初めて出会うコンチェルト

2021年1月14日 (木)

リモートワーク

Dsc_07412

新年明けて初めての小倉jet定例会を午前中に実施、午後は和声の個人レッスン、夕方打ち合わせとオンライン三連続で繋いだら、かなりハードな1日になりました。

画面の向こうに見えるたくさんの方々と、リアルにお目にかかるのと同様に、その関わるエネルギーでかなり疲れますが、各々から求められる、また担う責任を感じており、マイペースといえども、今日は日頃とは違うスタンスの1日でした。

jetのアドバイザー業務は、関わる支部の地域のエレクトーン普及となりますので、状況把握と少し先を見つめて、皆様と共に発展的な活動展開を推進しなければと考えています。

コロナ禍において、いや、それでなくても、人をまとめ、組織を動かし、と、自分自身のスタンス考えると、jetの業務は骨の折れるところであり、対応の細やかさとしなやかさは必要でありつつ、振り回されて気分まで疲弊しては、とてもやり遂げられず、強い意思、高い意識、広い視野が必要だと常々自らを励ましています。

そんな中に、突然、私の作品を使ってコンチェルトに取り組んでみたいとお問い合わせが入ってきました。

チラッとお話伺ったら、以前に武蔵小金井の宮地楽器で講座をお聞き下さった先生で、本格的に取り組みたい御様子!

リクエストは4曲から、たまたま在庫のあるブルグミュラーコンチェルト13曲の楽譜と、コンチェルト導入初級レパートリー11曲の楽譜をご紹介しました。早速明日お送りすることになりました。嬉しいなぁ。

組織の中での思考回路から、自ら発信する世界を求められる居場所に帰って、音楽する我が身を意識確認。そこには感謝とまた起爆発進。

忙しいと言いながら、昨晩観た「マチネの終わりに」

私も過去を変えられるかなぁ。

生きている間にできること、伝えられること。限られた時間をどう使うかとコントロールする暇もなくなる程、充実した毎日が訪れているのだから、何も恐れず迷わず、流されながらも、ぶれずに過ごして参りたいと思います。

関わる皆様、いつもありがとうございます。

明日は、神戸jetだ!頑張ろう‼️



2020年12月30日 (水)

年末買い物

毎日伝えられる感染者の数に、ただただ不安と驚きばかり。年の瀬を迎える時期の買い物に、行ってきました。

例年であれば、ちょっと隣駅まで足を伸ばすところを、外出自粛で近所のスーパーで済ませようと、主人と買い出し。

でも、今年は娘夫婦も参賀挨拶に来れそうもなく、私達も義母のところへも出向かずに、静かな新年になりそうで、いつもの食事とあまり変わらないか、新年らしい数の子やお雑煮のおせちを、ちょっと並べる程度にリストを作って買い物しました。

アレンジは二曲、ハンガリアン狂詩曲第2番をエレクトーンソロにして、スケーターズをやっと録音まで済ませることもできて、なんだかサクサクことを運ぶことができて嬉しい~今だけ(笑)

午後は、年末恒例の「忠臣蔵」鑑賞、やっぱり武士の義を感じると感動で涙が溢れてしまうのでした。感動にはまるスタイルが、違ってきたかしらん?😆💣️✨

2020今年もあと1日となり、シニアの年末、コロナ禍じゃなくても静かだな。

夜、風が強く、冷えてきています。明日は、ちょっとお掃除して、新年の支度をいたしましょう。

来年の干支は丑、丑のようにおとなしく粛々と過ごしたいなぁ。

Chinesezodiacanimalspapercuttingox260nw1

2020年12月27日 (日)

銀座コンチェルトオンラインミィーティング

年末最後の日曜の夜、来年5月30日に予定しているコンチェルトコンサートのオンラインミィーティングをおこないました。

皆様忙しいなかに15名の方々がご参加下さり、顔合わせ兼ねたご挨拶の順番をじゃんけんで決めて、お一人ずつ軽い自己紹介。たわいないこんなきっかけも、楽しく弾んで張り切りました‼️(*^^*)

コンサートは、自分の演奏だけでなく皆様との交流が最初の共感!コロナ禍でも、コロナ禍だからこそ、それぞれの私との関わりでつながるご縁を幸にしていただきたい思いで胸がいっぱいになりました。

現在の状況、流動する自粛規制にも配慮しつつ最終的な取り決めをお伝えしました。なんだか演説みたいになりましたが、皆様納得下さり、私自身はホッと一安心しています。

これまでのたくさんの経験で、まずは参加される方々一人一人が主役になるような配慮することが肝要であり、その上でその括りであるコンサートがよい姿になるわけだと思っていますので、今日のミィーティングは、皆様それぞれにしっかり考えて下さっているご様子、ご一緒していただくことを喜ばしく感じていただけていることが伝わってきました。

私は、自らの作品展でありつつも、伴奏でご一緒させていただきます。その編曲は私自身の作品、そこに寄り添って奏でて下さる皆様がやって良かったと思っていただかねば、それをステージで感動へは繋ぐことできません。そしてその経験こそが、コンチェルト普及にもつながることだと思っております。

意識同調は必須であると考えていますから、この年末に忙しい中スケジュールを合わせて下さった今日の皆様とのミィーティング大切に思いました。ご参加いただきありがとうございました。

皆様からのお礼のラインで、次の目標をしっかり見据えた発言をたくさん頂戴してかなり嬉しかったです。(*^^*)

スケジュールに従って頑張っていきましょう!皆様どうぞよろしくお願いします。

それぞれに、お世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。写真は去年の銀座コンチェルトコンサートの時のものです。その下は、私の作品をずっとご一緒してくれるお友達の五年前の合わせ、当時湯島のスタジオにきてくれた時のものです。今は素敵な青年に、お姉さんになってまーす❤️

1566580506102_20201228092401

Fb_img_1608954146241

Fb_img_1608954153250

Fb_img_1608954156177

 

2020年12月26日 (土)

スケーターズ▪ワルツ

昨日から書いていたスケーターズ▪ワルツ、出来ました!今の季節にぴったり♥

弾いてくれるお友達をイメージしながら、楽しくアレンジしました。

原曲は、かなり長いワルツ、でもよく知られたテーマのあたりでまとめ、発表会などのステージを意識した、初めて出会うコンチェルトスタイルにしました。

さほど難しくないイントロをつけ、エンディングは、低音も少し動き、最後のあたりピアノにかわいらしくオリジナルのフレーズを入れ込んでいます。軽やかなイメージを生かして、華やかにまとめました。特に、エンディングは、まるでバレリーナか、かわいい少女がスケートを踊りながら、くるんと回ってお辞儀するかのようなイメージで最後を納めていますので、かわいらしく弾いてほしいなあ。

実はこの曲、ずーっと、アレンジしたかった曲なんです。だから、書いただけで満足(*^O^*)

そんな曲、いろいろ~この休みに書いてみようかなぁ。

Publicdomainq0001771fut

2020年12月25日 (金)

サクサクアレンジ完了!

昨日お伝えしていたショパン、1日でエレクトーンパート書き上げました。以外とすぐにできました。ピアノパートは原曲入力、これからだけど、ちょっと一安心。

午後は、ビゼーアルルの女第一組曲メヌエットの手直し~頭捻りました。再現部にいくあたりの繋ぎを簡略化していたわけですが、原曲に基づいたフレーズを挿入、その異名同音調のようなハーモニー使いを効果だしてエレクトーンとピアノに振り分けるにはと、いろんなこと試してみました。

完成して、フィナーレからpdfにして、お使いの生徒様担当の先生へご送付。

一段落~

夕方から、スケーターズワルツのアレンジに着手。以前途中まで書いていたものを見たら、ちょっと難しいかも。

なかなか合わせも出来ない現実ならば、分かりやすく音源に合わせ楽しく弾けるようにしなくちゃです。

明日できるといいな。

ショパンの書いたスコアをなぞるのより、子供たちへの音数少ないアレンジ創出の方がいかにエネルギー使うかと思います。頑張ろう~(*^^*)

Dsc_1449_20201226084601

2020年12月23日 (水)

ショパンピアコン1番

やっと自由な時間がとれるようになり、一ヶ月ぶりに頓挫していたショパンピアコンを書き始めました。

この前、ど根性皇帝の入力には、カデンツァで大変なストレスがあり、手書きで外注だそうかと思ったぐらい、それからすると、ショパンはオケパートが楽でございます!

しかし、ピアノのつまり具合というと、さすがショパン、右手が特に動きまくるため、一音でもはずしてはなりませんし、やたらこのかた、限定進行にこだわるため、半音で動くようなハーモニーが多く、これまた臨時記号抜けに気を付けねばならず、、、さらに、ピアノを支える、輝かせる意識多大なため、サウンド構成において、やや中音域の厚みというか、低音がもう少しあれば、迫力やら充実やら、安定がと思うのですが、そのままスコアを当て込むと、エレクトーンベースはお暇なため、新たなエレクトーン伴奏を構築で奏でるショパンを目指して、またまたワタクシ頑張ることにしました。

1楽章すべてやると、長い!

最初の序奏オケだけで、一曲終わった気分になります。

どんな場所で奏でてもショパンピアコンになるぐらいのサイズ一捻りして、再現部をまとめることにしました。大体200小節ぐらいでさほどな労力ではないから、この年内にたぶん書き上がります。

来年の銀座でやります。

すでに半分、エレクトーンパートだけできました。

とにかく形にして目処をたてて、、、地道な作業ですが、ひとつひとつ音をひろって入力することこそが、ショパンからのメッセージを受けとる気分になります。

モーツァルトに焼きもち焼かれないようにしなくちゃ。(*^^*)💕

今の私の机こんな感じ

16088411299546327111800536677119

まだクリスマス、夜明け前~

2020年12月13日 (日)

クリスマス定番アレンジ 花のワルツ

クリスマスの定番、くるみ割り人形から「花のワルツ」をピースサイズにまとめて、発表会で私の音源に合わせて演奏した映像です。

最近、実用モードアレンジで書いた作品です。3分程度、発表会にいお使いいただけるのではと思います。

華やかで、クラシックテイスト、盛り上がる~!(^^)!

松丸弘子編曲 花のワルツ

62263603_220x144

剣士の入場コンチェルトアレンジ

ピアノを学ぶ生徒さんによく使われている導入初級、バスティンメソッド、さまざまな音楽体験ができて、ポピュラーにつながる要素が高く、おさめられた楽曲には、楽しいもの、子供たちが喜びそうな曲がたくさんあります。

そのなかで、ちょっとコミカルなストーリーを感じる「剣士の入場」戦いに勝って威勢のよいお祝いパレードに、とぼけた剣士がやってきました。動物たちもおめでとう!お祝いの花火も上がって、伴奏アレンジで盛り上げて、おめでとう!

1分半程度の可愛くて、楽しいマーチ、なかなか左手メロディーにハードルあるけど、曲の持ち味がハードルをクリアすることでしょう。

剣士の入場

Character_double_standard

2020年12月 8日 (火)

ワルツィングキャット

一昨日ご紹介した、ペルシャの市場にて  の演奏、お聞きになっていただけましたか?

今日は、その時が初演となった、ルロイ・アンダーソンの「ワルツィングキャット」のコンチェルトアレンジをお届けします。

作品はこちら

ワルツィングキャット

猫ちゃんがモチーフの可愛いワルツですが、弾くのは結構難しく、アンサンブル仕立てでほぼピアノはメロディーをとって、リズムもハーモニーもおしゃれに進む、その進み方が凝っているので、曲想の雰囲気より難易度が高い曲だと思います。

でも、楽しんで弾いて下さっている様子が伝わってきました!演奏の真優さん、ご指導の中辻先生、取り組んで下さりありがとうございました。

A6200a5bc903562b885687be8c86de80_t

2020年12月 6日 (日)

ペルシャの市場にて

8_20201206234001

コロナ禍においても、アンサンブルを大切に、つまりは自分以外から奏でられている音楽に耳をよく傾けて、リズムや呼吸を合わせることを大切に指導していらっしゃる東京の先生が、私の音源を発表会にお使いくださり、講師演奏には、ペルシャの市場を取り上げてくださいました。

曲の雰囲気に合わせた衣装も素敵! 中辻先生の素敵な演奏と、バランスの良い音源、音響設定で、伝えたい作品として、まったく問題ありません!

私も映像を見せていただいて、こんな感じで整えてくださるステージだったら、音源と合わせてくださる演奏ステージも、なかなか楽しいかもと思いました。

生徒さんたちの演奏も、またご紹介させていただきますね。

なかなか、この曲を私自身でご紹介することがなかったので、ちょっと動画編集してみました。


曲の解説をテキストで入れています。ストーリー性のあるなかなか楽しい曲でしょう! 皆様どうぞお聞きくださいませ。

作品はこちら

ペルシャの市場にて 松丸弘子編曲 ピアノ&エレクトーン


ピアノ演奏は、中辻晃子先生です。中辻先生、素敵な演奏、そして私のコンチェルト作品のご指導と、どうもありがとうございました。
次は、本格的にモーツァルト!  どうぞよろしくお願いいたします。

より以前の記事一覧

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31