音楽

2021年1月 7日 (木)

月エレ掲載で

月エレにオンラインセミナーの件で掲載されたことがきっかけで、あちこちからメールをいただきました。

また、同じエレクトーン仲間として、エレクトーン普及に頑張っている方からのお問い合わせは、嬉しくて、私も励まされます。

やはり流通した専門誌をご覧になっている方々が多いわけで、その世界の端で頑張っている方々がたくさん見ていらして、違うなぁと今さらですが月エレで、気持ちが前向きになります。

これまで、音楽の方向として、受け入れていただけないような世界を感じるのは私だけかと、読む度ごとに落ち込み、音楽を否定されたかの気分になっていました。

今から20年以上前に自分がまだ若い?!括りに今から思えば入っていた頃も、その当時であっても、若い方の専門誌で趣味の方々が楽しくエレクトーンで集う雑誌に見えてしまい、どこか乗り切れない世界を感じていました。

エレクトーン音楽を真面目にアカデミックに語る部分も、専門誌としてのカラー、スタンスが全面に出ていて、どこか流行を追いかけるカッコよさ!

つまりは、私が考える音楽世界とは、ちょっと違う(^o^;)流行を追いかける世界。

世の中には様々な感性もあって当たり前だし、まあ、自分らしく好きなことを続けてと、やってきたわけですが、自宅でエレクトーンもピアノも教える世界からは、楽しけりゃいい方向についていけなくて、他の同業者やら仕事仲間と話すときにも、そのギャップを語る人がいても、そこまで考えるナンセンスさで、一瞥されるのがオチだったように思います。

むしろ、ピアノのご専門の方々、クラシックの楽器や歌、合唱の皆様からは、オーケストラ代わりの有能さをおおいに受け入れて下さり、ピアノ教育のところで生かすエレクトーン伴奏に、私自身は心血注ぐ時間を紡いできた人生だったかも。

今、長いこと続けてきたこの仕事の中で、マイペースが様々な方々に受け入れられてきただけでも有り難く感じます。

自然の成り行きにおいて、楽器本来のよさを見つめ、教育上においての有能さを感じるエレクトーン指導者の意識が育ってきた時代に入っていけば、専門誌の方向も、新たなページとなれたら、読者はさらに嬉しいのではないかと。

専門誌は、それだけ担っている役割があると思えてしかたありません。

エレクトーンの先生たちが読んでなるほどと思うためになる本、趣味の人がサブテキスト代わりの本、業界の情報、、、ネットでググれば、何でも出てくる時代に、専門誌がどう生き残るかにおいて、ユーザー登場ページは、活性化に繋がることでしょう。

出版の姿が様変わりしていく時代の中でも、ずっとユーザーによりそった専門誌、もっと音楽界にアピールできる力で、これからの月エレの発展を願っています❤️

Dsc_1494_20210109042901

2020年12月23日 (水)

ショパンピアコン1番

やっと自由な時間がとれるようになり、一ヶ月ぶりに頓挫していたショパンピアコンを書き始めました。

この前、ど根性皇帝の入力には、カデンツァで大変なストレスがあり、手書きで外注だそうかと思ったぐらい、それからすると、ショパンはオケパートが楽でございます!

しかし、ピアノのつまり具合というと、さすがショパン、右手が特に動きまくるため、一音でもはずしてはなりませんし、やたらこのかた、限定進行にこだわるため、半音で動くようなハーモニーが多く、これまた臨時記号抜けに気を付けねばならず、、、さらに、ピアノを支える、輝かせる意識多大なため、サウンド構成において、やや中音域の厚みというか、低音がもう少しあれば、迫力やら充実やら、安定がと思うのですが、そのままスコアを当て込むと、エレクトーンベースはお暇なため、新たなエレクトーン伴奏を構築で奏でるショパンを目指して、またまたワタクシ頑張ることにしました。

1楽章すべてやると、長い!

最初の序奏オケだけで、一曲終わった気分になります。

どんな場所で奏でてもショパンピアコンになるぐらいのサイズ一捻りして、再現部をまとめることにしました。大体200小節ぐらいでさほどな労力ではないから、この年内にたぶん書き上がります。

来年の銀座でやります。

すでに半分、エレクトーンパートだけできました。

とにかく形にして目処をたてて、、、地道な作業ですが、ひとつひとつ音をひろって入力することこそが、ショパンからのメッセージを受けとる気分になります。

モーツァルトに焼きもち焼かれないようにしなくちゃ。(*^^*)💕

今の私の机こんな感じ

16088411299546327111800536677119

まだクリスマス、夜明け前~

2020年11月15日 (日)

ベートーベンピアコン皇帝

Dsc_1452

電子オルガン一台の伴奏によるベートーベンピアノ協奏曲第5番皇帝1楽章を書き上げました。28ページ、サイズは原曲サイズの約半分におさめています。

最近は、コロナ禍の影響もあり、ステージの機会を持てない、持たない現実と、それにより活動を見つめて、なかなか筆は進みませんでした。

自分の選んだエレクトーン、電子オルガンの先行きや、その音楽について、果たしてこれでよいのか、私の良しとするエレクトーンの世界も時代と共に価値観が見えなくなり、ましてや牽引していかねばならない自覚を持つ時に、何か違う場所で、違う方向を向いているのではと迷うこと、いやこの思いは、25年ぐらい前からじわじわと感じているものであったわけです。

迷うときに、いつも励みとなるのは、共演した方々の笑顔や、私の作品をお使い下さる方々からの声、そして今は、関わる先生方のオンラインでの目の輝き。迷っている時、話ではないと、厳しく自戒しながら、また訳のわからない価値観に惑わされてしまう弱い自分がいるわけです。

さて、話はいきなり飛びますが、たくさん書いてきた初めて出会うコンチェルトシリーズ、すでにVol30まで書きつづけてきました。

エレクトーン一台の伴奏編曲、クラシックピアノ名曲に寄り添う伴奏編曲作品を、指導の現場に生かせる役立たせるようにと小さな歩みを続けています。

ここに来て、これからは、ショートピースサイズでも、本格的ピアコンも書いていこうと思います。

そうなると、ピアノもかなりグレード高くなりますし、エレクトーンの発展のためにも、私ごときがなのかもですが、そんなことはよけいなお世話~私がやりたいことをやっていこうと、今回の皇帝、実はこれに至るまでに、交響曲6番田園を書いてみたのでした。

悩んでいる自分に語り書けてくる崇高な人間愛に溢れたベートーベンの音楽が、小さな私の心を強くしてくれます。

次はショパンの一番、さあ、皆様ピアコンご一緒したい方、エレクトーン伴奏もやってみたい方、どうぞご一緒してくださいね。

 

2020年11月12日 (木)

グレード受験準備講座オンライン和声

Dsc_14142

今日もオンライン、グレード4級準備クラスでいよいよ和声に本格的に入りました。

受講下さる皆様はエレクトーン指導者の皆様なのでコードに強く、また、たまたま私のオンラインでコード進行法のクラスを受講の方々と重複されていらっしゃることもあり、ハーモニーに対する意識が高い方々。

その方々に解りやすく伝えるために、前の夜になってから、やっぱりレジュメ的な資料作成をと取りかかって朝の5時!(^o^;)いざ書き始めたら、アレコレ実習しながら身につける方がよいかと、オンライン終了後にもお一人で取り組めばよりしっかり解った、納得!となるようなプリントにして、それをもとにお話しました。

また前半は、皆様にグレード4級の内包されたハーモニーについての程度を実感していただくため、演奏グレードのA即興問題を取り上げて、コードづけのコツをお話致しました。

こちら、思い付くままにいろんなコードづけをお伝えしながら、やはり可視化した資料でその様々なコードづけをお伝えした方がよかったかなと反省、また作ってお渡ししてみようと思います。

ご参加の8名の方々は、私の信頼に応えて頑張るモードで取り組まれています。受験云々でなくとも力をつけて、指導に生かしていただき、小さな気づきが、日々のレッスンに静かに影響を与えて、指導音楽の質が高まっていくようにと心から願うものなのです。

夜なべして資料作成する私の体を心配して下さり、ありがとう、すみません😅早くから対応しておけばよいことを~なんですが、なかなか手が回ってませんで、しかし、一回こうした作成したものがあれば、次に活用よりよいものへと、またつないでいけます。

写真は、近所の公園にある兎と亀のオブジェ。いつもこの傍を通るときに、亀の気持ち、兎の気持ち、そして、結果どうあれ2匹の戦いがもたらす成果発展現象に思いをはせ、世の中の変化に必要なエネルギーを実感するわけです。

トランプとバイデンか?😆💣️✨

ちなみに先週は、夜中にCNN見すぎで熱だしたかも(^o^;)

次第に寒くなる晩秋の深夜の静まり返る足立の綾瀬から、都心方面、北綾瀬方面、亀有方面270度の夜景を見て、やれることをやってみようと思いを新たにしていました。

みんな頑張って行きましょうね👌

これからも😃✌️ヨロシクお願いします。


2020年11月10日 (火)

頑張っているエレクトーン神田将さん

Fb_img_1604975611957

フリーで活動を続けていらっしゃる神田将(かんだゆき)さん、コロナ禍でも、できる範囲でステージをこなしていらっしゃいます。

クラシックベースのその演奏には、ホッとする温かみがあふれ、時折華やぐテクニックの見せ場は、まるで映画かドラマを味わうかの楽しさです。

音楽そのものを、エレクトーン一台で、分かち合う喜びに招いてくれる演奏が、12月8日夜に、なんとワタクシの関わる北九州で聞けます‼️

どうぞお時間よろしかったら、エレクトーンの魅力溢れた上質の音楽で癒されませんか?

お近くの皆様、どうぞお出かけ下さいませ。

2020年11月 3日 (火)

新教室生徒募集効果

この春神戸jetに新会員としてご入会され夏あたりまでで新人研修を終えられ、教室展開をスタートされた先生に、つい先日、生徒第一号のお友達がご入会された知らせを受けて、大変喜んでいたところに、第二号の生徒さんもありましたと昨日報告ありました。

コロナ禍での新会員ご入会。

研修もずっとオンラインのみで、教材伝達はもちろんですが、指導法研修をやりながら、どれだけの研修が実施できるか、また教室開設募集、運営業務も、どれだけの実践へとつなぐ伝わりがあったのか、アドバイザーとして見守る視線でいました。

そんな不安の一方でありつつ、何か私の中ではその先生の真心、信念が、いつもの研修でも、お作りになる作品にも感じられていて、よい先生へと進まれていく予感でいたのです。

募集では、ネットを使った手法を即取り入れていただき、必ず教室のご住所をタイトルにいれ、検索で引っ掛かるようにすること、検索上位に上るために毎回ご自身のホームページを閲覧すること、記事レイアウトは分かりやすくシンプルにをアドバイス。

新講師として教室稼働スタートしたら、プロはプロ、とにかく生徒さんに楽しいレッスンを第一に、また行きたいと思ってもらえるよう、体験レッスンのやり方のコツもお伝えしました。

最初の生徒さんはホームページから、二番目の生徒さんはその最初の生徒さんがご紹介下さったのだそうです。こんな楽しいレッスンなんだよと生の声はそのまま口コミ!素晴らしい~

その先生の笑顔に溢れた愛のある音楽の時間はエレクトーンと共にお過ごしになられたわけです。

オンラインでお会いするその先生お顔や、お部屋から、私は彼女が好きなエレクトーンで頑張って第一歩を自らの手で切り開いたなと涙が出るほど嬉しく思いました。

新しい鍵盤指導、エレクトーンを効果的に使ってどうか頑張ってね。そしてまた嬉しいレポートをお待ちしています。

Dsc_1376

2020年11月 2日 (月)

エレクトーンオリジナル作品展

私のオンラインでかかわってくださった先生方と、かかわるjetの先生方が作成されたエレクトーンオリジナル曲、皆様それぞれの思いが込められた素晴らしい作品ご紹介いたします。

作る方の人生、環境、思いが溢れています。どうぞお聞きくださいね。
そしてエレクトーン一台でこんな作品ができること、きっと新鮮な発見や学びがあるかと思います。

その頑張りを何とか形にして多くの方に聞いていただきたくて、私のほうで動画作成しました。写真や動画はフリーサイトから。
音楽制作者の皆様のイメージに合うかどうか、とても心配でしたが、喜んでいただけてほっとしています。コラボしたかのような感じでしょうか。私にとってもよいきっかけになりました。ありがとうございました。

順不同です。

1.未来の子供たちへのメッセージを込めた作品 「STAGE」

2.愛犬の様子が楽しい作品 「子犬のしっぽ」

3.来年13回忌になるご主人を偲んだ作品 「パパさんソング」

4.春の訪れを楽しく詠った作品 「春のおにわ」

5.大学進学で旅立った息子さんへの思いが込められた作品 「風に乗って」

6.かわいい生徒さんへの愛が溢れた作品 「フレーフレー! エミちゃん」

7.コロナ禍でも自由にはばたく鳥への羨望の思いが込められた作品 「宙・翔る~ソラ・カケル」

8.お住いの街を楽しく紹介する作品 「たっくたっく」

9.81歳になられるお母さまへの思い出と感謝が込められた作品 「AKIKOSAN〕

10.一羽の小さな小鳥が成長するストーリー 「小鳥物語」

11.久しぶりに帰ってくる息子さんを待つ母の思いが込められた作品 「君に会える朝は」

12.コロナ禍での気持ちが込められた作品 「ネガイ」

13.息子さんの成長を見守る思いが綴られた作品 「坂道とたんぽぽ」

14.いじめ問題のテレビ番組を見た感動を曲にまとめた作品 「笑顔に乾杯」

15.ホウセンカの種がはじけて飛んでいく様子が歌詞とともにまとめられた作品 「ほうせんか」

16.コロナ禍で思う気持ちは一つ、楽しく笑顔にとの祈りが込められたラップビート 「笑って!」

17.子供たちと散歩する春の様子を描いた作品 「春の散歩」

18.何もしたくない、けどしなくちゃ、けどしたくない・・・そんなやる気のない気分を表現した作品 「Lazy Days」

19.休みの日の趣味のお菓子作りを現した作品 「Sweets Cooking」

20.さわやかな季節の様子を謳ったボサノバ 「五月の風」

21.小豆島の自然と人々の暮らしを現した作品 「島の光」

 

Dsc_0240_20201102091301

2020年11月 1日 (日)

来月の楽しみ

今日から11月。今月も出張はありません。

しかしながら、来月は今年最後となり、小倉から福岡、一旦東京にもどり単発神戸へと、またもとのペース再来です。そんな師走のスケジュール考えたら急激に忙しくなります。体がもつかなぁ。

福岡では、オンラインにつないだコンチェルトセミナーを昨年から実施していましたが、実はこの春発表ステージを考えていたのです。リハーサルまでしたところでコロナ自粛になり、実施ができなくなりました。

ご準備下さっていた皆様のお気持ち思うと、やはりどこかで発表シーンを作りたいかと、そのためには、私自身も頑張らねばなのです。皆様、少し腕を戻しておいてね(*^

今年、jetでは、福岡、小倉と、ピアノ指導講座をリアルにもオンラインでも行い、ご協力下さったのが増井以卓先生。その増井先生にお声をかけて、12月にモーツァルトを合わせてみよう!ということになり、20番を弾き込んでいます。というか、バネ指リハビリ~(^o^;)

でも、かなり嬉しく楽しみになり励みになります。

神戸では、ずっとお待たせしているピアニスト天本麻里絵さんとのコンチェルトコンサートも、定例会でやりたいから、お詫びもかねて、合わせしなくちゃ!

会いたい人、合わせたい人いっぱい!コロナを気にせず動きたい気持ちやら、いってみたい所もあります。

銀座のコンチェルトのためのアレンジも、曲目ふえて、まだ充分ではないため、巻きをいれねば!

今月もまたオンライン資料や、定例会レジュメ作り、そこにコンサートやら、さまざまなスケジュール入ってきました。

体に気をつけて、楽しくやることにします。応援してくださいね。

写真は、銀座のためにかいているベートーベンピアコン「皇帝」冒頭からの部分、だいぶ進んできました(*^^*)

16042441163776729364682420135281

16042442753348172190389298757247

2020年10月26日 (月)

ムズムズ創作熱

芸術の秋たけなわとなってきたし、パソコンも新しくなり、昨日は書きかけピアコンを内職のようにカデンツァ書いて、、、、難しくてスキルが至らず、、、途中で頓挫、何度も一からやり方挑戦してみてます。またこれは、明日やろう😁

ビゼーのアルル第一メヌエットも、生徒さんがソロで弾いて下さるので、新たにオーボエフレーズを追加してみました。なかなか素敵になったなと、ニンマリしています。

一度にやれること、できないこと、少しずつの歩みがまた楽しい~(*^^*)

で、何かやりたいものリストを、またまた開いたら、このコロナ禍で時間があったはずなのに、全く作品が書けてないことに気づき、ドーンと、バッハだギロックだ、ショパンだ、等々ページを捲って頭で鳴らしたら、出来た気になって元気に。

単純ですよね(*^^*)

発表シーン作れるのかな?

頑張ろう‼️

写真はうちの近くの浸水緑道にひとつだけ凛と咲いていた彼岸花、ちょっとズレているけどいつまでも楽しませてくれてありがとう。

Dsc_1303

2020年10月21日 (水)

作編曲オンライン~クリスマス特集

Screenshot_20201021100743

水曜日、オンラインの日。

第三週は、作編曲セミナーで、今日は第7回目、これから迎えるクリスマスシーズンのための準備特集として、赤鼻のトナカイ、クリスマスソングメドレー、そして、新作ワルツィングキャット、同じアンダーソンからシンコペィテッドクロックをご紹介。

クリスマスアレンジのコツにつながる制作ボイントをお話したり、アンダーソンは、デュカスの孫弟子だとかの話やら、歌伴データはリード分離録音で4段楽譜アンサンブルスコアからとか、、、。

音楽講座では前回の続きで、エンディングについて。フェイドアウト、カットアウトについてと、カットアウトの終わりかたリズムをやたらしつこくお伝えしました。

毎回、早くに準備してグループラインにアップすればよいものを、(^o^;)頭の中で準備はしておりますが、忙しくなるとカタチにする手間隙がなくなり、直前にご対応いたしました。

それでも、皆様大変熱心にお聞き下さって、有りがたいです。

ついてきてくださる方々に応えられる自分であるように、来月はチャイコフスキーの花のワルツと、ワタクシのオリジナル曲予感をお話してみようと予定しています。

皆様、どうもありがとうございました。コロナ禍でも、生徒さんや、回りの方々に音楽でエレクトーンで楽しませてあげてくださいね❤️ワタクシの作品つかってね😁使ってね👌😃✌️🎵

より以前の記事一覧

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31