最近のトラックバック

ピアノ

2019年9月17日 (火)

アレンジステージ

Dsc_0240_20190918084501

昨日支部のイベントが無事に終わり、盛況のうちに皆様で作り上げた実感が嬉しい喜びを感じて、みんなで🎵音楽の楽しさを実感した1日になりました。

支部活動でしか体験できないこの気持ち、大切な体験だとアドバイザーとしても思います。個人の人生においても貴重な機会であることはまちがいありません。

その翌日とあって、各々お疲れ様と思いきや、次の目標に向かい、頑張る先生方が、レッスンにいらしてくださり、皆様の姿に感動します。

jetでは、毎年指導者対象の作編曲のコンペがあり、今日はそれに取り組む先生の対応を中心にレッスン致しました。

Withエレクトーンとして、エレクトーンアンサンブル、伴奏エレクトーンの姿でそれぞれのお教室や活動、指向が見える挑戦、私も力になりましょうぞ(^o^)

博多の松丸弘子レッスン生徒募集中、2ヶ月に一度程度ですが、あなたの音楽整理整頓(^o^)方向軌道修正のお手伝いしてるかな😃別名元気の出るレッスン、また、気合いの入るレッスン、、、おいおい~(^o^)

お問い合わせは、ヤマハ博多センターまで。0120-808-349

2019年9月14日 (土)

地域イベントに応援参加

Dsc_0015_20190915233101

昨日は奥村京子先生の地域イベントにお邪魔して参りました。先生と2人でソロに、アンサンブル伴奏で、楽しく会場の皆様と過ごしました。

京子先生のブログ

https://ameblo.jp/okumuraonngaku/entry-12525309586.html

2019年9月11日 (水)

台風の名残

61pfarndqbl

一昨日の台風の名残がいまだ続いています。停電や、風雨の被害、皆様いかがでしたか?

千葉の皆様においては、被害大きく、知り合いの先生方、大丈夫でしょうか?どうぞこころより、お見舞いもうしあげます。

そんな中に、私は今日も朗読ライヴの稽古に行ってきました。今日はピアノのない稽古場でしたから、今日は音楽を乗せるわけではありませんでしたが、朗読や流れをより深く理解して、作品に繋ぐこと、朗読のお二人のやり取りは、大変勉強になりますので、同席することにしました。

山形を知らない私が、どこまでできるか、イメージが違っていないか、不安なこともあり、山形の庄内弁のリズムやイントネーション、文字を見ているだけではわかり得ないことも、お二人の声から伝わります。山形ご出身のお二人だからこそ、リアルに心にずんずんと届いて、より山形に心惹かれるのです。

九州宮崎、都城が故郷、南の雪も知らないような町で育った私が、心よせてその物語を見つめるだけでは、伝える表現者にはなり得ないかと、休憩にも山形のお話をたくさん聞かせていただきました。

今月、来月は、本当にスケジュール過密のため、ひょっと山形に足を運ぶ暇はとれず、、、。

でも、いつかいってみたい、何だか待っていてくれるような気持ち~

日頃モーツァルトだ、チャイコフスキーだ、ラフマニノフだと、ヨーロッパやら、ロシアなど他国の作曲家の音楽を奏でるのと同様なのです。ましてや自国の文化を愛でるように、山形の風土と自然を語る中で、ちらちらと背景を感じさせる音楽では、効果音的なピアノの使い方で弾くもの、曲として音楽にしたもの、皆、それぞれ私が取り組んだ藤沢周平作品によせる思いの音楽であり、朗読に寄り添っていかねばと思うのです。

バタバタしていて、実際に劇中では本当にモチーフだけしかちらちらとご紹介できないわけですが、これをピアノソロとして楽曲に残しておきたいと思っています。

果たして形にできるのか、しかし、テーマや、劇中のさらりと流れるモチーフからの、小さな曲たちは、それなりに様々なカラーあり、よそゆきのお洋服のように仕立てて、皆様が弾いたり、聞いたりできたら、朗読劇にあわせて、より楽しんでいただけそう。

60歳を過ぎて、新たな世界を見ているような毎日です。

エレクトーン愛から、それで培った音楽で、異なる世界へと、それはやってみたいことの1つでした。音楽の 原点を知るような気持ち、まだまだ知らないこといっぱい。

実力ある佐藤輝さんのご指導のもと、私に機会を持たせて下さった佐々木亜希子さん、そのお二人との共同作業は、新鮮な感動を与えてくれます。

芸術の世界に踏み出したかの気分です。がんばろう!

一方、まるで学生に戻ったように、大きく包み込まれながら、湧き上がるイメージや、音を自由にやってみる自分がいます。

まっすぐに貫いて、作り上げていこうと思います。

よい作品となるように頑張ります!よろしくお願いいたします。

2019年9月10日 (火)

朗読ライヴ稽古

Received_745227139247611

朗読ライヴの稽古でした!

制作した曲に加えたり、カットしたり、即興で味付け~佐藤輝さんと佐々木亜希子さんの声に引き込まれ、上手く呼吸やイメージを重ねて音楽を味付けし整えていきました。

ほら貝も活躍~藤沢周平文学作品朗読劇とオリジナル音楽ピアノ演奏で、皆様お楽しみに‼️

10月18日(金)19時~、10月19日(土)13時~各々一時間前から会場お食事タイム、会場は神楽坂The  GREE

チケット  4000円

ご予約おまちしています♥️


2019年9月 9日 (月)

制作三日目

Dsc_0014

春秋山伏記から「験試し」の音楽制作、まるでアルバムを作る作業に近いもので、全体像がみえてきました。

朗読劇ですので、あまり長々と音楽が入るのもよろしくなく、あくまでも朗読の邪魔にならぬように、各々のシーンの枠取りイントロを作ること、作品全体のテーマ曲を作ることをこの3日で行いました。曲数、短いものだけど、結構な数~

作品の大きなシーンは、8個にわかれ、その中に小さな段落の変化につける音楽あり、以下のようになりました。

験試し~おきくのテーマ

1赤川

2おとし

3月心坊と大鷲坊

4験試しの提案

5間奏

6婆の心配

7おきくを診る

8歩けない理由

9稲みてぇに光れ

10おきくを背負って

11おまつり

12おきく 立つ

13終曲~テーマ

テーマをつくり、そこから広げてあてはめて、あちこちたりないところを新たに書き足してみました。なんとか出来たものの、もう一息新たな曲をいれたいかと。

全体には、試される「おきく」話のきっかけとなる「おとし」という山形の出羽三山のふもとの村に暮らす2人の女が、自然に身を任せながら悲しくも逞しく生きる姿、そしてそこに寄り添う山伏の心を音楽としてみました。

さて、明日、どんな感じになるかなぁ。楽しみ~

それぞれ、しっかりはまったら、きちんと楽曲にしたいな。

譜面にもしたいなぁ。

とにかく、三日間で書き上げた自分にお疲れ様!まだまだ明日監督やらプロデューサーやら、ダメ出しなどいただくでしょうが、叩き台完成でひとまず形に。

また、プロデューサーから、私の過去に作った音楽をお聞きになりたいとのことで、CD制作してから17、8年前かたち、どこかに一枚サンプルのこってないかと、探しだしあった!

あの頃からすると、活動も広がり世の中を広く認識(^_^;)

もっとよい録音でお耳にとどけられたらと、欲も出ますが、これがワタクシの現実、私の作る音楽の持ち味をお伝えすることができたらと思います。

やっと、なんだか自分の音楽を広げる機会をもつことができ、還暦おばさん、続けてきてよかったと作りながらも感謝で泣けてきます。

皆様、応援してね~

Dsc_0015

2019年9月 8日 (日)

制作二日目

Dsc_0013

台風がやって来る!というので、やたら構えて、午後早い時間に銀座から帰宅、午前も午後も夜間も札曲三昧二日目、インターバルに、シーンは7までなんとかデザインできたけど、演奏は、、、

そうでした、本番は10月なのでした。(^o^)

創作のネタ探しに、山形に関するいろいろな情報だけでなく、山形のハートにふれたい一新で、買ってきました、山形産きゅうり!(^o^)

こんな楽しみもって作ってます笑

もう、びょーき、びょーき、爆笑

私の部屋には、クーラーがないため、汗だくになりながらも、なぜか、楽しい作業~

山形ご出身の先輩の先生から、私の作品がどのように山形なのかと楽しみに期待しています、とのこと、ひやぁ~どうしましょ

どんなテーマでも、同じような曲になってたりして~(^_^;)

ちょっとインターバルには、きれい目の癒し系ピアノサウンドにしてみました。

私の作曲活動は、コンチェルトを作るようになってからのこの10年ぐらいはやや休眠状態でしたが、これからは作曲復活だ!

人生残された時間に、たくさん書いていきたいです。皆様応援してくださいませ。


2019年9月 7日 (土)

朗読ライブ音楽制作

Fb_img_1567893004110

Fb_img_1567893008838

来月の公演にむけて稽古が来週から始まります。

スケジュールはパンパン、そんな中に今日から3日間で作曲。今日は全体のテーマや、シーン1#2#3ぐらい進みました。

取材に山形へ行きたいところ。でも時間もとれず、山形や作品に関する様々な資料に目を通し、山形のお酒を飲みました。

これは、取材?笑

出羽桜~すっきりフルーティー(*^^*)

これが、山形のお味と思うと、山形県民、立ち位置高い~(^_^;)

藤沢周平文学作品に付ける音楽を、模索しながらも、ちょっと深くて、分かりやすくストレートに、してみました。

霊験新たかな出羽三山のふもとの町に、修験僧に寄り添って、みなが心を寄せて暮らす人々の姿、何があっても心は凛々しく美しく、山の力、自然の力に誘われているのでしょうか。

もの悲しいメロディー、映画の序曲や、エンドロールにあたいする曲、日本の風景、そこには、逞しく力強い男と、日々の暮らしを賄う女の姿、どちらも自然に守られ、自然を慈しんで暮らしている日本人かいます。

今、時をへて、その山形の風土から、語られる藤沢作品によって、いつの時代も変わらない日本の心や、生きる力を感じていただけたら!そんなさりげなくも、心に残るメロディー、音楽を佐藤輝さん、佐々木亜希子さんの朗読に寄り添って、私の音楽もお届けしなくては!

当日は、全曲オリジナル、ピアノで、私が演奏致します。エレクトーンでと、皆様ご期待されるところかもしれませんが、お二人の声で作り上げる作品には、アコースティックなピアノの音で、私なりの言葉をご一緒してみたいと思います。

エレクトーンでは、その次の作業として制作していけたらと考えています。

ピアノの新作作品、予感や木漏れ日の彼方に に並ぶ曲を作ります。頑張るぞ🎵

聞きにいらしていただける方は、メールでお知らせくださいね‼️

gurico8765@gmail.com

Fb_img_1567893008838_20190908072401



2019年9月 6日 (金)

サウンドクリエイト研究会

1567772947999

今日は神戸jetにお邪魔して、研究会でした。

来月10/6に、アレンジステージとサウンドカーニバルを組み合わせたサウンドクリエイトというイベントを実施する予定で、そこに参加される先生方を中心に集まって下さいました。

お一人ずつ取り組んでいる作品について私がアドバイスするスタイルで進めて、皆様には裸になっていたたき(^_^;)、個人レッスンではなく、公開アドバイスみたいな感じで、ご自身の作品についてだけでなく他の方の作品も聞きながら参考になりますから、共有し学び合えるよい機会に刺激しあえたのでは⁉️と思います。

午後からは、個人レッスン。これから講座やレッスンと、神戸で先生方のお役にたつように特別講師として指導業務スタートすることになりました。

出張も最終日、ややお疲れさんです(*^^*) 、今月、来月は特にスケジュールパンパン~楽しんで過ごすコツは、笑顔ね(^o^)

今回の出張で、個人レッスンは、実に13人+そして本日の研究会で7名。20人の音楽に触れて、知らず知らずのうちに、刺激をいただいているのは、私自身か一番楽しませて貰っている!

銀座から二週間。

現場にでてたくさんの先生とふれあうと、エレクトーン指導、音楽指導に真摯に向き合うエネルギーを感じます。

その方々は、生徒さんに音楽で夢を与えていらっしゃる、エレクトーンで。その愛情たっぷりの姿を知れば知るほど、私なりの自分磨きを続けていかねばと思います。

明日から3日で、朗読ライブの音楽制作、来週火曜日にはじめて、稽古に音楽をのせます。即興で骨となるようなものからでは、作品にならず、このステージを確たる作品に仕上げるために、よい曲、メロディー、背景作りに挑戦してみよう!。

そして、この藤沢周平作品の朗読作品が、私にとっても音楽制作作品としてクリエイティブな取り組みとなりますように。

10/18 19の公演チケットも出来上がったとのこと、皆様お楽しみに~応援してくださいね。

2019年9月 4日 (水)

芸術の秋、レッスンたけなわ

Dsc_0241_20190905061501

発表会が近づくと、いつもよりも、ちょっと意識高く、エネルギーかけて、少しでもよりよいステージへと、教える先生も張り切って取り組まれます。

芸術の秋は、そんな先生方の本気をだす時!(^o^)今日は、そんな先生方のレッスンでした。

エレクトーンは、演奏のためのテクニック磨きもレッスンしますが、音色の作り方、それを作るための操作、またどんな機能があるのかも、お教え致します。

生徒さんのために、お作りになられるアレンジ、既存の既成曲のちょっとしたレジスト修正で、見違えるような作品にリメイク、レッスンの時間の中で仕上げていくには準備も大切。

今日は6名の先生方のレッスンでした。

みんな、熱心~(^o^)

16日のjetの合同発表会のために、愛情たっぷり~私も少しでも力になれたらの気分です。

夜小倉入り~

明日は、小倉jetで、シニアのためのレッスン研究講座。頑張りまーす!

2019年9月 3日 (火)

長崎でコンチェルト講座

1567497269559

Center_0001_burst20190903151003672_cover

長崎でコンチェルト講座、jetの先生方や一般レスナー様がご参加下さり熱心にお聞きくださいました。長崎の先生方、アドバイザーのU先生、ご担当者様大変お世話になりまして、ありがとうございました。

アンケートにいただいた言葉から~

▪️生徒の演奏に対して、イントロ、エンディングをつけるだけでなく、伴奏を拘ってつけることで、満足感があるだけでなく、音楽力を身に付けることができると、改めて感じました。それは、コンチェルトで生徒さんを主役にして素敵な経験をさせてあげること、そんな経験をさせてあげたいと思いました。

▪️とにかく始めから終わりまで美しい!心が豊かに感じる内容でした。

▪️「予感」のびのびと空を清々しく飛んでいるようでした。

▪️ラフマニノフピアコン、感動して涙、ストリングスがきれい

▪️ブルグミュラーの曲等に、ぜひ生徒と一緒に演奏したいと思います。

▪️幅広い年代の生徒さんに使える曲で、自分の練習にもなりたくさん使いたいと思います。

▪️お話も面白く、演奏も本当に素晴らしくて、まるでコンサートに来たような楽しい講座でした。

▪️たくさんのアレンジをご紹介いただき、とても参考になりました。アンサンブルが好きなので、二人でこんなに色々な曲ができる!と嬉しくなりました。

▪️以前S講師をしていて、現在は少しずつ自宅でピアノを指導しています。元々エレクトーンなので今日は久しぶりにエレクトーンの素晴らしさを感じることができ、素敵な時間を過ごせてありがとうございました。

▪️生のオーケストラに負けない迫力で凄い!

▪️レッスンに取り入れると、素敵な教室を作ることになるなと思いました。

等、皆様に良かったと喜んでいただけて、私も長崎に来て良かった~(^o^)

終わって、ピアノアシストの村浜ひかりさんと、教え子の田副智子さんとランチしてパチリ!港のそばのおしゃれなカフェ、目の前には、船が浮かんだロケーション!

でも逆光で、眩しくもお店をバックに記念写真。二人の教え子に助けられて、今日もコンチェルト、エレクトーン普及、頑張りました‼️お疲れ様~

より以前の記事一覧

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ