« 機能講座 制作に追われて | トップページ | 時間をかけて »

2021年3月14日 (日)

コンチェルトのレッスン

1615734342715

Tripart_0001_burst20210314140357115_cove

コロナ禍ではありますが、銀座や発表会のために、日曜日だけど頑張った!皆様とコンチェルトレッスン、ムジカに集合!

まずはお写真撮影わすれました、ごめんなさい。お一人目は、ベートーベン皇帝の初合わせ。

やっぱりベートーベンの響きは凄すぎで、身震いしました。

ピアノパートの音のつまり具合は半端なくて、大変です。それに比べてオケパートの明解さが命とりになりそうなため、少しストリングス加えた方がよさそうな所などチェック、やりがいを感じて今日はお互いのイメージが大変広がって良かった(*^O^*)

お二人目~ラフマニノフピアコン。この春大学生になって、凛々しく成長!気軽にR君なんて呼んだら、いけないですよね、でもやっぱり私の中ではR君で一緒にコンチェルト弾いてきた歴史があって、まさかこんなに継続成長育成となるとは!

彼なりの音楽が次第にみえてきました、R君のラフマニノフは、優しく穏やかで控えめな中に、静かな主張があります。

3番目は、私のアレンジしたショパンバラード1番コンチェルトを弾いてくれるH君。彼もまたこの春大学生!音楽が好きという気持ちのもとに、豊かにこの曲をアンサンブルとして、広げる工夫に取り組んでくれています。どんな音で弾くか、そして緩急をどう上手くドラマとしてつくるか、奥の深い表現へとますます進行中!

最後は、最近成長目覚ましいMちゃんの、チャイコフスキーピアコン!

コンチェルトを弾くには、相手のパートを良く聞いて2人で作り上げていくそのアンサンブルの醍醐味があります。彼女はすでにそれを会得した感があり、私の書いた五段、ピアノ二段、エレクトーン三段のスコアをよく研究して理解しているように思いました。このスタイルを自分のものにしているのだなと思います。ダイナミクスのつけ方やピアノを楽器として輝かせる様子、弾いていて気持ちのよい演奏、本番が楽しみです。

三人とも、小さなボクだった頃や、くるくるおめめの絵本に登場するかの女の子だったわけですが、背丈が伸び、私の方が小さくなり(^o^;)孫と弾いているかの気分で、また嬉しさひとしおなんです。

コンピューターおばあちゃん、って歌ありましたよね。

あれあれ!(^-^)、ワタクシは、

コンチェルトおばあちゃん(*^O^*)になって、まだまだ彼らの成長に寄り添える喜びを感じながら生きています!

今日は、皇帝に、ラフマピアコン、ショパンバラード、チャイコフスキーピアコン、自分で言うのもなんですが、すごいレッスンプログラムでした。楽しかった‼️

発表の場があれば、こんなに弾みがついて、元気にもなり、またそれが励みになりますよね。

まだまだ頑張れそうだぞ😃

今日の皆様ありがとう、そして、お読み下さった皆様、ありがとうございました。

« 機能講座 制作に追われて | トップページ | 時間をかけて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 機能講座 制作に追われて | トップページ | 時間をかけて »

最近の写真

  • 20210305-123313_li_20210410074601
  • 20210409-162524a
  • Dsc00405_20210410065801
  • Dsc00415
  • 2_20210407185001
  • Line_p20210405_161500075
  • Line_p20210405_161500057
  • Line_p20210405_161500057_20210406074701
  • Line_p20210405_161500067
  • Line_p20210405_161500073
  • Line_p20210405_161500070
  • 185rund02a