといけませんね。

音色はテナーサックスでS音色をメロディーにして
左手やベースは自由に、リズムはルンバ テンポ105とか話しても、
さっとセットして、自分なりに即興として取り組むこともでき、
オンラインではありますが、音を確かめながらそれぞれが素敵なコード付け
とても熱心に素敵なコード付け目指して頑張っていらっしゃることが私も嬉しいです♡

次回につなぐように、ラテンを4曲 マイナーのダイアトニックが生かせるセレクトで
ベサメムーチョに、ある恋の物語、いそしぎ(これらテンじゃないけどね(;^_^A
そして、私が一押しの名曲 Somos Novios (It's impossible)も加えてみました。
各曲には、おススメ音源のリンクを張りつけました。

なぜ語り継がれる名曲は、どこにそのスタンダードたる要因があるのか?
それは、共感というテーマで曲を考える時に、
自分自身のスキルとしてもお持ちいただきたいポイント。

とある先生が、マイナーのコード付けで、サブドミナントに♭Ⅵがサクサク行かないとのことで
そのコードが付いて素敵だなと思っていないと、不自然に感じてしまう耳があるので
耳を鍛え、理論的にも納得していただくようにしなくてはいけないなと思いました。

メロディー自体が欲しているコード付けに出会うこと。大事・・・

来月は、この4曲のコード付けで演奏も頑張ってもらおう!

今日もご参加ありがとうございました。

20220914-120619ab

2022年9月13日 (火)

感動してくれて有難う!

今日は、朝通勤のように池袋のYAMAHAをお借りして、自主練と、レッスンに行ってまいりました。

1663034609256

朝10時から弾きまくる!

近現代ガンガン〜ここでじゃないと、この迫力自宅では近所迷惑になります(^_^;)

YAMAHAの防音の壁は、30センチぐらいあり、強力です。

だからかなり集中して弾けますが、まさかソロでステージ出るなんてあまり考えていないこの15年ぐらいだったため、コンディション整えて、モチベーション上げて、まるでコンクールに向かっていた頃みたいな気分です。

マダムの生徒さんたちに、それぞれコンサートで演奏する曲をちらっとご紹介してみました。

G線上のアリア〜バッハの対位的なメロディの絡みや変化、特に左手の動きに側でじっと聞き入って下さり、素敵とお声がかかり、癒やされると、喜んで下さっていることがとても良くわかりました。

もう一人のマダムは、スクエアをお弾きになるのが大好きな生徒さんですが、音楽的な趣味はバロックがお好き、今日は、モーツァルトのブーレをレッスンしたあと、彼女にも、コンサートで弾く「ひまわり」をお聞かせしてみました。

初演だ!(*^^*)

凄く聞き入って下さり、終わって凄くいい!感動した!と、満面の笑みで、お声をかけてくださって超嬉しいです。

お二人有難うございます♥ちょっと嬉しくなって、モチベーション上がりましたよ〜

そんな帰り道、最寄り駅から歩く右に左に植栽が秋の設えになっていました。

220913163847190

220913164006948

220913164022737

空は秋の雲、爽やかな季節、心も軽やか、アレンジステージやセミナーのことで確認の連絡ややりとりも、楽しみになっていて、皆様の作品に触れて楽しみをいただき感謝です。

そう!コンチェルトで頑張って下さる先生方から嬉しい連絡もあって、励みになります。

今夜は自分の音楽と、生き方に応援してくださる風をいっぱい感じて嬉しくて、眠れないかも\(^o^)/


2022年9月 4日 (日)

制作が始まると・・・

明日は、神戸も福岡も配信視聴の定例会で、それぞれの支部に先生方がお集まりになられる予定・・・

私は、セミナーの準備やコンサートの準備に明け暮れていますが、皆様にお会いしたいなぁと思いながら、

イナバウアーで有名になった、オペラ「ツゥーランドット」のソロ仕手直しをせっせと作成中~

ちょっと予習して、明日の研修内容を事前視聴しましたところ、凄すぎて先生方どう思われるかなぁ?

もちろん参考に刺激にされるに違いないのですが、その前に必要なことがあり、
アレンジステージ対応の編曲講座だけれど、現場の様子を考えると、
こういう感じの作品が、みーんな目標となるのかと思えば、
ちょっと指導者協会としていかがなものかとかさえ思い、

まさか始まる前に、そんな話をするわけにはいきませんので
これは、個人的な趣味の相違であり、私自身が貫いていくことと、全く別物の世界なのだと
これは業務なのだ!と割り切ることにしました。

と・・・そんなことをフッと、いや、ドドーンと頭によぎれば、

この楽器の方向性、機械の使い方として捉えて、何が面白い?

音楽教えるのに、そっちが先じゃ仕方ないんですけど・・・と、つくづく考えるわけです。

もう、60過ぎて、人生の最後のシーンに、ドンちゃか、ちゃらちゃら(すみません(;^_^A)やってる場合じゃないわけよねーとか、
感動を伝えて、聞いている方々と共に音楽で共感したいとか思う私は、そんなエレクトーン音楽の話ができる人もぐっと少なくなり、
正直、私の回りで音楽志向が高く共感できるのは、クラシックの方々ばかり。

そんな皆様は、ピアニストであったり、声楽家であったりと、私に刺激や学びと、音楽する喜びを教えてくれる有難い人たちです。

今更、ピアノに転向しましたとか、ケンハモに転向とか、そんなことはワタクシにはできないです。

責任感がという意味でも、もちろん貫いていく人生なのですが、
その世界に居場所があるかというと、ちょっと考えたくない世界???

お悩みは尽きず・・・それでも作品は書いて弾いて、発表してと、前向きに生きていきたいじゃないですか!

人間、自分に合わないことを続けると、ストレスになりますが、私自身が奏でたりする音楽自体は、自分らしくの世界だからいいやー(#^.^#)
そう、幸せな奴と言っておくんなさいまし。

素敵な場所も見つけたことだし!

頑張ろうって、思わなきゃですよねー。

雑念が常に付きまといながらも、それを考えることで、信念磨きみたいな感じかな。試練をばねに生きていきましょうぞ!(*^▽^*)

2209052319494082

より以前の記事一覧

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ