文化・芸術

2022年12月 7日 (水)

作曲作品初演コンサート

作曲作品初演コンサートを聞きに曳舟文化センターへ行ってきました。


管打楽器の9曲は其々個性が光り、かなり面白かったです。開演前のプレトークがこれからの作品展へと自然な流れを作ってくれました。


イメージを広げさせてくれる曲、楽器のよさを伝えてくれる曲、何があった?と勝手にドラマを考えてしまい引き込まれたり、斬新なリズム、メロディの語り、今まで体験したことのないサウンド、響きや音使いの工夫に感心したり、とにかく最近にない刺激で楽しかった!


アンサンブル演奏は素晴らしく奏者が皆凄い〜昔金子飛鳥率いるストリングスが凄いなぁと思ったことありましたが、今回のアンサンブルルヴァン!また聞きに行きたいです。


作曲家の皆様、アンサンブルルヴァンの皆様、そして主催のラポルテの皆様、有難うございました。


このような企画展、続けてくださいね♥

2212072204171852

221207183938020

2212072202061782

2022年12月 4日 (日)

小倉『音楽の宝石箱』

かねてからお知らせしていた、小倉でのコンサートが終わりました。

笑顔をお守りにして、皆様に大変喜んでいただけたコンサートになり、とても嬉しいです。

ありがたいメッセージをたくさん頂戴しまして、心より感謝申し上げます!

いただいたお花をホテルのお部屋に飾りました。明日の帰京に持ち帰りお部屋に飾らなきゃ!

1670233933534

ハンカチは、プレゼント♥有難うございました(*^^*)

一部はじめて出会うコンチェルトのお友達も、みんな本番に集中し頑張ってくれて、プログラムを盛り上げてくれました。

リハーサル時の記念写真です

16701582869432

リハーサル中〜

16701582871792

16701582872602_20221205192001

朝9時入りしたワタクシたち3人とも、博多からツアーのように新幹線で小倉入り〜スタッフの皆様と共に、ワイワイガヤガヤと楽しいミィーティング!

16701455808452

16701455807292

1670145580919

会場の方から、あまりのスタッフの手際の良さに感心してお褒めの言葉をいただけて、小倉jetの先生方のチームワークの良さを発揮でき嬉しかったです。何と言っても、皆が楽しくないと、よい音楽会を作り上げることができず(^^ゞ、何よりの励みとなりまして、支えて下さり本当に有難うございました。

会場には、懐かしいお顔もたくさんお見えくださり、先生のご紹介でお越し下さいました生徒さんたちも、とても刺激になって楽しんで下さったようでした。

バリトン松岡さんの歌に引き込まれた!村濱さんのピアノの世界素敵!何と言っても、エレクトーンって凄いんですねぇ(*^^*)と口々に最後のご挨拶でお話下さって、コンサートの成功を喜びました!

出演者一同、最後にロビーで、jetナガト小倉支部として今回多大なお力をいただいた社長様の撮影、みんないい表情でしょ♥

1670233635445

皆様からいただいた嬉しい感想を胸にずっと留めて、これからも頑張ってまいります。

皆様、応援有難うございました(*^^*)


2022年12月 3日 (土)

福岡市美術館へ

大濠公園から福岡市美術館へ。

新鮮な感動を求めて。

2212031337498812

いきなり階段、リズムがあります。

2212031338199502

上った先に、いきなり草間弥生

2212031339160042

外になかなか興味深い作品あり、一番いいと思った『ビーナスの誕生』立体は観る角度でいろいろ伝わります。

2212031341073892

2212031341251972

2212031341470782_20221203161401

2212031342409362

2212031342409362_20221203161501

中では、撮影ができません。

唯一OKだったのは、コレ!

2212031346412732

今展示中の企画展は、

2212031523234882

ご夫婦でいらしたわけで、岡上淑子氏は健在で、コラージュで私が生まれた頃世に出ていらした方、藤野一友氏は、日本現代美術シュールリアリズムの流れではないかと思います。

絵画作品だけでなく、舞台美術や本の挿絵、映画と展示や上映もあり、大変刺激になり、お腹いっぱいで、2時間じっくり鑑賞したら、、、ヘロヘロでした。

美術館の中のカフェレストランで大濠シュークリームなんて、コーヒータイム、あ〜あ、またこんなものいただいてしまった笑

ついでに、ランチタイムは、明日の準備がまるく上手くいき、前日に書き上げて本番に備えたと喜んでいるのがええのか(^^ゞではありますが、とにかく自分としていいと思うものが出来上がったご褒美に、またまた石藏へいき、ランチタイム最高額お刺し身天ぷら定食をいただきました。ははっ、夜はコンビニか、デパ地下弁当または惣菜だわねぇ笑

221203122015696

さて、太陽が西に、大きく傾いてきました。明日の今頃は、小倉の本番真っ只中です。


ドレスは、ピンクとグリーンを持って帰ってきました。でも決めた!グリーンにします。

コンチェルト楽譜で10年ぐらい前大変お世話になった担当者は、T音大作曲学科卒確か大学院、お人柄が誠実で私は大変お世話になりました。ご自身の創出エネルギーを後に回してお仕事として関わりながら、きっと素晴らしい芸術へ邁進されることかと、陰ながら彼が退職されたあともずっと、どうされているかなぁ。

今日は、Facebookでその方がヘッドとなられた新作初演作曲コンサートやトークなどの企画が火曜日にあるご案内発見!

嬉しくて、とても、応援したいし、作品聞きたいし!

ご縁がつながりました!帰京して、すぐにいかなきゃ!

新鮮な感動を求めて!!

今まで聞いたことのない新作作曲作品コンサート、新鮮な感動を求めて楽しみ、ぜひお出かけください。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10221825162166478&id=1480159376

2212031657381552_20221203165901

2022年11月13日 (日)

発表会ゲスト

神戸の六甲アイランドにあるファッション美術館のオルビスホールで、神戸jetでお世話になっている宮城先生の発表会が開かれました。

私は、プログラム最後に、講師演奏コンチェルトのエレクトーンとしてゲストにお呼びくださり、フィガロの結婚序曲を演奏させていただきました。

宮城先生は、もともと学生の時もピアノご専門であり、かなりピアノをお弾きになるので生徒さんたちのプログラムの選曲も、なかなか興味深い曲がバランスよくならんで、小さな生徒さんから、高校生、大学生、大人のかたと、聴き応えある名曲もたくさん聞くことができました。

一口にピアノ名曲と言ってもリストに、ショパン、ハチャトリアンもあればグリーグもで、たさい、先生のピアノ音楽指導は、その生徒さんにあわせてといいつつ、結構な牽引力、指導力で聴き応えありました!

そんな生徒さんとご父兄だから、クラシックのエレクトーンコンチェルトもじっくりお聞き下さり、嬉しい感想をいただきました。有難うございます。

また、jetの先生方も、見学と応援かねていらして下さって、とても嬉しかった♥です。

演奏は、宮城先生と息のあったところをお届けできて、かなり楽しく弾くことができました!

神戸に引き寄せられながら、あの若い教員時代にエレクトーンで夢を描いていた自分を、ことあるごとに思い出しては、胸が詰まるほど涙涙〜

221113130203600

写真がなくてごめんなさい。


2022年11月12日 (土)

川崎コレクション

221112163050624

博多から神戸へ。

ちょっと予定より早く到着し、三宮界隈散歩、博物館の企画展、川崎コレクションをみてきました。

221112233958053

円山応挙やら、狩野派、、、

西洋絵画と異なる侘び寂びの、簡潔した圧倒の迫力の芸術作品がならび、今までじっくり味わったことのない世界で、引き込まれてたっぶり鑑賞しました。来場者も学びのシニアが多く、なかなかよい雰囲気でゆったりと楽しめました。

上野の人だかりの芸術かんしょうとは異なる空気、新鮮でした。

博物館の近くで開催される神戸ルミナリエは、今年もコロナ禍のために無しとのこと、もちろんまだ早い時期です。それでも神戸らしい町並みをゆっくりあるいて、気分転換になりました!

221112163259755

221112163112559

221112144942402

221112163430540

221112164243903_20221112232301

ず~っとず〜っと昔、住んでいた頃の神戸とはちょっと違う景色が広がっていました。

成長した街が、さらに歴史をたくましく重ねて生きていました。

震災後近代化された新しい神戸、歩いている今の自分、40年以上の時を経て、4年前にまた御縁をいただいて通うようになり、神戸への思いはひとしおです。

明日は、そのご縁つながりでの演奏もあり、頑張らねば!

新たな大切に感謝したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

2022年10月 9日 (日)

王子ホールへ

221009204019794

三連休中日、銀座王子ホールへ武内朋子さんのソプラノで、フォーレ、ドビッシー、ショーソン、そして私は初めてのレイナルド アーンを聞いてきました。


実は一昨年も伺って2回目、前回よりもグッとより楽しませてくださるフランス歌曲、フランス語には詳しくないけれど、彼女の音楽表現で歌詞がわかるような気にさせてくれる程引き込まれて聞き入りました。


声が前回よりもぐっと潤いあり、艶があり、輝いていて素敵♥ついつい、オペラ好みのワタクシですが、歌曲もいいですねぇ〜うっとりします。


また、支えるピアノ伴奏は安田裕樹さんで、こちらも素晴らしく、伴奏演奏が引き立ち、アンコール最後の愛の讃歌においても、サラリとドラマを作る、おそらく即興性帯びていても品格落とさず、こういう演奏を聞いていると、品性とは謙虚さ何物でもないと確信します。


初めて聞いたレイナルド アーン、伴奏の作りがポピュラー音楽、映画音楽にも聞こえてきて、わかりやすく興味深く引き込まれました。楽譜をみてみたいなぁ。

また、カルテットを加えた楽曲が最後にあり、新鮮なプログラムでした。ソプラノ、ピアノ、弦のサウンドの作り、なかなか面白く、ついいつもやっているピアノとエレクトーンで伴奏するバリトンさんのスタイルを思い出しました。


銀座は大変な人手で、コロナ禍から抜けた勢いで肌寒い小雨も深まりゆく秋に楽しむフランスの香り〜

今も耳に残るあの素敵な声、そしてハープのようなしなやかなピアノ、またまた音楽で癒された一日、武内様安田様、有難うございました。

221009161933841

221009161854552

221009144402512

221009144510797

221009144249755

221009144300134

2022年9月25日 (日)

初めて出会うコンチェルト〜ピアノとエレクトーンで楽しむ秋のコンサート

埼玉県春日部市庄和町正風館での初めて出会うコンチェルト〜ピアノとエレクトーンで楽しむ秋の一日、懐かしい町でたくさんの皆様に音楽でご一緒することができ嬉しい一日となりました。ご来場の皆様、お招き下さいました正風館の皆様、お世話になりましたスタッフの皆様、大変有難うございました。


一部は、地元の先生方によるコンチェルト、圧巻のチャイコフスキーピアコンに始まり、ブルータンゴ、フォーレシシリエンヌ、エルガー威風堂々、ビゼー闘牛士の歌と多彩な選曲、全て私のアレンジを取り組んで下さり、コンチェルトの楽しさを伝えて下さいました。先生方が楽しそうに一生懸命に寄り添って弾いてくださる姿をとても嬉しく思いました。大変有難うございました。


二部は、私のソロ7曲で、ジャズバラードにアレンジしたStar Train以外はオートリズムを使わずのノーマル演奏、クラシック癒やしのエレクトーンテイストで私らしくまとめました。

観客席、皆様大変熱心に聴き入って下さり、以下お客様からの嬉しい感想が早速たくさん届きましたのでご紹介します。


エレクトーン、きれいな音で素晴らしいの一言でした。CDはありませんか?→YOUTUBE松丸弘子チャンネルご紹介(*^^*)させていただきました。以外とオリジナルアップしています。


G線上のアリア

エレクトーンだといろんな楽器が聞こえて素敵な音楽になりびっくりしました。〜エレクトーンだからこそできる音色アレンジの楽しさで作り込みました


アイネクライネ

毎朝YouTubeを聴きながら散歩していますが、弦楽合奏の原曲かと思うほど、美しい音色でした。


誰も寝てはならぬ

歌が聞こえてくるかの、複雑なテンポとオーケストレーションを難なくエレクトーン用にアレンジなさって、ウルウルきました。


ひまわり

きれい❣️心に沁み入りました。映画を思い出して懐かしかったです。


AGATA

藤沢周平の世界が見事に音に具現化されてたと感じました。庶民の哀感、弱さ、でもしたたかに生きる人達が思い浮かびました。冒頭ののメロディが素敵でした。〜こちら最も好反応いただきました。


木星

圧巻というしかないど迫力体の底まで低音が響いてきました。


三部は、神足麻由さんのピアノソロ3曲、リスト愛の夢、ショパン幻想即興曲、英雄ポロネーズ


彼女のピアノ、素晴らしく何が新しい出会いをその音楽に感じるものがありました。特に中音域から低音の奏法と音は、ピアノ作品をより立体的にコントラストをつけて、まろやかで深みがあり、渋さがありました。ピアニシモの美しさ〜大人のピアニシモ!儚さや、奥ゆかしい呟き、なんと上品なのでしょう♥低音は叫ぶのではなくまるで包み込む、すべてのその瞬間のサウンドを凝縮しても整理し支えて、上手くいえないのですが、ピアノという楽器を使ってオーケストラを聞いているかのようでした。そして、彼女はピアノで呼吸しているのでした!


自分の演奏を全うし、お聞き頂いたお客様の心を掴んだあとに、今度は麻由さんのピアノが体に沁み渡り感動、彼女はますます大いに活躍される演奏家になられるのではと思いました!


今日の一日、長々とお読み下さり有難うございます。普段は日常の業務に追われ、主に教育的なところで活動する私には、なかなか自作曲を生でお伝えする機会に巡り会えずにいました。

また、いわゆる私がいいなと感じるエレクトーンの世界は、他のエレクトーンの世界とは離れている気がして裸になる気分にもなれず自由な表現ができていませんでした。

しかし、一般の皆様の音楽を楽しむ自由な心にこの春辺りから触れて、自分の信じる世界を広げていく勇気も湧いてきました。新しい世界が広がった手応え感じます。

マイペースでこれからも精進して参りますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。松丸弘子

1664103612473

1664103608818

1664103639405

1664103639488


2022年9月10日 (土)

メンデルスゾーンが聞きたい!

土曜日の午後はコンサートへ。今日は、久しぶりの六本木のサントリーホールブルーローズ(小ホール)、

ベルリンで音楽を学ぶ3人によるメンデルスゾーンを堪能!

題して「〜メンデルスゾーンが聞きたい〜」
確かに(^^ゞ・・・そのまんまで主旨貫徹実感しましたですよ〜。

やっぱり生演奏はいいなぁ!音楽って最高(^o^)

今日の演奏は、流石の高い演奏力を持つ3人の若いエネルギーがほとばしるようで、
前向きで健やかでフレッシュな華やかさがきらきら輝いていました。

聞く人の心に活力を与えてくれる感動の素晴らしい音楽会、
ヨーロッパの香りが漂ってきたかのようでした。

プログラムは、ピアノとバイオリンのためのソナタヘ長調、
ピアノとチェロのためのソナタ2番、
休憩のあと、
ピアノソロで無言歌3曲、
最後に、ピアノ三重奏曲で、より作曲家に一歩近づくことができました。

また、個々の曲を通して、バイオリン、チェロの楽器もより深く学ぶことになりました。
お二人とも、表現力豊かないい音♥で素敵でした。弾いてる真似して、エアチェロ〜エアバイオリン😅

更に一番聞きたかったピアノ、実はかねてから密かに応援するピアニストさんなのですが、
今日も素晴らしくて、まるでオーケストラを聞いているようでした。

そしていつも感じる品格ある音と演奏〜!大好きなんです。

今日の作品には、彼らの息のあったアンサンブルの中における
ピアノの卓越した技巧があちこち光って、
だからといって叫びすぎる話ではなく美しくまとまり、
3人ならではのサウンドが素敵、ピアノ三重奏曲は素晴らしかったです。
今日もまた幸せになりました、有難うございます。

また聞きたいなぁ〜♥


2209101939002912

2209101939229552

220910193946596if_1_burst220910193946596

2209101614280322

220910161724486

2022年9月 8日 (木)

トリオコンサートへ

Yumeriahall

7067546

2209081843091222

午後から練馬大泉学園ゆめりあホールまで、バイオリン、フルート、ピアノのトリオコンサートに出かけてきました。

午前中からのスケジュールが押してしまい、最初の2曲目あたりで到着、ピアノ3曲目ショパンからお聞きしました。

今日はナビゲーターが登場し、各曲を解説、特に作曲家についてのエピソードを興味深く聞いて演奏をお聞きするスタイルで、大変解りやすく楽しめる音楽会!

プログラムは初めて耳にする作曲家、ヘンリク ヴィエニャフスキとか、これが一曲めで、聞き逃してしまいました(泣)安田さん、ごめんなさい。

2曲目ピアノと、後半のバイオリンでフィリップ ゴーベール、こちらは名前だけ聞いたことありましたが、じっくり聞いたのは今日が初めて。新鮮で、面白くきかせていただきました。

ピアノでは、ショパンのノクターン13番とマズルカヘ短調どちらも、すっかりショパンに精通の安田さんが、まるで言葉を自由に語るような演奏、気持ちも自然に聞き入ることができて、楽しめました。

一部最後に、ニノ ロータの、フルートとヴァイオリン、ピアノのための三重奏曲があり、ニノロータって、あのアランドロン主演の「太陽がいっぱい」映画音楽テーマを作曲者じゃないかと、ひたすらプログラム手にとってびっくり!そして期待を膨らませて、じっくり聞き入って、とってもよい作品!ひたすら、心の中でへぇ〜ボタンを押しまくってしまいました。

で、フルートもヴァイオリンの彼女たち、なかなか上手い!

そんなことを考えて、ニノロータって、凄かったのだな。と、納得!ポピュラーで活躍される作曲家は、クラシック作品もしっかりした足跡があるものですよね。

休憩〜

後半はワタクシが、だぁ〜い好き好き♥なプーランクのフルートソナタがあり、もう嬉しくって、ルンルン(^o^)素敵な至福のひとときでした。

2209081951170232

2209081952259122

この曲、素晴らしいと思っており、冒頭のフレーズが耳にのこります。娘が中学生の時に習っていたフルート、その関係でフルートのコンサートに出かけるようになり、初めてこの曲を知った時の衝撃たるや大変なものがありました。当然譜面をゲットしプーランク研究(^o^)フルート自体がよくわかっていませんので、へぇボタンレベルの理解しか得られていませんが、音使い、フレーズの回し方が、フルートという楽器をとてもよく捉えた音楽だと思います。

さて、バイオリンでは、クライスラーの「序奏とアレグロ」この曲もなかなか良かった!そしてヴァイオリンの彼女の思いの詰まった情熱的な演奏に魅了されました。

最後のプログラム、ゴーベールの曲も、意味有りげなフレーズの絡みが、伴奏のピアノとは言えないバイオリンとフルートがピアノを支えて、フレーズが伴奏に聞こえ取り扱われて作曲されていたり、作品に引き込まれました。

アンコールは、ニュー・シネマ・パラダイス!トリオの3人の息のあった演奏に不覚にも涙!

全曲、アンサンブルとしての安田さんのピアノ伴奏というか、支えが光り、7月のソロリサイタルで信念のショパンを聞かせていただいたわけですが、今日はまた、ソロだけでなく、寄り添い引き立て、作品の価値を深く理解した土台ピアノは、フルートとヴァイオリンを輝かせてておられ、ご自身もそのこと自体を大いに楽しんでいらして、素晴らしかったです!

長年の経験と、おそらくナビゲーターさんや支えるスタッフさんたちのコミュニケーションがとてもよく、のびのびと奏でていらっしゃる、活動を楽しんている姿で、皆様に爽やかに伝わってきました。

文化庁支援事業、プレリュードのお名前で企画運営、これからも素敵な音楽会を開いてくださいね。

素敵な音楽を聞いて、すっかり元気をいただいて満ち足りた気分(^o^)有難うございました。


2022年7月18日 (月)

9月の埼玉庄和正風館

実は9/25に埼玉、春日部の庄和町正風館という500ぐらいあるコミュニティーセンターホールで、町の文化事業の一環として、コンサート出演参画を頼まれ、コンチェルトはもちろんのこと、エレクトーンのソロもご披露することになっています。

そのチラシが送られてきて、アットホームな雰囲気が和みました。事務局作成で、毎年このような取り組みを行っていらっしゃるようで、なんといっても無料!やはり、ホール自体が企画して下さるイベントにエレクトーンを取り上げていただけるなんて、嬉しい😃💕ありがたいです。

いろいろアイデアご提供し、地元の先生方のステージや、地元出身のピアニストさんの演奏もあり、2時間聞き応えありそう~

庄和の皆様、どうぞよろしくお願いします。

16581543466882
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ