« 小倉サウンドカーニバル準備 | トップページ | 乗り越えて »

2021年2月16日 (火)

AGATA

Dscn1139

明日の作編曲オンライン第11回目にお伝えするオリジナル曲、AGATA。

2007年から2008年にかけて制作し、思い出深い曲で、あまりにも思いが強くて、なかなか演奏するには、私の中でハードルがありました。

でも、ようやく気持ちの整理もつきはじめ、明日お伝えしてみようと思います。

AGATAは、当初「風の千屈菜(みそはぎ)」という題名でした。

そこから、2008年5月に小倉のホテルニュー田川のコンサートで初演の際に「AGATA~春望」となり、今はひっそりと、心の奥にしまったダイヤモンドと化した存在です。

深い思い出を乗り越えて、明日は上手く話せるかなぁ。

ご参加の皆様どうぞよろしくお願いいたします。

写真は2008.5.27音の森コンサート~松丸弘子作品展

北九州小倉のホテルニュー田川の美しい日本庭園の中にある池に設えられたステージでの一枚。50歳の思い出。

 

« 小倉サウンドカーニバル準備 | トップページ | 乗り越えて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小倉サウンドカーニバル準備 | トップページ | 乗り越えて »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ