音楽

2022年9月25日 (日)

初めて出会うコンチェルト〜ピアノとエレクトーンで楽しむ秋のコンサート

埼玉県春日部市庄和町正風館での初めて出会うコンチェルト〜ピアノとエレクトーンで楽しむ秋の一日、懐かしい町でたくさんの皆様に音楽でご一緒することができ嬉しい一日となりました。ご来場の皆様、お招き下さいました正風館の皆様、お世話になりましたスタッフの皆様、大変有難うございました。


一部は、地元の先生方によるコンチェルト、圧巻のチャイコフスキーピアコンに始まり、ブルータンゴ、フォーレシシリエンヌ、エルガー威風堂々、ビゼー闘牛士の歌と多彩な選曲、全て私のアレンジを取り組んで下さり、コンチェルトの楽しさを伝えて下さいました。先生方が楽しそうに一生懸命に寄り添って弾いてくださる姿をとても嬉しく思いました。大変有難うございました。


二部は、私のソロ7曲で、ジャズバラードにアレンジしたStar Train以外はオートリズムを使わずのノーマル演奏、クラシック癒やしのエレクトーンテイストで私らしくまとめました。

観客席、皆様大変熱心に聴き入って下さり、以下お客様からの嬉しい感想が早速たくさん届きましたのでご紹介します。


エレクトーン、きれいな音で素晴らしいの一言でした。CDはありませんか?→YOUTUBE松丸弘子チャンネルご紹介(*^^*)させていただきました。以外とオリジナルアップしています。


G線上のアリア

エレクトーンだといろんな楽器が聞こえて素敵な音楽になりびっくりしました。〜エレクトーンだからこそできる音色アレンジの楽しさで作り込みました


アイネクライネ

毎朝YouTubeを聴きながら散歩していますが、弦楽合奏の原曲かと思うほど、美しい音色でした。


誰も寝てはならぬ

歌が聞こえてくるかの、複雑なテンポとオーケストレーションを難なくエレクトーン用にアレンジなさって、ウルウルきました。


ひまわり

きれい❣️心に沁み入りました。映画を思い出して懐かしかったです。


AGATA

藤沢周平の世界が見事に音に具現化されてたと感じました。庶民の哀感、弱さ、でもしたたかに生きる人達が思い浮かびました。冒頭ののメロディが素敵でした。〜こちら最も好反応いただきました。


木星

圧巻というしかないど迫力体の底まで低音が響いてきました。


三部は、神足麻由さんのピアノソロ3曲、リスト愛の夢、ショパン幻想即興曲、英雄ポロネーズ


彼女のピアノ、素晴らしく何が新しい出会いをその音楽に感じるものがありました。特に中音域から低音の奏法と音は、ピアノ作品をより立体的にコントラストをつけて、まろやかで深みがあり、渋さがありました。ピアニシモの美しさ〜大人のピアニシモ!儚さや、奥ゆかしい呟き、なんと上品なのでしょう♥低音は叫ぶのではなくまるで包み込む、すべてのその瞬間のサウンドを凝縮しても整理し支えて、上手くいえないのですが、ピアノという楽器を使ってオーケストラを聞いているかのようでした。そして、彼女はピアノで呼吸しているのでした!


自分の演奏を全うし、お聞き頂いたお客様の心を掴んだあとに、今度は麻由さんのピアノが体に沁み渡り感動、彼女はますます大いに活躍される演奏家になられるのではと思いました!


今日の一日、長々とお読み下さり有難うございます。普段は日常の業務に追われ、主に教育的なところで活動する私には、なかなか自作曲を生でお伝えする機会に巡り会えずにいました。

また、いわゆる私がいいなと感じるエレクトーンの世界は、他のエレクトーンの世界とは離れている気がして裸になる気分にもなれず自由な表現ができていませんでした。

しかし、一般の皆様の音楽を楽しむ自由な心にこの春辺りから触れて、自分の信じる世界を広げていく勇気も湧いてきました。新しい世界が広がった手応え感じます。

マイペースでこれからも精進して参りますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。松丸弘子

1664103612473

1664103608818

1664103639405

1664103639488


2022年9月10日 (土)

メンデルスゾーンが聞きたい!

土曜日の午後はコンサートへ。今日は、久しぶりの六本木のサントリーホールブルーローズ(小ホール)、

ベルリンで音楽を学ぶ3人によるメンデルスゾーンを堪能!

題して「〜メンデルスゾーンが聞きたい〜」
確かに(^^ゞ・・・そのまんまで主旨貫徹実感しましたですよ〜。

やっぱり生演奏はいいなぁ!音楽って最高(^o^)

今日の演奏は、流石の高い演奏力を持つ3人の若いエネルギーがほとばしるようで、
前向きで健やかでフレッシュな華やかさがきらきら輝いていました。

聞く人の心に活力を与えてくれる感動の素晴らしい音楽会、
ヨーロッパの香りが漂ってきたかのようでした。

プログラムは、ピアノとバイオリンのためのソナタヘ長調、
ピアノとチェロのためのソナタ2番、
休憩のあと、
ピアノソロで無言歌3曲、
最後に、ピアノ三重奏曲で、より作曲家に一歩近づくことができました。

また、個々の曲を通して、バイオリン、チェロの楽器もより深く学ぶことになりました。
お二人とも、表現力豊かないい音♥で素敵でした。弾いてる真似して、エアチェロ〜エアバイオリン😅

更に一番聞きたかったピアノ、実はかねてから密かに応援するピアニストさんなのですが、
今日も素晴らしくて、まるでオーケストラを聞いているようでした。

そしていつも感じる品格ある音と演奏〜!大好きなんです。

今日の作品には、彼らの息のあったアンサンブルの中における
ピアノの卓越した技巧があちこち光って、
だからといって叫びすぎる話ではなく美しくまとまり、
3人ならではのサウンドが素敵、ピアノ三重奏曲は素晴らしかったです。
今日もまた幸せになりました、有難うございます。

また聞きたいなぁ〜♥


2209101939002912

2209101939229552

220910193946596if_1_burst220910193946596

2209101614280322

220910161724486

2022年9月 8日 (木)

トリオコンサートへ

Yumeriahall

7067546

2209081843091222

午後から練馬大泉学園ゆめりあホールまで、バイオリン、フルート、ピアノのトリオコンサートに出かけてきました。

午前中からのスケジュールが押してしまい、最初の2曲目あたりで到着、ピアノ3曲目ショパンからお聞きしました。

今日はナビゲーターが登場し、各曲を解説、特に作曲家についてのエピソードを興味深く聞いて演奏をお聞きするスタイルで、大変解りやすく楽しめる音楽会!

プログラムは初めて耳にする作曲家、ヘンリク ヴィエニャフスキとか、これが一曲めで、聞き逃してしまいました(泣)安田さん、ごめんなさい。

2曲目ピアノと、後半のバイオリンでフィリップ ゴーベール、こちらは名前だけ聞いたことありましたが、じっくり聞いたのは今日が初めて。新鮮で、面白くきかせていただきました。

ピアノでは、ショパンのノクターン13番とマズルカヘ短調どちらも、すっかりショパンに精通の安田さんが、まるで言葉を自由に語るような演奏、気持ちも自然に聞き入ることができて、楽しめました。

一部最後に、ニノ ロータの、フルートとヴァイオリン、ピアノのための三重奏曲があり、ニノロータって、あのアランドロン主演の「太陽がいっぱい」映画音楽テーマを作曲者じゃないかと、ひたすらプログラム手にとってびっくり!そして期待を膨らませて、じっくり聞き入って、とってもよい作品!ひたすら、心の中でへぇ〜ボタンを押しまくってしまいました。

で、フルートもヴァイオリンの彼女たち、なかなか上手い!

そんなことを考えて、ニノロータって、凄かったのだな。と、納得!ポピュラーで活躍される作曲家は、クラシック作品もしっかりした足跡があるものですよね。

休憩〜

後半はワタクシが、だぁ〜い好き好き♥なプーランクのフルートソナタがあり、もう嬉しくって、ルンルン(^o^)素敵な至福のひとときでした。

2209081951170232

2209081952259122

この曲、素晴らしいと思っており、冒頭のフレーズが耳にのこります。娘が中学生の時に習っていたフルート、その関係でフルートのコンサートに出かけるようになり、初めてこの曲を知った時の衝撃たるや大変なものがありました。当然譜面をゲットしプーランク研究(^o^)フルート自体がよくわかっていませんので、へぇボタンレベルの理解しか得られていませんが、音使い、フレーズの回し方が、フルートという楽器をとてもよく捉えた音楽だと思います。

さて、バイオリンでは、クライスラーの「序奏とアレグロ」この曲もなかなか良かった!そしてヴァイオリンの彼女の思いの詰まった情熱的な演奏に魅了されました。

最後のプログラム、ゴーベールの曲も、意味有りげなフレーズの絡みが、伴奏のピアノとは言えないバイオリンとフルートがピアノを支えて、フレーズが伴奏に聞こえ取り扱われて作曲されていたり、作品に引き込まれました。

アンコールは、ニュー・シネマ・パラダイス!トリオの3人の息のあった演奏に不覚にも涙!

全曲、アンサンブルとしての安田さんのピアノ伴奏というか、支えが光り、7月のソロリサイタルで信念のショパンを聞かせていただいたわけですが、今日はまた、ソロだけでなく、寄り添い引き立て、作品の価値を深く理解した土台ピアノは、フルートとヴァイオリンを輝かせてておられ、ご自身もそのこと自体を大いに楽しんでいらして、素晴らしかったです!

長年の経験と、おそらくナビゲーターさんや支えるスタッフさんたちのコミュニケーションがとてもよく、のびのびと奏でていらっしゃる、活動を楽しんている姿で、皆様に爽やかに伝わってきました。

文化庁支援事業、プレリュードのお名前で企画運営、これからも素敵な音楽会を開いてくださいね。

素敵な音楽を聞いて、すっかり元気をいただいて満ち足りた気分(^o^)有難うございました。


2022年9月 1日 (木)

芸術の秋がやってくる!

Photo_20220830232701

九月になりました。秋は芸術のシーズンです!

今年は、なるべくいろんなコンサートに学びを兼ねて、刺激を求めに出かけたいと、あちこちチケットを押さえました。

最近は、興味があるものに一人でも足を運んで楽しんでいます。

九月はピアノコンサートや室内楽、4つのコンサートを楽しみに出かけよう! 

コンサートに行くと、その感動で気持ちが豊かに満たされて、2.3日はその気持ちが継続、

その幸せの実感こそ、音楽のすばらしさ!

そして自分自身も演奏を誰かに伝える時に、その喜びを分かち合うかのように音楽を奏でます。

親しくしている方々のステージ応援も、
よく存じているからこその努力とか、葛藤とかを感じて、
その上で与えられた感動は、胸に迫るこみ上げるものがあり、
言葉で説明してどうこうという話ではない共感を実感してしまうものです。

音楽家の端くれとして、彼ら彼女たちの思いは、皆同じ、心は一つ。

その姿に触れることも、大切な学びでもありますもの。

コロナ禍で、これまで実施できずにいた演奏会がどんどん開かれるようになりました。

7月には、さらなる感染におののいて、私なんぞは来年のことなのに、銀座をキャンセルしてしまいました。

でも、キャンセルしたことでリセットになり、仕切り直し、原点回帰となれた気がいたします。

少しずつ、また頑張れそうな気分です。

2022年8月11日 (木)

エレクトーンノーマル演奏

2004101730265vn2_l

この数年特に感じるエレクトーン演奏について、子供たちの演奏には全く違和感を感じないけれど、大人が弾くエレクトーン、大音量や、けたたましい音楽に聞こえてしまうことが多いのは、私の年齢による感性の変化かしら?とおもってみたけれど、自分のエレクトーンオリジナルをきいてみると、そりゃ自作ならば、自らがよいと思うものを作成いるので、自分のカラーを全面に打ち出した作品であり、すでに30代半ばで今の感じ変わらずだから、ある意味これは、私らしい音楽なのだと思います。

エレクトーンというより、やはりオルガンとして奏でたい派なのだと思います。

様々な機能を大胆に活用し、大音響でのパワフルな演奏はそれはそれで素晴らしい‼️けれど、私にはそれは既についていけない感性なのかもしれません。音源作成機械を操るようで、全く別のエレクトーンの世界のように感じているのが本音です。

随分長い間、その路線に合わせている自分もいたわけですが、自分が納得できない音楽を必死に追いかけるのはやめにして、年相応の自らの音楽性を大切にしたいと思っています。(*^O^*)

さて、今日はたまたま体調崩して昼から横になっていたら、映画「ひまわり」をWOWOWでやっているではありませんか。

ちょうど、このところ取り組んでいる曲でしたので、じっくり鑑賞。泣けました((T_T))

一応データを作成したものの、リズムが煩く感じてしまい、バラードの密やかに品よくと組んでみたものの、全くよいと思えず、思いきってエレクトーンの音色を生かして、リズムなしでまとめることにしました。

透明感のあるストリングスの輝きを、しっとりと丁寧にうたい込むように弾くと、ヘンリーマンシーニのぐぐっとくるメロディーが、エレクトーンの音にのって、演奏に艶を出したくなるかの勢いでした。

エレクトーンの音は何?

と聞かれたら、やはり!ストリングスではないかと思うのです。

埼玉春日部のコンサート、プログラムに入れなくちゃ!お楽しみに~

2022年8月 8日 (月)

ひまわりEソロアレンジ

今日も午前中はオンラインでjetの新会員登録セミナーを実施、頑張っていらっしゃる新会員さんに導入指導をテキストに従ってお伝えしたあと、午後からその方のグレード合格の報せ、良かった(^o^)❤️


ちょっと気分も上がってきたところで、本日もコンサートの仕込み=レパートリーで、少し前から書きかけの「ひまわり」を音色のせながらアレンジ致しました。

なんか、コンサートでひくオリジナルとテイストが似ているかと、そして、こんな女性の悲しみを歌う作品、もしかして得意?(^o^;)

そうよね~失恋したりした時のあのドツボ感といいましょうか?あ~、これだから、上手く行かないわねぇドツボって(* ̄∇ ̄*)

中に何がいるのよ!

はいっ、泣き虫。(笑)


コンサートのプログラムいろいろ考えながら、だんだん楽しみになってきて、一時は鍵盤をみるのも嫌だったのに、少しずつ元気になっている気がします。

よい音楽にふれたからかも。

あと、銀座を一旦キャンセルしたら時間ができたと、気持ちがかなり前向きに。

たまたま福岡でご一緒していただいてるM先生からラヴェルのピアコンのリクエストが!

この曲、少し前に張り切って準備途中でタイムアップ、だから少し書いているのですが、近現代バリバリの譜面でなかなかワタクシには当時ハードルを感じました。

最近、もういろんなことを気にせず自由な自分らしさ追及でいるせいか、筆もすすみ、挑戦する気持ちがまた復活してきています。

譜面を開いて、ついその気になります。

あと、みんな初めて出会うコンチェルト版で、原曲抜粋で制作するのを良し!とした活動だったわけですが、そこもピアスコアへ移行して、私なりの縛りから解放されたから、これからは、ピアコンに関して、そのまま原曲サイズで書いていこうと思っています。

やっぱり、書いたものは、何処かで弾きたくなりますよ❤️

コロナが回避、また元にもどってきても、私は元にはもどれない(^-^;

これを成長、進化とよぼう!

けっして、老化とか、退化とかいわないでぇ~(笑)

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

ひまわり~結構弾き甲斐あるアレンジでよい感じにまとまった(*^O^*)お楽しみに♥️

Fb_img_1655426651437

2022年8月 7日 (日)

美女と野獣のトークコンサート

今日は午後から楽しみにしていた音楽評論家の真嶋雄大氏によるプロデュース、シリーズで開かれている「美女と野獣のトークコンサート」にヤマハ銀座店6階のサロンへ行ってきました。


ちょうどホールではエレクトーンコンクールの真っ最中、そちらも気になりましたが、今日は、聞きたいピアニストさんたちのオンパレードで、一番前正面に陣取りじっくり堪能、素晴らしい演奏と、集中力、それぞれ華やかで素敵でした!


因みに今日の演奏者は、小川典子さん、三舩優子さん、ご一緒されたドラムス堀越彰さん、連弾ピアノ平田奈夏子さん、バイオリン鈴木理恵子さんと伴奏の若林彰さん、松本和将さん、須藤千晴さんでした。凄いメンバーでしょ‼️


実はコロナで頓挫してしまいましたが昨年開催される予定だった斉藤雅広さんが2021/8/8にお亡くなりになられて、先生を偲ぶコンサートとして開催、斉藤先生とお付き合いが深い素晴らしい皆様が集まってのサロンになり、華やかで多彩で何よりの供養になったと思いました。


いい音楽を聞かせていただくと、元気になり、前向きな気持ちになります。特に今日は各演奏家の皆様が、斉藤先生へ思いを込めて弾いていらっしゃるように感じられました。


音楽の力で、幸せになれるって、素晴らしいことだなぁ、伝える喜び大切にしていこうと思いました。


いつもこのような企画立案提供、真嶋先生ありがとうございます。また楽しみにうかがいますね~


追伸

ベーゼンドルファーの音も素敵ですね❤️温かみを感じるのは私だけ?どんな迫力にも、ピアニシモにも優しさがあり、まろやかに感じました。ちょっと弾いてみたいかも~(^o^)

Photo_20220807231501

Dsc_29382

Dsc_29372

最後の写真は、来場者ひとりひとりに渡されたバラのシールを、斉藤先生のパネルに出演者の皆様のサインとともにメモリアルとしたパネル、このアイデアも良かったです。

斉藤先生、私は同い年だったから、ちょっとショック~心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2022年7月19日 (火)

ひまわり

昨日お知らせした9月のコンサートのために、映画音楽のアレンジ。

スタンダードな名曲だけに、あまりオリジナリティを加味せぬほうがよいかと、メロディにコード付け意識しながらひろってみたら、意外と難しい!

ヘンリー!(マンシーニ)ここは、何のコード?

切ないメロディの背景は、緻密に、切々と訴えかける。

で、G7♭5であることに気づいた!

G7♭5   G7   Gm7♭5   C7

内声の動き、、、きれいでした。

レパートリーをひとつ増やす喜び~

Flyer_1



2022年7月18日 (月)

9月の埼玉庄和正風館

実は9/25に埼玉、春日部の庄和町正風館という500ぐらいあるコミュニティーセンターホールで、町の文化事業の一環として、コンサート出演参画を頼まれ、コンチェルトはもちろんのこと、エレクトーンのソロもご披露することになっています。

そのチラシが送られてきて、アットホームな雰囲気が和みました。事務局作成で、毎年このような取り組みを行っていらっしゃるようで、なんといっても無料!やはり、ホール自体が企画して下さるイベントにエレクトーンを取り上げていただけるなんて、嬉しい😃💕ありがたいです。

いろいろアイデアご提供し、地元の先生方のステージや、地元出身のピアニストさんの演奏もあり、2時間聞き応えありそう~

庄和の皆様、どうぞよろしくお願いします。

16581543466882

2022年7月 4日 (月)

安田裕樹ピアノリサイタル

午後から安田さんのピアノリサイタルへ~オールショパンで、スケルツォをベースにワルツをその前に持ってきた括りのプログラム、ピアノの詩人ショパンを堪能して帰ってきました。

Dsc_00092

安田さんは、エレクトーンとのコンチェルトにも精通され、いつもご一緒されている黒園さんと、ラフマニノフや、リスト、ショパンと演奏されたのをお聞きしたことがあります。また王子ホールでのベートーベンやフランス歌曲の伴奏など、この数年何かと刺激を受けながら耳にしてきており、大変精力的に活動されていらっしゃるその姿には、毎回信念を感じるもので、ピアノに生きていらっしゃる迫力を感じるのです。

Dsc_00082

特にプログラム後半に連れて、思いの丈を存分に発揮、心が込められていて、最後のアンコールのワルツ2曲まで、ショパンを語る安田さんのピアノでした。

まるでハープ?みたいな柔らかく繊細な音が聞こえてきたかなと思うと、幅広い雰囲気の中間部音域から低音部へのまろやかな動きや、またテクニックを駆使されながら、シンフォニックにも聞こえてくる印象的な音型の連続部分など、スケールの大きい作品をより伝えていらして、その集中力は流石です‼️

実は来年、銀座にご一緒していただく予定にしているのですが、ワタクシ精進せねば、申し訳がたちません(^o^;)

と、

刺激を受けつつ帰宅。

Dsc_0011_20220704184401

Dsc_0014_20220704184501

今日はマダムの生徒さんたちお二人とご一緒していただきました。

くすぶるお天気が、なんと陽の光輝く夕焼けへと明るい予感❤️

安田さん、素敵なコンサート、ショパンのひとときを、ありがとうございました。

より以前の記事一覧

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ