最近のトラックバック

フォト

コンチェルト

2017年12月11日 (月)

モーツァルトが呼んでいる?!

昨日、モーツァルトピアコン23番に取り組みだしたことをお知らせしましたが、今日もまた少し進みました。

といっても、なんだかこの作品、モーツァルトの思いがかなり入っているようで、引き込まれるエネルギー半端なく、音の作りには無駄が無く、なんと整った作品かと、CDとスコアを何回も聞いては、すっかり心はモーツァルト。

やりたいピアコン、オーダーいただいているピアコンもあるというのに、なぜかモーツァルトの作品をエレクトーンでアンサンブル仕立てにしたいとの、強い思いにかられました。

導入からのコンチェルト作品、つまり、ピアノ学習者が教材レベルから次第にテクニックを磨き上級へと進むなかで、ソナチネ、ソナタと様々な作品を学ぶわけですが、古典に取り組むならば、モーツァルトのピアノソナタは通るべき道、またモーツァルトのピアコンやら、管弦楽などのオーケストラに感じるハイドンの姿、それも含め、モーツァルトピアコンを作っておくことは、ピアノ教育にも、エレクトーン伴奏にも、かなり役立つのではと思われます。

余談ですが、夕飯の買い物に出かけるスーパー、我が家の回りには6軒のスーパーが、大手、中小とあり、各々立地、客層、販売戦略などの特徴があります。そこに二軒ほど、なんと、いつもモーツァルトをBGMとするスーパーがあり、ついついその二軒に集中して出向き、お買い物を楽しんでいるのです。

どんな忙しさにも、爽やかな心地よいモーツァルト、その音楽の秘密は、音色にもあり、モーツァルトのレジストは、つまりはハイドンの作りに似ていて、大変勉強になるのです。

美的感覚育成のベースに、モーツァルトというのは、間違っていないはず。

カートにお豆腐やお野菜をひょいと入れながら、つい次の音楽の展開をわくわく聞き入る自分がいて、主婦しながらもモーツァルトが側にいるような(^_^ゞ気分。いっちゃってますね~爆笑

さて、ピアコンですが、23番、21番、9番を全楽章トライは、ハードルあることでしょうか。

おまけに、シンフォニー40番も、以前からやりたかった!フィガロも心惹かれる‼️♥️

と、いろいろワクワクしてくるのはよいのですが、やりたいことありすぎて、生きてる間にできるのかい?(笑)

フィナーレで直接入力、ピアノパートはそのモーツァルトの音楽そのものを一音、1小節と入力する作業は、モーツァルトの思いをたどることで、大変手間も時間もかかる中、それが私には学びそのもの。そして、スコアから、そのピアノにバランスよくエレクトーンでオーケストラを配分する感覚で、弾きやすく、鳴りのよい、スーパーで心地よかった(笑)モーツァルトの空間、背景を譜面にしていきます。

また、こんな面倒なことを、、、

誰が喜ぶ?

それは、きっとご一緒してくださるあなたと、もう一人!

天国にいるモーツァルトではないかと。(^O^)

2017年12月 7日 (木)

クラシックアンサンブル講座in 小倉

今日は小倉でコンチェルト講座でした!
jetの先生方とPTNAの代表の先生、システムの先生がご参加下さり、ピアノとエレクトーン、フルート、バリトンのアンサンブルを熱心に聞き入って下さいました。

アンケートには、身に余るような嬉しい言葉をたくさんいただいて、嬉しいなぁ~有難いです!

続けてきて良かった❗

アンサンブルは、コミュニケーション、温かな小倉の先生方と来月のサウンドカーニバルで、コンチェルトも展開することになりました。

久しぶりの子供達とのコンチェルト、楽しみだなぁ~ jetの総合鍵盤指導にもコンチェルト、ピアノの生徒さんに取り組んで、みんなで頑張りましょう😃

Fb_img_1512993417313


Fb_img_1512993400715


Fb_img_1512993405991


Fb_img_1512993409266


Fb_img_1512993421296


2017年11月25日 (土)

ピアコン観賞休養タイム

インフルではないようですが、風邪がおごってしまい、ダウンして、はや4日目となりました。

まるで病院のベッド周りのように、ティッシュやら、体温計やら、雑誌やら、とうとうパソコン登場!

布団の回りには、どかんと、スコアも持ち込んで、なかなかじっくり聴けてないピアコンを、スコア眺めてBGMがわりによく眠れますf(^_^;、

はじめて出会うコンチェルトのスタイルは、ピアノ学習者の皆様のためのアレンジです。かなりの数を作って来たけれど、まだまだたくさんやりたい曲はあるものの、最近では、弾いてくださる方々が近くに現れてきて、本格的なピアコンを、エレクトーン一台で伴奏してあげるための楽譜を作りたくなってきました。

リクエストもいただいて、今までならば、あらぁ、いい曲、あらあら、たいへ~ん!なんて惚けて、逃げていたわけではないけれど、時間がないワタクシにとって、それは酷というものよ~お主、代わりに家事やってぇ爆笑!ぐらいのお返事しまくっていました。

が!

本気出してやりたくなってきました。

というが、時間ができてきたからでしょうか?f(^_^;、風邪ひいて、時間ができた訳じゃないよ😃❤(^O^)

今日聞いたピアコン、
①ショパンの2曲、いいねぇ~どちらもやりたいけど、まずは2番f moll、1楽章だけでもお腹いっぱいになりそうだ!
この作品で世にでたショパン、あなたの恋心こもった切ないメロディーをアラカングリコが、辿ってみるぞ!←なんだか、ほれ、社交ダンスにはまる蘇りの気分?にピアコンでなっちゃったりして、、、ならない、ならないf(^_^;、

②ベートーベンの皇帝
かっこいいけど、しつこいかも。ベートーベンはやっぱりその深みや構成美とか、格調が高い!だからこそ、お気楽に身近なコンチェルトというには、かえってコンパクトにできたりしそうです。こちらは、はじめて出会うにいれようかな。

③モーツァルトピアコン、23,21,20どれも大好き!モーツァルトとの出会いで、気持ちが前向きになります。気がついたら、スコアも2台版楽譜も国内版に外版にと、はまっておりました!クララハスキルやら、内田光子やら、たくさん聞いた!素敵すぎる!全部やりたいです。

④シューマンピアコン❤❤❤❤❤しっかりとスコアを眺めてじっくり聞いたのはおそらくはじめてかも。なんと素敵な曲、そしてソロ楽器の絡みが効果的なため、エレクトーンでやったら分かりやすくまとまるのでは?調和がとれたアレンジ書けそう。テーマのクララと語る(CHAドシラ)のもなかなかいいじゃない(^_-)

こうして、布団のなかで音楽聞きながら早くよくなれと、静養~になってるのかなあ~f(^_^;、

小倉や福岡のコンチェルト講座も控えて、ネットでのご予約が入ってきました。

はやく直さなくっちゃ~


2017年11月10日 (金)

楽譜売場に名前発見!

今日ヤマハ小倉店に伺いましたら店頭楽譜売場にワタクシのコーナーが出来ており、たまたまコンチェルト楽譜を購入してくださる先生がいらして、つい記念の1枚❤棚が無くならないようにf(^_^;、書くぞ!作るぞ!伴奏するぞ!

Fb_img_1510320698446


Fb_img_1510320705107


Fb_img_1510320710530


2017年11月 8日 (水)

モーツァルトミサ曲伴奏スコアを製本

本番のない出張、本来の業務を静かにこなしています。
合間には、日頃からお世話になった皆々様と次々に個人面談❤笑 =レッスン含
先月の合唱伴奏のために作ったモーツァルトミサ曲P&E伴奏にご興味あるかたへ製本してプレゼント、好きな方は好きな楽曲、モーツァルトだもの、以外と需要があった!よかった~(^^ゞ
Fb_img_1510152618379

Fb_img_1510152623027

Fb_img_1510152629774

Fb_img_1510152629774_2

Fb_img_1510152633569

 

2017年10月31日 (火)

アリエッタコンチェルト講座

気が付いたらコンチェルト講座は10年目。九州はあちこち回ったけれど、東京地区では渋谷のヤマハをスタートとして、2008年ぐらいから始めました。

今日は、そのころからいらして下さっている先生や、新規に今回PTNAの封入サービスをお願いしてフライヤーを関東一円に撒いていただきましたので、特に会場となった千葉の先生方が何人もいらして下さり、50名ぐらいでアリエッタは、熱気むんむん(^^ゞなこともありませんが、始まる前から盛況でした!

Apa310014a

オープニングは、ワタクシの予感で明るく軽やかに、かつ力強く!たくましく(^^ゞスタート。

司会は、春にワタクシをホームセミナーとしておよび下さった岩本久美子先生に前ふりお願いし、軽くワタクシ、ピアノアシストさん、バリトンさんと自己紹介かねてご挨拶。

コンチェルトVol.25の挿入曲順に楽曲解説、主に編曲のポイントや音色のポイントをお話ししました。


Apa310019a

曲順は「白鳥」「野ばらに寄せて」「ウィンナマーチ」「シシリエンヌ」「闘牛士の歌」「フランスの古い歌」「愛の夢」がP&Eアンサンブル。今回は、ランクアップアレンジと思い、ピアノがメインは変わりないのですけれど、ヒアノパートにも伴奏とする部分を盛り込んだ配分を考えて、ピアノ伴奏からスタートの作品が何曲もあります。ということは・・・・ピアノさんに伴奏経験をするコンチェルト作品になるように仕立てており、そんな話もお伝えしたり・・・聞けば分かるようなことも(^^ゞ一言~やっぱり、作者の思いは大切でしょ(*^_^*)

Apa310012a

Apa310013a

途中、カルメンでは、まずはP&Eアンサンブルをお聞きいただいて、その後歌も入れたら、豪華~迫力が違います!

後半は、松岡さんに「魔王」「誰も寝てはならぬ」「蚤の歌」を歌っていただき、最後はラフマニノフのピアノコンチェルトで終わりました。

Apa310011a

実施したワタクシの個人的感想・・・・

これまでのセミナーとはわけが違う盛り上がりとなり、アンケートを別途作成して皆様にお書きいただきましたが、例年いくつかいただく理解不能の(^^ゞアンケートはゼロで、つまりはエレクトーン音楽に対する音楽性が同じ方々がそこにいらして下さった、または、ノーマル演奏の価値を大いに認めていただけたということだと思いました。

今回の作品は、リズムシークエンスを使ったものは、全くありませんでしたので、正直ワタクシのクラシックエレクトーン奏法、ああっ、裸になった~アーレー見ないでぇー聞いてね聞いてぇ~爆笑

アンケートに書かれていることは、10年の苦労が吹っ飛ぶようなことばかりで、同じ思いの方々にやっと10年かけて出会えたような気分も致しましたし、今回の講座で本意とすることを組んでいただける方々の同意した時の感動というか、とにかく自分の音楽を伝えた実感を凄く感じました。

フェイスブックに岩本先生が撮影下さった動画をアップしましたので、もしご覧いただけるようでしたら、ぜひのぞいて見て下さいね。

今日は皆様本当に有難うございました。

スタッフさん、写真の田中君、移動は足立楽器さん、会場のオーナー八木下様、その他にもお世話になった方々いっぱい、支えて下さいまして本当に有難うございました。

上手くいってばんざーい! やったー! 天国の父上、母上、エレクトーン続けさせてくてれありがとう=ありぁ、まだ喜ぶのは早いと言われそうですが・・・・(^^ゞ  あと、主人に娘に、いつも変わったママでごめんねー あと、九州の応援してくれる皆様、遠くからメッセージ有難うございました❤

またこれからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

講座の準備

いよいよ明日に迫ったコンチェルト講座。

もろもろ準備を進めてきました。

もちろん、作品作りは一年越し・・・・今年のテーマは、ワンランク上のアレンジを目指していろいろと作ってきました。

最終的な参加者はスタッフ含め、約50名。アリエッタの会場、さてさて初めてこちらでの講座開催、どんな感じになることやらと、わくわくしています。

ご予約下さった方々に、メールや電話でプッシュ確認、合わせは、昨日ピアノアシストさんとみっちりやり、今日は午後から夕方にかけて、バリトンさんが上京。

軽く合わせて下さいました。ちゃんといろいろと資料も作成してきてくださり、またアトラクション的な準備も怠りなく、さすが!としきりに感心してしまいます。そんな仕事の仕方も教えてもらって、私も音楽だけでないところでも、経験として学ぶことが多い松岡さん。有難い存在です。

さて、夜になって、やはりレジュメを作っておこうかと・・・・(^^ゞ

いつものように一夜漬けで作成。これだけ思い入れてやってきていますと、ひねって焦ってあわててなんてこともなくなり、言いたいことをやりたいようにワードで作って、2時にコンビニに行き、さあ、これから寝ます!3時だ~

明日ご一緒していただく皆様、どうぞ楽しいセミナーに致します!

よろしくお願いしまーす(*^_^*)

2017年10月28日 (土)

コンチェルトVol.25オーディオ録音

来週火曜日、コンチェルト講座の準備、データのチェックや演奏、録音、オーディオ化、そしてまだこれからは、事務作業も。

私の作品にご興味をお持ち下さるからこその参加なのですから、その先生にお役に立つように少しでもできることを準備しなくては!

ピアノが入れば楽しいものを、一人で黙々と弾きながら、何度も繰り返したら、できた!

でも、納得いかない(>_<)

そんなことの繰り返し。磨いてほしい気持ちをこめて、これを取り組んで下さるあなたが、更に更に!素敵に奏でてくれるから(^O^)!と願いながら、ひとつずつ作業しています。

外はまた雨。

一体いつになったら、晴れるやら。

2017年10月25日 (水)

コンチェルト講座九州で開催決定

コンチェルト講座が、12/7に、ヤマハ小倉店、1/16ヤマハ博多センターでそれぞれ開催が決まり、そのフライヤー準備が進んでいます。

毎回、デザインは私が考え、お世話になる印刷屋さんにお願いしています。

私は、デザイナーではありませんが、少しでも目に留まるように、フライヤーは日頃からコンサート関係のものをかれこれ注意して、参考に。

といっても、スキルが高いわけではありませんので、できる範囲でのデザインにして、納得いくところで、こんな感じに。

今回の小倉は、ご一緒していただくフルートの金さんのお写真、7月のひびしんコンサートの時の1枚を使わせていただきました。撮影はタナカシゲルさん、いつもこちらもお世話になっています。

写真、フォント、レイアウト、そして講座自体の内容が伝わるようにこんな感じのフライヤーで決定!

どうぞ皆様、エレクトーンとフルート、そしてまたまた、バリトンの松岡さんにもお助けいただいて、楽しくWithエレクトーン♪お楽しみいただけたらと思います。

Fb_img_1509057714925


2017年10月19日 (木)

はじめて出会うコンチェルトVol.25発売!

今年のコンチェルト新作をまとめた「はじめて出会うコンチェルトVol.25」が発売になりました。

今回は、私の浄書入稿のサイズが、うまくいかず何回も修正したものの、やはりそのスキルが高いわけではありませんので、正直、何度もトライしても上手くいかず、どうしたものかと悩んでいましたが、よくよく原点に戻り、冷静に仕事を眺めて、まるで新入社員気分で、やり直したら、あら出来た!

できるまでの苦労は、はっきり言って音楽作る方が楽だわ~パソコンいじってるほうが、やだわ~~~爆笑

とにかく、その作業の真っ只中にワタクシと接触した様々な皆様は、あらら、今日はご機嫌ななめ?とか、鬱病?とか、外も雨だし、きっと雰囲気悪かったことでしょう、ごめんなさいまし。

しーかーしー

出来てしまえば、気分はハッピー、祝杯をあげねばとルンルンになれます。

人間50年、あら、とっくに過ぎてるけど、またまた増えたコンチェルトVol.25、作品についてはセミナーでまずは御披露目~~

現在セミナーは、残席10席ぐらいになりました。お申しこみをおまちしておりますね。

Ptna011758


より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ