« 行進曲だけのピアノコンサート | トップページ | 日曜日もせっせと »

2022年6月25日 (土)

音楽史と、作曲家

来週のセミナー下調べで、様々な作曲家の作品を時代にそってリストアップ、とりあえずこれまでなぞってきたバロック、古典、ロマン、、、ときて、シューベルトで歌曲、そこから、歌、オペラ、楽劇へとスイッチがはいり、アイータ凱旋行進曲や、タンホイザー序曲で、時間を忘れた!

ワーグナーに関しては、それなりに魅力は体験済みであっても、やはりその音楽自体のメッセージ性や、エネルギーの虜になる気分。

たまたまみたアイーダの映像、音楽に舞踊に、その迫力に圧倒され、スコアが見たくなってきました(^_^;)

更に近現代へとすすみ、ハチャトリアン、がイーヌでまたまた体が硬直(*^O^*)

今までも耳にしたことがあったはずなのに、昨晩のピアノで神経が磨かれたのかな。?

暑い、とてつもない暑さの中で聞くそれらの音楽に力を得て、夏を乗り切れるかな。

O08


« 行進曲だけのピアノコンサート | トップページ | 日曜日もせっせと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行進曲だけのピアノコンサート | トップページ | 日曜日もせっせと »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ