最近のトラックバック

文化・芸術

2019年4月15日 (月)

コンチェルト打ち合わせ

1_2

銀座YAMAHAホールで開くコンチェルトの打ち合わせをかねてランチ会、みんな大変忙しい毎日なので、やっと実現したこの時間が嬉しくて、ついついはしゃいでしゃべりすぎました。

できないかも、と不安に思うより、やればできると、考えて努力することの楽しさは、人生を豊かにしてくれると言うものです。

ご一緒してくださるこの機会を共に、またお互いを磨いて高めて行ける幸せ、感謝して帰りは胸がいっぱいになりました。

銀座の参加者の皆様、私のコンチェルトで、晴れの舞台を楽しくご一緒してくださいね。

まずはその参加曲、その編曲と協奏のための練習についてレクチャーかねた、4/28に開くコンサート、皆様もどうぞお時間ある方は、気軽にご来場お待ちしています。

なお、当日は、一部11時、二部13時、三部15時と難易度分けたプログラム、連続でお聞き頂けますかたは、会場一階ホールで、ご飲食も可能、ちょっとした茶菓もご用意(^O^)休憩かねてご利用可能です。

コンチェルト大好きなあなた、大好きになりたいあなた、ちょっとご興味あるあなた、ぜひいらしてくださいね。皆様との交流、親睦も深めたいなぁ~❤️😌🌸💕

 

 

 

 

 

2018年11月 3日 (土)

連弾コンサートへ

前回の天空コンサートで、素晴らしいピアノをご披露下さった野上裕美子先生が、大学の同窓生のお仲間と開く連弾のコンサートを聞いてきました。

といっても、私風邪ひいてなんと朝からやや熱っぽい感じの中、音楽で癒されはしまいかと、強行軍で出掛けました。

親しくしている友人に支えてもらいながら、やはりいつもの観賞モードにはなれなかったのですが、野上先生の支える安定した演奏が光った初演作品は、鳥が歌い、さえずりは軽やか~そのお話一緒に聞かせてと、音楽のなかに入って、やはり私は既存の作品より、このような初演もの、耳にしたことのないものに、新鮮な音楽の、芸術の力を感じます。

終わって体調芳しくないため、ご挨拶もせず失礼してしまいましたが、帰りの電車では、その音楽の薬?‼️が効いたか、元気復活していく自分を感じました。

連弾、たまたま最近子供のための連弾とエレクトーンを書いたばかりだったけど、その作品制作のためにも、刺激になれたかと思います。

仲良し音楽仲間と奏でるコンサートも、楽しいステージ、良かった❤️

今度の25日松戸も、主催のお二人とは何回か合わせる度ごとに、嬉しさが増してきており、同じ音楽に対する価値観を感じているところでした。

今日のコンサートを聞いて、私も彼女たちと楽しくやろうと力をもらいました。野上先生ありがとうございました。

会場となった日仏文化協会汐留ホール汐留ホールはこちら

Dsc_0744


Dsc_0745


2018年10月20日 (土)

美女と野獣?のトーク&コンサート

Fb_img_1540129271034


Fb_img_1540129277383


Fb_img_1540129280991


Fb_img_1540129284440


Fb_img_1540129287908

評論家で作編曲家の真嶋雄大さんのトーク&コンサートに行きました。

シリーズのタイトルは、美女と野獣のコンサート~今日は2回目でオールモーツァルト!楽しく学んで芸術に触れた❤️

中野坂上にあるベーゼンドルファージャパンのサロンには、素晴らしいピアノがならび、ベーゼンの音にも満喫♪

三輪郁さんの明るく軽やかなモーツァルトに癒されました。ありがとうございました。

次回は12/8、オールショパン皆様にもオススメ!

2018年6月17日 (日)

音展

よい音、よい耳、今日は東京フォーラムで開催の音展に行って来ました。様々な音響メーカーやブランド各社のブースでイベント、デモや講演、なかなか面白かった!
そこでなんと!同窓会のように以前仕事でお世話になった方と10年ぶりぐらいにばったり!そのあと、とっても偉くなられた上司に遭遇ご挨拶、ワタクシのこと覚えてくださっていたかなぁ?
そしてそして、会場内案内パネル、視聴サンプル音源案内表示に、お世話になった福崎雄也君が!活躍嬉しいな(^o^)


Fb_img_1529281415173


Fb_img_1529281420456


Fb_img_1529281425721


2018年5月20日 (日)

ルドン展最終日へ

丸の内、三菱1号館美術館ルドン展最終日、仲良しのお友達と出掛けてきました。

新緑眩しくて、お天気にも恵まれ、楽しかった~

もつべきものは友達だ!(*^^*)

今日ほど彼女の存在を大きく感じて支えてもらっていることを実感したことはありません。

今月末の小田原講座も近づいてきて、何かとそわそわ~

そうでした!

来年1/18にまたまた講座のオファーがありました。

ひたすら書いている時の私、うまく伝えられるかといつも講座では緊張します。これ以上裸になってドースル?気分で挑んでいます。

福岡のなみきWithエレクトーンも参加者がほぼ確定、7/29のアリエッタサロンも多彩なプログラムが集まって来ました。

奈落の底で暗闇に迷う気分の中で、救われるのは音楽の力と仲間たち。絆を大切にしていきたいと思います。

Fb_img_1526914285865


Fb_img_1526914292817


Fb_img_1526914299932


Fb_img_1526914306783


Fb_img_1526914315451


2018年2月 5日 (月)

九州に音大新設

大学でもエレクトーンが学びたいと、当時日本で初めての電子オルガン科を設置していた北九州の九州女子(九女)音楽科に進学しました。
最盛期は電子オルガンだけでも学年に7,80名の在籍、しかし既に15年ぐらい前、母校音楽科は少子化を見越してか閉鎖となりました。

それぞれの残念な思いで、今も好きな道を頑張る我々も還暦を迎える頃となった今!(まだ還暦にはほど遠い後輩もいらっしゃいますが(^_^ゞ
今朝の西日本新聞の素晴らしいビジョン、嬉しく思います。

少ない学生数でも、専門職を育て地域文化の担い手を育てる学術的なところがあれば、未来があるかと思います。

Fb_img_1518316268013


2017年9月 8日 (金)

ケーナ大解剖教養セミナー

昨晩東京医科歯科大で岩川光氏によるケーナを通した人類学の講座、「コンドルは飛んでいく」ぐらいしか知らないこの楽器、実は奥深い文化の歴史を踏んで今に到る深さを教わりました。

ズラリと並んだケーナの数々~

右の面白い形のお人形みたいなのもケーナです、これ水をいれてゆすったり、吹くと、小鳥の鳴き声ような爽やかな音がします

作曲家でもあり、ケーナ奏者として世界で活躍の岩川さんの奏でる音楽は素晴らしく、祈りを感じる音があり、また様々な奏法を使って伝える力のエネルギー感動しました。

Dsc_1994


Dsc_1995


2017年9月 4日 (月)

ムンク×斎藤清展

渋谷のヒカリエで、気になる展覧会、叫びで有名なムンクと、版画の斎藤清のコラボ、なかなか素敵な展示でした。

なんと、嗜好をこらした企画に、つい、調子にのった!

夫婦、やっぱりですわ爆笑!

Fb_img_1504794005921


Fb_img_1504794026640


_20170903_180614


2017年7月28日 (金)

Withエレクトーンコンサート終わりました!

Withエレクトーン~あなたとコンサート

多くの皆様に楽しんでいただくことができありがとうございました。

コンチェルトにソロに、アンサンブルに合唱伴奏、様々なエレクトーンの姿を伝えて飽きることないあっという間の三時間!

子供から大人まで、弾く人、聞く人がエレクトーンで繋がった!

ご参加いただいた皆様、ご来場下さいました皆様、このコンサートの趣旨にご理解下さり、お世話になりました全ての皆様に心より感謝申し上げます。

プログラムごとに追ってレポートさせていただきます。お楽しみに~

Fb_img_1501400928220


1501318889950


1501308058488

1501280300832

2016年9月21日 (水)

行ってみたい面白そうな音楽会

芸術の秋、いよいよシーズン到来で、行ってみたいコンサート見つけました。

ピアノにバイオリンに、インド舞踊?! そこに北欧物のまだ聞いたことのないはじめてのピアノ曲も聞ける! なんだか面白そうでしょ(*^_^*)

ピアノは若林顕さんと北欧のピアニスト マッツヤンソンさん、バイオリンが鈴木理恵子さん、それだけで、どんなのやるのかなって思いますが、プログラムはリスト愛の夢とか、モーツァルトバイオリンソナタとかの名曲のあたりから、フルメリアという北欧の作曲家の作品とか、・・・詳しくはこちら

http://www.piano.or.jp/concert/news/2016/09/16_21715.html

インド古典舞踊家が、その音楽に合わせてどんな感じで踊るのかな?

インド舞踊って、つい踊るマハラジャ思い出すごくごく大衆的なワタクシ(^^ゞ インドに北欧、芸術でコラボだわー

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ