« なんと素敵な響きでしょう! | トップページ | アヴェベルムコルプス コンチェルトアレンジ »

2019年11月 7日 (木)

価値の高さ

Dsc_0257

目に見えないものの価値の高さを、どう伝えたらよいのでしょう。

目に見えないと価値というより、苦労もなかなか伝わらぬようで、誤解もなにかと生まれます。

残念極まりないなと感じても、人知れずの思いで過ごして、自分が納得するところで頑張るしかありません。

私が日々取り組んでいるものに、果たしてどれだけの共感が得られ認められるのかと、時々、お手本のない世界に、気持ちが揺らいで、奈落の底に落ちるかの気分になるのですが、そんな時にはひたすら好きなことをやります。

創作の世界に没頭しながら、ちょっと誰にも踏み入れられない結界をはり、作業を続ける楽しみ。

それで生きていけるんだもの。幸せなことです。

好きなことを続けていくにも、苦労があり、貫くには、まだまだ甘さがあること、悟りつつ、余計なことは削除していかねば。それでも、時間も労力もまかないきれないのは、欲があるからではと、素直に過ごして仕事を楽しませてもらってます。

今日はアヴェベルムコルプスを書きました。

半分書いたら、もうお腹いっぱい気分になりました。

祈りの音楽、心に染みて、時を経ても、響く思い、わき上がります。

夕焼けと共に、静かに、それでいて、ますます透明な何かが、心を突き動かしています。

« なんと素敵な響きでしょう! | トップページ | アヴェベルムコルプス コンチェルトアレンジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんと素敵な響きでしょう! | トップページ | アヴェベルムコルプス コンチェルトアレンジ »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ