最近のトラックバック

« 次の取り組み | トップページ | レジスト表現アレンジ »

2020年5月23日 (土)

飢餓海峡

T02200312_0282040013053280287

水上勉原作の「飢餓海峡」を録画して鑑賞。

北海道と本州をつなぐ津軽海峡を背景に、戦後の日本人の貧しかった時代を描いていて、ミステリーだけど、社会派の映画を観ました。これは名作です!

真実を心に秘めていても、どうせ誰も信じてくれない、貧乏という貧しさの中に、素直になれない。たまたま偶然の運命から人生を変えるきっかけを得て、別の人生を歩きだし、秘めた真実が故に過去を隠し、大切なものが見えなくなり、、。

主人公の哀れな顛末には、形からはいる人間の弱さ、 見栄、のなれの果てのようであるが、自ら命を海に投じて、死を選んだことで、真実を隠しとおしたと思うか、懺悔の死とみるかで、みる者にも、人の心の真実と信頼について問いかけてくる作品。

小さい時に罪のないちょっとした嘘をついた時の不安な秘密の罪悪感、それは大人になっても、どんなに長くいきていても、おそらくずっとある感情。それこそビュアな自分がいるものだ。

若いときの高倉健さん、ちょっと知ってる人によくにているな

連絡してみようかな。



« 次の取り組み | トップページ | レジスト表現アレンジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次の取り組み | トップページ | レジスト表現アレンジ »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ