最近のトラックバック

フォト

音楽

2017年5月 9日 (火)

金子美香&加来徹ジョイントコンサート

出張2日目、午後からアイレフホールへ、メゾソプラノとバリトンのジョイントコンサートに出掛けてきました。

おそらく一生のうちで良かったなーと残るコンサートになるほど、感動❤涙が溢れ、音楽の持つ力でこんなに幸せになれること、全てに感謝が沸き上がり、単に演奏が云々を越えるものを感じて、ぐっと、、、心が癒され健やかになり、きっと!美人に!なったかな、、、(^O^)⤴なってない、なってない、ただの気のせいよ爆笑

一部の日本歌曲は、以前から興味ある分野で、名曲が並びました。特に気に入ったのは、お六娘。
シューベルトのセレナーデも魔王も、どちらも以前から取り組んでみたい曲、特に魔王は、7月ひびしんのために、エレクトーンでの伴奏編曲を書き始めたところ。大変参考になりました。

ブラームスの二重唱曲、素敵!美しい~

二部はよく知られたオペラのアリアが並び、もう恥ずかしい程涙が流れ落ち、この時間、この感動をずっと忘れたくない、いとおしい程の幸せ!

今日のお二人は、実力輝く歌声、客席にもはいって所狭しと歌い演出パフォーマンスも、圧倒されました。自分の体を楽器とするって、なんと素晴らしいかと思った!

そして、お二人のピアノ伴奏者の素晴らしかったこと!

植村和彦さんの、まるでオーケストラに聞こえてくる演奏は、とてもハートフルでありつつ、まるで指揮者、ピアノがこんなにも有能な楽器であると再認識、エレクトーンではコツンとパキッとオーケストラのtutti
、こんな表現できないよな~とか、いたく感心、そしてその呼吸感、伴奏ひとつで心得た音楽、巧みの技のようでした。

もう一人の伴奏者、峯文子さんの伴奏は、まるでビロードの絨毯のようで、主役を引き立てる品格は格別、音もまろやかでとろける透明感、金子美香さんの素晴らしい歌に寄り添って支えてきれいでした。

伴奏者の役割大切、とても勉強になりました。

今日はプログラム挟み込みに、ひびしんコンサートのチラシを入れて下さり、それも嬉しくて、別の意味で感動。こんな素敵なコンサートにご一緒している方の目にふれて、ちょっとでもコンチェルトや、エレクトーンに興味をもっていただけたら、その機会を得られたこと、有難いと思いました。

帰りの地下鉄までの道で、全く見ず知らずのやはりコンサートにいらしていた方と、一緒につい、今感じた思いを分かち合う会話。笑顔でよかったわ、素晴らしいわと語り合える!なんて、素敵なことでしょう。

私も感動を与える人になりたいな。

ここまでに至るには、たくさんの努力を重ねてこられたのであるわけで、せめてその感動のお裾分けあなたにも伝えたい!

最近にないコンサート、ご紹介下さったことに感謝、私も頑張っていきたいな。

今日は、またまた偶然の出会い❤楽しみもふえました。こんな恵みを与えられて、誰が届けてくれるシナリオ、嬉しくて感謝の思いでいっぱいです。神様、ありがとう。
Img_20170510_004752


2017年1月22日 (日)

天空コンサート第三部アルバム

さて、引き続き1月8日開催の天空コンサート第三部のはじまり~♪

オープニングは、一部でコンチェルトしてくれたお友達がママと連弾してくれました。親子連弾!でもねかなりうまかったー(*^_^*) ママは、10年ぐらい前に私とコンチェルトして下さったことがあり、2世代にわたってコンチェルトリピーター。超嬉しい~そして、有難う! 曲は「そりすべり」

Ap1080058a


次は私の唯一の小さな・・・といっても、すでに3年生になった!(笑)彼女はこの曲を自分で選んで、正味2週間ぐらいで仕上げました。えっ?どうやって教えたかって?それはね、、、本当は企業秘密で内緒なんですけれど、音楽ではなくて、練習方法を教えるレッスンをしました。素直な彼女は、そのプログラムされた?方法で、弾きあげてしまい、ちょうど義母の入院騒ぎでレッスンの回数が賄えない中にも、弾きあげることができ、またステージでも、私のサポートを全く受けず(私はお着替え中ゴメンナサイ)たった一人で、堂々と弾けて、先生はびっくり! 小さい時に人前で大泣きしていたAちゃんの成長、これからもがんばろうね❤

曲は、オッフェンバック作曲の「天国と地獄」

P1080118a

次は一部でコンチェルトしてくれた中学生の男子!坂本龍一の「Energy Flow」を弾いてくれました。会場に流れる一味違うピアノの調べ。本格的なクラシックとは異なるピアノは、聞く人の心にじわじわと伝わります。親しくしている先生の教室の生徒さん、その成長がとても嬉しく、ピアノ大好き一生のお友達!と、音楽をとても心の支えにしながら豊かに生きている姿が眩しくもありました。これからも聞かせてね。

Ap1080062a
エレクトーンをずっと習ってくださっているシニアの生徒さん。今回私がアレンジして、月間エレクトーン50周年記念の時に金賞をいただいた「Time to say Good Bye」をご披露下さいました。こちら原曲は4拍子ですが、ワルツで踊れるように3拍子で仕立てています。好きな曲を楽しく奏でる姿は、素敵~お写真、こちら、後ろ姿になってしまいましたが、これも記念!

Ap1080063a

次の方は、最近私のレッスンに通ってくださるようになり、またまた私も楽しみが増えた感じでいます。正直、教室活動は、日々忙しくしていますのでなかなか安定した継続の中で小さいお子様などをお預かりする責任を持つことはできませんので、大人の趣味の方や、ご専門の先生方がいらして下さっています。ネットをご覧になって、数ある教室、レッスンの中にワタクシを選んで下さって有難うございます。これからどうぞよろしく!曲は「君の瞳に恋してる」

Ap1080065a
今回が私のレッスンではじめての発表会お二人目は、ピアノでなくギターの弾き語りでプロデビューを果たした藤田沙織さん。ピアノの発表会だから、ピアノで出たいご希望があったのですが、私からリクエストして、本業?!のボーカルでご披露していただきました。ご自身の思いをつづった「まち」という曲。地方から東京にやってきた人ならだれもが胸にしみる思いがつづられて、感動の涙を誘っていました。歌もピアノもがんばれー。

Ap1080068a

ボーカル二人目は、九州からの参加、もう15年ぐらい前に福岡で専門学校時代の教え子で同郷であったことが今もご縁をつないで、時々こうしてサロンに参加してくれる川崎君!実は双子のお父さんであり、会社の社長さんとして普段は檄を飛ばしている?!かどうかは知らないけど(^^ゞ、「君のぬくもり」というオリジナル、ギターの弾き語りのバックに音源もご自身でDTM制作。好きなことを少しずつでも続けている姿を見ていると、嬉しくなります!

Ap1080073a

ピアノもエレクトーンもばっちりで、その音楽力に加え鍵盤ハーモニカにも長けた演奏を聞かせてくれた岡崎有美子先生。弾き語りって、いうか一人アンサンブルショータイム♪ステージ狭しと、エレクトーン弾きながら吹いたり、自動演奏にのって、ピアノに移動してアドリブ、やっぱりね、演奏する人は、自分が楽しい、って気持ちをこうして伝えてこそ、音楽なのだと感じさせてくれるステージ。イントロの鍵盤ハーモニカは、渋くてこんないい音がすることを会場のみんなも彼女から教えてもらいましたよー 曲は「You are My Sunshine」

Ap1080074a

三部の最後はアコーディオンの登場! いろんなのが聞けて楽しいワタクシの天空コンサートなわけですが、日ごろの繋がりでステージがにぎやかに、飽きないものとなっていて、私自身が楽しめるかどうかでセレクトさせていただいてたり←嘘びょん!(笑)

北千住に住んでる本田千香さんとのご縁も、つい最近なのですが、意気投合、絵アコーディオン、エレクトーンとミュージック統合、暮れにジョイントライブを行いました。こちら今後もやりたいので、みんなお客様になっていらしてねー。

P1080142a

さて、本田さん、私のオリジナル曲「真っ赤なリンゴのロマン」をエレクトーン伴奏でご一緒した後は、ソロで「12番街のラグ」 アコーディオンの生演奏なんて、初めての方も多かったようで、興味津々、そして凄い音楽性あふれる楽器であることに感嘆! ラグタイムも新鮮に伝わっていたようでした。

多彩な音楽、やっぱりアンサンブルって楽しいし、弾いている人だけでなく、会場のお客様もそれを聞いて一体となる姿こそが音楽! 共感の喜びをともに分かち合えるステージ作りが、プロデュースする私の役目だと思っています。

三部の皆様有難うございます。

2016年11月14日 (月)

天空まだソロならOK!

1月の天空の申し込み、ほとんど出揃い、コンチェルトは締め切りました。お申し込みの皆様には、参加費のお振込を頂戴しておりますが、まだの方はお早めにお振込をお願い申し上げます。松丸へ、直接のお支払でも構いません。

また、ここに来て、新たなお申し込みをソロでいただきました。ありがとうございます。ソロのほうは、出演者枠がまだ少しありますので、ご検討のかたは、ぜひご決断!してくださり、どうかご一緒に楽しく盛り上げましょう。よろしくお願いします。

なかなか忙しくてフライヤーが作成できておりませんが、出来上がり次第参加の皆様を中心に配布、みんな聞きに来てね、無料
ですよ❗❤(^o^)✌

2016年8月11日 (木)

P&Eコンチェルトにおける音色レジストの作り方

今日は、新しい生徒さんともいえる方が午前中レッスンにお見えになりました。

先日から、公開録音にも見学に見えておられ、本質的なコンチェルト演奏にご興味が御有りなのだなと思っておりましたら、かなり以前からお友達とコンチェルトスタイルで演奏を続けていらしたとお聞きし、ご質問の内容の高さに、そのキャリアを大変感じました。

つまりは、私の作る音色、レジストにもご興味をお持ちくださっていらっしゃり、大変嬉しく思いました。

これは・・・・企業秘密なので爆笑!(そんなに価値があるものでもないが(^^ゞ)こちらでお話しするようなことでもないのですが、あまり講座でも、レッスンいらして下さる方しかお話ししない、私なりのコンチェルト経験に寄り育った「耳」が作る音作りをお話しいたしました。

こういう話は、ご経験がないと、なかなか伝わらないお話しとなり、単に物まねで終わってしまいがちでも困るなという要素大のため、つまりは、私の独りよがりの価値観において作られた音色観なわけですので、相手を選んで、レッスンの生徒さんにしかお伝えしていません。

はじめてに近い彼女は、ご自身のキャリアと、先日の録音の様子で、すっと合点を得た様子で、すっかり私は嬉しい気分になりました!

これから、様々な楽曲を弾いて聞かせていただけるのではと、とても楽しみが増えました!

なんだか、最近・・・・私の周りでコンチェルトを応援、演奏して下さる方々が増えてきた実感があり、本当にうれしいなぁ。

一台でできるオーケストラ、オーケストラのスコアを一台でまとめる音色にもアレンジの力は必要で、もちろん、譜面としても一台3段のオルガン譜にまとめる技術は必要だと思います。

どんな電子オルガンでも、機能に頼らず、生演奏として伴奏していく姿が新しいのか、古いのか、その判断はまちまち~でも、皆さん、良く考えて見て下さい。エレクトーンの原点、楽器としての3大要素、多彩な音色、三段鍵盤、リアルタイム演奏!

それを満たしながら、他の楽器、歌、等と寄り添っていくことが可能の有能さは、まさしくそこにあると思いませんか?

バッハがオルガンを愛し、ピアノへと時代が移っていったように、現代ではもしかするとピアノから電子鍵盤楽器と移っていく流れがあるのではと私は信じています。

自分が生きているうちは、まだまだ機器としての電子オルガン的な見え方かもしれません。でも、そのうちに、有能な人材、音楽家が電子オルガンにも生まれてくることを信じています。

過渡期に役立つ「初めて出会うコンチェルト」だったりしてー!

ご一緒していただけます皆様、頑張ってまいりましょうね!

2016年8月 6日 (土)

弾き語りのレッスン

Dsc_0549

この春ぐらいからレッスンしている生徒さんは、すでにプロデビューしているアコギのシンガーソングライターで、「サポニン」さん。

素敵な歌を都内のあちこちでライブして聞かせてくれてます。

ふとしたご縁で、ピアノのレッスンに知らして下さるようになり、ご自身のバラードをピアノで弾き語りすることを目指して、ただ今頑張っているのです。

YOU TUBEで「サポニン」でご検索くださいね。

2016年7月29日 (金)

作品販売について

多くの人に親しまれている音楽をピアノをメインとしてエレクトーン伴奏を付けた編曲作品を「初めて出会うコンチェルト」として、PTNAミュッセから発売しています。

こちら、お買い上げのお客様から、いつもいろいろとご意見頂戴していますが、現在スマフォなど携帯でのご注文がうまくいかないとのご指摘をいただいています。ミュッセの方もそちら認識しているようですが、もしご注文がうまくいかない場合は、どうぞお知らせください。

ホームページですべて賄うようにしたらとのご意見もいただき、ちょうど来春がホームページリニューアルの時期となっていますから、これを機会に少し販売についても考えることにしました。

といっても・・・ワタクシは、制作のスタンスをかえるつもりはなく、とりあえず「初めて出会うコンチェルト」に関しては、これまで通りミュッセから、それ以外のものについては、ホームページを自分のお店として、手作りケーキをお店に並べる感覚で販売していこうと思っています。

今、ホームページ制作でお世話になっているスタッフさんにいろいろと相談しながら進めております。

よって、導入の「はじめてのレパートリー」30曲に関しては、楽譜データ共に単曲販売を可能にしていくつもりです。

また、大人の生徒さんのために作ったエレクトーンソロアレンジや、他の楽器とのアンサンブルエレクトーン伴奏楽譜や、私自身の作曲作品など・・・・これまでお蔵入りだったものを、少しずつ発表できるホームページにできたらと思っています。

導入の作品は、いくらでも!~あったらあったで、難解でも使いまわしする勢いで、生徒さんにレッスンしていただけることがわかりましたから、楽しい曲名つけてエレクトーンで音源作っていきたいです。

「はじめてのレパートリー」は、私が40歳の時に作ったものです。あれから18年が経とうとしているのにお使いくださるコアな(^^ゞ先生方に支えられて、とても嬉しいです。知らない方もたくさんいるわけで、広げていくチャンスも訪れたけれど、やはりエレクトーンがネックだったようでした。

でも、私はエレクトーンで生きて音楽を作っていきたいと思っていますから、それでいいと思っています。ピアノ指導に役立つ教育機器であろうが、歴史の浅い楽器で社会性が無かろうが、私自身が選んで良しとしているわけですので、きーにーしーなーいー♪(*^_^*)

お使いになった先生が生徒さんと楽しく笑顔になったら、それで十分!

エレクトーンの伴奏で弾いたり、連弾で楽しむピアノ伴奏編もありますから、適宜お使いくださいませ。

これからもよろしくお願いいたします。

2016年7月28日 (木)

所属と活動

現在、jetの方はヤマハ福岡店、小倉店のアドバイザーとして担当している関係で、住まいのある東京で教室活動を行っておりますが、会員としての所属をどちらかの楽器店に籍を置かずにおります。

PTNAの方は、自宅でお教室を展開される先生方の特質上、あまり楽器店の所属拘束がjetのような体制ではないため、私は無所属でピアノレッスンにお役にたつエレクトーン作品を作る研究をしています。

どちらにとっても、どこかふわふわと居場所のないわが身のようですが、お陰様で様々な先生やスタッフの皆様との交流で、楽しく制作にも人生にもプラスになる関わりで頑張れております。

今回、10月の自主セミナーは、一応PTNAからは登録セミナーとして申請させていただきました。jetの方は毎回、本部を通して後援をいただくようにしています。

ご興味のある方々が次第に増えていくのに従って、力を貸して下さる方も増えてまいりました。

私は、自分から売り込みに行くのが下手ですので、(それで?~って言われるかも(^^ゞ)何かしらのきっかけが必要なのですが、生徒さんが今回ベーシックをお買い上げ下さったり、お使いになられた先生がコンチェルトに大変ご興味をお持ちになられたり、感動したお気持ちをあちこちで伝えて下さったこと、信頼できる印刷業者さんとの出会いなどがあり、講座のチラシをPTNAでは会報等の封入サービスを使わせていただくことになり、jetでは銀座店からは先生方へご案内していただくことができるようになり、大変感謝しています。

すでに10月の講座は予約で3/4程度埋まってきましたので、午前の部も開催する予定です。

リピータの方を中心とした皆様は当初の午後に、これからの方は午前にご案内をさせていただくつもりでおりますので、必ずご予約をお願いいたします。

作っているときには、変な言い方ですけれど、大変孤独ですが、幸せな気持ちで制作するとよい作品として愛好されることの実感があるのです。

多くの方々のお耳に届けられるようになりますこと、どうぞ応援して下さいませ。

2016年7月26日 (火)

コンチェルト公開録音無料見学ご案内

エレクトーンによるコンチェルト公開録音会お知らせ~

8月4日10時~二時間程度、埼玉県松伏町田園ホールエローラ(カバー写真に使っているホール)、ピアノとエレクトーンのアンサンブル、はじめて出会うコンチェルトVol.19 20の録音を行います。ご興味あるかたは、どうぞ自由にご見学ください。(無料)

エローラは芥川也寸志さん設計の大変響のよいホール、スタンウェイとヤマハステージア、導入から講師演奏まで、発表会に使える曲を演奏いたします。一台ずつのバランスやオーケストラを一台で賄うアレンジもじっくりお聞きいただけることでしょう。
演奏はピアノを新明知美さん、エレクトーンはワタクシ松丸弘子です。

演奏曲
シューベルト/軍隊行進曲、
ブルグミュラー/牧歌、
バスティン/三つ子のマーチ、闘牛士、聖者が街にやってくる、
エルガー/威風堂々
グリーグ/アニトラの躍り、
グルリット/小さなロマンス、
ビゼー/アルルの女より第2組曲メヌエット、
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番第一楽章より

いらして下さる場合、ご連絡くださると嬉しいです。

2016年7月16日 (土)

レッスン

久しぶりのレッスン、忙しい私のスケジュールに合わせてくれる生徒さんたちとの時間は、単にレッスンの時間だけではありません。
1ヶ月近くご無沙汰だと、あれっ、なんだかお姉さんになった、その成長ぶりにびっくり!
ご専門のピアノの指導者の方のレッスンでは、コンチェルト。
今日は、新作のハチャトォリアン「剣の舞」と、私のピアノ曲「予感」
アンサンブルレッスンは楽しくて、ついにエレクトーンを購入されるとのこと!
これから彼女の教室は、エレクトーンが入ることで、コンチェルトをはじめとした指導フィールドが広がることかと思い、私も教え甲斐感じてますます応援していかねば!
Image


Image_2


2016年7月10日 (日)

大塚貴之 朗読コンサート

柏の中村順二美術館で、大塚貴之さんの詞の朗読コンサートが開かれ、当日いきなりでしたが、文学とアートと音楽のコラボに興味深く、聴いてきました。

この中村順二美術館は、ダウン症であった中村順二氏の個人美術館で、カフェも伴い、ふだんから様々な企画展が催され、ピアノもありますので、歌の会も定期的に行われており、小さな文化発信が行われて、集う楽しみ溢れる場所となっていました。

今日の大塚貴之さんもダウン症、彼の優しく語られた言葉の真実を伝える朗読者の表現も素敵で、その演出にギターとアイリッシュハープ、キーボードが、詩に合わせて支えており、心地よさは格別の癒しになっていました。

このキーボードの方と親しくされている先生が私との共通のつながりで伺ったわけですが、お話も弾みあれこれ盛り上がったら、なんと!また別のつながりでご縁を見つけてびっくり。

また、ギターのかたも、おなじ松丸さんで、ご先祖繋がりだと、こちらも盛り上がりました。

更にアイリッシュハープ!私は以前からハープに興味あり、ほら、私のコンチェルトって、ハープがよく登場するでしょ(笑)だから、今日は、ハーピストの彼女にお願いしてちょっと体験、そしたらギターの松丸さんが伴奏して下さり、きらきら星なんぞ、セッションした!嬉しかった🎵😍🎵

新鮮な感動、心温まる和やかな時間とおもてなしのコンサート。また行きたいなー。

大塚さんの地元、神栖市からの皆様が届けて下さった素敵なひととき、キーボードのうつのみやきょうこ先生、関係の皆様、本当にありがとうございました。❤

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ