« PAの力 | トップページ | 神戸、水がいいから~! »

2019年5月28日 (火)

フォレスタ レッスン

Dsc_1709

火曜日は石神井のムジカサロンフォレスタで、レッスンしています。

今日も、モーツァルトにシュランメルにと、銀座コンチェルトを目指して、楽しく皆様とご一緒しました。

その中で、最近やはり銀座を目指して合わせに来てくれる中学生、実は銀座のコンチェルトでは、ワタクシのオリジナル曲「木漏れ日の彼方に」をコンチェルトしてくれるのです!

松丸弘子を弾いてくれるのだ!やった~😁

思いいれて作ったこの曲、お母様も大好き思って下さり、今日は2回目の合わせでしたが、前回からすると、グッと豊かに奏でられるようになり、著作者嬉しくて、張り切りました(笑)

オリジナル曲を弾いてくださる、興味をお持ちいただけるというには、伴奏であっても、埼玉上尾で継続していたPTNAステップコンチェルト企画の継続の結果なのかと感謝しています。

それをご指導くださった先生のお力に寄り添って、気がつくと、音楽のもつ情感や、雰囲気、イメージをよく感じとり、好きな曲を自ら奏でてみたい、新たに創出された音楽への興味をさらに深めて育ててきたのかな、なんて、今回のステージにご参加下さる顔ぶれで、それを感じて、感謝の何ものでもありません。

生徒さんの成長に私も関わらせていただける楽しみ~コンチェルトは、コミュニケーション!

彼女たちのハートで、私の作品も、彼女たちも、羽ばたいてくれたら、最高❤️

こんな日が訪れることを誰が思っていたでしょう。

この曲は書いているときには、タイトルのような自然をイメージしたもので、当時福岡から東京に毎月、埼玉の楽器店にレッスンに出向いていたのですが、よく土曜の夜上京し上野のビジネスに泊まり、翌日日曜午後からレッスンというスケジュール、日曜の早朝の上野の森の中を散歩していました。当時、今よりも大きな噴水回りの池の横のベンチに座り、国立博物館側の大きな欅を眺め、風を感じながら浮かんだメロディです。

ピアノより弦楽四重奏にしてみようかとも思ったな。エレクトーンでいろいろやってみたけれど、生で弾くこと考えたら、一元的な明解さがゴールに速く到達となり、ピアノ曲にまとまりました。

当時私の福岡の住まいに、少しのかわいい生徒さんがおり、その中でも期待の星だったのが、詩織ちゃんでした。

完成したこの曲を聞かせたら、物凄く気に入ってくれて、弾きたいと言ってくれた彼女。その次のレッスンをまっていたら、彼女はなんと14歳の若さでくも膜下出血で帰らぬ人になってしまったのです。

私には辛い思い出の曲になってしまい、暫くは弾くこともなかったのだけど、時が巡り今こうしてソロから、コンチェルトにもまとめることがてきました。

新緑まばゆい木漏れ日の向こうから、いつまでも、ずっとずっと、見守ってくれるあの子が、私たちに力をあたえてくれるかのようなのです。

できる範囲で少しずつ、弾けば弾くほど、合わせたら合わせるほどに、幸せに。

今日のレッスンの皆様、お疲れ様~❤️

ありがとうございます。

« PAの力 | トップページ | 神戸、水がいいから~! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PAの力 | トップページ | 神戸、水がいいから~! »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ