« 小倉jet~教室活動ブラッシュアップ | トップページ | 今川焼リクエスト »

2021年4月 2日 (金)

ショパンピアコンのオケパート

年度末、始めの様々な業務と、銀座の準備で疲れが胃腸にきたのか、昨晩から体調を崩してしまいました。

体力がないのかなと、でも冷静に考えたら、かなりハードな毎日が続いていたかも。

特に、銀座のショパン、書き上げていましたが、最近本格的に紐解いて手直ししながら、音も出したら、ショパンのオケは、ちょっと私は好きくないわ(^o^;)

ピアノ音楽としては、さすがのショパンですが、伴奏オーケストラには、ホンマにその和声で、その配置というか、オーケストレーションでっか?と、ちょっと弾いてみて解って、ややドン引きしている感があります。ショパンごめんなさい。

何せ、減和音の連続で、不安定な緊張が走り、もっとストレートにスパッと主張してもよろしいかなとか、伝えたいことは、悲壮感漂い、メインピアノのもの悲しい叙情性溢れるイメージは、やっぱりピアノ音楽なのですよ。

この微妙なオケ伴奏を安定した伴奏にする挑戦、スコアの読みとりから、エレクトーンナイズしてみるものの、私自身が気持ちも上がらず、早く弾き込んでピアノと合わせてみたいなと、焦りやら諦めやら、なかなかモチベーションが上がらず。この音楽に向き合う奏でる感覚の不愉快さが、体調をくずした原因のひとつでもあるかも!((T_T))

いーかーん‼️いけまっしぇーん‼️

こんな気持ちでいたら、こんな気持ちが放たれてしまいます。

ピアノソロ曲の素晴らしさ、即興性に基づく曲づくりのようで、実は古典の要素が強いところも、興味深く感じていました。

やりきれない思いを、自分のために書いていたのではと思います。

解決できないパッシングディミニッシュの連続、ヒステリックに響いて緊迫、吹っ切れないなぁ、でもCD聞いたら、へぇ~なるほど。

オケの方々、皆様奏でながらどうかんじている?

さあ、ハードル超えるために、まだまだ精進は続きます。

Horizon_0001_burst20210321073406747_cove

« 小倉jet~教室活動ブラッシュアップ | トップページ | 今川焼リクエスト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小倉jet~教室活動ブラッシュアップ | トップページ | 今川焼リクエスト »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ