最近のトラックバック

コンチェルト

2019年5月22日 (水)

コンチェルト立ち会い

Dsc_1688

6月5日に武蔵境のスイングホールで開かれるピアニスト安田裕樹さんが、リサイタルを開かれます。そのプログラム最後に、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番をフルサイズで、エレクトーンステージアカジュアルモデル一台を使って、黒園克則さんが伴奏されるとのことで、今日は事前合わせに伺わせていただきました。

男性二人で本格的なラフマニノフを聞かせていただき、迫力あるサウンド。豊かでまろやか、力強いラフマニノフをカジュアルモデルのステージアが、新たな挑戦のように作品を作り上げて、黒園さんらしさが伝わる伴奏でピアノを支えていました。

お二人の真剣さに引き込まれて、ついワタクシも、スイッチオン(^O^)

本番が楽しみ~頑張って下さいね😃

Dsc_0001_burst20190522161011780

2019年5月18日 (土)

銀座のコンサート少しずつ

銀座のコンサートのために、ひたすら練習しているモーツァルトピアコン23番の3楽章が、少し流れるようになり、ちょっと嬉しくなっています。

モーツァルト好きな生徒さんに聞いてもらわなくっちゃ😃って、まだ途中だけどねぇ😁

これから練りに練って、いい演奏となるように、もっともっと弾かなきゃと、まるでエアロビクスやったかのよい汗を流す毎日。

ご一緒するピアノの森田先生とのあわせがとても励みになります。

銀座の準備、フライヤーも原稿が出来て少し前進、PAさんもご紹介いただいて打ち合わせ日程きまりました。

フライヤーはこちらから

ダウンロード - e98a80e5baa7e382b3e383b3e38381e382a7e383abe38388e38395e383a9e382a4e383a4e383bcc.pdf

 

少しずつ、頑張ります。

また、私のオリジナルを弾きたいと言ってくれるお友だちも現れて、大変有難いことです。

ありもののピアノ曲ソロを弾くこととは異なる楽しみ、ましてや一応著作者の私との共演を求めて下さるということは、新作コンチェルトアレンジをずっとご指導して下さっている先生の存在、影響があってこそというものなのです。

難易度は、これまでと一味違う難易度、「予感」も「木漏れ日の彼方に」も、彼女たちの感じた作品そのものを、どうか花開くように寄り添ってコンチェルトしていきたいと思っています。

私はピアノは専門でないため、なかなかテクニック的なところは担当の先生のお力をいただかねばと思いますが、表現に関しては作者ですから、私なりの作品に対する思いや制作にあたっての設計図のようなものをご指導させて頂こうと思っています。直伝なのだ!(笑)

関係の皆様、どうぞお世話になりますがよろしくお願いします。

 

 

2019年5月15日 (水)

福岡コンチェルト講座2回目

1557156971342

先月から開催しているコンチェルトワークショップの2回目。

今月に限り今日と明日の二回開催!

今日は五名の先生方がいらしてくださいました。

今日は、少しビートの効いたアレンジ、バスティン曲から「学校へいこう!」と、「聖者が街にやってくる」

クラシックからは、ドヴォルザークの新世界、2楽章「遠き山に日は落ちて」のタイトルで知られた曲、これもピアノ、バスティン教材のなかに「ラルゴ」というタイトルでおさめられており、大人の方にも、コンチェルト体験できる、大変美しい曲。

こちらは、クラシカルなアレンジと、16ビートのリズムに乗った伴奏アレンジも作っており、一曲で二度美味しい(^O^)

皆様に、伴奏を弾いてもらいましたが、弾けば弾く程、楽しさ倍増、リズムのあるものは、ワクワクが倍増!

クラシカルな曲では、静かで丁寧な曲調を、みんなで心合わせて奏でるそのこと自体が、十分にアンサンブルの醍醐味を実感するものでした。

音楽って本当にいいですね、アンサンブルって、音を重ねて合わせるだけで、一緒に奏でるそのことは、気持ちも合わせる、同じ気持ちが伝わって、感動を分かち合うことが、今日はとてもわかるワークショップになれたと思います。

そんな気持ち、生徒さんとご一緒したら、より深い絆で結ばれるかのレッスンになりますよね😃

つまりは、楽しさを分かち合うことになり、先生に会いたい、また一緒に弾きたい‼️コンチェルト大好き❤️となることではないでしょうか。

お忙しい中にご参加下さる先生方に、私の夢を放ちました。😃❤️

コンチェルトで頑張る皆様と、共に高めあえるように(^O^)

明日で長丁場の出張終わり~最後の博多の夜。

お世話になった皆様、ありがとう☺️おやすみなさい

2019年5月10日 (金)

2019/8/23銀座YAMAHAホール コンチェルトコンサートご案内

Yamahahall04

コンチェルトをベースとしたWithエレクトーンコンサート、今年は東京で銀座YAMAHAホールで8/23に予定しております。

ホールの公演情報にアップされましたので、お知らせ致します。

こちらからYAMAHAホール公演情報 8/23

参加者の皆様❤️頑張りましょう。

クラシックスタイルのエレクトーン一台によるコンチェルトコンサート、今回はピアノとエレクトーン、一部ソロや連弾、またピアノソロオリジナル曲に、コンチェルト曲のオリジナルもお伝えします。

ゲストは、テノールの佐々木洋平さん、

たくさんの伴奏や、ピアノを弾きます。

ピアノを学ぶ子供たちのために、エレクトーンをオーケストラ風に見立てて書いたコンチェルトアレンジ「はじめて出会うコンチェルト」の作品展のような感じでしょうか。

60歳、エレクトーンと同じく年、この記念すべき時に、やっと銀座のステージ、私にとっても記念のステージ。

ご一緒してくださる方々と、私のアレンジした作品で素敵なステージをご一緒できますように。👍

演奏者のお名前をいれたチラシなどの作成はこれから。

皆様どうぞ聞きにいらしてね。子供から大人まで、奏でて下さる方々が生き生きと輝くアンサンブル作品展。

応援よろしくお願いします。

2019年5月 7日 (火)

モーツァルト合わせ

Fb_img_1557255039287

爽やかな新緑を浴びて、ぬける風の中に、かねてから制作していたモーツァルトのピアコンの第1回目の合わせに行って来ました。軽やかなピアノが入ると更に音楽の広がりに楽しさが満たされます。

様子を森田先生が、ご自身のブログにアップしてくださいましたので、シェアさせていただきます。

森田先生blog

 

 

2019年5月 3日 (金)

1日モーツァルトで

 

Mozart01_1

ピアコン23番3:楽章の第一回目の合わせが来週火曜日というのに、なかなかまとまらない~

しかし、モーツァルトは、弾く度にその音楽がいきいき、わくわく、ポジティブに前向きにしてくれるので、あせる気持ちもどこふく風になります。

長大な楽曲への取り組みも、はじめてのことではないけれど、それだけ没頭できる時間もなかなかとれないから、学習訓練のような編曲やレジスト作成、演奏の効率的な作業に、そうだそうだと、経験を振り返り思い出しの壁塗り学習、のんびり~😁果たして間に合うか?

まあ、とにかくできるところまで頑張ります。

先日、ワルシャワのモーツァルトを描いた映画を観ました。

モーツァルト❤️イケメン~

あの肖像画をヒントとして、かなり過大評価し似た俳優さんを抜擢したのでしょう。

ピアコン練習すると、チラチラ思い出します(笑)

ビョーキかも😆💣✨

出来たら楽しいだろうなぁ‼️

弾けたら、軽やかで、ピアノM先生と、ニコニコでコンチェルトだぞ🎵

さあ、あと一頑張り😁

2019年4月27日 (土)

いよいよ明日

Fb_img_1556583582540

いよいよ明日コンチェルトのコンサートを開きます。

石神井にできたムジカサロンフォレスタでのはじめての私のサロンです。

コンサートといっても、私なりのいつものスタイル、今回は8月銀座YAMAHAホールにご参加下さる皆様の参加曲準備をかねたレクチャーで、それを学びにしたいと思ってくださる方々、私の活動に応援してお運び下さる皆様が、首都圏のあちこちから集まって下さることになり、込み上げてくるこの気持ちは、お一人お一人との繋がり深く、感謝のなにものでもありません。

会場キャパは30~40ぐらいでピアノとエレクトーン一台ずつで開くコンサートにはピッタリ。

 これまでも東京芸術センターや、松戸アリエッタなどで同様のサロンを数こなして参りました。

運営を考え広いキャパで実施したこともありますが、音響の問題やら、観客動員に対する営業エネルギーやら、選曲など演奏内容、クオリティ、また、衣装に至るまで、何がしたいのか、何を目的とするのか、コンセプトを考えると、私ができることは、教育的エレクトーン普及に繋がる音だし、決して華やかなスポットライトを浴びる話しではなく、エレクトーンを選び、コンチェルトを選び、お相手の方を輝かせる伴奏者と制作者の発表ステージ、それはお相手する方をプロデュースの意味合いもあるかと思います。

明日のコンサートのために、今回は持山愛さんと、小原久美子先生がピアノアシストしてくださいます。お二人とも音楽教育者として熱心にご自身のフィールドで活動され、大変な努力を重ねておられますので、その姿にまた、私も励まされて、今日も最後のリハーサルで午前中から石神井へ。

一曲ごとに心合わせて、気持ちよく伝える準備完了!

おもてなしの茶菓も、出番を待ってる(^O^)

明日は、どうぞよろしくお願いします。

 

 

2019年4月26日 (金)

日曜日サロンのために

1554630214777_2

神戸から帰ってきて、次の取り組みと目標は、日曜日のサロンのための練習と準備。

8月のコンサートのレクチャーを兼ねてと言っても、三部構成の各部大体60分~90分の中に7.8曲で全部で19曲! 楽しんでやらなくちゃ、とてもこの量をこなすには、体力と相談(^_^;)みたいに思ったら、やり遂げられません!

そして、いつもながらに、運営の準備はぎりぎりになって、プログラム印刷やら、当日の流れやら・・・・

これは、長年の経験で、慣れていて、あまりにこのあたり張り切りすぎると、確かにスムーズに進行できるとはいっても、肝心の演奏がメインでしょ!(笑)

よって、じっくりさらう時間をようやくつくることができました。

19曲は以下の通り

1部

1シンコペイテッドクロック・・・・・アメリカの作曲家アンダーソンは、なんだかディズニーに通じる要素を感じるものですが、クリスマスの頃になると、「ソリすべり」「ワルツィングキャット」など毎度思い出す彼の作品。戦後ラジオなどメディアのために作曲した作品はセミクラシック的な位置づけで、今も愛されている曲たち。はっきりとしたメロディーはポピュラーのように、この曲も「歌」になっていて覚えやすく、こちこちと時を刻む面白い時計の様子はウッドブロックで。エレクトーンにピッタリの曲

2チューリップのラインダンス・・・・・神戸出身の平吉毅州先生の「虹のリズム」という子供のためのピアノ曲集の最後におさめられている曲。ポップなリズムがお洒落~このピアノのバックにステージア02ならではのダンス系のリズムや、ボーカル系の音色etc エレクトーンの自由な伴奏アレンジによって、更に楽しく弾いてほしいなぁ~

3人魚の歌・・・・・・コンチェルト制作を始めた頃、エレクトーン音楽、エレクトーン伴奏でできることは何かを考えました。そして、思いを込めて弾いてくれる子供たちのために、ストーリーを感じて広がりのある音楽を作りたくて、こんな感じに。ワタクシ、このアレンジお勧めです!

4トロイメライ・・・・・シューマン「子供の情景」から2曲のアレンジ紹介。あまりにも有名なこの曲、原曲を生かして優しいイメージのレジストを付けて支えるような伴奏です。原曲が損なわれぬように、演奏もピアノと呼吸をよく合わせましょう。

5異国から・・・・・・原曲は4分の2拍子表記でゆっくりですと8分の6のような、2拍子・・・・それを3拍子でとらえて思い切ってジャズワルツにアレンジしています。様々な編曲要素をちりばめて、ステージ性を持たせた作品、93jetレジコングランプリとなったソロアレンジを基に作っています

6双頭の鷲の旗の下に・・・・第一次世界大戦が終わり、ヨーロッパの権力図式がかわるなか、オーストリアに長らく君臨したハプスブルグ家の紋章の威光を讃えた軍楽隊の曲です。行進曲ですが、途中のトリオの部分にはのびやかで美しいメロディー、まるでそのハプスブルグ家がおさめるオーストリアの美しい自然や人々の様子を伝えるかのようだと言われています。

7威風堂々・・・・・・同じ行進曲でも、イギリス大英帝国の威光や戦勝のために作られたのが、エルガー作曲のこの曲。エルガーは「愛の挨拶」でも有名で、実際に奥様ととても仲が良く、奥様は大変ご主人を支えて、作曲にもさまざまな影響を与えたようです。最後の良く知られたフレーズに、大英帝国への畏敬の念を深く感じ、2曲それぞれの違いにお国柄を感じます。

◆2部

1愛の夢・・・・・・リストのピアノ曲、実際には大変な難易度高いもので、原曲をそのまま弾くとなるとかなりのテクニックが。ということは弾けるようになるまで、いや、一生聞くだけで終わりそうな・・・・(^_^;)そんな難曲をコンチェルトで楽しく心通わせながら楽しんで弾けるようにと作りました。リストの音楽的な素材を生かして、私がお料理しました。

2ベートーヴェンソナタOp49-2・・・・・ベートーヴェンをはじめとして、ソナチネアルバムやソナタアルバムにおさめられた曲をまるでバックにオーケストラがいるような、ピアノコンチェルト仕立てに仕上げた作品、結構たくさんあります。その中の一曲、原曲のソロに更に迫力が加わりました。

3四季より「冬」・・・・・・実際は、室内楽、バイオリンの曲です。それをピアノとエレクトーンで弾くために、さて、どうアレンジするか、バロックの時代の楽器、現代において、ビヴァルディの良さをわかりやすく伝えるにはと、スコアから研究。チェンバロとストリングスで支えるようにしました。もともと、この曲についている「詩」をよく読んで聞いてみましょう!そして、弾いてみると、和音だけで何かを伝えるビヴァルディの実験、現代においても大変新鮮です。

4パガニーニの主題による第18変奏曲・・・・この曲もバイオリンの名手パガニーニが作った曲をラフマニノフが取り上げて、様々に変奏、その中でも18曲目が魅惑的なラフマニノフらしいメロディアスな変奏曲に仕立てられており、これもピアノとエレクトーンで作ったら、素敵かもと、なんと原曲を弾きやすいハ長調に移調していますから、譜読みは比較的たやすいでしょう。が! やっぱり表現は、深く豊かな愛情あふれる雰囲気で。

5シシリエンヌ・・・・・フォーレはフランスの作曲家、「ペレアスとメリザンド」という戯曲につけられた付随音楽。この曲はちょっと大人の雰囲気がありとてもロマンティック、内包されている和声や、リズム、オーケストレーションに至るまで細かな動きがとても洗練されていて、まるでポピュラー音楽のようです。もともとは管弦楽曲ですが、エレクトーンとピアノにまとめるため、今回新たな音色に挑戦、テーマをパンフルートでやってみました。

6ファランドール・・・・ビゼーの組曲「アルルの女」の中の最後の曲大変華やかな曲です。民族音楽的な雰囲気を出すために、リズムをSEQで組んでいますので、エレクトーン伴奏はレジストシフト~けりけり(笑)がありませんので、弾きやすいかと思います。途中、中間部の転調や、表現にはレンジを広くダイナミックに。

7木漏れ日の彼方に・・・・・私のオリジナルです。もともとピアノのソロ曲で作りましたから、まだまだ納得いかない部分もあるコンチェルト。8月の銀座のステージまでには、更に磨かれた作品へと成長させたいと思います。

8予感・・・・・こちらも私のオリジナルで、大変多くの方から評価をいただいている作品です。幸せの予感いっぱいの演奏をお届けしたいなぁ。

三部

1モーツァルトピアコン21番3楽章・・・・持山さんのピアノ 軽やかでとても明快なつくり、PとEが交互に掛け合うあたり面白い

2グリーグピアコン 1楽章・・・・・・・小原先生のピアノ なんといっても、最初のティンパニロールからピアノのガーンとかけおりてくるフレーズは、一度聴いたら忘れられません!音楽の広がりとストーリーある作り、ピアノらしいテクニックが映える曲

3チャイコフスキーピアコン第一番 1楽章・・・・・持山さんのピアノ みんながとっても知ってるホルンのイントロメロディ、そこに華やかな和音のアルペジオ、強烈な作りは、華やか~

4ラフマニノフピアコン第二番 1楽章・・・・・・・私がコンチェルトに興味を持ったのは、ラフマニノフのこのピアコンがきっかけでした。だからだいすきな曲なんです。

あらららら、とっても長々と、ブログ書いてるのか、コンサートのMC原稿予習ですね(笑)

こちらをお読みくださったあなた!  28日お待ちしていまーす(笑)

写真は、先日の福岡でのサロンの様子、東京でのサロンコンサートは、初めて出演参加型ではないし、講座でもないコンサートとなります。

わくわくドキドキ・・・・・

ガンバロー

 

 

 

 

 

 

2019年4月20日 (土)

コンチェルト合わせ

Dsc_1487

Dsc_1484

今日は、28日のコンチェルトサロンのための合わせ練習でした。

たくさんの曲を弾いて下さる持山さん、さらさらと明るいピアノが流れて、楽しく元気になる気分😁

特にモーツァルトピアコン21番3楽章は、輝くようなモーツァルト、掛け合いにツゥッティに、コンチェルトの魅力を発揮して、当日どうぞお楽しみに~

持山さん、どうぞよろしくお願いします(^.^)

 

 

2019年4月15日 (月)

コンチェルト打ち合わせ

1_2

銀座YAMAHAホールで開くコンチェルトの打ち合わせをかねてランチ会、みんな大変忙しい毎日なので、やっと実現したこの時間が嬉しくて、ついついはしゃいでしゃべりすぎました。

できないかも、と不安に思うより、やればできると、考えて努力することの楽しさは、人生を豊かにしてくれると言うものです。

ご一緒してくださるこの機会を共に、またお互いを磨いて高めて行ける幸せ、感謝して帰りは胸がいっぱいになりました。

銀座の参加者の皆様、私のコンチェルトで、晴れの舞台を楽しくご一緒してくださいね。

まずはその参加曲、その編曲と協奏のための練習についてレクチャーかねた、4/28に開くコンサート、皆様もどうぞお時間ある方は、気軽にご来場お待ちしています。

なお、当日は、一部11時、二部13時、三部15時と難易度分けたプログラム、連続でお聞き頂けますかたは、会場一階ホールで、ご飲食も可能、ちょっとした茶菓もご用意(^O^)休憩かねてご利用可能です。

コンチェルト大好きなあなた、大好きになりたいあなた、ちょっとご興味あるあなた、ぜひいらしてくださいね。皆様との交流、親睦も深めたいなぁ~❤️😌🌸💕

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ