« 息子とランチ&対位法 | トップページ | アンパン詐欺 »

2022年12月24日 (土)

ヌーベルバーグコンチェルト

220pxdaiichi_seimei_hall__dec_10_2006

クリスマスイブの夜、知り合いのピアニストさんの出演されるコンサートを聞きに第一生命ホールに出かけてきました。

2212242359586942

221225000350327

いわゆる参加型コンサートであることには間違いないけれど、プログラムは生オケ伴奏でピアコンに、声楽、作曲作品といろいろなクラシックのスタイルが聞けて、それぞれの目指す音楽のご披露くださり、なかなか楽しめるステージでした。

4811085_1_2500_2700_3

この一年半ぐらい、中原達彦先生のピアノと管弦楽のためのバラードを演奏した杉山麻衣子さんのご依頼で、実はこの曲のオケパート伴奏をお相手しています。

昨年からお付き合いがはじまり、今日はその原曲オーケストラを聞かせていただける大切な学びの時間でもあり、一番の注目で聞き入りました。

実際の生楽器の響き、迫力、サウンドのコントラストは、エレクトーンにはない世界で引き込まれつつ、やはりそれぞれのよさも感じました。

それは、私がエレクトーンというオーケストラの音を出すことに楽しみを見出しているからであり、わさわさと大勢のエネルギーをまとめた役割と、ととのえた伴奏パートをオーケストラの音を乗せたエレクトーン音楽といった違いではないかと思います。

代用品としてのエレクトーンではない姿を探していかねばならないなと感じた夜でした。

他の皆様の演奏では、ヘンデルの作品が大変興味深くそのオーケストラに聴き入りながらスコアが見たくなりました。

最後のサンサーンスのサムソンとデリラの有名なアリアに、感動の涙、流石のメゾ・ソプラノ、もっと聞きたかったなあ💕そして、この曲のオーケストラ伴奏、サンサーンスの書法にも興味大でした。

ヌーベルバーグコンチェルト、明日もあるとか、、、。

第一生命ホールのような素晴らしいホールでの経験、なかなか出来ないことであり、自分磨きの挑戦にもなることかと、ついプロデュースの観点でこのコンサートを眺めてしまいました。

クリスマスイブに天から与えられたプレゼント💕になりました。有難う御座いました。

« 息子とランチ&対位法 | トップページ | アンパン詐欺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子とランチ&対位法 | トップページ | アンパン詐欺 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ