最近のトラックバック

フォト

エレクトーン

2018年4月11日 (水)

Withエレクトーン in 福岡 なみきホール

8月12日に実施予定のエレクトーンを伴奏としてとらえたステージ、参加型コンサートのお申し込みが予定参加枠の半数に近くなりました。

まだ募集して一週間ぐらいなのですが、良い機会として前向きに捉えて下さって、大変嬉しく思います。

また、お手伝いを申し出て下さった方もいらして、有難い~助かります!

最終的な締め切りを5月末位を予定していますが、定員になりましたら、締め切りますので、曲や内容はあとからでも構いませんので、参加ご予定の方は、先にご連絡のみどうぞよろしくお願いします。

なみきコンサートの参加者募集チラシは、こちら

「1.pdf」をダウンロード

実施に関するご案内

「namikisankayoukou.pdf」をダウンロード

実施参加要項


「namikiconcept.pdf」をダウンロード

2018年4月10日 (火)

プチオフ会

出張でいらしたアコーディオン&エレクトーンつながりのお友達と上野「古城」へ。
懐かしの楽譜と、お土産いただきました!楽しいひとときありがとうございました。

Received_2070908179853655


Received_2070908233186983


Received_2070913673186439


Received_2070916843186122


Received_2070916923186114


2018年3月15日 (木)

フライヤー

新たにご縁をいただいた楽器店で開催予定の講座フライヤーを作りました。

普段から、あちこちのコンサートチラシに目を配り、素敵なデザイン、色合い、レイアウトをチェックして、いざ!ワタクシもそれに倣って作ってみようかと挑戦するまのですが、結局、自分なりのスタイルが実はできてしまっていて(^-^ゞ、いつも同じようなフライヤーになります。

エレクトーン普及のための、露出には、まずはフライヤーが大切、参加型コンサートなら裏面に参加要項を掲載し、コンサート主旨などもわかりやすく書き入れて、気持ちを1つにレッツゴーゴー!楽しく加わりたくなるようにとひねります。

いつの間にか、コンサートのための準備あれこれと、奏でる曲の制作の類、その演奏と、そのための指導、多岐に渡る業務を発信しながら、ひとりでできる限界は充分に感じていますので、力になってご一緒してくださる方の存在は有り難いです(^O^)

狭い世界で取り組んでいることかもしれませんが、参加してくださる方々と共に成長できたらと願う毎日、さてさて、このフライヤーが、どれだけの人の心を掴むのか、よい風を起こすきっかけになりますように。

2018年1月15日 (月)

jet福岡&コンチェルトリハーサル

午前中からjet福岡店支部の定例会、最初にアレンジステージやサウンドカーニバルの参加作品を聞いて、みんなで講評コメントを書いて、その後は「エレクトーン普及大作戦③!生徒募集で工夫したことなどを話しあとは、新年会ランチ。

そのあとは、明日のコンチェルト講座本番の音合わせでした。明日はよろしくおねがいします。

Fb_img_1516531777150


Fb_img_1516531766717


2018年1月 9日 (火)

エレクトーンソロアレンジ願望

今日はマダムお二人のレッスンでした。

お二人とも趣味の方ですが、大変熱心で、練習なかなかできないとおっしゃりながらも、ゆっくり、自分のペースで、一曲ずつものにしていかれます!

普段は、ご専門の方をレッスンすることの多い私も、その誠実さに教えていてやりがいを感じています。

音楽のもつ力で、お二人を元気にしてあげるのだ!と燃えてきて、ふと今日は、定番となるようなマイレパートリーをアレンジして差し上げたいなと。

またまた(^_^ゞやりたいことふやしてますが、直ぐに感じる喜びをさあ、実感しない手はなかろうと、むずむず~(笑)

思ったことを実現する努力をと、小学生の生徒さんに説いたところだった(^_^ゞ

私が見せなきゃだわね。

ちょっと練習して弾ける曲、簡単すぎてはダメ、難しすぎてもダメ、弾けば弾くほど、心が気持ちよくなる美しい曲やアレンジ、やってみよう、作ってみよう❗

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年もエレクトーンを核として、自然で心に優しく、世代を超えて共感できるような音楽を目指して参ります。

また、その作品の発表ステージを、Withエレクトーンコンサートとして、さまざまなスタイルで皆様とご一緒できますように!

音楽が、皆様な豊かな力となることを祈って、お目にかかる日を楽しみにしております。

今年もどうぞ、応援して下さいませ。

2018新春♪松丸弘子

⏹️1月~3月のイベント、活動予定

■1/14~福岡県北九州市ヤマハ小倉南センターjetサウンドカーニバル(入場無料)において、コンチェルト伴奏/問い合わせヤマハ小倉店jet担当(河嶋)

■1/16~ 福岡市ヤマハ博多センターにてクラシックアンサンブル~コンチェルト講座(レクチャーコンサートスタイル)。エレクトーンを使ったアンサンブル指導について、ピアノ、エレクトーン指導者対象セミナーです。
お問い合わせヤマハ福岡店(木下)お申し込みは
http://www.piano.or.jp/seminar/list/smmb_s_info/2015670

■3/4~ホテル日航福岡において、withエレクトーンサロンコンサート。松丸弘子プロデュース参加型コンサートです。ピアノ、エレクトーン、ソロ、アンサンブル他、軽食つき大人のサロン、奮ってお申し込みください。/お問い合わせ申込み、ConcertoBravo~08035172770

2017年12月28日 (木)

トランスポーズでパート録音

オーケストラのスコア譜を眺めていると、楽器ごとの異なるキーで、楽譜の調号表記が変わるかめ、実音では一体今何の音が鳴っているのか、慣れないと、なかなか読めないことがあります。

ヤマハの指導グレード4級には、そういった楽器学に関する問題が出されますので、レッスンでもよく取り上げます。

クラリネットや、サックス、ホルンなど、毎回説明するものの、すればするほど、こっちまで混乱しそうになるものです。

でも、実際に音に出して説明すると、早い~当たり前(^O^)そんな時大変便利なのが、エレクトーンでトランスポーズの機能。

今日はたまたま引き受けたパート音源作成を、トランスポーズ使って録音、メールで飛ばして、提出。

練習用パート音源録音、おまかせあれ!

2017年11月14日 (火)

エレクトーンの可能性を求めたコンサートへ

芸術の秋だ!今夜は「エレクトーンの可能性を求めて~コンチェルトと新作書き下ろし作曲作品発表」のコンサートに渋谷のエレクトーンシティへ行って来ました。
同じコンチェルト作品制作伴奏をされる西山淑子先生の活動基盤団体、日本音楽舞踊会議の公演で毎年開催、私は一昨年うかがって二回目でした。
一部はウェーバーとラフマニノフのピアコンをエレクトーン2台のorchestra伴奏、スコアをそのままなぞるスタイルでした。
二部はエレクトーンのための作品の初演や再演発表ステージで、大変面白かったです。
①エレクトーン二台を向かい合わせて真ん中に1人座り、ディレイ効果を多用した作品、②和のテイスト溢れるしなやかな空間を感じる作品、③森の物語をコミカルなようで、美しく深い罠を感じる作品、④源氏物語をもとにソプラノとバリトンにエレクトーン伴奏で怪しい世界観のその伴奏、山木亜美さんが素晴らしかった作品、⑤デジタルピアノ作品をエレクトーンのために改訂した音楽的実験伝わる作品、こちらソロ演奏、市川侑乃さんの素晴らしい表現に唸る作品の5曲でした。

所謂現代音楽書法で、面白い音使いやリズム、動きなど、日頃はなかなか耳馴染みない分野もありましたが、例えば難解そうな譜面も、演奏者の表現力で伝えたい世界へと引き込まれます。その魅力、はまってしまった心地よさf(^_^;、

今日の実施事務局や司会進行を一手に引き受けた西山淑子先生、意義深いコンサート開催ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

Fb_img_1510755201211


Fb_img_1510755207101


Fb_img_1510755211488


Fb_img_1510755215856


2017年11月 4日 (土)

オリジナリティの小さな達成感

自分でアレンジ、選ぶ、奏でる、楽しむ、「とんび」はどこを飛んでいる?綾瀬に、ハワイに中国に!

オリジナリティの小さな達成感は、音楽する喜びでいっぱい!嬉しそう🎵

芸術の秋、外はそろそろ色づいてきました。

芸術に目覚めたAちゃんの成長が頼もしい~

Fb_img_1509873510023


Fb_img_1509873523982


Fb_img_1509873528823


Fb_img_1509873538137


2017年10月26日 (木)

エレクトーン潮流

恩師、柏木玲子先生が中心となる執筆でプライムアレンジメントという、ノーマル演奏の楽譜が発売になっています。

進化していくエレクトーンの機能、それを使いたくなる気持ちのままに、エレクトーン楽譜も発達、演奏法も当然のように変化していきます。

でもエレクトーンとして、どんな機種でも弾ける楽譜、譜面から聞こえる音楽でなければその価値は高まらないのでは?、私もその恩師の影響、指導のもとに、エレクトーン音楽制作感覚を磨いてきたと思います。

エレクトーンを教える、音楽指導の中にエレクトーンを手段として向き合う方々にとって、ノーマル演奏テクニックを習得しておかねば、専用教材を教えることはできません。

プライムエレクトーン、最重要なエレクトーン音楽の視点で書かれたアレンジを弾いてほしい!

コンチェルト伴奏はまさしくノーマル演奏なのです。

クラシックピアノを教える先生ならば、ノーマル演奏は身近なエレクトーンにつながるはずです。

あなたも、コンチェルト伴奏でエレクトーンをひいてみませんか?

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ