« 虹の彼方に | トップページ | 松丸弘子オンラインセミナー2021 »

2021年5月18日 (火)

新会員研修

今日は神戸jetの、新会員登録研修で、来月から本格的に教材伝達研修をオンラインでスタートするにあたり、事前準備オンラインを実施しました。

新たな先生はお二人。一人はjetの先生方と以前からおつきあいのある先生、もう一人は、システムからjetへ移籍、あともう一人、昨年jetにお入りになられた先生もご一緒していただき、三人のグループLINEを作成し、サクッとつないだら、孤独なこの世界コミュニケーションもとれ、帰属意識も高まるのではと思います。皆様よろしくお願いします。

jetについて概要を軽くご説明し、オンラインセミナー事前資料のやり取りのためのデータ送受信や保存などお伝えしました。今までやったことのないことを挑戦する時、誰しもハードルを感じてやや不安に陥りがち、でもわからないことを質問する体制が大事かとおもうのです。

三人とも、それぞれの指導経験で新たなjetとの関係を築いて、更にお教室発展していかれますこと、音楽的研修だけでなくサポートしていかねばと、思います。

新人研修でまたエレクトーン音楽を一から学ぶ機会を、私自身も得ることになり、終わって教材のこと、総合鍵盤指導について、時代対応などいろいろ考えました。

現代はあまりにも著作権で固められて自由に動きがとれず、新たなアイデア共有がある意味難しい状況があり、例えばjet教材の大好きエレクトーンを音源とテキストイラストや楽譜などを盛り込みスライドショーまたは動画にしたり、所謂ヤマハ的な三拍摸唱からはじまるソルフェージュ指導の流れを、携帯、タブレットなどからも、生徒が自宅で個人練習する際の助けになるようなものがあればと、常々おもうわけですが、ご自身で作成し、生徒さんに提供する分にはさほど害はないとは言え、やはりモラルとしていじるわけにも行かずのストッパーがかかります。

でも、オリジナルならば、どうでしょう。もしかしたら、音楽教材、画像、映像すべての著作が自分自身ならば、なんの遠慮はいりません。

エレクトーン教材活用指導において、従来の楽譜主導の音楽指導から時代対応するために必須なのがまずは、オーディオ録音機能活用、ピアノ生徒にもエレクトーンの優位性を提供し実感させるツールになります。

組織が大きくなると、いろんな手間暇、ややこしく、何のために?、必要なことは何か?など欠落し、部分的な業務アプローチにスポットがあたり、つい経済効果も相まって、流された結果!

何もしない方がよい。

になり得ては、だれも組織をたよらず、育成された個々の経験値アップで、仲間などいらない状況になるかもしれません。

音楽を教えるならば、つながる、心を伝える、共感を教えることが重要であり、そのベースに弾けるようにするテクニックや表現指導がありと、マニュアルばかりに依存すると、必要でなければ捨てられそうです。

あらら、爆裂発言失礼しました。

捨てられないように(^o^;)、自分で培ってきたことに自信をもち、仲間と共に共有しながら、また成長していきたいと思います。

写真は、先週金曜日の神戸jet定例会の時のものです。スクリーンショットが保存したつもりが見当たらず、と思っていたら、ありました!

こちらに貼り付けますね。神戸の皆様、新しい先生方をどうぞよろしくお願いいたします。

20210514-120351

20210514-100413

« 虹の彼方に | トップページ | 松丸弘子オンラインセミナー2021 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虹の彼方に | トップページ | 松丸弘子オンラインセミナー2021 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ