« お弁当手配とこれからのこと | トップページ | 定期検診 »

2021年6月30日 (水)

サウンドカーニバル座談会

今日は朝から、オンラインでjetの会報誌プレリュードの秋号企画のための座談会があり、全国から私を含み9名で情報交換しながらの意見交換、いくらアドバイザーを3支部担当しているとはいえ、様々なその規模やカラーの違いの中に実施される様子、ご苦労を知り、あたらな学びにも通じて、大変視野が広がるよい機会になりました。

何のためにサウンドカーニバルに取り組むか、ワタクシの担当する支部を含む殆どの活動はリアルステージ実施から、コロナ禍で、やはりyoutubeなどネットを活用しながら展開されていました。

様々な展開準備の様子、リアルで実施していた頃の場所についてなど、エレクトーン普及につながる活動をどう取り組むかと、熱心なその様子には大変励まされました。

担当する小倉は、jetの担当事務局を社長様が行って下さっていますが、今回ご参加していただくことができ、お店からのサウンドカーニバルについてお話をいただくシーンもありました。

リティリングから、ナガト楽器に移って10月で2年。まさしく移管後しばらくしたらコロナ禍となってしまいましたが、この短い間に、従来からのサウンドカーニバルと、ネットステージとどちらも実施しました。

ご縁を持ち、jetの活動をご一緒してまだ間もないといってよい社長様との活動とも言えるかと思います。しかし、発言のなかで、サウンドカーニバルが、生徒父兄にとって、自分の習っている先生は一味違うぞ、ピアノもエレクトーンも教えてくれるぞ!普通のピアノの先生じゃないぞ!と、実感をおもちいただける場になっていると、お話されたのを聞いて、ああ、小倉の先生方が一生懸命頑張っている姿、イベントでの先生方の様子をよく解って下さっていたのだなと、嬉しくて有り難くて、小倉の先生方にこのこと伝えねば!(*^O^*)

何にしても、コミュニケーション、何と言っても音楽を教えているのだもの、感動の共有で仲間同士裸になって、一緒に培って成長していること、解ってくださって本当に嬉しくなりました。

全国のアドバイザーと意見交換、アドバイザーは皆孤独に自分の支部活性化に取り組んでいます。小さな活動でも、支え合えるエネルギーをもつきっかけに今日の座談会がなれたらと、こんな機会、定期的にあるべきではと思いました。

企画してくださいました皆様、ありがとうございました。

Fb_img_1625036988771

写真は亀有駅前。

« お弁当手配とこれからのこと | トップページ | 定期検診 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お弁当手配とこれからのこと | トップページ | 定期検診 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ