音楽

2021年4月 7日 (水)

懺悔~ショパン様

ショバンピアコン、銀座のために練習、さらに更に頑張って弾いています。

少しずつ流れるようになりました。

他の曲に比べて、何がこんなに弾きにくいか、それを克服するために、かつてない勢いで研究、ショバンのピアノソロ曲と、どう違うのかと、毎日暇があるとスコアや二台ピアノ版を眺め、自らの伴奏アレンジを眺めて分析して解った!

ピアノ=打楽器で、どんな和音も瞬発力打鍵によりエネルギーを蓄えたサウンドが瞬時に伝えられ、それ自体の音楽の伝わり方と、持続音オルガンで、そのまま和音を奏でても、音の濁りが際立ってしまうこと、だから音の配置に気をつけるとよいことに気づきました。

特に、低音域を工夫、スコアそのままよりオクターブさげると、大変充実して、弾きやすくなりました。

逆に、和声のラインを際立たせたい場合、トップを伴奏としては、ポピュラーで言うところのソプラノポイントのように、オクターブあげると、なんと美しいハーモニーが聞こえてきて、奏でる楽しみに繋がりました。

ショパンらしさをここで絶大に感じて、エレクトーンで発揮させねばと、設えてみました。

また、四分音符ふたつにスラーがついていなくても、フレーズとして2つ目をエネルギーを抜くように、2つ目はやや短めに弾くと、持続音の良さが引き立ち、非和声音から和声音へと、何か次のページ、背景変化が引き立ちました。

特にショパンのワルツのリズムで刻むあたり、コード分析してみたら、やっとやっと納得、もうこんなに凝ったことをひたすらストリングスと、ホルン、木管、ピチカート等と受け渡しながら工夫していて、余程悩みながら、何かを目指したのかなぁなんて思ったら、自然にその弾きにくい抵抗感から放たれて、すっと行きたいところへ、落ち着く道筋がみえて、、、泣きそう!ショパンの深みにはまった気分になりました。

ショパン、嫌いって言ってごめんね。

ショパン、くよくよすんじゃねぇ~とか、失礼なこと言ってごめんなさい。

でも、くよくよしすぎは、なよなよは、やめようね😆💣️✨でも、それがよさだけど、本当のあなたが解ったわ~私はジョルジュサンドか(^_^;)

やっと、そのハーモニーにのり上手く伴奏できる気持ちになってきたのでした。

良かった!

やったね❤️

ショパンは、オンラインセミナーでも皆様にノクターンOp9-2を題材にして、和声のポイントをお伝えしたわけですが、まさにそれをベースに心得て分析し、内声を繋留にして動かし、左手に生かせばよいこと、これはショパンならではの伴奏アレンジの特徴になりそう‼️

こうして、また一つずつ、偉大な作曲家から教えを乞うて、人生を教わって、学べたこと、幸せな気分になります❤️🍀

あと、最後のもう一山、ハードルを感じるフレーズがあり、また分析してみようっと(*^O^*)

銀座の二部ピアコン7曲演奏のうち、ショパンと、ベートーベン皇帝と、モーツァルト20番が初演になります。

お席も、コロナ禍ですのに、お運びいただけます方々が集まって、一階席が次第に埋まってきております。

皆様に楽しんでいただける作品、演奏をご一緒していただく参加者の方々と、頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

2_20210407185001

 

2021年3月27日 (土)

動画アップ

20日に伺った中野音楽教室のコンチェルト演奏がyoutubeにアップされました。

少しずつこちらでもご紹介いたします。

よろしかったら、ぜひご覧ください。順不同、直リンクでなく、アドレスをアップ致します。ブラウザにはり付けてご覧ください。


■金の星

https://youtu.be/7THvSLV2qPU

■短いお話

https://youtu.be/UgY7bgjwOuE

どちらも身近なピアノ曲、小さな生徒さん頑張りました‼️ピュアな気持ちを感じながら私も頑張りました。ありがとう♥

■アイネクライネナハトムジーク

https://youtu.be/ot9yclGDlOk

しっかりした音、ピアノとエレクトーンで新しいアイネクライネ、くっきりはっきりとアーティキュレーションに注意しひいてくれました。

■カノン

https://youtu.be/vQNpHaOhhNQ

安定したテンポにのって丁寧に弾いてくれました。きれいにまとまった(*^O^*)ありがとうございます。

■威風堂々

https://youtu.be/QQxZV5ki9Ow

リズムにアクセント、アラルガンド、弾き応え、聞き応えある作品を息を合わせてアンサンブル、曲の持ち味を生かした楽しい演奏でした。ありがとうございました。

■パガニーニの主題による第18変奏曲

https://youtu.be/AvTe4NWw1Q0

人気のコンチェルト曲、オリジナルアレンジをきれいに丁寧に弾いて下さいました。最後のあたりの表現を頑張りましたね❤️原曲とは一味違う美しさ、楽しさを伝えることができて嬉しいです。ありがとうございました(*^O^*)

■仮面舞踏会

https://youtu.be/7ebE8PTfWdM

もう7、8年ぐらい前に、バスティンの三つ子のマーチでコンチェルトをご一緒した時には、まだ幼稚園でしたよね?ニコニコ笑顔でアンサンブルした思い出が甦ってきました。時間が経過しても、あの呼吸、エネルギー、奏でる喜びは変わらずに、今回は大人の雰囲気のミステリアスな曲をご一緒して、またまた楽しかったです。またやりましょうね♥

今日は7曲をご紹介、また明日ご紹介させていただきます。

1616940710013

1616940712532

1616940714878

1616940716960

2021年3月25日 (木)

ピアコンとエレクトーン

銀座のためのエンジンがかかり、毎日、ベートーベン、ショパンをスコアを眺めながら、エレクトーン一台の伴奏アレンジを手直し、弾きやすさ、鳴りのよさ、楽譜表記による表現をあれこれ悩みながら、少しずつよりよい作品にと、演奏も絡めて頑張っています。

大作曲家のピアノコンチェルト、1楽章は原曲ならば20分ぐらいのものはザラで、生オケで楽しむにはもちろ原曲です!

しかし、エレクトーン一台の伴奏で、いや、コンチェルトとしてより、ステージではピアノとエレクトーンのアンサンブルに見えるスタイルだと、飽きます。残念ながら、生のオーケストラの表現力に近づいても本物にはなれませんが、その音と表現に近づいて楽しむエレクトーンの威力は、弾く人、聞く人と感動を分かち合えるものです。

もしかして、家庭の中でもオーケストラを楽しめるエレクトーン、ピアノコンチェルトを楽しめるエレクトーンならばと、誰がに指図されたわけでなく、ひたすらこの魅力にはまり、けさも四時起きで頑張るワタクシって、神様の御導き以外にないでしょ(*^O^*)

さて、5/30の銀座に弾いてくださるベートーベン皇帝も、ショパンピアコン1番も、それぞれよく知られたピアノコンチェルトです。

銀座のプログラムには、ピアコンとして、他にグリーグもラフマニノフもチャイコフスキーも、モーツァルトもあります。

私一人が伴奏いたしますから、原曲サイズでやったら、死にます笑。

またお客様にも、ほら、ラフマニノフよ、チャイコフスキーよ、ベートーベンよ、、、と、その作曲家の特徴を音楽で伝えて、大体一曲7~8分、せめて10分以内にしないと、空気にそまってまさかの睡魔で、客席にひびく寝息~ワタクシは、何度もそんなコンサート経験あります(*^O^*)

なので、せっかくお越しいただく方々、今回はコロナ禍による入場制限がありますから、身内びいきの方々ばかりとはいえ、楽しんでいただくためにプログラムいろいろ順番も頭捻っています。

よって、長大な曲を、演奏者がOKならば、大体半分ぐらいのサイズにまとめています。そのサイズダウンも、アレンジのうち。

何回も著名な演奏家のCDを聞いて、カットする部分、ここはどうしても残さねば!なのですが、結局、再現部をたどることが多いです。それでも、それなりに、頑張らねばとても支える伴奏とはならずの、ショパンにベートーベン。

ピアノが心地よく流れているうしろに、柔らかなベールで包み込むようなストリングスや、ショパンらしいリズムをさらりと刻みながら、かといって華やかな装飾音符の煌めきを潰してしまわない拍子感で寄り添って、、、できたら、嬉しいし、音数を少なくしてエレクトーンパートの無駄のない音使いを工夫しながら、楽しくアレンジ。これがワタクシの、至福の喜びなわけよ\(^_^)/

二台ピアノ版で、ざっくり弾いてみて、そのあとスコアをみていくと、二台のピアノのためのアレンジは、戦いのようです。上手くないと、当たり前ですが、美しくはなりません。

また拍子をとりやすくするために、アレンジされており、私もショパンで二台ピアノ版のスタイルにしようかまよいましたが、やはり原曲スコアから広げてみたところ、彩りよく優しげに奏でられそう。

そうなんです!自分自身が弾いてみて楽しくないと、とてもよい作品には繋がらないですもの。

コロナ禍もありますし、今度の銀座までは、自分自身でまかなわねばと責任感全うの覚悟でいます。

私に力を貸してくださるエレクトーン伴奏の方々と、プロデュースの立場でステージを作り上げるのは、いつになることやら。

演奏の写真を眺める度に人前に出るような雰囲気でないこと、よくよく解っていますけど(^o^;)だってワタクシ主婦ですから。

でも、自分の作ったものには、ちゃんと責任とって、今はまだ弾かねばならないと思っております。

まだ、ワタクシの音楽ご存じない方、ちょっとご興味ありましたら、ぜひいらしてくださいね。

若いときには、エレクトーンでフュージョン楽しかったなぁ。40代ぐらいから、クラシックの偉大な世界にどっぷり浸って、美しい、凛々しいと思うようになりました。

常日頃から、そんな名曲に触れて生きてると、好きなことだから、力も湧いてくるというものです。

さあ、今日も頑張ります❤️

Dsc_1734

2021年3月20日 (土)

中野音楽教室発表会

埼玉県桶川響きの森市民ホールで第25回中野音楽教室発表会ゲストとして17曲のコンチェルト伴奏を行って参りました。

13年前PTNAステップ企画でスタートしたエレクトーンによるコンチェルト、歴史を経て生徒さんを育成、ご指導下さった中野先生のお力は絶大!地道な活動を寄り添ってご一緒してこれたこと、心より感謝申し上げます❤️

ご一緒下さった皆様、ご来場の皆様、楽しい一日をありがとうございました。(*^O^*)

~演奏曲は以下の通り ~

▪ハンガリアンラプソディ第2番

▪モーツァルトピアコン23番第1楽章

▪チャイコフスキーピアコン第1番第一楽章

▪ラフマニノフピアコン2番第1楽章

▪ショパンバラード1番

▪パガニーニの主題による第18変奏曲

▪仮面舞踏会よりワルツ

▪威風堂々

▪アルルの女よりファランドール

▪ハンガリア舞曲第五番

▪パッヘルベルカノン

▪花のワルツ

▪アイネクライネナハトムジーク

▪ベートーベンソナタOp49-2 1楽章

▪タランテラ

▪短いお話

▪金の星

中野先生との記念の一枚♥

16162489807852

応援に聞きにいらしてくださった山谷先生と、清水先生!オンラインセミナーでのご縁で、銀座のコンチェルトをご一緒してくださる予定でいらっしゃいます!ご来場ありがとうございました。

16162489895872

また改めて、お写真アップ致します‼️

よい経験、思い出深い1日をありがとうございました。

2021年3月17日 (水)

霧の蔵

作編曲Dクラス、今期最後のオンライン、オリジナル曲は、「霧の蔵」を実施致しました。

霧の蔵はこちら

https://youtu.be/-M0LqmHFios

今更ですが、こうして自分自身の楽曲を振り返り、その書いた時の気持ちが鮮やかに蘇りました。

音楽的な作品解説をするために、前の晩に自作品であっても、じっくり振り返り資料作成、21ページ、240小節のドラマは、自由でたくましく、生き生きとしたエネルギーで満たされていて、南九州の緑深い山々と、大パノラマに育まれた豊かな自然、そこで和やかに穏やかに逞しく生きる、ふるさと都城の人々の暮らし。思い出しながら解説、また人生を振り返りお伝えしました。

後半は、ベートーベンのエリーゼのために、トルコ行進曲、ショパンノクターン。よく知られた憧れのピアノ曲をコンチェルトでピアノ生徒さんへエレクトーン伴奏する作品をご紹介。

すぐに使えそうな作品でもあるため、内包された伴奏編曲要素にもご興味を大いにお持ち下さり、一年間のまとめとして、エレクトーン作編曲のポイントを最後にお話しました。

相変わらずコンチェルトに取り上げた作曲家の人生劇場😆💣️✨、エピソードもチラリとご紹介し、それがまた楽しい要素になるとご興味お持ち下さり、作曲家がどんな人物なのか知ることは、大切なんです!

6月にまた復活したら、どうぞお目にかかれますように。

春休みの2ヶ月、私も充電です(^_^)vご参加の皆様、一年間ありがとうございました。

1616026565867

2021年3月15日 (月)

時間をかけて

Dsc_1684

Diagonal_0001_burst20210315144712705_cov

Dsc_1688_20210316004301

今日も石神井公園まで、コンチェルト合わせに出掛けてきました。

コロナ禍でおこもり生活、オンラインの日々に加えて、最近はこうして生で音楽活動が少しずつ始まり、体に気を付けながら楽しみを増やして、ひとつひとつのでき事が新鮮に感じるのです。

今日は、昨日に引き続き、今週末の桶川本番のために、最後の打ち合わせかねて、講師演奏のリスト、ハンガリアン狂詩曲をおさらい。ドラマティックな作品をコンパクトに楽しくまとめた作品をじっくり取り組みました。

ちょうど一年ぐらい前に、この場所で新作講座を行い発表した曲でしたが、あの頃体調がいまいちで上手く伝えられず、それでもなんとかこなしたものの、この曲がはれて陽の目を浴びることがあるのかと、気になっていた作品。

何せいろんな要素をピアノにも、エレクトーン伴奏にも盛り込んでおり、聞いていても楽しい作品なのです。(*^O^*)

講師演奏として取り組んで下さることになり嬉しくて、今日も時間を作って石神井までいらして下さり、じっくり楽しく作り上げていくことができました!その勢いでまたまた嬉しいことが♥

帰りに、その嬉しい気持ちを胸に抱えながら、西武池袋線の石神井公園駅のホームの小鳥の鳴き声の発車ベルが、背中を押してくれる天使のささやきに聞こえました。

帰宅途中、税務署へ確定申告を済ませ、1日が終了!毎年のこととは言え、まるで宿題提出気分なのです。

コロナ禍で4/15まで延長となっても、やはり3/15は特別な日、そう言えば、両親の結婚記念日でもありました。

中野先生、今週末どうぞよろしくお願いします❤️そして、銀座も楽しくどうかご一緒しましょう‼️



2021年3月14日 (日)

コンチェルトのレッスン

1615734342715

Tripart_0001_burst20210314140357115_cove

コロナ禍ではありますが、銀座や発表会のために、日曜日だけど頑張った!皆様とコンチェルトレッスン、ムジカに集合!

まずはお写真撮影わすれました、ごめんなさい。お一人目は、ベートーベン皇帝の初合わせ。

やっぱりベートーベンの響きは凄すぎで、身震いしました。

ピアノパートの音のつまり具合は半端なくて、大変です。それに比べてオケパートの明解さが命とりになりそうなため、少しストリングス加えた方がよさそうな所などチェック、やりがいを感じて今日はお互いのイメージが大変広がって良かった(*^O^*)

お二人目~ラフマニノフピアコン。この春大学生になって、凛々しく成長!気軽にR君なんて呼んだら、いけないですよね、でもやっぱり私の中ではR君で一緒にコンチェルト弾いてきた歴史があって、まさかこんなに継続成長育成となるとは!

彼なりの音楽が次第にみえてきました、R君のラフマニノフは、優しく穏やかで控えめな中に、静かな主張があります。

3番目は、私のアレンジしたショパンバラード1番コンチェルトを弾いてくれるH君。彼もまたこの春大学生!音楽が好きという気持ちのもとに、豊かにこの曲をアンサンブルとして、広げる工夫に取り組んでくれています。どんな音で弾くか、そして緩急をどう上手くドラマとしてつくるか、奥の深い表現へとますます進行中!

最後は、最近成長目覚ましいMちゃんの、チャイコフスキーピアコン!

コンチェルトを弾くには、相手のパートを良く聞いて2人で作り上げていくそのアンサンブルの醍醐味があります。彼女はすでにそれを会得した感があり、私の書いた五段、ピアノ二段、エレクトーン三段のスコアをよく研究して理解しているように思いました。このスタイルを自分のものにしているのだなと思います。ダイナミクスのつけ方やピアノを楽器として輝かせる様子、弾いていて気持ちのよい演奏、本番が楽しみです。

三人とも、小さなボクだった頃や、くるくるおめめの絵本に登場するかの女の子だったわけですが、背丈が伸び、私の方が小さくなり(^o^;)孫と弾いているかの気分で、また嬉しさひとしおなんです。

コンピューターおばあちゃん、って歌ありましたよね。

あれあれ!(^-^)、ワタクシは、

コンチェルトおばあちゃん(*^O^*)になって、まだまだ彼らの成長に寄り添える喜びを感じながら生きています!

今日は、皇帝に、ラフマピアコン、ショパンバラード、チャイコフスキーピアコン、自分で言うのもなんですが、すごいレッスンプログラムでした。楽しかった‼️

発表の場があれば、こんなに弾みがついて、元気にもなり、またそれが励みになりますよね。

まだまだ頑張れそうだぞ😃

今日の皆様ありがとう、そして、お読み下さった皆様、ありがとうございました。

2021年3月 7日 (日)

コンチェルト伴奏エレクトーンアレンジ

ピアノを学ぶ、演奏する方にとって、生オーケストラの伴奏でピアノ協奏曲を弾くという夢を、ちょっと近づけてエレクトーンで対応、そのための伴奏アレンジを長年取り組んでいます。

名だたるピアノ協奏曲の伴奏をエレクトーンで編曲するため、スコアと二台ピアノ版で研究しながら進めます。

よく、二台ピアノ版のセコンドのところをそのまま弾いている姿を耳にしたり、また、その二台ピアノセコンドをエレクトーンに求めていらっしゃる方もいらして、私はエレクトーン編曲の立場から、どうしたものかと答えに困る時があります。

それは、ただオケ代用品のエレクトーン、オケ伴奏君、CDに合わせる感覚から逸脱できておりません。

エレクトーンという楽器に合わせて作る伴奏楽譜は、ではどのように違うかというと、オーケストラのスコア全パートを三段楽譜に効果的にまとめています。

それは、カットされるパートもあるでしょうし、あちこちのパートに盛り込まれた音からハーモニーをまとめたら、大体において左手に配分することになり、特にその音から引き出される低音とティンパニは、ペダルに入れます。

音の配分も大切ですが、エレクトーンを演奏する際の運動性にも配慮せねばなりません。

たとえば、ペダルにあまりに細かなリズムを弾かせるのは、テクニックを要するわけですが、効果的とはいえず、サウンドとしてのベースに値するようなリズムの動きにします。

また、たとえばモーツァルトなどのストリングスの細かな刻みも左手でそのまま刻むのはナンセンスで、大体において倍サイズで刻みます。バイオリンのボーイング、軽く上下に16分音符は、鍵盤では8分音符にすると長年の経験でよいようです。

オケ楽譜は、楽器ごとに奏でるパート譜面が重なっているわけですので、表現もアーティキュレーションを特に右手にあたる部分に盛り込みます。

また、表記について、先日、ベートーベン皇帝をアレンジしたものを弾いていたら、何かピンとこない、まるで信号、鍵盤をスィッチオンオフみたいな音楽になってしまい、つまらない。

この原因は何か?と悩みました。

ベートーベンが書いた楽譜の特徴を観察すると、エレクトーンで四分音符にスタッカート表記にしたら、弾きやすくなることに気がつき修正!

また、生真面目にたくさんのパートを盛り込んでも、オケ全体を一台のエレクトーンにまとめ効果的に伴奏するには、余計な運動、リズムがあっては、呼吸が大変で、その呼吸感こそが、ピアノを伴奏として支える土台になることに気がつきました。

エレクトーンで、伴奏することは、生オーケストラと同じイメージではダメなのです。

様々なコンチェルト作品に取り組んできましたが、エレクトーン一台として、楽器として価値高く考えて、伴奏演奏作品を作るコツを、はっきり感じるに至った気がします。

それは、導入でも、初級中級、上級、本格的なピアノコンチェルトであっても、エレクトーン伴奏として、少なくとも私の中では整理された結論に至った心境であり、より伝わり度高く、またピアノ奏者が弾きやすくなる伴奏編曲のコツではないかと思います。

まだ、書いていない様々なクラシックコンチェルト、これからも取り組んで行きたいと思っています。

ラベルに、プロコ、モーツァルトは制覇したいなぁ❤️

今日は眠れなくて、早朝からのブログでした。

長々とごめんなさい。

Fb_img_1614995694961

2021年2月27日 (土)

銀座コンチェルトコンサート

44515

フライヤーが完成!お願いしているスタッフさんが作成~華やかな春を感じるフライヤー、写真は一昨年の銀座のステージ、私のプロフィール写真は、一生使うことないかもと、今まで確か一回しかオープンにしたことないスチールです。

3ヶ月前になりましたので、様々なことが動いて参ります。

まずは演奏者の皆様、関係者の皆様と、よいステージを作り上げていくために、早速グループラインに現段階の連絡事項をお伝えしました。

ライントークスレッドにそのまま明記致しましたが、まとめて文面化致します。

皆様頑張りましょう!

チケットは、コロナ禍で様々な制約がありますので、代金は銀行振込、お座席は全席予約、中央真ん中よりおさえさせていただきますので、直接ワタクシへご連絡ください。08035172770(当日券はありません)  ご出演関係者の皆様からのご予約も可能です。

ご興味ありますかたは、まずはお電話ください。30分以内に~(^o^;)おい、通販じゃないよ😆💣️✨

フライヤーデータとしてお入り用のかたは、gurico8765@gmail.comにご連絡下さいませ。

前回は満席の大盛況で、ご来場いただきました皆様には、大変ありがとうございました。今回は、コロナ禍で観客席50%(キャパ330の半分)の実施のため、お早めのご予約をお待ちしています。

どうぞよろしくお願いします❤️

2021年2月14日 (日)

1日1日を大切に

Dsc_1649_20210215003001

Dsc_1650_20210215003001

Dsc_1651_20210215003001

Dsc_1652_20210215003001

Dsc_1653_20210215003001

バレンタインタインデーでしたね♥すっかり忘れていましたが、美味しい紅茶をいただいて、よくみたら、バレンタインギフトってパッケージにありました。

嬉しいな‼️♥

今日は、ご依頼の作曲伴奏譜を完成させ、ラフな録音を送りました。

早速お返事が返ってきて、とても喜んでいただけた様子、あとクライアントにお聞かせするのは、もうしばらくしてからということで、オーケストラアレンジもお渡ししてみてもよいかと、自分自身がこの作品を気に入ってしまいました(^o^;)

ミッション系の幼稚園だから、宗教的な敬虔な気持ち、愛情溢れる穏やかさ、未来への明るい希望。

作品を書くときには、たくさんのことを考え、一音ごとに思いを詰めて、特に伴奏ひとつでそのメロディーの伝わりがちがってきますので、伴奏を作ることの方が、楽しくもあり、苦しくもあり。

夕暮れを眺め、壮大な地球の姿、ドラマを感じて、あの空の彼方に広がる無限の世界の小さな私たちの存在を思えば、何があっても今この時を共に生きている者同士、助け合っていかなくてはと思うのです。

夜は新しい大河ドラマがスタート。

音楽は、佐藤直紀さん。

押し付けのない主張が、なんとうすいベールにつつまれて、その世界へ引き込んでくれました。

タイトル映像、凝ってました!

ドラマは、なかなかテンポが、これまた自然にひき込まれるパワーを感じて、終わってまた見ようと思うから、今年は毎週日曜夜が楽しみだなぁ。

さあ、また新しい週が始まる!

皆様、いつもいらしてくださって、ありがとうございます。

今週も頑張りましょうね❤️

より以前の記事一覧

最近の写真

  • 20210305-123313_li_20210410074601
  • 20210409-162524a
  • Dsc00405_20210410065801
  • Dsc00415
  • 2_20210407185001
  • Line_p20210405_161500075
  • Line_p20210405_161500057
  • Line_p20210405_161500057_20210406074701
  • Line_p20210405_161500067
  • Line_p20210405_161500073
  • Line_p20210405_161500070
  • 185rund02a