« 亀有お祭り | トップページ | 最後の合わせ »

2023年8月 7日 (月)

コンサート練習

8/12の作品展で弾くオリジナル曲を毎日練習。

そのつぶやき、長文スミマセン。


どんな曲作ってきたの?って、普通の誰が聞いても御理解いただけるような自然なメロディ、その時々でいろんなジャンルやスタイルに影響を受け、その中でいつも自分らしさを探していたように思います。


専門ではないピアノ曲は2曲ご披露します。恐ろしぃ〜でも練習したら、少しは上達!ありゃ、毎日お稽古すればよかったのねぇ〜爆笑 おい! 


若い時に演奏力があった頃に作ったものは、今はハードルを感じます。長く生きてて弾けなくなるような曲ではダメじゃん!って、そんな難易度高いものではありませんが、テクニックがない私は自分の曲に首をしめているかの状況(^^ゞ誰かに弾いていただくのが今後はよいですわ〜(*^^*)弾いてくれる方がいたらいいなぁ。


分かった!

誰もが弾ける程度の良い曲をいっぱい書けばよいのだ\(^o^)/←弾くより作るのが好きなの。


エレクトーンは、大衆的な楽器だから、プログラム真ん中に小品を4曲並べました。ポップなワルツ、子守唄、ノスタルジックなワルツ、2ビート。それを挟んでちょっと聴き応えあるワタクシらしい曲を上下に並べて最後に霧の蔵。


2部はワタクシ1色で、全部暗譜致しましたよ〜、腱鞘炎になりそう(^^ゞ=寿命が縮んだか、いや延びたかも。のび太笑 ドラえもんに頼んで上手くなる薬がほしいよ〜演奏家の皆様の凄さを今更ながらに感じております。


それぞれの作品たちを眺めてみると、共通項にある私の中に流れるものは、日本の原風景とリズムかも。またそこには逞しく生きる女性の姿、それを生まれ育った九州の自然が包みこんでくれています。


最近、このフェイスブックの童謡唱歌のサークルに寄せていただきました。自国の文化を知らずにいてはとの思いもあります。新たな扉になるといいなぁ。


現代曲も、新しいものを追求する新鮮発掘な気持ちになるリテラシー嫌いではありません。でも年をとったのか、音楽での喜びを誰かと分かち合う時に、何気に口ずさむメロディこそ、裸になった自分になれます。


コンサート近づいていろいろ励まし応援メッセージが有り難くて、嬉しくて、緊張するより、なんだか遠足前の小学生になっているような感じ。


何を着ようか?いろいろ迷いながら、白っぽい(色っぽいではないよ笑)クリームベージュのロングにしました。


一部でご一緒していただく先生が骨折との知らせ〜ガーン!ひまわりが聞けなくて残念だけど、またにとっておきましょう。


明日から、しばらくブログをお休みし、コンサート終わりましたらご報告させていただきます。


皆様、コンサートの無事を祈っていてね〜(^o^)

Screenshot_202308062308382


« 亀有お祭り | トップページ | 最後の合わせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀有お祭り | トップページ | 最後の合わせ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ