« 感動してくれて有難う! | トップページ | 神戸コンチェルトコンサートご案内 »

2022年9月14日 (水)

マイナーのダイアトニックと、サブドミナントマイナー

水曜日、HOROKO MATSUMRU ONLINE SEMINERの日でございます!

今日は音楽理論Bクラス、今年度は、こちら、コード進行法をじっくりやっております。

当初は代理コードをお伝えしようかなと思っていましたが、その代理コード、
サブドミナントマイナーをしっかり押さえておこうかと、借用和音のことを考えていたら
そういえばマイナーのダイアトニックを、じっくりやっていなかったぞと
短音階の自然的、和声的、旋律的に加え、ついでに覚えようドリアンスケールまでの4つについての
ダイアトニックをセブンスでしっかりお伝えしました。

練習になるように、覚えておきたいコード進行をいくつかご提示して
トレーニングのための問題を作成、皆様弾きながら取り組んでいただけたらいいな。

そして、実践のコード付け2問 これが意外とハードルがあったようなのです・・・・

画面の向こうから、じっくりお聞き下さり、確認でそれぞれさくさくエレクトーンで音出し。
マイナーのダイアトニックの機能は、何せスケールを3つは知っていなくてはなりませんから
その機能についても、ちょっともう一度確認しないといけませんね。

音色はテナーサックスでS音色をメロディーにして
左手やベースは自由に、リズムはルンバ テンポ105とか話しても、
さっとセットして、自分なりに即興として取り組むこともでき、
オンラインではありますが、音を確かめながらそれぞれが素敵なコード付け
とても熱心に素敵なコード付け目指して頑張っていらっしゃることが私も嬉しいです♡

次回につなぐように、ラテンを4曲 マイナーのダイアトニックが生かせるセレクトで
ベサメムーチョに、ある恋の物語、いそしぎ(これらテンじゃないけどね(;^_^A
そして、私が一押しの名曲 Somos Novios (It's impossible)も加えてみました。
各曲には、おススメ音源のリンクを張りつけました。

なぜ語り継がれる名曲は、どこにそのスタンダードたる要因があるのか?
それは、共感というテーマで曲を考える時に、
自分自身のスキルとしてもお持ちいただきたいポイント。

とある先生が、マイナーのコード付けで、サブドミナントに♭Ⅵがサクサク行かないとのことで
そのコードが付いて素敵だなと思っていないと、不自然に感じてしまう耳があるので
耳を鍛え、理論的にも納得していただくようにしなくてはいけないなと思いました。

メロディー自体が欲しているコード付けに出会うこと。大事・・・

来月は、この4曲のコード付けで演奏も頑張ってもらおう!

今日もご参加ありがとうございました。

20220914-120619ab

« 感動してくれて有難う! | トップページ | 神戸コンチェルトコンサートご案内 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感動してくれて有難う! | トップページ | 神戸コンチェルトコンサートご案内 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ