コンチェルト

2022年10月 1日 (土)

コンチェルト講座チラシ作品展覧会

コロナで2回も延期となったコンチェルト新作講座・・・3度目の正直(#^.^#)新作じゃなくなってしまいましたわー(笑)

アシスト予定して下さっていたピアニストの皆様、本当に申し訳ありません!
が、、、楽しみは先にとっておこう💛

チラシもいろいろと作ってきました。せっかくだからご紹介~コンチェルト講座チラシ展覧会♪

10/23は、お席が本当にわずかになってきましたので(狭いからいつでも残席わずかなのよ。爆笑) 
古典を中心に聴き応えあるかと思います。

フィガロの結婚序曲にショパンピアコンに皇帝に、クリスマスやウィンターシーズンの発表会によさそうな作品ご紹介~
先日のコンサートでご好評いただいたオリジナルAGATAも演奏致します。

エレクトーンコンチェルトの編曲と伴奏、どうぞご興味あります方は、ワタクシにご連絡くださいね。

20221023
S__46432275
20226
123a_20221001223001

2022年9月28日 (水)

一人コンサートおさらい反省会

コンサート終わって、月末は上半期が終わります。忙しかったなぁー今月は、本当に毎日何かやっている感じでした。


今日は、とてもさわやかなお天気で、部屋の窓から吹きそよぐ風が頬を優しくなでるようで、それだけでお疲れさまと語り掛けてくれるかのように感じます。幸せな気分・・・

今日は、本当はオンラインで研修を実施する予定だったのですが、急遽予定変更になり、先日のおさらい一人反省会。
自宅でコンサートと同じプログラムで2回回して弾きました。元気でしょ(^^♪
プレッシャーから解放されて、のびのびと弾いている自分、ハハッ、本番もこうでありたかったわー爆笑

調子に乗って、自作曲取り出していろいろと弾いてみました。
ゆとりが出てきたわー(笑)

これは、娘が高校生ぐらいの時に描いてくれたイラストです。
音楽の楽しさを伝えているから、大事にとっておいたものなんです。

Pvo

九州で、神戸で、こんな気持ちで音楽してこよう!

2022年9月25日 (日)

初めて出会うコンチェルト〜ピアノとエレクトーンで楽しむ秋のコンサート

埼玉県春日部市庄和町正風館での初めて出会うコンチェルト〜ピアノとエレクトーンで楽しむ秋の一日、懐かしい町でたくさんの皆様に音楽でご一緒することができ嬉しい一日となりました。ご来場の皆様、お招き下さいました正風館の皆様、お世話になりましたスタッフの皆様、大変有難うございました。


一部は、地元の先生方によるコンチェルト、圧巻のチャイコフスキーピアコンに始まり、ブルータンゴ、フォーレシシリエンヌ、エルガー威風堂々、ビゼー闘牛士の歌と多彩な選曲、全て私のアレンジを取り組んで下さり、コンチェルトの楽しさを伝えて下さいました。先生方が楽しそうに一生懸命に寄り添って弾いてくださる姿をとても嬉しく思いました。大変有難うございました。


二部は、私のソロ7曲で、ジャズバラードにアレンジしたStar Train以外はオートリズムを使わずのノーマル演奏、クラシック癒やしのエレクトーンテイストで私らしくまとめました。

観客席、皆様大変熱心に聴き入って下さり、以下お客様からの嬉しい感想が早速たくさん届きましたのでご紹介します。


エレクトーン、きれいな音で素晴らしいの一言でした。CDはありませんか?→YOUTUBE松丸弘子チャンネルご紹介(*^^*)させていただきました。以外とオリジナルアップしています。


G線上のアリア

エレクトーンだといろんな楽器が聞こえて素敵な音楽になりびっくりしました。〜エレクトーンだからこそできる音色アレンジの楽しさで作り込みました


アイネクライネ

毎朝YouTubeを聴きながら散歩していますが、弦楽合奏の原曲かと思うほど、美しい音色でした。


誰も寝てはならぬ

歌が聞こえてくるかの、複雑なテンポとオーケストレーションを難なくエレクトーン用にアレンジなさって、ウルウルきました。


ひまわり

きれい❣️心に沁み入りました。映画を思い出して懐かしかったです。


AGATA

藤沢周平の世界が見事に音に具現化されてたと感じました。庶民の哀感、弱さ、でもしたたかに生きる人達が思い浮かびました。冒頭ののメロディが素敵でした。〜こちら最も好反応いただきました。


木星

圧巻というしかないど迫力体の底まで低音が響いてきました。


三部は、神足麻由さんのピアノソロ3曲、リスト愛の夢、ショパン幻想即興曲、英雄ポロネーズ


彼女のピアノ、素晴らしく何が新しい出会いをその音楽に感じるものがありました。特に中音域から低音の奏法と音は、ピアノ作品をより立体的にコントラストをつけて、まろやかで深みがあり、渋さがありました。ピアニシモの美しさ〜大人のピアニシモ!儚さや、奥ゆかしい呟き、なんと上品なのでしょう♥低音は叫ぶのではなくまるで包み込む、すべてのその瞬間のサウンドを凝縮しても整理し支えて、上手くいえないのですが、ピアノという楽器を使ってオーケストラを聞いているかのようでした。そして、彼女はピアノで呼吸しているのでした!


自分の演奏を全うし、お聞き頂いたお客様の心を掴んだあとに、今度は麻由さんのピアノが体に沁み渡り感動、彼女はますます大いに活躍される演奏家になられるのではと思いました!


今日の一日、長々とお読み下さり有難うございます。普段は日常の業務に追われ、主に教育的なところで活動する私には、なかなか自作曲を生でお伝えする機会に巡り会えずにいました。

また、いわゆる私がいいなと感じるエレクトーンの世界は、他のエレクトーンの世界とは離れている気がして裸になる気分にもなれず自由な表現ができていませんでした。

しかし、一般の皆様の音楽を楽しむ自由な心にこの春辺りから触れて、自分の信じる世界を広げていく勇気も湧いてきました。新しい世界が広がった手応え感じます。

マイペースでこれからも精進して参りますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。松丸弘子

1664103612473

1664103608818

1664103639405

1664103639488


2022年9月24日 (土)

リハーサル

いよいよ明日、埼玉県春日部市庄和町の正風館で、コンサートとなり、本日はリハーサル、舞台や音響、照明、施設の館長さんや、スタッフさんともご挨拶。

心配した台風でしたが、楽器搬出時に大した雨もなく、無事会場到着。

皆様一丸となって準備下さって、そこからよいコンサートが始まりそうで嬉しかったです。

コンチェルトで頑張って下さっていた先生方、ご協力され作り込んでいて下さいました。

それだけでも、私にとっては、作品に取り組んでいただいて感謝〜よい機会をいただけて次につなぐ形を感じました。

私自身も、思ったよりスケジュールサクサク進み、搬入後すぐに音出しすることができて、やはり広々としたところで弾くと気持ちいいです。

もうひとりのゲストのピアニストさんは、実は昔、娘が習っていたピアノの先生のお嬢様で、よくうちの娘と一緒に、遊んでいた思い出があり、お目にかかったら、素敵な女性に成長され、何せ27年ぶりぐらいのご対面となりました。

昔お世話になった皆様とつながって、音楽で分かち合う明日。

皆様どうぞよろしくお願いします♥

S__7004401a

2022年9月22日 (木)

チューリップのラインダンス楽譜発売開始

Png_20220922165501
TOUTUBE音源はこちらから チューリップのラインダンス

楽譜のお求めはこちらから Piascore チューリップのラインダンス


3年前ぐらいに、平吉毅州先生のピアノ曲集「虹のリズム」から「チューリップノラインダンス」をダンスビートでピアノとエレクトーンのアンサンブルに編曲しました。

当時、まだ楽譜はPTNAミュッセから取り扱っていただいており、初めて出会うコンチェルトVol.25まではお願いできていたのですが、以後は自主制作の道を歩むことになり、自分の手で、全音楽譜出版にお電話し、編曲許諾の許可をいただき、Jasracにも申請し届け出て、自主制作で発売に至りました。

音楽活動って、教えるとか、弾く、作るだけでなく、自分のためのプロモーションのようなことがたくさんあり、そこにエネルギーをきちんと作ることも大切な仕事だと思います。jetのアドバイザーの業務もありますから、活動は多岐にわたり、それがよいのか悪いのか(;^_^A 相互にリンクして幸せになろう!モードで、前向きに💛

でも慣れないことばかりで、いつも誰かに助けていただきつつ、ついつい、泣きそうになるんですよー。
諦めてしまいたくなるようなことばかりなんです。

たまたま、楽譜やデータのご注文がはいり、今度はpiascoreからお買い求めいただくために、今回、いろいろとPiascoreさんへサポートしていただき、なんとか世の中に出すことになりました。良かったー。piascore様ありがとうございます💛

音楽を作ることが大好きで、ラジオ番組音楽制作や、お芝居の音楽や、様々な仕事もこなしてきたわけですが、教育的なところで役立つような作品を作るのが、ワタクシの使命かと(;^_^Aこの平吉先生の編曲自体も、ずっと前から取り組んでみたかった曲だったのです。

もちろん、ソロで弾いても、とっても素敵すぎます!(#^.^#)

こういうの書いてみたいです! と、「虹のリズム」のようなアルバム出せたらいいな。

当時、生徒のAちゃんに弾かせたら、ちょっとハードルがあるかなぁと思いつつ、曲が好きだったのでしょうね、楽しそうに弾いてくれて、私の伴奏に乗ってばっちり合わせたときの喜びったら、Aちゃんもワタクシも、至福の喜びでした。

ピアノソロとしては、Gコンクールの課題曲になっているとの情報で、ソロとはまた異なるテイスト、ピアノは原曲楽譜のそのままだけれど、エレクトーンのバックがダンスビートです。

楽しく弾いていただけますように。エレクトーンデータは、どうぞワタクシにこちらから。gurico8765@gmail.com

2022年9月21日 (水)

ベートーヴェンソナチネ5.6販売開始

Jpg_20220922160001

ピアノを学ぶ方々が、ベートーベンを紐解くときに、一番人気は「エリーゼのために」かと思います。

あの印象的な出だしのモチーフから、様々に変化する曲想、小品であってもベートーベンの音楽には、きりりとしたドラマがあり、誰しもが確かに弾いてみたい曲だと思うのです。

ピアノ学習者が、次第にピアノ音楽を本格的に学ぶにつれて、ソナチネと言われる、ソナタ形式をすこしコンパクトにした楽曲形式を学びます。

全音やいろいろな出版社から出ているソナチネアルバムには、古典派のピアノ音楽のソナチネ形式の作品が収められており、クーラウ、クレメンティ、ベートーベン、・・・表題の付いているブルグミュラーなどとは異なる、絶対音楽を経験することになります。

ツェルニーなどの練習曲も標題が付いているわけではありませんが、このソナチネの曲集で、形式を学び、和声を感じ、古典音楽を感じて、いわゆるクラシック音楽の根柢の部分をしっかり獲得して土台作りとなるものです。

しかし、なかなかタイトルの付いていない音楽にイメージを持つというのはハードルも高いのか、ソナチネあたりになってくると、練習が進まない状況に陥るもの・・・。

そんなときに、エレクトーンでオーケストラのような伴奏が流れて、ピアノ楽譜そのままをバックにストリングスやホルンとかハープや木管、金管の響きが支え寄り添うように流れてきたら、楽しく練習できるのではないでしょうか。いきなり、レッスン室でピアノコンチェルト状態を味わえるかもーですよー(#^.^#)

ベートーベンのソナチネ、5番も6番も、それぞれソナチネの中では優しい曲なのに、人間的で愛を感じる曲調、その元気よくを大いに生かして伴奏を作りました。

ぜひアンサンブルしていただきたいです!

楽譜はこちらから購入

ベートーベン ソナチネ5番 第一楽章
ベートーベン ソナチネ5番 第二楽章
ベートーベン ソナチネ6番 第一楽章
ベートーベン ソナチネ6番 第二楽章

jetの先生方! ピアノの生徒さんもご指導されていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。
ピアノの生徒さんがその曲を弾けるようになったら、ご褒美でコンチェルト💛
皆様どうぞよろしくお願いいたします(#^.^#)

↓は、銀座のコンチェルトでのリハーサル写真~懐かしいなぁ


Dsc00112


2022年9月20日 (火)

古典の良さ ソナチネコンチェルト

Jpg_20220922160001

台風が過ぎて、東京はなぜかぐぐっと寒くなりました。

昨晩エリザベス女王の一連の葬儀を最初から最後まで視聴、エリザベス女王は、生まれたときから女王様で、イギリスの女王が映画にも出るんだなって、女優のエリザベス テイラーと、ずいぶん長い間混同していた小学生時代(#^.^#)

そんなで、イギリス女王としての認識をしっかり持ちえたのは、やっぱりダイアナ妃の登場あたりからでしょうか。

生涯をかけて、国に尽くし、プライベートでは、妻として母として、また娘としても、その苦労を考えると、我慢することもいっぱいあって、つらいことは、つらいとも思わずに自らを制していらした強さが、お顔にも表れていらっしゃいました。

なんだか、立派とかいう話ではなくて、やっと重荷が取れて、フィリップ殿下とまたラブラブよねと、乱れぬ長い葬列をずっと見続けておりました。

ウェストミンスター寺院やバッキンガム宮殿、ウィンザー城と、イギリスの歴史を感じる建造物が画面にあられる横には、スコットランドの自然豊かな森が見えて、なんだか中世の世界へ~

というわけで、今日は、またまた内職のようにピアスコアへ作品をアップしてみようかと、ソナチネソナタの類を紐解いて、とりあえずベートーヴェンのソナチネ5番と6番の各二楽章ずつ4曲を申請してみました。

以前のフィナーレで入力し、PDF変換してみたファイルを開けたら、文字化けや、スペースなど、このままでは発売はよろしくないわと、それぞれ校正し、また、ピアスコアではエレクトーンデータを販売取り扱っていませんので、楽譜に音色も書き込んでみようと、新たに出現するメモリー番号のところには、小さくstrings とか、wood wind など入れ込んでみました。

ベートーベンの5番も6番も、各二楽章ともに、ピアノを学ぶ生徒さんには、必ず弾かせておきたいレールの上にある曲だと思います。

難易度は初級から中級入り口のあたりでしょうか。少ない左手の伴奏部から和声を拾って、エレクトーンでハーモニー付けすると、いい流れが現実として聞こえてきて、その美しさと言ったらありません! 

エレクトーンの方にオブリガートとしてメロディーを付けている5番はフルートが大活躍!

6番の方には、木管の、とくにオーボエの響きを活躍させました。

そして、真っ青になったのが・・・なんと、5番を録音していなかったのです。がー--ん!

ほら、またいろいろと見つけて仕事増えた(笑)(#^.^#)
でも、いいんです。そんな忙しさは、自らの学びを作って磨いているようなものだもの。
また、アシストさんたちの誰かに振って、彼女たちの仕事にしてあげよう(^^♪

ベートーヴェン ソナチネ6番1楽章はこちら

ベートーヴェン ソナチネ6番2楽章はこちら

どちらも、どうぞお聞きいただけたら嬉しいです💛

こんな表紙を作りました。イラストは娘が提供してくれた作品から使わせていただいてます。




2022年9月15日 (木)

神戸コンチェルトコンサートご案内


神戸jetに伺うようになって3年、コロナでいろんなことが頓挫していましたが、
やっと今年になって私らしく地元の先生たちとコンチェルト研究会を立ち上げ
毎月のように打ち合わせオンラインと研究会実施、
来年明けてその初めてのコンサートを開くことに致しました。


地元の生徒さんたちのピアノに先生が弾くエレクトーン伴奏で奏でる
「初めて出会うコンチェルト」をはじめとした16曲は、
心を合わせた素敵なアンサンブル!
小さなお友達の身近なクラシック曲から
先生方同士の迫力あるコンチェルト演奏まで楽しくお楽しみいただけます。

またその後に、バリトン松岡良彰、ピアノ村濱ひかり、エレクトーン松丸弘子で、
幅広く多彩な本格的なプログラムの音楽会、そちらもどうぞお楽しみに!

 そして更に、エレクトーン界の大御所スペシャルゲストのサプライズ演奏もございます!
秘密(⋈◍>◡<◍)。✧♡お楽しみに!
S__1024005

2022年9月 6日 (火)

神戸コンチェルト研究会

一時間で、コンチェルト研究会オンライン、皆様は昨日の定例会のご参加をいただき、また今朝からネットミーティングと、ご参加ありがとうございます。

今日の議題の一番は、コンチェルトレクチャーについてのご連絡でした。

来月から短い時間で各自が取り組まれる楽曲の演奏と指導について、編曲を絡めてポイントをお伝えさせていただけるように、そのスケジュールをお伝えしました。

いよいよ前向きに進んで、歯車が回りだした感じがしました。

20220906-1101532

皆様が協力しながら、作り上げていく構えになられてきた感じがいたしました。

個々の価値観は異なるのは重々承知、心得ながら寄り添える所を大事に、コンチェルトコンサートまで頑張っていけたらと、私自身も前向きに。

楽しい取組になりますように。

そのあと、アレンジステージのレッスン、教えている私が言うのも僭越ですけれど、やればやるほど磨かれて、最終完成がかなり楽しみになっています。

マイペース

大事なマインド!

作品を聞かせていただける幸せ、こんな機会をいただけて、有難いです。

さて、夕方にむけて、池袋のYAMAHAをお借りして、エレクトーンの練習に出かけてきました。

220906163040180

集中して時間を忘れて、頑張った!でも、満足とは程遠い〜イタリア語調べなきゃ(^o^)

朝からのオンラインで、皆様から元気をいただけて、頑張れました。

一日お疲れ様、明日は水曜日オンライン、頑張りまーす♥


2022年8月29日 (月)

これからの活動ご案内

今日は朝からオンラインでレッスン、その準備のためにちょっと前からあれこれアドバイスのための予習。

11時につないで、アレンジステージの作品をレッスンいたしました。

先生方の作品取り組み、毎年重ねて頑張っていらっしゃる方たちは、着実にその成果を感じています。特にオリジナルに取り組まれていらっしゃる皆様は、作編曲の意識も高くなられて、新たなものへと挑戦するお気持ち、好奇心に満ちていらっしゃり、そのスキルがどんどん高く獲得、アドバイザーとしてもとても嬉しいことです。

私自身が、作編曲を主として活動していますから、そんな方向をご一緒できる仲間が増えていくことも楽しいことで、音楽を作る楽しさを共有している気分なのです。

さて、私自身の活動として9月は、コンサート、10月は、頓挫していた恒例の新作講座、11月は、栃木県小山にあるヤマハ小山jetでコンチェルト講座、12月は北九州芸術劇場で音楽の宝石箱コンサート、1月は神戸で、参加型のコンチェルトコンサートと、今年度の後半は、コロナでの2年間、閉塞し疲弊していた音楽活動が復活して、次々にまた忙しくなっていきます。

たまたま、最近、以前Withエレクトーンコンサートを企画して下さった方とネットで繋がりました。

演奏者の気持ちと、ステージプロデュースの立場の両面から見ての私の活動を、支えて下さった方。転勤で今は関東にいらっしゃいますが、なかなかご一緒することもなく3年ぐらいが経過し、やっとつながって嬉しく思います。明るい気分になりました!

また、ご一緒できると嬉しいなぁ。よろしくお願いしまーす。

さて、10月23日予定の初めて出会うコンチェルト新作講座の新しいチラシはこちら。残席はあと、7席ぐらいになっております。
どうぞご予約お待ちしておりますねー

日曜日だから、お友達とお誘い合わせの上、ぜひいらして下さいませ。
生徒さんのご参加もOKです。ご興味ある生徒さんいらしたら、ぜひご一緒に。
ご予約は、08035172770   gurico8765@gmail.com

こちらは、特にチケットはありませんので、ご予約いただきましたら、当日受付にて講座参加費を現金でお支払いください。
なお、当日演奏の楽譜は、ピアスコアから単曲発売(PDF)https://store.piascore.com/ 、製本楽譜がお入り用の方は、別途ご注文を受け付けさせていただきます。ご予約の皆様には、10月に入りましたら、改めて詳細をご案内申し上げます。

いつもご好評をいただいておりますエレクトーン伴奏演奏入りデータは、当日の講座実施曲15曲分を有料配布(2,000円税込)とさせていただきますので、ご希望の方はUSBメモリをお忘れなくご持参下さい。


S__46432277

より以前の記事一覧

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ