« 福岡jet新年度総会 | トップページ | オンラインjet入会セミナー »

2021年4月 7日 (水)

懺悔~ショパン様

ショバンピアコン、銀座のために練習、さらに更に頑張って弾いています。

少しずつ流れるようになりました。

他の曲に比べて、何がこんなに弾きにくいか、それを克服するために、かつてない勢いで研究、ショバンのピアノソロ曲と、どう違うのかと、毎日暇があるとスコアや二台ピアノ版を眺め、自らの伴奏アレンジを眺めて分析して解った!

ピアノ=打楽器で、どんな和音も瞬発力打鍵によりエネルギーを蓄えたサウンドが瞬時に伝えられ、それ自体の音楽の伝わり方と、持続音オルガンで、そのまま和音を奏でても、音の濁りが際立ってしまうこと、だから音の配置に気をつけるとよいことに気づきました。

特に、低音域を工夫、スコアそのままよりオクターブさげると、大変充実して、弾きやすくなりました。

逆に、和声のラインを際立たせたい場合、トップを伴奏としては、ポピュラーで言うところのソプラノポイントのように、オクターブあげると、なんと美しいハーモニーが聞こえてきて、奏でる楽しみに繋がりました。

ショパンらしさをここで絶大に感じて、エレクトーンで発揮させねばと、設えてみました。

また、四分音符ふたつにスラーがついていなくても、フレーズとして2つ目をエネルギーを抜くように、2つ目はやや短めに弾くと、持続音の良さが引き立ち、非和声音から和声音へと、何か次のページ、背景変化が引き立ちました。

特にショパンのワルツのリズムで刻むあたり、コード分析してみたら、やっとやっと納得、もうこんなに凝ったことをひたすらストリングスと、ホルン、木管、ピチカート等と受け渡しながら工夫していて、余程悩みながら、何かを目指したのかなぁなんて思ったら、自然にその弾きにくい抵抗感から放たれて、すっと行きたいところへ、落ち着く道筋がみえて、、、泣きそう!ショパンの深みにはまった気分になりました。

ショパン、嫌いって言ってごめんね。

ショパン、くよくよすんじゃねぇ~とか、失礼なこと言ってごめんなさい。

でも、くよくよしすぎは、なよなよは、やめようね😆💣️✨でも、それがよさだけど、本当のあなたが解ったわ~私はジョルジュサンドか(^_^;)

やっと、そのハーモニーにのり上手く伴奏できる気持ちになってきたのでした。

良かった!

やったね❤️

ショパンは、オンラインセミナーでも皆様にノクターンOp9-2を題材にして、和声のポイントをお伝えしたわけですが、まさにそれをベースに心得て分析し、内声を繋留にして動かし、左手に生かせばよいこと、これはショパンならではの伴奏アレンジの特徴になりそう‼️

こうして、また一つずつ、偉大な作曲家から教えを乞うて、人生を教わって、学べたこと、幸せな気分になります❤️🍀

あと、最後のもう一山、ハードルを感じるフレーズがあり、また分析してみようっと(*^O^*)

銀座の二部ピアコン7曲演奏のうち、ショパンと、ベートーベン皇帝と、モーツァルト20番が初演になります。

お席も、コロナ禍ですのに、お運びいただけます方々が集まって、一階席が次第に埋まってきております。

皆様に楽しんでいただける作品、演奏をご一緒していただく参加者の方々と、頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

2_20210407185001

 

« 福岡jet新年度総会 | トップページ | オンラインjet入会セミナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡jet新年度総会 | トップページ | オンラインjet入会セミナー »

最近の写真

  • 20210305-123313_li_20210410074601
  • 20210409-162524a
  • Dsc00405_20210410065801
  • Dsc00415
  • 2_20210407185001
  • Line_p20210405_161500075
  • Line_p20210405_161500057
  • Line_p20210405_161500057_20210406074701
  • Line_p20210405_161500067
  • Line_p20210405_161500073
  • Line_p20210405_161500070
  • 185rund02a