« 芸術の秋がやってくる! | トップページ | ベーゼンドルファーサロンへ »

2022年9月 2日 (金)

仕立て直し

プッチーニの誰も寝てはならぬ・・・今日は、たまたま午前中オンラインで、福岡のバリトンさんとお話する機会があり、とりあえずエレクトーン仕立ての「誰も寝てはならぬ」のアレンジについて、ちょっと考えていることをお尋ねしてみました。


Keyの問題
エレクトーンらしさのレジストづくり

その音楽のイメージに合った音色で悩んでいます。

いつもよく合わせていただいている方は、バリトンのため、結構迫力ある声のイメージで何度かこの曲も合わせたことがあります。

今回、ソロとして、テナーサックスのS音源を使い、スーパーアーティキュレーションの機能を使うと、確かに面白いエレクトーンらしさにはなって作成していましたが、やっぱり何かが違うのです。

原調 Gを、Dの譜面にして、エレクトーンらしい面白さ追求も、そりぁエレクトーンの人たちには、やたらサックスの生音らしさ追求が受けるかもしれません。

でも、オペラはテノール、トゥーランドット姫のわがままにもひるまず、ひとめぼれしたカラフ王子の歌うアリアなわけですから、エレクトーンのソロで自由に仕立てる楽しみはありつつも、やはり万人にわかる音楽でアレンジにしなければ、一般の方々は、あのフィギュアスケートの荒川静香さんのイナバウアーで覚えたこの曲のイメージをお持ちではないでしょうか。

エレクトーンオリジナリティ追及レジストですと、その世界の中ではリテラシー広げて、うまくエレクトーン自体のマニアックな機能と音で演奏すればするほど、へぇで終わってしまって、NO天気な感覚を押し付けたにすぎなくなってしまいそう。

KEYを原調に戻し、アルペジオフレーズも、もともとのプッチーニさんのイメージをそのまま持ってくるには、ストリングスできれいにつなぐことを考えました、

仕立て直し、、、

丁寧に作り直し。


Dsc_09163_20220903080701

« 芸術の秋がやってくる! | トップページ | ベーゼンドルファーサロンへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸術の秋がやってくる! | トップページ | ベーゼンドルファーサロンへ »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ