最近のトラックバック

コンチェルト

2020年8月12日 (水)

サイズダウンアレンジ

Dsc_0310_1

夏休みは好きなことして過ごさなきゃ。

好きなことって何よ?

はっ、やっぱりアレンジでしょ。

休みじゃないときにも、やってるよね。

はい、好きなことで毎日生きてる幸せ者、みんなありがとう!と、今日は、たまたまご依頼受けたことがきっかけで、チャイコフスキーのくるみ割り人形の中の「花のワルツ」と、モーツァルト「アイネクライネ~」を手直し。

さらにアンダーソンの「ワルツィング キャット」のアレンジデザインをやりました。

以前に書いたはじめて出会うコンチェルト作品の中には、講師演奏も意識して原曲ばりに長い作品がありますが、子供たちにはちょっと長く、発表会でご披露するとなると、やたらエネルギーがかかることもあり、サイズダウンしてみようかなと思っていました。

長くなればなるほど、構成を整理して演奏に反映させる力も必要です。

たまたま参考に見た連弾や、そろ楽譜、コンパクトで子供たちが、把握しやすいサイズ、楽しく取り組めそう!私も早速やってみることにしました。

コンパクトにしても、原曲の持ち味が損なわれないのは、良くできているからこそですよね。アレンジの力を発揮して、楽しくまとめてみたいと思います。

福岡や長崎、小倉、神戸、東京と、お休みになったからこそ、皆様は作曲課題の宿題をお送り下さり、添削しました。

夏休み中でも、こうして皆様の音楽に触れて楽しみを次につないでいます。

お~い、この際だ!

まだ途中の方、頓挫してはなりませぬよ‼️強い意思で、自らの作品を形にしましょう!出来不出来を気にするなら、ご自身に問いただして、あなたはこれでよいか?

そう、生徒さんには、練習してきてねって、先生も有言実行なのです。

ライバルは自分よ‼️がんばれ~

私も頑張りまーす。

写真は、実は2年前のものです。

2020年8月11日 (火)

オンラインミィーティング

1597102744097

昨日は、昼、夜と、来年の銀座コンチェルトに向けて、参加者や関係の皆様とオンラインでミィーティングを行いました。

コロナにより、様々な条件のなかで実施するとなると、考えられるステージを皆でイメージし、意識同調していただきたく、また展開の仕方には、様々なご意見もいただくことができました。

世代を超えて、それぞれの立場で、私の作品を奏でて下さること、またその場を共に作り上げて下さることに感謝して、楽しくよいステージを作り上げて参りましょう。

ご参加の皆様ありがとうございました。


2020年8月 8日 (土)

モーツァルト聴き比べ

Dsc_1189

Dsc_1190

Dsc_1191

Dsc_1192

Dsc_1193

先日こちらにも書いたクララハスキルのピアノに心酔、エレクトーンオーディオ機能を生かして毎日練習しています。

 モーツァルトピアコン20番の1楽章、冒頭部のインパクトが強すぎても、やはりこの曲はやればやるほど、モーツァルトのピアコンとしての新たな境地、ピアノコンチェルトをアレンジする最高の、、、といいながら、24番とか、27番とかもやりたくなっているワタクシ~

さて、より深く20番を学ぶためには、より多くの演奏を聴き、共演(^o^;)してみたいかと、↑の写真は最近買いそろえたCD.

ピリスに、アルゲリッチに、カーソン、グルダ、アシュケナージ、、、そうそうたる演奏家の皆様をエレクトーンにお招きして、合わせてみました。

簡潔にその印象をお伝えすると、

ピリス~優しく美しく、奥ゆかしく、ワタクシのエレクトーンがなんと品のない雑な音楽に聞こえて落ち込みます(笑)よって、しなやかに、まろやかに、新たな境地体験ができました。

アルゲリッチ~いろいろな演奏をこれまでも聞いてきましたので、アルゲリッチ節は慣れているからか、分かりやすく、弾き手の違いか、オケの違いかとよく見たら、同じモーツァルト管弦楽団で指揮はアバドだった~ってことは、メインのピアニストに合わせて、雰囲気を代えているようでアバド凄い~華やかなアルゲリッチ、彼女のプロコフィエフのピアコンも好きなんです♥️

カーソン~初めて聴くお名前、解説よんでビックリポン!ケテルビーの(ペルシアの市場で有名)の甥とのこと。覚えた!(*^^*)ピアノはハスキルみたいで、温もりがあり、また穏やかさ、嫌味がまったくない感じでした。テンポが落ち着いたイメージに聞こえて、振り返るとまた会いたくなるような音楽にしなくては、みたいな気持ちになりました。

グルダ~ご本人が指揮をしながらのピアノコンチェルト、やはりプロデューサー的音楽の作り方でドラマがありました。分かりやすくて、力強さもあり、ベートーベンのようでもあり、かなり気持ちよく決めのカデンツもはまりました。この方の音楽は建築家のようです。

アシュケナージ~こちらも今や指揮者でいろんなのを聞いているせいか、なぜか一番分かりやすく、逆にコレという決定的な印象がなく、グルダほどではないけれど、シンフォニックな伴奏のイメージでついつい私も張りきりすぎてしまいました。

贅沢な共演体験ですが、楽しいけど、やっぱりはやくリアルに森田先生と合わせてみたいなぁ❤️

 銀座の動画に写る我が身の様子に、反省点ばかりが気になります。やればやるほど、テクニックとしての満足はゴールがありません。

しかし、いろんな共演、アンサンブルがますます楽しくなってきました。

こんなオババのエレクトーンでも、合わせてみたいなぁと思ってもらえるように、精進しなくちゃ。(笑)

目指せ、グリコ へミング😆💣️✨

2020年8月 7日 (金)

夏は銀座でコンチェルトだったけど~

https://youtu.be/-iozb-DsQ-M

今日、8/7の夜には、銀座YAMAHAホールで第2回目となる私の作品展初めて出会うコンチェルトコンサートが開かれるはずでしたが、来年の5月30日(日)に延期になりました。

昨年のコンサート、自分の人生を振り返るような集大成のコンサート、60歳の区切りになる記念の思い出となりました。

こちらは昨年の演奏、ラフマニノフピアコン2番1楽章、ピアノは持山愛さん、よろしかったら、あの時の感動をあなたにもお伝えしたいです。

ぜひお聞き下さいませ。

現在少しずつお一人ずつ、youtubeアップを進めていますが、なかなか手際よく対応できずごめんなさい。やっと一部が半分ぐらい完了し、限定公開アップし、演奏者のかたに了解をいただいて一般公開にしています。

演奏者の皆様には順次ご連絡さしあげますので、お楽しみに。

youtubeアップ、削除しない限り一生観れます、これは新しい記録共有スタイルかも。

また、次回の5/30に向けて、いろいろ準備を少しずつです。参加者ミィーティングをオンラインで10日祝(月)に行います。

11時~と20時~どちらでもご都合のよい方に関係者の皆様お集まりください。

詳しくは、銀座コンチェルトグループラインでお伝えします。

皆様、コロナがどうなるか心配ではありますが、来年もどうぞ応援よろしくお願いします。

Dsc00406

2020年8月 3日 (月)

昨年銀座の映像編集

https://youtu.be/We0jORBmUSg

コロナがなければ、今週金曜は銀座でコンチェルトコンサートの予定だったなぁ~と、毎日モーツァルト弾きながら、そうだ!昨年の記録映像をビデオ編集してyoutubeにアップしてみようと、試しにプログラム一番のお友だちの映像を作成してみました。

私のパソコン、DVDは見ることができても、焼くことができないけれど、データとしての編集はムービーメーカーで何とかなりそうかと、当日のMCコメントなども映像の下の方にキャプションとして入れ込んで、思い出にして貰えたら記念になるかもと、1日試行錯誤で完成。

皆様順次作成していきますのでお楽しみに❗️

ウェーバー人魚の歌を弾いてくれた玲ちゃん、トップバッターを立派に勤めてくれました。嬉しかったなぁ、ありがとう♥️

オンラインセミナーのために資料準備で覚えた動画編集、トリミングやテキストなど、ここで役立つなんて、人生なんでも挑戦です(*^^*)

1566642365318_20200804004401

2020年7月29日 (水)

クララハスキル

15960063671667139670992765910681

モーツァルトの20番が少しずつ流れて弾けるようになり、今日は、手持ちのCDをUSBに取り込みエレクトーンからオーディオとして流しながらの練習を始めました。

ピアノは、モーツァルト弾きとして有名な、私の好きなピアニスト、クララハスキル!

亡くなる1ヶ月前の録音、1960年だから、私が生まれた頃のお話~

ハスキルのピアノは、モーツァルトの語りがとても無理なく自然に語られていて、とても品格があります。聞き入ると何小節も休みがあっても誘われるように、次のフレーズを弾きたくなり、素敵とはこんなことかと、まるでCDの中の、すでにあちらの世界からやってきたクララ様に寄り添った気持ちになりました。あ、あぶない(笑)(*^^*)

そんなハスキルのピアノを流しながらの20番1楽章をとりあえず弾いてみたら、オケのダイナミクスのレンジの幅広さにも圧倒され、私のエレクトーンレジストや、伴奏アレンジをまた考察、演奏で補うこと、作りを仕立て直した方がよいかな?とか、レジストであらたな作品にしてみようかとか、いろいろな発見がありました。

シンフォニックな悲劇のドラマを奏でながら、先がちょっと見えてきたかも。

銀座のために、早く森田先生に連絡しなくちゃ!と、早速予定を入れました!楽しみできて、ちょっと嬉しくなってきたぞ♥️


2020年7月28日 (火)

シニアの覚悟

15960164893526803750726911852561

病気になって過去にも何度か入院したり、手術とかしましたが、それぞれ大したことはなく、なんとか毎回復活、その度に家族に心配をかけつつも、ワタクシ大体において、その伏せっている時間にものを考えて、結果的に次の目標が見えてくるようなことが多く、今回もコロナでは?と不安になりながらも、先々のこと心配してました。

が、

なぜか、覚悟決めた途端に、元気になってきて、本当に嘘みたいな体調の変化を感じます。

病は気から~確かにでした。

皆様からたくさんのお見舞いメッセージをいただき、大変嬉しく思います。

だからこそ、まだまだ頑張らねばと思った次第です。

私に出来ること、やりたいこと、60代になってもまだ出来ることを続けていけたら、こんな幸せなことはありません。

次第に弾けるようになってきたモーツァルト。曲自体は、今までのモーツァルトカラーと異なるインパクトで、かなりの強烈な暗い強さが頭にのしかかるようでしたが、そのひとつひとつの音の使われ方は、モーツァルト節、響きもやはり短調でもモーツァルト節、彼なりの主張がやはり、心に響いて、前向きな力を産み出してくれるかのようです。

自分の音楽人生に大きな影響を与えてくれた人であること間違いないから!と、笑顔で言えるのが嬉しいかな😃💕

今日もお読み下さりありがとうございます。

2020年7月27日 (月)

元気のもと

1593777729070_20200727233301

これは今月はじめに実施した神戸jetのオンラインの時のものです。

いつも何かとサポートしてくださる先生が、ささっとさりげなく撮影、お送り下さったものです。

今日は、感染拡大が更にすすみ、リアルでコンチェルトのコンサートを予定していた9月定例会について、やはりリアルは無理だろうと、またオンライン実施の連絡がありました。

ピアノをお願いしていた天本麻理絵さんと共演することを大変楽しみにしてあれこれ準備していただけに、残念でがっくりきていますが、オンライン続きで飽きさせてしまっていないか、グループライン参加以外の先生方への対応についてなど、私なりの心配も、三回連続が逆に功を奏してか、好評であると嬉しいお話を耳にすることができ、また9月はオンライン作編曲シリーズの続きを実施することになりました。

よって、天本さんとのコンチェルトは、またまた先延ばしになりましたが、この講座がまさしくクラシックを題材にした音楽的アプローチでおつたえしていますから、先々のための予習にもなれたらいいかもと、気持ちをなだめています。

体調崩しているなかでのキャンセル話は、ちょっと寂しいものだけれど、そんな気分をプラスに転じる勢いの声を神戸からいただいて、いっぺんで元気になりました。

この写真を撮影した彼女から、いつも前向きにパワーをいただいて感謝です。

さあ!明日は、最後の新会員登録セミナーだ!オンラインで3拍摸唱だ♥️

皆様に助けられながら生きてます😃ありがとうございます。

2020年7月25日 (土)

完成モーツァルト

Horizon_0002_burst20200618141233643

昼間、聞き逃しオンラインで2時間、今日は、後半ビゼーについてお話しました。

夜になって、昨日モーツァルトの進捗をおつたえしたところでしたが、本日すべて完成しました。なんとか最後まで辿り着いて、ホッとしています。良かった!

没頭の連続、産みのくるしみ、それもまた喜びなのが、毒かもです。(笑)

確かに体はガタガタになってしまいました。何もそこまでやらずともと、自分で自戒~今回は計画性が今ひとつの取り組みになってしまいましたが、先に書きまくって、確かめて音作り、そのあと弾き込みと、大きな流れにそって効率はよいのかも。

終わった安堵の次には、この18ページに及ぶパート譜面をひたすら練習しなくてはなりません。

また次の課題を見つけていきましょう!

次のアレンジ宿題は、ベートーベンの皇帝です。

他の楽しみを何も受け付けずに、音楽だけで生きているワタクシ。

お天気優れぬ梅雨の日々、やや体がしんどいなぁ~。

こ心配下さる皆様に感謝。

明日は、MUSICAに行ってきます。

2020年7月24日 (金)

モーツァルトピアコン20番1楽章進捗状況

Dsc_1184

モーツァルトピアコン20番1楽章のアレンジ、レジスト乗せながらようやくゴールが見えてきました。

最初の序奏オーケストラの部分で、どのパートをオルガン鍵盤のどこで弾かせるか配分に悩み、やはりメロディーを右手で弾かせるのが筋かとおもったら、かなりの分析構築見直しと、シンコペーション左手の動きが難易度高くなり、練習しながら腱鞘炎になりそう?いやこれは末梢神経がイカれてきた糖尿病の症状?いやいや、単なる練習不足の結果(^o^;)ではとか、まあ、最初の77小節のソロをひたすら完成させねば、初演でご一緒する森田香先生にも、申し訳が、、、と、エネルギーかけまくりまだまだ不十分ではありますが、流れるようになりました。

そんなやこんなで、よくあるパターン、その後は、きっとモーツァルトも作品発表に圧されたのか、あららこっちだ、あそこだ、ほらちょっと形式にのっとり転調がと、似たような音形切って貼っての大騒ぎで、一気に最後まで行けそう~

何せ、長調が多いモーツァルト作品において、短調で、なんだかシリアスサスペンスかかった、やや、ゾクゾクおどろおどろしいような、そしてやっぱり美しく悲しく品格ある光を放っている作品で、取り組みながら今回は、そのエネルギーで具合が悪くなった気分に、、、なりました。あーやや、お疲れですが、また弾きたくなるモーツァルト病は、前から変わらずです。

20番弾いたあと、23番弾いてみました。

生き返りました(笑)

そんな時に、ガーン!

いよいよ壊れたヘッドフォン。

今回はネットで即購入。やっぱりいい音じゃないと作れません。

頑張りまーす❤️


より以前の記事一覧

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ