最近のトラックバック

ピアノ

2019年7月19日 (金)

8/23銀座コンチェルトコンサートProgram

P3

0001_20190719080901

P2

8/23銀座ヤマハホールでのはじめて出会うコンチェルトコンサートのプログラム原稿は、こんな感じです。

表紙は、娘である東條飛鳥の銅版画の作品で、コンチェルトVol.26 27に使用した作品を使わせていただきました。(使用許諾承認済 転載不可)

1部は、小学生から高校生のお友だち、2部は大人の方々、3部はゲストの佐々木さんのテノール、4部はピアノコンチェルトで全曲のコンチェルト作編曲と伴奏を致します。

一部最後のお二人、4部最後は、ピアノとエレクトーンのアンサンブルとして書いた私のオリジナル曲です。

また、声楽の伴奏、特にゲスト演奏のシューベルト「魔王」は、エレクトーンのキーボードパーカッションにあるSFXキットから「マオウ」の音色を使って伴奏アレンジ致しました。

原曲が伴奏によってイメージを広げて、新たな作品となる楽しみで、奏でるお友だちも生き生きととりくんで、アドバイスレッスンが進んでいます。みんな、あと一か月、更に磨いていきましょう!

ソロの方々もそれぞれに張り切って、連弾も楽しみ~

福岡で作曲に取り組む村濱さんは、ご自身のオリジナル曲をご披露されます。~「水平線上のロマンス」素敵な曲ですよ。

チケットは、現在ぼちぼちと販売で広がっていますが、平日金曜の夜、ご興味をお持ちでお聞きいただきたい先生方は、お盆明け休みも取れず、其々お仕事の真っ最中の時間帯。たくさんのお席がまだまだ残っています。皆様どうぞ応援にいらしてください。

これからピアノコンチェルトに取り組んでみたい方、クラシックエレクトーン伴奏を子供たちとのアンサンブルではじめてみませんか?

私の集大成的な作品展の色合いで、様々な作品をご参加の皆様と共にお届けいたします。お楽しみに~

2019年7月11日 (木)

銀座コンチェルトのプログラム

Dsc_0240

銀座のコンサートのために、プログラムの原稿をまとめています。参加してくださる皆様が弾かれる殆どの曲は、私のアレンジやオリジナルで、作品展としての意味合いもありますから、作品解説をプログラムに少し載せようかとか、エレクトーン60周年だから、ヘッダーに歴代のエレクトーンを並べて楽しくみていただけたら!なんて、張り切って画像処理して挿入したら、なんだかスーパーの、いやサマーセールのチラシみたいになってしまい😆💣✨いやはや、アイデアは良かったけど、ボツ😁やっぱり、音楽会にしなくちゃねぇ~

これまであちこち伺った発表会のプログラムを保存しており、参考に見てみたら、生徒さん年齢にもよる其々のカラーを感じます。

かと言って、リサイタルというわけでもないんだけど、やっぱりリサイタルみたいな作品展だし、、、

これまでの流れの天空コンサートの見やすい見開きA3の青空をイメージしたブルーのイラストやデザインのまま、いこうかなぁ~

それとも、チケットに使った爽やかな木々のイラストをいかしたデザインかなぁ~

当日の進行表や、舞台図や、係りごとのチェック表なども作りました。って、今までのコンサートは、大体一ヶ月前ぐらいから巻きをいれて準備するのに、今回はなんと速い対応、私にしては準備整えまくりです。

チケット販売は、聞きに来てくださる方々にお誘い、平日夜のため、レスナーの皆様はご自身のレッスンにお忙しく、そんな中にも時間を調整して聞きに行ってみよう!とか、しゃあないな~松丸の応援行ってあげまひょ(^○^)と気のいい皆さま方が、集まっていただけるだけで、感謝感激アメアラレなのです‼️

ホールのご担当者様や、音響他の皆さま方にもお世話になります。来週は打ち合わせ、本当はその前に私サイドで集まりたかったのですが、少々早めの対応、皆様とは終わって秘密の会議をやりましょう。

今回の参加者の皆様のプログラムは、こんな感じです。

第一部 ピアノ&エレクトーンはじめて出会うコンチェルトコンサート(主に小学生~高校生による学習者の皆様のコンチェルト 伴奏は全てワタクシ)

1人魚のうた

2双頭の鷲の旗のもとに

3,異国から

4,シシリエンヌ

5ベートーベンソナタOp49.2

6四季より冬

7パガニーニの主題による第18変奏曲

8予感

9木漏れ日の彼方に

第二部  声楽、連弾、ピアノ、エレクトーンソロ演奏(主に大人の皆様のステージ)

10 モーツァルトフィガロの結婚より 伯爵のアリア(バリトン)

11動物の謝肉祭より 水族館  フィナーレ(P連弾)

12ウィーンはいつもウィーン(Eソロ)

13.リベルタンゴ(Eソロ)

14水平線上のロマンス(Pソロ)

第三部 ゲスト演奏&ピアノコンチェルト~

15,ゲスト~(テノール)魔王  誰も寝てはならぬ

17 ラフマニノフピアコン第2番第一楽章より

18モーツァルトピアコン23番第三楽章

19グリーグピアコン第一楽章

20霧の藏

参加者の皆様、さあ!いよいよ、、、って、たぶん8月にならないと焦らないかもだけど、楽しみにして下さるお客様がお待ちかね❤️期待に応えて張り切りましょう。(^○^)

夏休み、どうぞ東京に遊びにいらしたおついでに、ぜひ銀座ヤマハホールで私のコンチェルト作品展いらしてね!

華やかな発表会の参考になりますように。皆様のご来場お待ちしています



2019年7月10日 (水)

長崎でコンチェルト講座

_20190710_083002

以前からお邪魔するつもりでなかなかスケジュールがまとまらず、やっと決まりました!

9月3日火曜日 ココウォーク10:30~YAMAHA長崎センターの主催、お世話になります‼️

長崎には過去に、コンチェルトで1回確か2013年ぐらいに伺ったことありますが、あれから作品も増えて、新たな作品や指導について、発表会やレッスンについてもお話したいと思います。

長崎やお近くの先生で、エレクトーンを使ったコンチェルトにご興味ある先生方、ぜひご参加くださいませ。

お問い合わせ、お申し込みは、

095-813-1510

YAMAHA長崎センター梅田様へお願い致します。


2019年7月 8日 (月)

感動表現へのヒント

Dsc_0207

どんな小さな子供の演奏にも、その素晴らしいひたむきな心で、メロディに命が与えられて、ぐっとこちらの心を揺さぶられることがあります。

上手いとか、素敵!という音楽は、より高い伝わる力があり、伝えるためにテクニックを磨いて、練習を重ねて磨がかれていくことかと思います。

最近、生徒の皆様によくお話することは、地球の自然現象をベースに音楽もその表現において、美的感覚の基本だということです。

例えば、花びらがひらひらと舞い落ちるイメージで8分音符の連続があったとします。

音の並び方にもよるでしょうが、定規で計ったように刻んでも花びらのようには聞こえてきません。ひらひらと舞い落ちる風を感じるには、強弱をどのようにつけて、やや音の長さも微妙に変化させてみると、何かしら重力や、お天気、気候も感じさせることができるのではと思うのです。

それは、作曲者の思いを想像しながらも、弾く人が楽譜という情報からアナライズするように、自らの表現創出を加味して、自分のものとして奏でていくわけで、私は読譜は、音楽の訓練のために、初歩の段階で学ぶべき大切なことだともちろん考えていますが、それよりも耳を鍛え、感覚を鍛える訓練が、内なる思いを音楽に託す表現者へ繋がるのだと思っています。

形のないものを教えていくには、人が持っている感覚、経験を生かして教えていくことです。

小鳥の鳴き声に耳をすませ、肌をすべる爽やかな風を感じ、雨の強さや落ちる音、、、全ての自然現象は、皆人間に平等に与えられる恵みであって、そこから喜怒哀楽が生まれ、様々に多岐にわたり発展するものではないでしょうか。

ここはこうして弾くのよ、と、教えてしまえばすぐに真似して弾けるかもしれません。模倣が学習のスタート。

しかし、芸術には応えはなく、強いていうならよりよい音楽を目指す表現のために、考えさせる機会を与える指導が大切なのではと思います。

考えて発見して学んでその積み重ねが本物になるのでは。

私の今日の感性磨きは、モーツァルトのピアコンでした。

おしゃべりしてるように、キャストを立ててみました。それは楽器にも通じます。

モーツァルトは、どんな思いで、これを作ったのかしら?以外とサクサク、自分の作風を意識するまでもなく、自由にちゃちゃっと書きまくる姿の中に、彼の周囲の方々を意識したおしゃべり、語法を感じたら、なんだかワクワクしてかなりの速さもこなせる自分がいました。

表現のために、感覚を鍛え、イマジネーション広げて、ピリリとした作品に通じる時間作品へと、より精進の毎日。

銀座でコンチェルトする皆さんひとり一人が、音楽を奏でて幸せなステージになりますように。💖❤️皆様の音楽を聞き取り寄り添って私も素敵な表現の御手伝いかできますように!


2019年7月 7日 (日)

銀座コンチェルトアドバイスレッスン in ムジカサロン

190823_yamahahall_concertbravo

昨日は小倉でjetのお友達や先生方と、コンチェルトのサロンコンサートを行って、ピュアでハートフルなステージを楽しんだところでしたが、昨晩帰京、今日は銀座のコンチェルトコンサートのためのレッスンを、石神井のムジカサロンで11時からスタート!

我ながら、よく頑張る~(^O^)

今日は、お一人目は6年生のMちゃん。銀座では、ワタクシの「予感」をコンチェルトしてくれます。

実はMちゃんは、ビゼーのファランドールで出演を決めていたのですが、4月に開いた銀座コンチェルトコンサートのためのレクチャーコンサートで、すっかりこの曲が気に入って、思いきって変更、それはかなりのハードル、挑戦になることでした。

ピアノご指導の先生と、著作者であり伴奏する私は、Mちゃんの挑戦を受け入れるにあたり、いろいろと細かくやり取りし、Mちゃんのこの曲が大好きな気持ちを大切にして、自らの思いをステージでのびのびとよい機会にしてもらうことにしました。

今日は前回からすると、ぐっと前進して、最初のテーマまで流れて参りまして、私の方が嬉しくって、楽しくなり、そして私の心で呟いてできた作品を、こんなに一生懸命に頑張って奏でてくれる姿に涙がでる程有り難くて、彼女やご指導くださる先生のことを思うと、胸が詰まるような感動がありました。

そこに、アシストで私の作品はいろいろとレパートリーある持山さんが来てくださいました。彼女は銀座ではラフマニノフピアコンをご一緒することになっていますが、タイミングよく、予感をそこで私と演奏し、何よりのレッスンになったかと思います。

持山さんと、ラフマニノフを合わせて、ラフマの大きな人間愛に浸り、大きな器に抱かれるかの気分で、次は、O先生がいらっしゃいました。

銀座では、グリーグのピアコンをご一緒してくださる先生と、あの劇的な冒頭フレーズが聞こえてきた途端、気分は北欧のピリリとしたグリーグならではの音楽に入り混んで、納得のエンディングまで緊張感をもち奏でるグリーグ、弾き応えある~合わせ応えある~(^O^)

気がついたら出張の疲れなんて、ほら、コンチェルトが、ラフマニノフが、グリーグが、その音楽の力でまたエネルギーを降り注いでくれて、すっかりご機嫌な気分になりました。

ゆとりの練習準備で、どう伝えるかを考えるとワクワクしています。

銀座でのコンチェルト、まだリハーサルにムジカサロンにいらしてない皆様は、7/21  7/23 8/3  8/4にいらしてね。

どんなにバッチリ弾けていても、アンサンブルはコミュニケーションがそのまま音楽にも反映されますので、自分の責任だけを全うするだけでなく、歩みより寄り添って、その楽しみを一緒に頑張っていくことがよい演奏に繋がります。

銀座のコンチェルトサロンを、弾く人も聞く人も、皆様が楽しみになるように、よいステージに頑張りましょうね😃

Mちゃん、持山さん、小原先生、今日は有り難うございました。

2019年7月 5日 (金)

小倉で

18119302_1523542174356609_71375137535871

出張中の梅雨空の中、講座にレッスンにと、スケジュールに沿って元気に過ごしています。

今日は午前中小倉、午後は博多に出かけ、生徒さんたちの感性に触れて、元気を貰って、また小倉に帰ってきました。

今回は、小倉泊まり~

jetアドバイザーとして23年目、学校も北九州でしたし、小さい時から叔父の住むこの街に遊びにきて、初めてミュージカル映画「サウンドオブミュージック」も観に連れて行ってもらい幼い日の強烈な音楽との出会い、忘れられない思い出です。

そんな思い出深い小倉、住んでるわけではないけれど、気がついたら、この街に寄り添いながら、育てて貰って今に至っています。

いつかは多分離れる日が来るのだと思いながらも、離れるきっかけ失うほど(^_^;)今日もマブダチと人生歩いてるよ‼️

有難うございます❤️

さて、実は所属するYAMAHAミュージック小倉店が、10月1日から大分のミュージックストアナガトに移管、つまり小倉店はナガト楽器になるそうで、ビックリ、どっきり、ショック。しばらくは、時代の流れに茫然自失状態となり、関わるjetの先生方への影響考えると、不安な気持ちは隠せません。

でも、冷静にいろいろなエネルギーが蠢いている姿見つめても、私のやること変わらないわけでした。

やること、こなすこと、やりたいこと、降り注ぐように与えられたかの毎日、楽しい時間はまだまだ続く、線路は続くよどこまでも(^O^)爆笑

あーあほらし~( ̄▽ ̄;)心配するのやめた、自ら掘り起こす生き方は、自然に降りてくるって、現実とはどこを見て現実なのか、人生に抗うと思うのは自分の意思そのものにしか過ぎず、自らのシナリオはきっともう決まってるのだと思うことにしました。

で、持ち帰った今年の「初めて出会うコンチェルト」新作書き下ろし曲でセレクト中の譜面を眺めてます。

コンチェルトエレクトーン伴奏、最近の皆様の様子を見て、伴奏演奏編曲は、弾きやすい難易度へ更に努めようと思っております。

今のところの今年の作品へと選んでる渋い選曲(^_^;)は、

ベートーベン メヌエットG Dur~伴奏が明解なものにしたい

モーツァルト アレグロ B Dur 伴奏がついたから弾けるようになった!みたいなコンチェルトにしたい

フォーレ 子守歌~前からやりたかった曲のびやかさだせるかな

ボルティーニ 踊る人形~8分の3 楽しそう、可愛い少女が弾いてくれる姿ワクワク(^O^)

ケーラー  バースディ マーチ前から皆に作ってと言われつついつも後回し、ページ数でボツ、今回こそ❗

チャイコフスキー くるみ割り人形より 行進曲 クリスマスにはクルミ割りがやっぱりいいな。

ブラームス 交響曲第一番第4楽章 このしなやかさ、人間愛を感じさせる曲調、弾いたら愛に満ちる気分になるといいなぁ

と、夢を語るときりがなく、持ち歩いて眺め捲ることで幸せになります。産みの苦しみこれからよん(笑)

降りかかる、たまたま遭遇する出来事にも逞しく、信じて貫くものますます磨いて生き抜いていかねばです。

長々とすみません、ここまでお読み下さったあなた、ありがとうございました。

今日もよい1日、お疲れ様でした。


2019年7月 2日 (火)

新会員教室設立と生徒第一号

_20190430_153939_20190704202501

この春、小倉jetに新入会されて、新たにお教室をオープンされたばかりのR先生、たまたま私の後輩にもあたる方で、エレクトーン音楽についても視野深く熱い思いを感じていました。

教室備品として、エレクトーンもピアノも、クラビも整えて、チラシにホームページ、もちろん、教材や指導の研鑽、教室運営も登録セミナーでご伝授、さあ、オープンにやること、出来ることすべて整えて、お教室が上手く動き出すためには、生徒募集上手くいけばよいなと、アドバイザーとして、ドキドキ、応援しながら祈るような気持ちでしたら、なんとぉぉぉ!

なんとすぐにお一人体験の問い合わせ、そして体験、ご入会と、今月からレッスンがスタートするとのこと(^O^)やったあ😃良かったぁ!

サブのアドバイザーの先生のアドバイスもホームページ作成に力となって下さり、皆で応援してます❗

長い人生、好きなエレクトーンや音楽で生き生きと、楽しく生徒も家族も、皆か笑顔になって豊かに潤いのある毎日を、お教室が発展していきますように。心から応援しているからね~

https://ryuen-6music26.crayonsite.net/

2019年6月23日 (日)

コンチェルト練習



今日は石神井のムジカサロンフォレスタで、銀座のコンチェルトコンサートに参加の皆様とのアドバイスレッスンや、合わせの練習でした。

森田先生の軽やかなモーツァルトピアコン23番3楽章、楽しく練習、一人で練習するより合わせたら楽しさ倍増!

本番までちょうど2ヶ月、どうぞよろしくお願いします!

181115150532tgbh_m

2019年6月22日 (土)

プチお疲れ様会

Dscpdc_0001_burst20190622121102442_cover

4月にムジカサロンフォレスタでコンチェルトサロンコンサートでお世話になった持山さんと、久しぶりの再会、やっとお疲れ様で北千住のフレンチに行きました。

最近の近況を報告し合い、銀座のステージに向けてあれこれ打ち合わせ。

彼女の自己研鑽の様子にひたすら感心し、苦労の中に光る熱意がきっと後々に生かされ磨かれていくことかと思えて、同じ未来を見つめ嬉しく頼もしく感じました。

Dsc_1751

Dsc_1752_20190623004701

Dsc_1754

北千住にあるビストロウエハラ、ネットで予約はいっぱいのところを、開店と同時に伺ってなんとかお席確保、良かった!

雨がかなり激しく、早めに切り上げて帰宅、チケットを一通りご予約の皆様にお送りして、夕方の買い物途中のお宅、毎年見事な紫陽花や梔子、少し前はバラも綺麗でした。

やっと撮影、知る人ぞ知る綾瀬の紫陽花屋敷~(^○^)

Dsc_1755

Dsc_1756

今日も1日お疲れ様❤️銀座までちょうど2ヶ月となりました。

明日はアドバイスリハーサルレッスン、あとモーツァルトピアコンも合わせにいらっしゃいます。個人レッスンの生徒さんとは、銀座の曲もだけど、アイネクライネ~もやってみたいなぁ。

毎日活動の楽しみ、目標をみつけては、扉を開くかの気分。みんなありがとう(^○^)

2019年5月26日 (日)

モンポウ

Img_0_m

3月の終わりにサントリーで開かれたベルリンフィルのコンサートが、4k放送であり、録画。

きになるモーツァルトピアコン21番や、ベートーベンのシンフォニー7番とか、私好みのプログラムだったため、画面にへばりつくように自宅で堪能。

そのなかで、以前から気になっていたフェデリコ モンポウのピアノ曲が流れた。

素敵すぎて、圧倒される!どんな音楽かというと,何やら密やかで心は暖かく、まるでハープのように繊細につま弾くピアノ曲なのだ。

随分と前に師匠である柏木玲子先生から、ドビュッシーの弦楽四重奏曲とモンポウを聞くように薦められて、はじめて耳にした時よりもさらに、魅力を感じた。

音楽の志向にアンテナ向けて下さって、今頃またまた大感謝、そしてテレビから流れるモンポウは、柏木先生と一致するイメージになる。

楽譜をみてみようかな。

より以前の記事一覧

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ