ピアノ

2023年12月 1日 (金)

コンサート会議

音楽仲間とコンチェルトベースに開いている音楽の宝石箱コンサート。

予定では、2024年に

3/2 小倉芸術劇場

4/29 福岡アクロス円形

と九州でのステージが決まって後援もあちこちからいただいておりましたが、やはり私のこの状況ですので、関係者と相談し、結局先延ばしに延期、中止にいたしました。

私抜きでも、充分頑張れそうと思って話し合いしましたが、コンサートには充分な準備期間も必要で、現段階をバタバタなんとかおさめるには、厳しいのではないかとご指摘、確かにと、皆様のご意見をまとめて中止を決定。

先延ばしにしてまたやろうと話は終わり、次の日までに私も治療に専念して頑張らねば!の思いの中に、もう二度と松岡さんとの魔王も、ひかりちゃんと楽しみにしていたカプースチンや木漏れ日にショパコンも、増井先生と描き下ろしのバッハピアコンもできないかもしれななと思うと、なにかひとつ終わった気分になり、オンライン終了のポチッを押したら、悲しみが込み上げてきました。

そして同時に彼らがいかに私の中で、おおきなウエイトをもつか、支えになってくださっていたのか、二度とリアルに共演できなくなるかもしれない未来を変えねばと思うのでした。

午後は疲れていましたが、親しいコンチェルトの先生と連絡、気になるのは、小倉、社長様にいろいろご配慮くださることになり感謝です。

いただいていた後援申請も、申請するにも段取りがあるわけですが、お手間おかけして下ろして来てくださったのに、キャンセルをまたお願いしました。残念です。

因みに、一応できていた小倉のチラシはこちら

2024

ひととおり、今日の連絡を終えてダウン。

自分でなんとたくさんのことをやっていたかと、こんな時に思います。

夕方、なんと思いがけない方から励ましのメールが届きびっくり。有難うございます♥

皆様が心配下さる存在だったことに感謝して、頑張っていかねばと思いました。

でも、右胸が更に、痛いんですけど〜(^_^;)。

2023年11月20日 (月)

ヒナステラの音楽で元気に

今日は朝から石神井のムジカサロンでピアノアシストをお願いしている麻衣子先生に、イタリアンとかき下ろしブルグミュラーの音出して合わせていただきました。

久しぶりのアンサンブル!

夏のコンサート以来です。

猛暑から瞬く間に秋は過ぎ去って冬がすぐそこに感じる冷たい風も吹いていました。

お天気がよいから、石神井公園をお散歩したかったなぁ。ってこんだけ石神井にうかがっているのに、いつもバタバタとトンボ帰りのつもりが、、、なんとぉ、自宅の鍵を忘れてしまい、夜に予定していたコンサートまであと4時間(^^ゞ、今日は、主人は実家にでかけて留守でした。

上野の美術館とか回ろうかなぁなんて思ったけど月曜日。お休みです。(泣)

仕方なく池袋でまた音出し続きの自己練やって、軽く椿屋カフェで夕食、ここもカレーがかなり美味しいです(^o^)

その後、巣鴨のPTNA東音ホールに公開録音コンサートに出かけてきました。

毎回、なかなかのセレクトで静かに集中して楽しめるこの企画、今日は、アルゼンチンの作曲家ヒナステラ一色のプログラムで演奏して下さったのは、瀬戸敦子さん。

人間味溢れ、パッションが音楽に迸り、クラシックでのLIVE感を感じるのは、リズムが特徴の音楽だからでしょうか。

私はとっても好きな作曲家だと思えて、音楽、音薬!すっかり崩れていた体調も良くなり元気!ファイト!凄い力だと思いました。

また、瀬田さんの演奏の魅力に引き込まれ、大変勉強になりました。ピアノもこうじゃなくっちゃ(*^^*)と嬉しくなりましたよ〜

関西のご出身のようですが、ポーランドにお住まいで、いろいろ社会活動もされていて、笑顔の素敵なピアニスト。楽しませるプロの実力、経験を感じました。日本人っぽくないかも笑

終わって、私には珍しくお声をかけさせていただき、なんと全く存じあげないその場にいらした小野寺樣という男性に撮影していただいた記念写真です。

撮り方、上手い〜(^o^)時間がなくて御礼も言えずに失礼してきてしまいましたが、またどこかでお目にかかれたらご挨拶、しっかりお顔を覚えました(^o^)

夜帰宅したら、教材伝達のデータの整理と確認。

1日いろいろあったなぁ。

よい音楽にふれると、心がスーッと清涼になります。明日も頑張ろう。

231120202229451if_1_burst231120202229451

231120195559727if_2_burst231120195559727

231120195455986

主人は義母の所へ。

今日の、様子です。

2039




2023年10月21日 (土)

企画書作成

東京での今年のコンチェルト新作講座や神戸での来年のコンチェルトコンサートに合わせて、使用申請書や企画書を作成、提出しました。

どこでも協力して下さる方々の支えがあってこそですが、自主公演としての企画推進力をもち、実行にうつすエネルギーは、何度もやってきたとはいえ、毎回どんなに信念を貫いていても、不安になるものです。

今回は、東京も神戸も、たまたま以前からお世話になり、私の活動の足跡に結果として寄り添うように育ててくださってきた、芸術センターにお世話になることにしました。

改めてご案内いたしますが、

■ 2023/11/26 (日)14:00〜16:00

初めて出会うコンチェルト新作講座〜ブルグミュラー全曲コンチェルトアレンジレクチャーコンサート

東京都足立区北千住

東京芸術センターピアノサロン「リスト」

■2024/5/26(日)

14:00〜16:00

初めて出会うコンチェルトコンサート

神戸市新神戸駅徒歩5分

神戸芸術センター「シューマンホール」

これからのコンチェルトコンサートは、

■北九州芸術劇場 2024/3/2(土)

■福岡アクロス 2024/4/29(祝)と決まっています。

その他、大人のサロンコンサートとして

■ホテル日航福岡

2024/2/4(日)13:00スタート


いずれもエレクトーン普及のための参加型ステージです。


ご一緒してみたいかたは、ぜひご連絡おまちしております。

231017123022208

写真は神戸芸術センター




2023年10月12日 (木)

ピアノリサイタルへ

231012082303175

2310111833090452

2310111833000672

昨晩、東京文化会館へ野上真梨子ピアノリサイタルへ。プログラムはメンデルスゾーン無言歌、シューマンソナタ2番、休憩後はショパン前奏曲全曲を聞いてきました。


ロマンに溢れたメンデルスゾーン、情熱的なシューマン、そしてショパンにおいては、その24曲全ての魅力を堪能。各曲じっくり聞かせていただきました。


サントリーブルーローズ、葛飾シンフォニーアイリス、そして本日と、彼女の演奏を追いかけた1年。才能溢れる演奏家が育つ姿に触れながら音楽家の成長を嬉しく感じました。有難うございました。

2023年10月 8日 (日)

ブルグミュラーコンチェルト

神戸のコンチェルト講座から帰ってきて、熱心な研究会の皆様と、支えて下さる支部担当者様に感謝で胸がいっぱいになり、帰京してから、制作スピードは今までになくアップ。

ブルグミュラー25の練習曲のコンチェルト作品は13曲があり、まだ未発表の12曲のうち、今日までに、

シュタイヤー舞曲、

せきれい

おしゃべりさん

ちょっとした悲しみ

別れ

再会

気がかり

の7曲を書き上げました。

あと、5曲!たぶん来週には書き上げて、今月中に音もできて、アシストさんとあわせられるかも(*^^*)ワクワク

そんな調子のよい時には、いろんなアイデアが湧いてくるので、映画の仕事もちょっと進めてメモしてみたり、セミナーBクラスや作編曲の準備などもちょっとだけ進めることができました。

もう、私が、できることは、何でもやろうの気構えです!

ブルグミュラー、お楽しみに♥

2310061256205593

2023年10月 5日 (木)

小倉jet

1696551737849

出張へ西へ出かけたけれど、ちょっと小倉にまで行けずごめんなさい。

毎回大好評の増井先生によるピアノ指導講座の定例会、皆様の記念写真が送られてきました。

生徒さんへのテクニック指導をわかり易く教えて下さり、早速取り入れてみようの感想や、ご自身の勉強にも生かしてみますとのお声が届き、かなりの刺激になられたご様子、良かったです。

またご体調を崩されていたR先生が復活、お元気なお顔見れて、良かった(*^^*)

来月はアレンジステージ作品お披露目会、皆様との定例会を楽しみにしております。


2023年10月 3日 (火)

神戸jetコンチェルト研究講座

今日は神戸で充実の1日。

新入会希望の方の面接を行いました。福岡も、神戸もこの数年新人さんがチラホラとお入りになってくださり、継続の先生方にも新たな刺激!みんな仲良く頑張っていきましょう!

そのあとは、コンチェルト研究講座で、みんなでブルグミュラー13曲を弾いていきました。参加者は、7名、ピアノは、ピアノご専門のM先生がサポートとしてアシストをかって下さり、凄く助かりました!有難うございます。

ピアノ指導についてよりも、エレクトーン伴奏がメインですから、その編曲解説を含みポイントをおさえながら、最初の10曲は、一曲ごとに23回ずつしっかり弾いていただきました。流石に最後のバラード、タランテラ、貴婦人の3曲は、一回ずつになりました。

皆様準備できている人、そうでない人で、内容把握のゆとりも違ったようでしたが、とても楽しかったご様子でした。

夜になり、何人かの先生からの感想が届き、作品について嬉しいお言葉頂戴し、有り難いです(*^^*) 早速たまたま生徒さんが、「無邪気」に取り組まれていたそうで、レッスンでやってみたら、引き寄せの法則にのっとったか、序奏部をつけたアレンジで、生徒さんが冒頭16分音符のフレーズが弾けるようになったと、ご連絡くださいました。良かった〜

編曲制作は、私の感性を盛り込み、それに対しお好みかどうかでしょうが、実際にレッスンされることをイメージして、教育的効果が生み出せるように工夫をしているつもりなんです。

ピアノのアシストをして下さる先生が、合わせたブルグミュラー、とても気持ちよいです!とおっしゃって下さり、本意が伝わったと、ついニンマリ(*^^*)良かった〜

前日にいきなりお申込いただいた先生は、ご準備されるお時間もなかったとのことで、ついていくのが必死とのことでしたが、制作者本人の私の解説が、直で皆様のレッスンの役にたつような方向の研究、研修会となれたらのお役立ちで進めていこうかと思います。また、どうぞご参加下さい。

今日実施したブルグミュラー13曲は以下の通り

1.素直な心で〜エレクトーン伴奏基本奏法、伴奏編曲のポジションと高さについて

2.アラベスク〜2/4拍子伴奏形の変化、伴奏部トップノート

3.牧歌〜6度の響きと両手奏ハーモニー奏法、ブルグミュラーの編曲作風ハーモニーについて、感動創出の魅力ポイント

4.小さな集い〜アンサンブル(コンチェルト)で広がる曲構成のコントラストは? 刻みとカウンター基本伴奏

5.無邪気〜効果的な前奏で引き寄せ、エレクトーンの音=ストリングス奏法

6.進歩〜アサインを使って楽しく

7.清らかな小川〜イメージを広げるせせらぎ音とハープアルペジオ、ピアノの音の詰まり具合を持続音で

8.優しく美しく〜ギターアルペジオ音の配置アレンジポイント

9.狩猟〜シンフォニックでステージ性をもたせたアレンジ、アサインの効果

10.やさしい花〜おだやかでたおやかなイメージのアレンジ

11.バラード〜浮遊感をイメージさせたアレンジ、ミステリアスなストーリーを醸し出すには。

12.タランテラ〜映画音楽のようなストーリー性を伴奏であたえるには?拍子感の変化でサウンドを包み込みピアノを支えるアレンジ手法

13.貴婦人の乗馬〜オーケストラがそのままクラシック伴奏をしてくれたらこんな感じと、弦、木管、金管、撥弦、打楽器、バランよく盛り込んだ編曲

以上13曲、あとまだ書いていない12曲を早速取り組んでみたいと思います。

神戸の皆様、有難うございました。

231003141453682


2023年9月17日 (日)

久しぶりに

最近御無沙汰していた生徒さんと、久しぶりにお目にかかりました。ご自身の教室の発表会には、私の作品をいつも取り上げて下さり、効果を上げて教室活動のコンテンツに定着していらっしゃること、大変嬉しいです😊有難うございます。

やはり、ピアノだけの発表会や、アンサンブルがリトミック的な幼稚園の学芸会のスタンスと同じ姿だと、音楽教室としての専門性をどう発信してるのか?音楽共感ステージの良さをお手軽な方向でまとめて、プログラムを与えるかなど、コンセプト次第かと思いますが、コンクールに出る生徒ばかりの発表ステージでもないでしょうし、ちょっと色が異なるエレクトーンの効果で、連弾から広がる見せ方の発表会になるコンチェルト、地域に根ざした音楽教室の質の高さのアピールになるコンテンツと思うのですよ、著作者だからそうおもってるのかもね笑〜作品はかなりの数作成してきました。

彼女はいろいろ頑張っていらっしゃるご様子はよく耳にして、彼女の向学心や興味は限りなく、その姿勢は素晴らしいことです。その継続で培ってきた中に、電子オルガン伴奏についても、更に上を目指してまた頑張ってみたいとのお気持ちを伺って、生徒にも、ご自身にもプラスと考えているお気持ちに救われたような気分になりました。

これまで2008年ぐらいから本格的にエレクトーンによるコンチェルト活動を続けてきましたが、その取り組む楽曲に向き合い効果も出して生徒育成に繋いでいただけてきたわけですが、様々な要因でなかなか安定した取り組みを実施されている先生方はどれぐらいいらっしゃるのかなと思います。

コロナ禍もあり、なかなかオンラインレッスンなどでコンチェルト育成は難しい現実だったのかなと、何気に縁遠くなった方々を思っていたところでしたから、今日久しぶりに情報交換で気持ちも明るく前向きになりました。

だから私も地道に書き続けて行かねばと思います。

時代の流れに乗って、エレクトーンでクラシックを弾くノーマル演奏法も注目されるようになっていて、そこには、しっかりとしたテクニックが必要です。

流行だけを追いかけて楽しんだエレクトーン演奏力では獲得できない奏法、タッチ感などもあり、エレクトーンが有能な伴奏楽器としての立ち位置で輝く部分は、ピアノのご専門の先生方にとっても新たな指導コンテンツになり得ると思っています。

さて、最近私は、先月のコンサートが終わり、かなりの方々に直接お目にかかり、そのあたりのお話を伺っていますが、それぞれの活動に果たしてどのように私が関われているかを感じると、指導の現場で生かすエレクトーンコンチェルト普及はまだまだ足りていないし、やや疲弊感も思えたり、逆に、今日の先生のようにレッスンを再開しようと意気込む姿を目の当たりにして、希望のフィールドを描きたくなるのでした。

できる範囲で頑張っていくことにしましょう。

230917113233123




2023年9月15日 (金)

スペインの旅へ♫

今夜は1人でスペインの旅へ!モンポウに、グラナドス、アルベニスに、ファリャと、魅力的なプログラム堪能してきました。


大胆に情熱溢れた演奏は、ピアノの楽器の可能性を強烈に伝えて、もしかしたら初めての経験かも。


こうしてピアノも語らなくちゃ!ショパンやシューベルト、ブラームス、ドビュッシーなどとは全然違う楽しみで圧倒されました。


そう!ピアノがベヒシュタインだったのですよね。日比谷のベヒシュタインサロン、今夜はいい夢見れそうだな。


ありがとうございました😊♥

Cover8nbnknffqecsymfazoif56bat3jk3z6l

230915210530994_20230915215201

230915210530994_20230915215301

2309151858315912

2023年9月 3日 (日)

新作連弾曲発表コンサートへ

ほんの少しだけ秋の気配〜お友達の新作連弾曲発表コンサートへ出かけてきました。


5年前にもお聞きした鍵盤の上でおしゃべりする囀りフレーズ。自然からインスパイアされたメロディーが止め度なくながれて、ふわっと、サラッとドラマティックな森の世界へ。


今日は急用で前半のみの鑑賞となってしまいましたが、プログラムノートを読みながら聞き入った10曲は、どれも引き込まれる作品!お二人の息のあった演奏も楽しめました。福永素子様、野上裕美子様、有難うございました。

230903164315393

230903200943771

230903150444714

2309031504169412

より以前の記事一覧

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ