最近のトラックバック

文化・芸術

2019年12月18日 (水)

市川侑乃エレクトーンリサイタル

Dsc_0419

音色と、奏法で現代音楽の分野でエレクトーンの可能性に挑戦する市川侑乃(ゆきの)さんのリサイタルを、杉並公会堂に聞きに行ってきました。

第10回目となる彼女のステージ、五、六年前ぐらいからずっと聞いています。

現代音楽作曲家の作品は、実験的な意味合いが強く、教育のところで共感ベースに伝わる感動とは一味異なる新鮮な感動があります。

その事自体刺激的な体感、私が向き合う楽器の可能性を市川さんの演奏から発見しながら、今日は新作委嘱を含め6曲(うち一曲は5曲からなる組曲)で、過去の再演は新たなレジストで届けて下さり、それプラス最後にバッハのコラールから演奏下さり、幅広い音楽性を堪能しました。

印象に残った曲は、今年の委嘱作品でStephen Yip作曲の「Bells Chanting in the Breeze❮❮残月風影❯❯」中国王朝、宋の時代の詩人「柳永」の作品から発想を得て作曲されたそうで、音色のコントラストが明解に表現され、幻想的な世界へ誘われ伝わり度高く感じました。

また、Dylan Lardelli作曲の「Walking」は、昨年のリサイタルでも印象的な作品で覚えています。今年も演奏して下さり嬉しいな!これは、私だけかとはおもいますが、MRI検査したときの検査機器から発する電子音に似ています。というのも、めまいで昨日脳神経外科で検査したばかり。(笑)20分程横になり、保護するためのヘッドホンをつけても聞こえてくる何か得体の知れぬ生命体の息づかいとそれを取り巻く関係~まるで人間社会のようですが、、、(^o^;)

に!聞こえました。まさしくWalking!

最後の木下正道作曲作品神の手Ⅴは、数年前確か門天ホールのリサイタルでお聞きして、セカンドエクスプレッションのグライド機能をベースフレーズにしてループのようでその奏法とテクニックの高さに引き付けられたインパクトある曲をまた聞くことができました。

最後のコラール、当たり前のようなバッハ、祈りの音楽にのせたオルガンと幸せの時を告げる優しい輝きの鐘の音、サウンドに演奏に10回の挑戦を重ねた市川さんの思いが伝わりました。

市川侑乃様、これからも挑戦を続けてくださり、私たちにエレクトーンの素晴らしさを伝えてくださいますように。

ありがとうございました。

1576593932471_20191218103401



2019年12月 6日 (金)

神戸ルミナリエ

Fb_img_1575690134467

Fb_img_1575690115955

Fb_img_1575690150936

Fb_img_1575690154176_20191207124501

Fb_img_1575690157951

Fb_img_1575690160508

今日は出張最後で神戸で鍵盤指導研究講座を終えたあと、夕方から神戸ルミナリエへ。今日からスタートで点灯の瞬間に遭遇、ぱっと覚めるような灯りは希望の光、今年は阪神大震災から25年です。

神戸ルミナリエ、芸術性高い光のアート、流れる讃美歌、楽しむ人々、静かにそれぞれの心に灯る希望の思いを胸に秘めて、人々の思いが溢れており、温もりのある夜を過ごしました。


2019年10月19日 (土)

朗読ライヴ満席御礼

Fb_img_1571596186967

Fb_img_1571596194628_20191021035602

昨日、本日と2日間の朗読ライヴが無事に終了、大変ホッとしています。公演は盛況で作品としても好感触、皆様からのなりやまない拍手感謝して。応援にご来場いただきました皆様には、雨の中にお運びいただき本当に有難うございました。

2日目は、本番に慣れてきた私にとって、空気もみえてきて、一日目からのアドバイスもあり、かなりのびのびと落ち着いてコントロールし、奏でることができました。

ピアノはスタンウェイのかなり鳴りのよいピアノで、日頃のライヴには、華やかなピアノの音が伝えられているかと思われます。

今回はお芝居の音楽で生演奏とあって、オーバーチェアや大きく指示されない以外は全てソフトペダルを踏みっぱなしで使い、それでもお芝居に障りがあるので、ピアノはもちろん屋根を閉じ、更に譜面台は外して、全て閉じた蓋の上に置き、音量にかなり気を使いなんとか乗り切りました。

ピアニシモで弾く方がテクニック高く必要なため、通常の演奏スタイルの感覚をもって対処してはダメだと判断し、つまりはBOSEから、お手軽キーボードのスピーカーを扱うような気分で(ちょっと上手くかけないんですけど(^o^;)、しなやかでありつつ、デリケートに弾かねばならないのが、大変な苦労でした。

最終的に、監督の思いが辿られたかどうか、とにかく必死な努力で、作品に反映されたか気になるところでしたが、今のところは、皆様から嬉しいお褒めの言葉頂戴して、無事に終わったとホッとしています。

多岐にわたりご指導いただいた佐藤様、この機会へとお誘いくださいました佐々木様、慣れない私に影となって何かと支えてくださいましたプロデューサーの天童様、山添様、心より感謝申し上げます。

当日の様子含めて、御来場の西山淑子先生がFacebookにアップして下さいましたので、シェア、こちらにそのまま、貼り付けさせていただきます。

お友達の松丸弘子さんが、音楽を担当している、【佐藤輝×佐々木亜希子 Live公演】を観に行ってきました。


演者お2人の深〜〜い表現は、朗読の域を超えて、芝居といった方が良い時空を作っていらっしゃました。

さすがベテラン俳優です‼️

惹き込まれました。


そして、そのお芝居をさらに盛り上げた、ピアノの生演奏が、とても素晴らしかったです。そのシーンの情景が見えるようだったり、その役の気持ちがじわ〜っと伝わる音楽は、このお2人の演技からインスピレーションを受けて、弘子さんの内から迸り出たものなのでしよう。


いつもは、エレクトーンの世界で活躍されていながら、ピアノでもここまでやるか!!と、その実力に感服しながら、聴かせて頂きました。

演者の希望を聴きながら試行錯誤し、生で尺を合わせるって、とても大変なこと。それをそつなくやっているところがすごい‼️


ステキな時間をありがとうございました。

3人に拍手👏👏👏👏👏


2019年10月18日 (金)

朗読ライヴ初日

1571413087391_20191021033101

かねてからご案内していた朗読ライヴ初日、お陰様で無事に終了、お客様が大変喜んで下さり、ホッとしています。

新たな世界の学びで、私にとっては新鮮なことが多く、その上で芸術表現の可能性を音楽から捉える機会になりました。

朗読について、お芝居の域で楽しめるもので、大変よい作品となって喜んでいただくことができました。

その中でどのように私の音楽が役だっか、自国の文化を愛でる心を持ち、その上で新たに何かを取り組むために寄り添って創作したわけですが、作品自体には大変好感触の評価をいただくことができ、弾きたいとの嬉しい反応でした。

作品演奏においてのタイミングなど、かつてブライダルの仕事を10年ぐらいやっていた時の経験が役にたちました。しかしそれ以上に、自分の聴覚のバランスは音楽で鍛えられていることや、脳の訓練は、楽曲演奏として発達してきたのみであると実感、新たな経験、自分の出している音か果たしてどのように広がっているのかと掴むのが一苦労、つまりは音楽会ではない舞台の難しさを感じました。

楽曲については。ご来場くださった森田先生が、ご自身のブログに書いてくださいましたので、リンクさせていただきます。

https://ameblo.jp/amabile2311/entry-12537115652.html

応援下さいました皆様有難うございました。明日は、予約で満席、頑張ります。

2019年10月 8日 (火)

通し稽古

Dsc_0113

街で見つけたアート!

東陽町駅から江東区文化センターに抜ける歩道で。

この道の向こうにワクワクが待っていて、毎回新鮮な感動に満たされる。

朗読劇の稽古は、通し稽古になり、本格的な作品へと磨かかれています。

時間を作る、言葉の後ろの空間を寄り添う、タイミングやテンポも少しずつ慣れてきました。

生の表現、芸術やってる!

佐藤輝さんに、たくさんご指導いただいて、新たな体験と学び。

昨晩帰京したばかりだけど、スイッチ切り替えながら、かなりハードな毎日。体に気をつけて、目を見開いて!

皆様お楽しみに~(^o^)

2019年10月 1日 (火)

ライヴ合わせ稽古

Fb_img_1567893008838_20191002201601

いよいよ今月18日、19日の朗読ライヴに向けて、合わせ稽古、通し稽古が始まりました。

私の音楽も朗読に寄り添って、お二人の素晴らしい朗読、声の表現に負けないようにと、準備OK! テーマも様々なシーンの音楽も、段落ごとのきっかけも、全てが総合的にまとまった芸術!

私のピアノは、少しずつ思い入れが音に反映され、何よりも御二人が気に入って下さっていることがわかるのです、私のバックに乗って、気持ちが入って下さること、そしてその声にまた私は心を揺さぶられ、共に表現出来ていることに喜びを感じます。

こんな経験は、初めてのこと。

特に、この作品のオーバーチェアとして演奏するテーマ曲は、皆様から好評で、楽曲としてしっかり伝えねばと、演奏もしっかり練習、久しぶりにピアノ演奏の世界にどっぷり浸かりながら、精進の日々。

音楽はオーバーチェアまで含み、数小節の短いものも数えて24曲になりました。

自分でも驚き(@_@)

好きなんです。

思いを音にすることが。

最近、かなりハードなスケジュールであっても、この制作、このためのお稽古が何よりも楽しい時間であり、産みの苦しみでもありました。

皆様、どうか聞きにいらしてくださいませ。私の作曲作品、朗読とのコラボ、ピアノでの表現、お伝えしたいです☺️♥️


2019年9月11日 (水)

台風の名残

61pfarndqbl

一昨日の台風の名残がいまだ続いています。停電や、風雨の被害、皆様いかがでしたか?

千葉の皆様においては、被害大きく、知り合いの先生方、大丈夫でしょうか?どうぞこころより、お見舞いもうしあげます。

そんな中に、私は今日も朗読ライヴの稽古に行ってきました。今日はピアノのない稽古場でしたから、今日は音楽を乗せるわけではありませんでしたが、朗読や流れをより深く理解して、作品に繋ぐこと、朗読のお二人のやり取りは、大変勉強になりますので、同席することにしました。

山形を知らない私が、どこまでできるか、イメージが違っていないか、不安なこともあり、山形の庄内弁のリズムやイントネーション、文字を見ているだけではわかり得ないことも、お二人の声から伝わります。山形ご出身のお二人だからこそ、リアルに心にずんずんと届いて、より山形に心惹かれるのです。

九州宮崎、都城が故郷、南の雪も知らないような町で育った私が、心よせてその物語を見つめるだけでは、伝える表現者にはなり得ないかと、休憩にも山形のお話をたくさん聞かせていただきました。

今月、来月は、本当にスケジュール過密のため、ひょっと山形に足を運ぶ暇はとれず、、、。

でも、いつかいってみたい、何だか待っていてくれるような気持ち~

日頃モーツァルトだ、チャイコフスキーだ、ラフマニノフだと、ヨーロッパやら、ロシアなど他国の作曲家の音楽を奏でるのと同様なのです。ましてや自国の文化を愛でるように、山形の風土と自然を語る中で、ちらちらと背景を感じさせる音楽では、効果音的なピアノの使い方で弾くもの、曲として音楽にしたもの、皆、それぞれ私が取り組んだ藤沢周平作品によせる思いの音楽であり、朗読に寄り添っていかねばと思うのです。

バタバタしていて、実際に劇中では本当にモチーフだけしかちらちらとご紹介できないわけですが、これをピアノソロとして楽曲に残しておきたいと思っています。

果たして形にできるのか、しかし、テーマや、劇中のさらりと流れるモチーフからの、小さな曲たちは、それなりに様々なカラーあり、よそゆきのお洋服のように仕立てて、皆様が弾いたり、聞いたりできたら、朗読劇にあわせて、より楽しんでいただけそう。

60歳を過ぎて、新たな世界を見ているような毎日です。

エレクトーン愛から、それで培った音楽で、異なる世界へと、それはやってみたいことの1つでした。音楽の 原点を知るような気持ち、まだまだ知らないこといっぱい。

実力ある佐藤輝さんのご指導のもと、私に機会を持たせて下さった佐々木亜希子さん、そのお二人との共同作業は、新鮮な感動を与えてくれます。

芸術の世界に踏み出したかの気分です。がんばろう!

一方、まるで学生に戻ったように、大きく包み込まれながら、湧き上がるイメージや、音を自由にやってみる自分がいます。

まっすぐに貫いて、作り上げていこうと思います。

よい作品となるように頑張ります!よろしくお願いいたします。

2019年9月10日 (火)

朗読ライヴ稽古

Received_745227139247611

朗読ライヴの稽古でした!

制作した曲に加えたり、カットしたり、即興で味付け~佐藤輝さんと佐々木亜希子さんの声に引き込まれ、上手く呼吸やイメージを重ねて音楽を味付けし整えていきました。

ほら貝も活躍~藤沢周平文学作品朗読劇とオリジナル音楽ピアノ演奏で、皆様お楽しみに‼️

10月18日(金)19時~、10月19日(土)13時~各々一時間前から会場お食事タイム、会場は神楽坂The  GREE

チケット  4000円

ご予約おまちしています♥️


2019年9月 7日 (土)

朗読ライブ音楽制作

Fb_img_1567893004110

Fb_img_1567893008838

来月の公演にむけて稽古が来週から始まります。

スケジュールはパンパン、そんな中に今日から3日間で作曲。今日は全体のテーマや、シーン1#2#3ぐらい進みました。

取材に山形へ行きたいところ。でも時間もとれず、山形や作品に関する様々な資料に目を通し、山形のお酒を飲みました。

これは、取材?笑

出羽桜~すっきりフルーティー(*^^*)

これが、山形のお味と思うと、山形県民、立ち位置高い~(^_^;)

藤沢周平文学作品に付ける音楽を、模索しながらも、ちょっと深くて、分かりやすくストレートに、してみました。

霊験新たかな出羽三山のふもとの町に、修験僧に寄り添って、みなが心を寄せて暮らす人々の姿、何があっても心は凛々しく美しく、山の力、自然の力に誘われているのでしょうか。

もの悲しいメロディー、映画の序曲や、エンドロールにあたいする曲、日本の風景、そこには、逞しく力強い男と、日々の暮らしを賄う女の姿、どちらも自然に守られ、自然を慈しんで暮らしている日本人かいます。

今、時をへて、その山形の風土から、語られる藤沢作品によって、いつの時代も変わらない日本の心や、生きる力を感じていただけたら!そんなさりげなくも、心に残るメロディー、音楽を佐藤輝さん、佐々木亜希子さんの朗読に寄り添って、私の音楽もお届けしなくては!

当日は、全曲オリジナル、ピアノで、私が演奏致します。エレクトーンでと、皆様ご期待されるところかもしれませんが、お二人の声で作り上げる作品には、アコースティックなピアノの音で、私なりの言葉をご一緒してみたいと思います。

エレクトーンでは、その次の作業として制作していけたらと考えています。

ピアノの新作作品、予感や木漏れ日の彼方に に並ぶ曲を作ります。頑張るぞ🎵

聞きにいらしていただける方は、メールでお知らせくださいね‼️

gurico8765@gmail.com

Fb_img_1567893008838_20190908072401



2019年9月 6日 (金)

サウンドクリエイト研究会

1567772947999

今日は神戸jetにお邪魔して、研究会でした。

来月10/6に、アレンジステージとサウンドカーニバルを組み合わせたサウンドクリエイトというイベントを実施する予定で、そこに参加される先生方を中心に集まって下さいました。

お一人ずつ取り組んでいる作品について私がアドバイスするスタイルで進めて、皆様には裸になっていたたき(^_^;)、個人レッスンではなく、公開アドバイスみたいな感じで、ご自身の作品についてだけでなく他の方の作品も聞きながら参考になりますから、共有し学び合えるよい機会に刺激しあえたのでは⁉️と思います。

午後からは、個人レッスン。これから講座やレッスンと、神戸で先生方のお役にたつように特別講師として指導業務スタートすることになりました。

出張も最終日、ややお疲れさんです(*^^*) 、今月、来月は特にスケジュールパンパン~楽しんで過ごすコツは、笑顔ね(^o^)

今回の出張で、個人レッスンは、実に13人+そして本日の研究会で7名。20人の音楽に触れて、知らず知らずのうちに、刺激をいただいているのは、私自身か一番楽しませて貰っている!

銀座から二週間。

現場にでてたくさんの先生とふれあうと、エレクトーン指導、音楽指導に真摯に向き合うエネルギーを感じます。

その方々は、生徒さんに音楽で夢を与えていらっしゃる、エレクトーンで。その愛情たっぷりの姿を知れば知るほど、私なりの自分磨きを続けていかねばと思います。

明日から3日で、朗読ライブの音楽制作、来週火曜日にはじめて、稽古に音楽をのせます。即興で骨となるようなものからでは、作品にならず、このステージを確たる作品に仕上げるために、よい曲、メロディー、背景作りに挑戦してみよう!。

そして、この藤沢周平作品の朗読作品が、私にとっても音楽制作作品としてクリエイティブな取り組みとなりますように。

10/18 19の公演チケットも出来上がったとのこと、皆様お楽しみに~応援してくださいね。

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ