最近のトラックバック

音楽

2019年7月19日 (金)

8/23銀座コンチェルトコンサートProgram

P3

0001_20190719080901

P2

8/23銀座ヤマハホールでのはじめて出会うコンチェルトコンサートのプログラム原稿は、こんな感じです。

表紙は、娘である東條飛鳥の銅版画の作品で、コンチェルトVol.26 27に使用した作品を使わせていただきました。(使用許諾承認済 転載不可)

1部は、小学生から高校生のお友だち、2部は大人の方々、3部はゲストの佐々木さんのテノール、4部はピアノコンチェルトで全曲のコンチェルト作編曲と伴奏を致します。

一部最後のお二人、4部最後は、ピアノとエレクトーンのアンサンブルとして書いた私のオリジナル曲です。

また、声楽の伴奏、特にゲスト演奏のシューベルト「魔王」は、エレクトーンのキーボードパーカッションにあるSFXキットから「マオウ」の音色を使って伴奏アレンジ致しました。

原曲が伴奏によってイメージを広げて、新たな作品となる楽しみで、奏でるお友だちも生き生きととりくんで、アドバイスレッスンが進んでいます。みんな、あと一か月、更に磨いていきましょう!

ソロの方々もそれぞれに張り切って、連弾も楽しみ~

福岡で作曲に取り組む村濱さんは、ご自身のオリジナル曲をご披露されます。~「水平線上のロマンス」素敵な曲ですよ。

チケットは、現在ぼちぼちと販売で広がっていますが、平日金曜の夜、ご興味をお持ちでお聞きいただきたい先生方は、お盆明け休みも取れず、其々お仕事の真っ最中の時間帯。たくさんのお席がまだまだ残っています。皆様どうぞ応援にいらしてください。

これからピアノコンチェルトに取り組んでみたい方、クラシックエレクトーン伴奏を子供たちとのアンサンブルではじめてみませんか?

私の集大成的な作品展の色合いで、様々な作品をご参加の皆様と共にお届けいたします。お楽しみに~

2019年7月16日 (火)

ホール打ち合わせ

Img_rentalhall_about_01

1_1024x682

0001

今日は、8/23のコンチェルトコンサートの打ち合わせに、当日お世話になる関係の方々、私を含め8名で打ち合わせを行いました。

ワタクシ、少々昨日食べたものがよろしくなかったか、やや体調が今一で、北千住で途中下車。しばし時間をとられ、お天気もよろしくなく電車は遅れるしで、やや遅刻。まずぃ~空気が流れてはとあたふたしながら到着しました。

こういう時、やっぱり体力ないなとか、運気がないなとか、もり下がりそうになります。

が、

そんなことなど一気に吹き飛び、皆様とさくさく打ち合わせ、ホール見学がすすみました。

実際にYAMAHAホールのステージにたつと、当たり前ですが‼️

気分よく(笑)、同行した演奏者のお二人ともに、気合いが入りました!とのお声をいただき、同行した受付お願いする方々も、本番当日をイメージしてもらい、みんなで気持ちをひとつに頑張れそうかと、私も楽しみになって参りました。

とても、とても響くホールで、クラシック向き、リサイタルホールの様態で、ますます魅力を感じます。

エレクトーン一台でのピアノとのアンサンブル、電子楽器であっても演奏の生感を伝えたいと思ってのYAMAHAホール、よい形になりますように。

打ち合わせのために、いろいろと準備していった当日のタイムテーブルやら、リハーサルスケジュールやら、プログラムやらと、わかる範囲で書き上げて、皆様にお渡ししました。

人の問題やら、当日考えられる様々な細かなことも教えて下さり、なんとなく書き上げた当日のイメージが具体的に描かれていきました。

発表会でもなく、リサイタルでもなく、さて伴奏者であり、すべての作編曲を司る作品展、音楽をお聞かせしたいと思っています。

明日からは、既に取り組み終盤の20曲に更に磨きをかけていこう!

今まで開いたコンサートで、一番格調高くなるかな。

参加者の皆様、あとの追い込み、巻きをいれて頑張っていきましょう🍀

当日は、録音も録画もご遠慮いただきます、どうぞご興味いただけます皆様はぜひご来場お待ちしております。


2019年7月10日 (水)

長崎でコンチェルト講座

_20190710_083002

以前からお邪魔するつもりでなかなかスケジュールがまとまらず、やっと決まりました!

9月3日火曜日 ココウォーク10:30~YAMAHA長崎センターの主催、お世話になります‼️

長崎には過去に、コンチェルトで1回確か2013年ぐらいに伺ったことありますが、あれから作品も増えて、新たな作品や指導について、発表会やレッスンについてもお話したいと思います。

長崎やお近くの先生で、エレクトーンを使ったコンチェルトにご興味ある先生方、ぜひご参加くださいませ。

お問い合わせ、お申し込みは、

095-813-1510

YAMAHA長崎センター梅田様へお願い致します。


2019年7月 8日 (月)

感動表現へのヒント

Dsc_0207

どんな小さな子供の演奏にも、その素晴らしいひたむきな心で、メロディに命が与えられて、ぐっとこちらの心を揺さぶられることがあります。

上手いとか、素敵!という音楽は、より高い伝わる力があり、伝えるためにテクニックを磨いて、練習を重ねて磨がかれていくことかと思います。

最近、生徒の皆様によくお話することは、地球の自然現象をベースに音楽もその表現において、美的感覚の基本だということです。

例えば、花びらがひらひらと舞い落ちるイメージで8分音符の連続があったとします。

音の並び方にもよるでしょうが、定規で計ったように刻んでも花びらのようには聞こえてきません。ひらひらと舞い落ちる風を感じるには、強弱をどのようにつけて、やや音の長さも微妙に変化させてみると、何かしら重力や、お天気、気候も感じさせることができるのではと思うのです。

それは、作曲者の思いを想像しながらも、弾く人が楽譜という情報からアナライズするように、自らの表現創出を加味して、自分のものとして奏でていくわけで、私は読譜は、音楽の訓練のために、初歩の段階で学ぶべき大切なことだともちろん考えていますが、それよりも耳を鍛え、感覚を鍛える訓練が、内なる思いを音楽に託す表現者へ繋がるのだと思っています。

形のないものを教えていくには、人が持っている感覚、経験を生かして教えていくことです。

小鳥の鳴き声に耳をすませ、肌をすべる爽やかな風を感じ、雨の強さや落ちる音、、、全ての自然現象は、皆人間に平等に与えられる恵みであって、そこから喜怒哀楽が生まれ、様々に多岐にわたり発展するものではないでしょうか。

ここはこうして弾くのよ、と、教えてしまえばすぐに真似して弾けるかもしれません。模倣が学習のスタート。

しかし、芸術には応えはなく、強いていうならよりよい音楽を目指す表現のために、考えさせる機会を与える指導が大切なのではと思います。

考えて発見して学んでその積み重ねが本物になるのでは。

私の今日の感性磨きは、モーツァルトのピアコンでした。

おしゃべりしてるように、キャストを立ててみました。それは楽器にも通じます。

モーツァルトは、どんな思いで、これを作ったのかしら?以外とサクサク、自分の作風を意識するまでもなく、自由にちゃちゃっと書きまくる姿の中に、彼の周囲の方々を意識したおしゃべり、語法を感じたら、なんだかワクワクしてかなりの速さもこなせる自分がいました。

表現のために、感覚を鍛え、イマジネーション広げて、ピリリとした作品に通じる時間作品へと、より精進の毎日。

銀座でコンチェルトする皆さんひとり一人が、音楽を奏でて幸せなステージになりますように。💖❤️皆様の音楽を聞き取り寄り添って私も素敵な表現の御手伝いかできますように!


2019年7月 7日 (日)

銀座コンチェルトアドバイスレッスン in ムジカサロン

190823_yamahahall_concertbravo

昨日は小倉でjetのお友達や先生方と、コンチェルトのサロンコンサートを行って、ピュアでハートフルなステージを楽しんだところでしたが、昨晩帰京、今日は銀座のコンチェルトコンサートのためのレッスンを、石神井のムジカサロンで11時からスタート!

我ながら、よく頑張る~(^O^)

今日は、お一人目は6年生のMちゃん。銀座では、ワタクシの「予感」をコンチェルトしてくれます。

実はMちゃんは、ビゼーのファランドールで出演を決めていたのですが、4月に開いた銀座コンチェルトコンサートのためのレクチャーコンサートで、すっかりこの曲が気に入って、思いきって変更、それはかなりのハードル、挑戦になることでした。

ピアノご指導の先生と、著作者であり伴奏する私は、Mちゃんの挑戦を受け入れるにあたり、いろいろと細かくやり取りし、Mちゃんのこの曲が大好きな気持ちを大切にして、自らの思いをステージでのびのびとよい機会にしてもらうことにしました。

今日は前回からすると、ぐっと前進して、最初のテーマまで流れて参りまして、私の方が嬉しくって、楽しくなり、そして私の心で呟いてできた作品を、こんなに一生懸命に頑張って奏でてくれる姿に涙がでる程有り難くて、彼女やご指導くださる先生のことを思うと、胸が詰まるような感動がありました。

そこに、アシストで私の作品はいろいろとレパートリーある持山さんが来てくださいました。彼女は銀座ではラフマニノフピアコンをご一緒することになっていますが、タイミングよく、予感をそこで私と演奏し、何よりのレッスンになったかと思います。

持山さんと、ラフマニノフを合わせて、ラフマの大きな人間愛に浸り、大きな器に抱かれるかの気分で、次は、O先生がいらっしゃいました。

銀座では、グリーグのピアコンをご一緒してくださる先生と、あの劇的な冒頭フレーズが聞こえてきた途端、気分は北欧のピリリとしたグリーグならではの音楽に入り混んで、納得のエンディングまで緊張感をもち奏でるグリーグ、弾き応えある~合わせ応えある~(^O^)

気がついたら出張の疲れなんて、ほら、コンチェルトが、ラフマニノフが、グリーグが、その音楽の力でまたエネルギーを降り注いでくれて、すっかりご機嫌な気分になりました。

ゆとりの練習準備で、どう伝えるかを考えるとワクワクしています。

銀座でのコンチェルト、まだリハーサルにムジカサロンにいらしてない皆様は、7/21  7/23 8/3  8/4にいらしてね。

どんなにバッチリ弾けていても、アンサンブルはコミュニケーションがそのまま音楽にも反映されますので、自分の責任だけを全うするだけでなく、歩みより寄り添って、その楽しみを一緒に頑張っていくことがよい演奏に繋がります。

銀座のコンチェルトサロンを、弾く人も聞く人も、皆様が楽しみになるように、よいステージに頑張りましょうね😃

Mちゃん、持山さん、小原先生、今日は有り難うございました。

2019年7月 1日 (月)

パーセルの1日

220pxtheorbo

今日は、オペラシティの近江楽堂で、メゾソプラノの波多野睦美さんと、瀧井レオナルドさんのテオルボを聞いてきました。

バロックの調べ、特に今日はイギリスのヘンリーパーセルの歌一色で、素晴らしい歌声のパーセル、たくさんの作品は、まるでシェイクスピアの語りべのような雰囲気、透き通った伸びやかな声が天から舞い降りてきたようでした。

テオルボという楽器、深く味わいのある響きで通奏低音による演奏が、これまた語りかけてくるかのようで、心が安らぎました。

たまたま、携帯の電池切れで、ざわざわと心惑わす雑念から逃れて、すっと聞き入るバロックの調べに、時を忘れてしまいました。

Dsc_1788

Dsc_1789

音楽って素晴らしい!

弱い心にも、張り裂ける心にも、一瞬のその響きが薬のようになだめてくれるのです。

忘れることは、どうしたらいい?

音楽を嗜むことね。

そんな素敵な魔法を知っているのだから、私はいつもクリーンで安らかでいることができるはず。

今日のコンサートのチケットをお贈り下さったT様、ありがとうございます。心から感謝です。

さあ、今日から7月。新しいページをめくります。

2019年6月30日 (日)

銀座のチケット状況

Dsc_1785

雨の中を親しくしている先生が車で我が家へ、銀座のコンサートチケットのことでお立ち寄り下さいました。

先日お預けした分は、全て完売!キャー嬉しい‼️そしてまた本日お預けさせていただきました。お顔の広いところで、あちこちご案内下さり、あの先生がそうおっしゃるなら行ってみようかしら?と、生徒さん親子をお連れでいらしてくださる方々とか、有り難いです。

きっとこの先生のお人柄と音楽指導者としての看板!が、私のコンサート営業にもプラスの価値を与えて下さっていると思って感謝のなにものでもありません!本当にありがとうございます。

たまたまお近くにお住まいのE先生、小さな生徒さんから、シニア、シルバーと合唱も生涯教育もと、手広く多岐に渡りいつも前向き、その姿には大いに刺激を受けていつも力を与えて下さるのです。

それは、愛が溢れている感じ(^O^)私もずっと音楽教室を続けていたら、この先生みたいになりたかったなぁ😁っていつも思う理想の先輩。

ピアノご専門でエレクトーンはもちろんのこと、最近では大正琴からの流れでヴィオリラもこなされますし、先日の発表会ではお嬢様(これまたプロ級で活躍)の伴奏でケンハモソロ「砂山」渋い~👌

立ち話でバタバタとエレクトーンのことを話し、また元気を貰いました。

お忙しい日々の中に私を応援してくださって有難うございます。お誘いくださった名に恥じぬように、頑張らねば❤️

出演者の皆様やお問い合わせなど含みあとお席は50席を残すのみとなりました。因みにキャパ330席です。まだご予約おすみでないかたは、各出演者か、ワタクシまでご連絡をお待ちしております。

お問い合わせ08035172770

メールでのご連絡は、

gurico8765@gmail.com

皆様どうぞよろしくお願いします。

チラシのダウンロードはこちらから

190823_yamahahall_concertbravo_20190701011201

2019年6月28日 (金)

神戸jetサウンドカーニバル準備講座

Dsc_1780

Dsc_1782

Dsc_1781

Dsc_1783

今日は神戸jet定例研修で、サウンドカーニバルのための編曲指導や展開手法、後半は過去の作品を紹介しました。

一口にアレンジと言っても、多岐に渡る創造的な制作作業であり、日頃は演奏力を高める再生芸術に取り組むことがほとんどの中に、サウンドカーニバルはエレクトーンらしい、jetだからこその取り組みだと思いますので、つい力が入ります☺️

先生方が、ご自分の教室活動にもっと楽しく効率良くサウンドカーニバルに取り組んでいただくには?また、日頃のレッスンのマンネリ化からちょっとしたアクセントになる展開は?と思い、サウンドカーニバルマイソング部門参加を意識したワークショップを、夏休み自由研究制作としてグループ展開案をご提案してみました。

今日は張り切りすぎないよう声のトーンやスピードにも配慮したら、皆様もじっくりお聞き下さり、素直に反応、嬉しい表情、視線が講座準備の疲れを吹き飛ばしてくれました。皆様ありがとうございました。

ピアノの生徒さんにもエレクトーンでイメージを広げさせ豊かな情操、感性表現へと繋ぐことができるサウンドカーニバル、終わって本音トークでお悩みの声をいただきました。

ピアノを習わせているのに、なぜエレクトーンかと父兄からのクレームがあるそうで、ピアノもエレクトーンもレッスンできる教室に学ぶからこその体験なわけですが、そのご理解をいただくには、音楽を使って納得していただかなくては~とお話しながら、音楽指導者としてのマインド、確たるポリシーを生徒、父兄に日頃から感じさせるようにするにはどうしたらよいかと、、、。

単に楽器が弾けるようになるという話ではなく、エレクトーンは音楽を立体的に表現、多彩な音色、リズムを使って~と、最初の段階から活動理解をアピールしたいもの。

しかし、なかなかハードルある現実を耳にしました。

でもね、(^O^)親御さんって、我が子がイキイキと楽しくしてたら、嬉しくなるし、習って、エレクトーンも弾けて良かった!って、いい経験させてもらったって、シンプルに喜ぶのではと思います。

音楽を教えるって、楽しいことを教えるのです!その音楽の中に心を感じてね❣️って‼️

みんな違ってみんな素敵なサウンドカーニバル、誉めてばっかりのアプローチ(^O^)

子供の作曲指導について、いつか話してみようと思います。

長々とすみません、お読み下さりありがとうございました。

本日の研修資料、ご参考に

PPはこちら

ダウンロード - e382b5e382a6e383b3e38389e382abe383bce3838be38390e383abe6ba96e58299e8ac9be5baa7.pptx

夏休みサウンドカーニバル展開のために

ダウンロード - e382b5e382a6e383b3e38389e382abe383bce3838be38390e383abe5a48fe4bc91e381bfe887aae794b1e7a094e7a9b6e381aee3819fe38281e381ab.pdf

 

 

2019年6月24日 (月)

サウンドカーニバル生徒作品

サウンドカーニバルとは、jet(全日本エレクトーン指導者協会)が推進する、エレクトーンで作編曲するコンペのようなものなのですが、今日は今週金曜に予定している神戸jetでのサウンドカーニバル対応の講座のために、いろいろと過去の資料や音源も開いて準備。

今はほとんど小さな生徒や一般の生徒さんをレッスンしていない私ですが、かつては、エレクトーンを小さな生徒さんからシニアまで、様々なタイプの生徒さんを教えていました。

2007~2009、柏の豊四季にあるオーナー教室と、千駄木にあったカフェイマーゴの地下でレッスン、時々ライヴ、その後2009~2011までは、北千住の東京芸術センターピアノサロンを月に2日レンタルしレッスン、そして2011の6月にやっと自分の仕事場としてお茶の水から湯島へ歩いて7分の所に小さなお部屋を借りてレッスン、そのあたりからjetアドバイザー業務専門で本格的にエレクトーン普及を考えるようになったわけですが、少ない人数でもずっと頑張ってくださる生徒さんばかりで、コンチェルトに私の得意とする作編曲も教えて、サウンドカーニバルにも取り組ませていました。

ステージアに残るその生徒さんたちの作品を改めて聞いてみましたら、その奏でる姿が思い出され、曲に込められた心を感じて、其々の性格も思いだし、今どうしているかと懐かしい気持ちになりました。

今は母校で念願の国語の先生をしているMさん、その弟のK君はピアノの生徒さんでしたが、サウンドカーニバルでエレクトーン体験し、クラシックで培った感性をそのままエレクトーンにも生かした美しいまとまりのある作品をのこしています。

また、作編曲の専門で進学したKさん、レジストセンス抜群で絶えずよいものを目指す彼女のアイデアは光るものあり、名曲に匹敵する作品を残してくれました。

整体師のT君、効果音を上手く使った作品でストーリー感じる音源制作的な発想の作品、小さいときからレッスンを見て講師になったKさんは、教育的なピュアなサウンド、バレエの得意な柏の生徒さんの豊かな発想力溢れるアレンジや、とにかくボタン選びが凄すぎたSちゃん、マニアックにステージアを使いこなし、8分音符ごとにレジストが動く目にも凄い作品を作ったN君とか、あとマダムたちは、みな右手のメロディーにハートがこもって、アーティキュレーションが上手くいかされたアレンジ、等々、教えているその時には考えもしなかったけど、こうして彼らの録音音源を聞くと、奏でられた作品に引き込まれなんと素敵な曲ばかりであることに嬉しくて、また涙!

明日もじっくり、講座準備しながら、サウンドカーニバルがもたらすエレクトーンの可能性、育成による教育効果も更に深めて考えてみたいと思います。

こんな便利な楽器はないと確信してるのに、なかなか社会性を持てない理由はなんななでしょう?

神戸店の皆様、どうぞよろしくお願いしますね。

音楽で、生徒さんの作品で嬉しく懐かしく、エレクトーンを教える誇りをもつことができました。ありがとうございます!


Dsc_1673_20190625022501Dsc_1672_20190625022601

2019年6月23日 (日)

コンチェルト練習



今日は石神井のムジカサロンフォレスタで、銀座のコンチェルトコンサートに参加の皆様とのアドバイスレッスンや、合わせの練習でした。

森田先生の軽やかなモーツァルトピアコン23番3楽章、楽しく練習、一人で練習するより合わせたら楽しさ倍増!

本番までちょうど2ヶ月、どうぞよろしくお願いします!

181115150532tgbh_m

より以前の記事一覧

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ