« シーズン忙しい時に突入 | トップページ | 孫と一緒に »

2022年9月17日 (土)

三舩優子ピアノリサイタルへ

午後から、二子玉川にあるオーキッドサロンへ、最近あちこちできかせていただいた三舩優子さんのリサイタルへ行ってまいりました!

プログラムは、最初にラテンリズムが新鮮なコープランド「エル サロ メヒコ」のりの良さが素敵!
バーンスタインのアレンジ、これ弾いてみたいなぁ♥

そのあと、シューベルト即興曲、ベヒシュタインの音できれいにアルペジオが紡がれていきます。

ドビュッシーが3曲!この選曲良かった、みんなアレンジしたい♥(^o^)
ちょっと前までは、古典、ロマンを耳にすることが多く、私も意識がそちらへ。
しかし、近現代はそのままハートに訴えてきます。
セミナーで、ドビッシーと、フォーレと、ラヴェルの関係をお伝えした印象が、
そのまま今日への傾聴となり、より深くドビッシーの音楽に浸ることができました。

一部最後はリスト巡礼の年3年「エステ荘の噴水」、様々な方がこの経を演奏されて
良くプログラムに入っていますので、これまでもたくさん耳にしてきた曲なのに、一味違って聞こえました。

みんな三舩サウンドになっていて、ピアノ音楽を聞いているのですが、
いつものクラシックピアノの雰囲気ではなく、躍動と空間を感じて作品のよさを華やかに堪能!
三舩優子さんのピアノは、楽しませてくださる演奏なんです!

後半はムソルグスキー「展覧会の絵」凄すぎました!
よ〜く考えたらこの曲、生で全曲聞いたのは初めて。
最初のプロムナードはコンチェルトアレンジありますし、12月の小倉でも村濱さんとやります!

壮大なキエフの大門は単曲で聞いたことある程度。
テクニック的にも聞き映えしてひきこまれつつ、彼女の事前解説でヘェーと理解を深め、
なんといってもゼレンスキー大統領を思い出してしまいました。
キエフの大門、ウクライナのことを思わない人はいなかったのでは。
ロシア音楽の迫力ある演奏に皆がブラボーと賞賛の声で私は涙で大拍手!

作品自体の持つメッセージと、聞き手のハートにあるイメージが相まって、
全曲にわたり、興味深く、華やかな演奏プログラム内容で
素敵なコンサート! またまた元気になりました。

306489190_2324938107681657_2864429553602
306842088_2324938064348328_3550529790783
306796665_2324938004348334_3182691381534
307021829_2324938207681647_2154899991872
306550009_2324938157681652_1637452831567
ああ、音楽っていいなぁ。三舩優子様、有難うございました\(^o^)/

« シーズン忙しい時に突入 | トップページ | 孫と一緒に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シーズン忙しい時に突入 | トップページ | 孫と一緒に »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ