最近のトラックバック

エレクトーン

2020年8月12日 (水)

サイズダウンアレンジ

Dsc_0310_1

夏休みは好きなことして過ごさなきゃ。

好きなことって何よ?

はっ、やっぱりアレンジでしょ。

休みじゃないときにも、やってるよね。

はい、好きなことで毎日生きてる幸せ者、みんなありがとう!と、今日は、たまたまご依頼受けたことがきっかけで、チャイコフスキーのくるみ割り人形の中の「花のワルツ」と、モーツァルト「アイネクライネ~」を手直し。

さらにアンダーソンの「ワルツィング キャット」のアレンジデザインをやりました。

以前に書いたはじめて出会うコンチェルト作品の中には、講師演奏も意識して原曲ばりに長い作品がありますが、子供たちにはちょっと長く、発表会でご披露するとなると、やたらエネルギーがかかることもあり、サイズダウンしてみようかなと思っていました。

長くなればなるほど、構成を整理して演奏に反映させる力も必要です。

たまたま参考に見た連弾や、そろ楽譜、コンパクトで子供たちが、把握しやすいサイズ、楽しく取り組めそう!私も早速やってみることにしました。

コンパクトにしても、原曲の持ち味が損なわれないのは、良くできているからこそですよね。アレンジの力を発揮して、楽しくまとめてみたいと思います。

福岡や長崎、小倉、神戸、東京と、お休みになったからこそ、皆様は作曲課題の宿題をお送り下さり、添削しました。

夏休み中でも、こうして皆様の音楽に触れて楽しみを次につないでいます。

お~い、この際だ!

まだ途中の方、頓挫してはなりませぬよ‼️強い意思で、自らの作品を形にしましょう!出来不出来を気にするなら、ご自身に問いただして、あなたはこれでよいか?

そう、生徒さんには、練習してきてねって、先生も有言実行なのです。

ライバルは自分よ‼️がんばれ~

私も頑張りまーす。

写真は、実は2年前のものです。

2020年7月25日 (土)

完成モーツァルト

Horizon_0002_burst20200618141233643

昼間、聞き逃しオンラインで2時間、今日は、後半ビゼーについてお話しました。

夜になって、昨日モーツァルトの進捗をおつたえしたところでしたが、本日すべて完成しました。なんとか最後まで辿り着いて、ホッとしています。良かった!

没頭の連続、産みのくるしみ、それもまた喜びなのが、毒かもです。(笑)

確かに体はガタガタになってしまいました。何もそこまでやらずともと、自分で自戒~今回は計画性が今ひとつの取り組みになってしまいましたが、先に書きまくって、確かめて音作り、そのあと弾き込みと、大きな流れにそって効率はよいのかも。

終わった安堵の次には、この18ページに及ぶパート譜面をひたすら練習しなくてはなりません。

また次の課題を見つけていきましょう!

次のアレンジ宿題は、ベートーベンの皇帝です。

他の楽しみを何も受け付けずに、音楽だけで生きているワタクシ。

お天気優れぬ梅雨の日々、やや体がしんどいなぁ~。

こ心配下さる皆様に感謝。

明日は、MUSICAに行ってきます。

2020年7月24日 (金)

モーツァルトピアコン20番1楽章進捗状況

Dsc_1184

モーツァルトピアコン20番1楽章のアレンジ、レジスト乗せながらようやくゴールが見えてきました。

最初の序奏オーケストラの部分で、どのパートをオルガン鍵盤のどこで弾かせるか配分に悩み、やはりメロディーを右手で弾かせるのが筋かとおもったら、かなりの分析構築見直しと、シンコペーション左手の動きが難易度高くなり、練習しながら腱鞘炎になりそう?いやこれは末梢神経がイカれてきた糖尿病の症状?いやいや、単なる練習不足の結果(^o^;)ではとか、まあ、最初の77小節のソロをひたすら完成させねば、初演でご一緒する森田香先生にも、申し訳が、、、と、エネルギーかけまくりまだまだ不十分ではありますが、流れるようになりました。

そんなやこんなで、よくあるパターン、その後は、きっとモーツァルトも作品発表に圧されたのか、あららこっちだ、あそこだ、ほらちょっと形式にのっとり転調がと、似たような音形切って貼っての大騒ぎで、一気に最後まで行けそう~

何せ、長調が多いモーツァルト作品において、短調で、なんだかシリアスサスペンスかかった、やや、ゾクゾクおどろおどろしいような、そしてやっぱり美しく悲しく品格ある光を放っている作品で、取り組みながら今回は、そのエネルギーで具合が悪くなった気分に、、、なりました。あーやや、お疲れですが、また弾きたくなるモーツァルト病は、前から変わらずです。

20番弾いたあと、23番弾いてみました。

生き返りました(笑)

そんな時に、ガーン!

いよいよ壊れたヘッドフォン。

今回はネットで即購入。やっぱりいい音じゃないと作れません。

頑張りまーす❤️


2020年7月18日 (土)

土曜日になると

週末は、皆様お仕事もお休みで、ゆっくりくつろいで過ごされていることかと思います。

しかし!

私の生徒さんたち、皆様頑張りやさんが多く、それぞれのペースで自分磨きに取り組まれ、毎週のように、作曲課題やら、音楽理論のプリントを取り組まれて、データのやりとりや、進捗状況報告。

私も、それに対応して楽しくお返事するので、楽しみな土曜日~😃💕

皆様のオリジナル曲、とても伝わり度高くて、思いが詰まっていて、胸にしみるのです。

人生を感じながら、共感!

コロナがなければ、きっと、レッスンやステージ、出張に追われてしまう時間を過ごしていたことでしょう。

家庭を大切にしながら、好きなことをできる範囲で頑張っていても、何か数の論理、経済効果、結果を出すことに邁進することが、とても良いことかと思っていたように思います。

来年5/30に延期となった銀座ヤマハホールのステージに向けて、数々の条件に対処する目線を、つい違う路線、いや前と同じかそれ以上でと、回を重ねた経験の目標値設定になりそうでした。

しかし、コロナがもたらしてくれた考察、さて、私は何のために銀座でコンチェルトコンサートを開くのか?と思えば、質を高めた作品発表を、あの空間でしか体験できないステージとし、発信の形を模索していこうと思います。

今、オンラインセミナーでエリアを超えて私とご一緒してくださる方々が、その目標になることを考えながら、どんな状況でも、よい音楽目指していきたいと、皆様からご提出いただいた作曲作品を聞いて思うのでした。

エレクトーンの未来に関して、関わる方から閉鎖的な発言を耳にすると、かなり悲しくなりますが、残念極まりないその現実に振り回されることなく、自らがよしと思うものを誰かに伝えたり、教えていこうと思う方々と意識同調して、その輪をひろげていけたらと思いました。

きれいなものを、きれいと言える自然体の自分でいたいと思います。

長々とお読み下さり、ありがとうございます。おやすみなさい

Fb_img_1531792399682

2020年7月14日 (火)

大人のサロンレッスン

今日は、石神井のMUSICAサロンで大人のサロンレッスン日でした。

コロナで4月ぐらいかな、暫くお休みしていましたが、今月から復活!

マダムのお二人はお好きな曲をそれぞれのペースで楽しんでいらっしゃいます🎵

取り組んで下さる曲は、市販の曲よりも、お一人ずつに合わせて私がソロアレンジして差し上げます。今日は、ビゼーのアルルの女第一組曲「メヌエット」と、私のオリジナル「真っ赤なリンゴのロマン」

音楽が日々の暮らしの楽しみになってくださること、😃💕これからもどうぞよろしく😃✌️

お二人揃って記念写真♥️

思い出になる~(*^^*)

いつもありがとうございます。

Dsc_1172

Center_0001_burst20200714130738653_cover

Center_0001_burst20200714130808113_cover


2020年7月 3日 (金)

神戸jetオンライン定例会

1593777717421

1593777729070

今日は、神戸jetオンライン定例会でした。

実は、リアル定例会のはずでしたが、少し前にオンラインへ。やはり、ちょっと不安~が的中の、本日東京の感染者が124人と発表あり、経済とのバランス一体どうなるのか、本当に先行き見えなくて不安~

さて、jet定例会オンライン作編曲講座は、3回目にすすみ、エレクトーン三段譜面制作に取り組んでいただくための、様々なお話いたしました。

今日もお店から担当者様が最初にお話して下さり、約2時間、途中休憩5分とり、なんとワタクシが通信がダウンしてしまうなどちょっとしたトラブルもありましたが、講座自体は、充実のマシンガントーク(^o^;)

皆様お付き合いくださいましてありがとうございました。

今日は、ワタクシ含め14名の皆様でした。

支部所属の先生方は70名弱ですから、約20%弱の参加率、大体どこもこんな感じで、いつも逆の立場で定例会を見つめてみるアドバイザー。組織に何を求めていらっしゃるか、私ができることは何か?

支部活動、その目標、やたら数字を追いかけたところで、その先にいる生徒さんへ還元のスキルアップ、帰属意識をどう捉えようが、個人の自由です。しかし、、、

こうして、熱心な皆様の様子はアドバイザーとしても大変刺激になります。

よい機会に捉えて挑戦したり、学びの積み重ね、努力で、継続が結果につながるから、みんなでがんばっていきましょうね。

来月の神戸jetは、お休みです。

9月7日(月)はいよいよ、私のコンチェルト作品のレクチャーコンサートを初めて神戸で行います。チャイコフスキーやラフマニノフのピアコンを初めとした本格的な聞き応えあるものから、発表会の講師演奏に良さそうな類、また生徒さんとのコンチェルトなど、この数年の制作作品を中心にご紹介。

どうぞお楽しみに(*^^*)

2020年6月30日 (火)

感染拡大によりオンラインは続く~

東京の感染拡大が報じられて、とうとう東京経由のコロナ感染が明確に言葉になってきまして、おいおい私がコロナ持っていくわけじゃないけど、なんて思っていたら、やっぱり、出張は無くなりました(^o^;)

よって、福岡も神戸もオンラインです。内容は作編曲講座の3回目となりました。

あちこちオーバーラップしながらのオンライン、各グループの状況を踏まえて、このシリーズも最終回となるため、最後に実施する程内容が充実の傾向にf(^_^;

著作権のこともあり、ずっと自分自身の作品を使って分析解説、リアルに演奏をお伝えせずとも、なんとかやり過ごし、ファイルの共有も行えるようになり、こちらもスキルアップです。何でも経験前向きに頑張ったなと、オンラインでご一緒している皆様と励まし合ってきたように思います。

実際、作品制作で培ってきたその音楽的ノウハウをお伝えする内容になり、役立つ資料とするための私自身のよい勉強の機会にもなりつつ、これまでの総括で作成。プレゼンの技術のための本も読みました。

でも、なかなか思ったようにもいかず、(^o^;)金曜は神戸jet、来週月曜は福岡jetです。皆様、どうぞよろしくお願いします。

Dsc_1081

2020年6月29日 (月)

シニアのエレクトーンレッスン

Dsc_11582

昨日はMUSICAサロンでレッスン再開となり、最後の時間は、ずっと私のレッスンを続けてくださるマダムのレッスンでした。

かれこれ10年ぐらいのお付き合いですが、クラシックがお好きで、名曲の類のレパートリーを学んで下さっています。

昨年の銀座ではシュランメルの「ウィーンはいつもウィーン」をソロ演奏して下さいました。

コロナでしばらくお休みしていた間も、しっかりと練習を怠らずに積み重ねていらしたようで、ソロにアレンジした「スラブ舞曲」はすっかり出来上がっており、びっくり!

彼女のレッスンは私にとっても挑戦であり、様々に書いてきたクラシックソロ作品があります。

そして、今日もまたコンチェルトで書いていたビゼーアルルの女の第2組曲メヌエットをソロに書いて差し上げることにして、またお互いの挑戦を広げてみよう‼️

やっぱりリアルなレッスンのよさを実感した1日、さあ!宿題増えた(笑)頑張らねば🎵

2020年6月13日 (土)

ブルグミュラー Eソロとコンチェルト

最近必要に迫られ、せっせとアレンジを行っているのが、ブルグミュラー。

もともとのP&Eコンチェルトスタイルのクラシックテイストのアンサンブルと、全く異なるテイストのポピュラースタイルと2色ずつアップ。

P&Eの方は、私の演奏に合わせて、ピアノパートを音源作成としてMIXしたものをアップしています。

アレンジについては、アンサンブルのものは、ピアノをそのまま弾いて、エレクトーンは伴奏としてをアンサンブル。引き立て役のエレクトーンアレンジの良し悪しで、ピアノがより輝くというものです。

ポピュラーでアレンジして、ブルグをソロで弾く・・・これが、なかなか楽しい~これもなるべく原曲ピアノ楽譜のままに弾いてもらうスタイルで、ブルグをエレクトーンで弾いてみたら、別のブルグがいたぁー!みたいな新鮮な気持ちになってほしいのです。

あなたはどちらがお好きかなぁ?

ご紹介は、「素直な心」

素直な心でP&Eコンチェルトスタイル

ピュアなハートで素直な心バラード

このシリーズしばらく続けてみるつもりです。お楽しみに❤

今日は、とんでもない雨が降ってきましたが、作曲課題添削のアドバイスをラインでやり取りして、私が元気をいただきました。

有難うございました。

Images-4

 

2020年6月12日 (金)

Happy Wedding

Images4

梅雨になりました。June Brideの季節にちなんでHappy Wedding

同じ曲で歌が入るとググッと、伝わり度が増します!こちらHappy Wedding  

最近覚えたYOU TUBEアップ、音楽を伝えたくて、演奏動画ではなくテキストや写真を貼り付けて音楽を投稿しています。

よろしかったら、ぜひお聞きくださいね。

より以前の記事一覧

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ