最近のトラックバック

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

神戸jet生徒倍増と円滑なレッスン運営

Dsc_1713

 

昨日からの神戸jet、今日は定例会でした。

先月の総会からはじめての本格的研修、皆様それぞれの自己紹介をかねてご自身の教室活動についてトークサロン形式でお話していただきながら、よりよいアイデア、アドバイス、最初はエレクトーン人生を振り替えるかのようにエレクトーンの歴史を振り返り、あなたの教室人生も振り返りで、最後は私からの保存版(になるかどうか(^_^;)「生徒倍増と円滑なレッスン運営について」というテーマで講座を実施しました。

お顔がみんなお互いに見えた方がよいかと、担当者と始まる前によいしょよいしょの楽器移動で、馬蹄形にエレクトーンと共に客席を作り、プロジェクターをセット、参加して下さった先生方が皆様来て良かったと思っていただけるように、担当者とあれこれ工夫~

支部内の先生方は、皆様お顔はご存知でも、なかなかお話されたことのないこともあり、交流や親睦にもなれたかなと、皆様が笑顔で帰って行かれる姿にホッとしたアドバイザーでした。

その中に、なんとぉ~2000年に自主制作した「リトルエレクトーンプレイヤーズ」~今の「はじめてのレパートリー」の前段階、初版分をお持ちの先生がいらしてお持ちくださって、皆様にご紹介~私も自己紹介になったかも。I先生ありがとうございました。

エレクトーンを長く続けてきて、同じ音楽に向き合ってこんなに嬉しいことはありません。作ったあの時、今日の神戸でのこの日をだれが知っていたのかと思ったら、このご縁を大切にして、私の音楽も先生方のお役にたてるように、頑張らねばと思った次第です。

私にとっては、これまでにない大規模支部との業務、今までがいかにノンビリしていたかと思うほど、次々に考えねばならないことが沸き上がって参りますが、そのひとつ、ひとつがワクワクするかの業務で、遠方からのアドバイザー、イベントに今一関われてないのがちょっと申し訳ありませんが、皆さま方のチームワークと連携で上手く回っていけるようにと願っています。

また来月どうぞよろしくお願いします。来月はサウンドカーニバルの取り組みと展開について、ご提案!お楽しみに~😁

生徒倍増と円滑なレッスン運営はこちらから

ダウンロード - e7949fe5be92e5808de5a297e381a8e58686e6bb91e381aae383ace38383e382b9e383b3e9818be596b6efbc882019.5.27efbc89.pdf

2019年5月30日 (木)

個人面談

Downloadfile1

この春から担当することになった神戸jetの皆様との個人面談、午前、午後合わせて15人位の先生方とおめにかかり、ご自身の教室活動についてお話をおききしながら、あれころアドバイス。

神戸jetの皆様に感動したこと。

当たり前ですが、エレクトーンの生徒さんだけを教えていらっしゃる先生方がかなり多いのです。

大体今まで私が関わる支部では、ピアノと兼ねて教えていらっしゃる先生が殆どなのですが、エレクトーンオンリーのお教室を頑張っていらっしゃることが嬉しくて、ついいろんな質問をしてしまいました。

もし、問い合わせでピアノといわれたら?・・・私はエレクトーンが専門なのでエレクトーンのレッスンをさせていただいてます。とキッパリ!(^○^)

また、ピアノでも最初の数年間~jetでいうところの大好きエレクトーン3ぐらいまでは鍵盤導入期として、エレクトーンが最適、そこからピアノかエレクトーンを選んでいただけたらと思います。と、キッパリ!(^○^)

それで、大抵の生徒さんはエレクトーンになってしまうのだそうです。

素晴らしい!

エレクトーン講師の鏡!

素晴らしい!

jet講師の誇りだ😁♥️

1日、とてつもなく、たくさんの先生方と話したけれど、皆様それぞれ素敵なカラーをお持ちの先生方ばかりで嬉しくて、疲れも吹き飛びました。

アドバイザーとしても、新鮮な感動です。そんな神戸jetのお仲間に入って、頑張って参りますので、神戸の皆様、どうぞよろしくお願いいたします‼️

 

2019年5月29日 (水)

神戸、水がいいから~!

Dscpdc_0002_burst20190530075023822_cover

月末あたりは神戸です。

新幹線にも地下鉄のる感覚でさくっと出発。

神戸は、六甲山から涌き出る地下水が水道水になってるから、シャワーを浴びても髪がさらさら、そのまま飲んでも美味しい。だから、外食しても、ちょっとしたそこらの小さなお手軽なお食事も、美味しい~😁

故郷、都城も、霧島からの地下水が水道水になってたなぁ。

自然の恵み、地球の力を貰って、明日からの業務、頑張りまーす。

神戸jetの皆様、よろしくお願いします‼️

 

2019年5月28日 (火)

フォレスタ レッスン

Dsc_1709

火曜日は石神井のムジカサロンフォレスタで、レッスンしています。

今日も、モーツァルトにシュランメルにと、銀座コンチェルトを目指して、楽しく皆様とご一緒しました。

その中で、最近やはり銀座を目指して合わせに来てくれる中学生、実は銀座のコンチェルトでは、ワタクシのオリジナル曲「木漏れ日の彼方に」をコンチェルトしてくれるのです!

松丸弘子を弾いてくれるのだ!やった~😁

思いいれて作ったこの曲、お母様も大好き思って下さり、今日は2回目の合わせでしたが、前回からすると、グッと豊かに奏でられるようになり、著作者嬉しくて、張り切りました(笑)

オリジナル曲を弾いてくださる、興味をお持ちいただけるというには、伴奏であっても、埼玉上尾で継続していたPTNAステップコンチェルト企画の継続の結果なのかと感謝しています。

それをご指導くださった先生のお力に寄り添って、気がつくと、音楽のもつ情感や、雰囲気、イメージをよく感じとり、好きな曲を自ら奏でてみたい、新たに創出された音楽への興味をさらに深めて育ててきたのかな、なんて、今回のステージにご参加下さる顔ぶれで、それを感じて、感謝の何ものでもありません。

生徒さんの成長に私も関わらせていただける楽しみ~コンチェルトは、コミュニケーション!

彼女たちのハートで、私の作品も、彼女たちも、羽ばたいてくれたら、最高❤️

こんな日が訪れることを誰が思っていたでしょう。

この曲は書いているときには、タイトルのような自然をイメージしたもので、当時福岡から東京に毎月、埼玉の楽器店にレッスンに出向いていたのですが、よく土曜の夜上京し上野のビジネスに泊まり、翌日日曜午後からレッスンというスケジュール、日曜の早朝の上野の森の中を散歩していました。当時、今よりも大きな噴水回りの池の横のベンチに座り、国立博物館側の大きな欅を眺め、風を感じながら浮かんだメロディです。

ピアノより弦楽四重奏にしてみようかとも思ったな。エレクトーンでいろいろやってみたけれど、生で弾くこと考えたら、一元的な明解さがゴールに速く到達となり、ピアノ曲にまとまりました。

当時私の福岡の住まいに、少しのかわいい生徒さんがおり、その中でも期待の星だったのが、詩織ちゃんでした。

完成したこの曲を聞かせたら、物凄く気に入ってくれて、弾きたいと言ってくれた彼女。その次のレッスンをまっていたら、彼女はなんと14歳の若さでくも膜下出血で帰らぬ人になってしまったのです。

私には辛い思い出の曲になってしまい、暫くは弾くこともなかったのだけど、時が巡り今こうしてソロから、コンチェルトにもまとめることがてきました。

新緑まばゆい木漏れ日の向こうから、いつまでも、ずっとずっと、見守ってくれるあの子が、私たちに力をあたえてくれるかのようなのです。

できる範囲で少しずつ、弾けば弾くほど、合わせたら合わせるほどに、幸せに。

今日のレッスンの皆様、お疲れ様~❤️

ありがとうございます。

2019年5月27日 (月)

PAの力

Dsc_4678

今日は、銀座のコンサートの音響さんと打ち合わせでした。

これまでコンチェルトのコンサートを中ホール規模で何度か行ってきました。

大ホール(キャパ700以上)も経験ありますが、経験する度に、音楽を伝える意味を考えさせられることが多いことが事実です。

講座も数えたらきりなく実施してきました。

小さな会場では、空気を通して広がる私の音楽の行く末は、そう心配いらずでした。

でも、エレクトーンの伝わる音の力を発揮している方向は、ある意味お手軽な方向~それも身近なエレクトーンの楽器の良さでもあります!

自分の耳を信じて作った音、それを、エレクトーンを弾いた時に、伝える時に、思ったものと異なると感じるのは、ホールが大きくなるにつれ、音響について私自身の力不足を演奏以外のところで感じ、ホールの音響さんの力に頼り、その中でどう折り合いをつけていくか。

私としては、それは、かなり大きな問題なのです。

録音も、あちこちで行ってきました。

音響さんは、皆様プロの方ですから、演奏する私自身が気持ちよく弾けるようにと、エレクトーンを会場のスピーカに繋ぎ、モニターとして返りのスピーカーもご用意下さったり、会場規模によっては、バランスや時間差も考慮してと、とにかく大きなホールになると、腕の立つ音響さんでないと、正直弾いている私自身が思ったような音楽を奏でられていないことで、メンタルをやられてしまうのです。

結果、つい、客席を忘れて、小さな音でも、自分の納得した音質で聞こえてくる方を選んで、PA要りません!

なんてなことになったりして、この場所で奏でる、伝える責任逃れ? 自己満足かぁ~おいおい(^_^;)

音響関係の様々な本も読みました。ムズイ~かなりのものですよ。数学です。

解らないなりにも、読み進むと興味がわいて、音響さんのご苦労、お仕事についてより感謝も生まれてくるというものです。

その中で一番参考になったのは、音と響きの基礎知識(音楽の友社) という本で、何度も読みました!音楽やっている方の本だと思いました。

余談ですが、音楽がどのように人の心に作用するかという、私にとっては大テーマの部分でも、ありとあらゆる本を読み漁り、エレクトーンの持続音や音質について、楽器(レジスト)の組み合わせなど総合鍵盤楽器だからこそ、興味は広がりと今に至っています。 

エレクトーンを演奏する人は、当たり前のことですが、自分が弾いて終わりではないのです!

音響さんと作り上げていかねばなのだと、常々思いつつ、だから私は1台でレッスン室の扉の奥から~なんてフレーズにもある意味逃げてしまっていたのかもしれません。

エレクトーンという楽器についてのこだわり、また、奏でる音楽の方向によっても、音響さんなりの対応があるわけですので、まずは私がどんな音楽を目指しているのか、どんな音質が好みで、どんな感じで作編曲を行っているのかを、簡単ではありましたけれど、今日はお伝えしました。

一番大切なこと、私の音楽をどう伝えるかとの視点でお話は進み、話せば話すほどに信頼が生まれ、安心してのびのびとこのホールで奏でたいとの思いがいっぱいになりました。

何度も書いたことも、話したこともあるけれど、多くの経験を重ねてきたけれど、毎回初体験のことばかりで挑んできた気分なのです。

だから、銀座のヤマハホールは、コンサートを聞きに行くことがあっても、あのステージに立つことは考えてもいませんでした。それだけ私の中では、上質の素晴らしい輝くホールなのです。

ヤマハ銀座店に所属される先生方にとっては、普段から発表会などでご自身も生徒さんもお使いになる機会もあり、何と贅沢なことと思います。そこで奏でる経験は、そのままその経験が耳を作り、良い音楽を奏でる力にもつながるかと思います。

人生の中で巡ってきたご縁と共に生かしたいこの機会、音楽を、エレクトーンを関わって生きてきた、これからも生きて作品を作っていこうと思うから、もっと努力してよいステージになるようにせねば!

そして、放たれた私の音楽いいなと思って下さる方が、定番のように生徒さんと、先生と、素敵なコンチェルトで心を合わせて幸せになって頂けたら、喜んで下さったら! と思います。

作った音楽の心、それを奏でる人の心、それを伝える人の心、それを聞く人の心、其々に繋いで一つになった時に、ピュアで透明でまっすぐなエレクトーン音楽の感動になるのかなと思ったら、今日の出会いをとても嬉しく思いました。

とても長くなりました。暑い一日だったけれど、いい一日になったな。熱い気持ち(^O^) 暑い・・・熱い・・・

Dsc_4674-1

 

2019年5月26日 (日)

モンポウ

Img_0_m

3月の終わりにサントリーで開かれたベルリンフィルのコンサートが、4k放送であり、録画。

きになるモーツァルトピアコン21番や、ベートーベンのシンフォニー7番とか、私好みのプログラムだったため、画面にへばりつくように自宅で堪能。

そのなかで、以前から気になっていたフェデリコ モンポウのピアノ曲が流れた。

素敵すぎて、圧倒される!どんな音楽かというと,何やら密やかで心は暖かく、まるでハープのように繊細につま弾くピアノ曲なのだ。

随分と前に師匠である柏木玲子先生から、ドビュッシーの弦楽四重奏曲とモンポウを聞くように薦められて、はじめて耳にした時よりもさらに、魅力を感じた。

音楽の志向にアンテナ向けて下さって、今頃またまた大感謝、そしてテレビから流れるモンポウは、柏木先生と一致するイメージになる。

楽譜をみてみようかな。

2019年5月25日 (土)

8/23銀座コンチェルトコンサートチケットご予約

0_190823_yamahahall_concertbravothumb

コンサートまで約3ヶ月となり、ネットや、あちこち関連の所へフライヤー配布、ご案内をスタートいたしました。

お陰様であちこちからお問い合わせや、チケットのご予約をいただき、大変有り難く感謝申し上げます。

ネットの力は凄いなぁと、遠くは四国や関西からのお申し込みにはビックリ!

また、親しくしてくださる先生からの早速のお申し込みも、大変嬉しく思っております。

ワタクシの方が慣れない作業やらに追われ、対応がうまく整っておらず失礼ばかりで申し訳ありません。

チケットに関しては、以下の通りです。

全席自由、前売り1000円、当日2000円です。

ご予約いただきました皆様は前売りチケットをご用意し、直接お渡し、または、当日取り置きにて代金と引き換えの上お渡しさせていただきます。

ご予約され、事前に郵送ご希望の場合は、お知らせする口座へお振込をお願いしております。入金確認後ご郵送させていただきます。(恐縮ですが、手数料はお客様のご負担でお願い申し上げます)

また、お問い合わせに従いまして、チラシやチケットご郵送のご対応は、出演者様ご対応を含め、個別にご連絡させていただき、順次6月上旬から行います。

どうぞ、多くの皆様にご来場いただき、参加の方々と共に、音にこだわった銀座YAMAHAホールで、エレクトーン一台によるコンチェルトスタイルのアンサンブルを楽しんでいただけたら幸いです。

皆様のご予約をお待ちしております。

ご予約は  080-3517-2770    メールでのお申し込み  gurico8765@gmail.com

エレクトーン講座の効果❤️

Iso2022jpjaptna2d010443

今年に入り、福岡、東京とコンチェルトからねワークショップを始めたり、関わるjet、小倉や福岡、そして神戸と、エレクトーン普及のための様々なアプローチを、私なりに展開。

それは、指導者の皆様へこの有能な楽器を再認識していただくこと。

いくら最新の楽器を教室備品に揃えたところで、それをレッスンに生かさねば、生徒も先生も笑顔にはなれません。

体験レッスンからのエレクトーン取り組みや、具体的にこんなことあんなこと、今さらに近いプロセスもアドバイス。

一番には、先生がエレクトーンを弾いて聞かせなきゃ‼️

最近、あちこちから、エレクトーン生徒が増えたとか、退会しそうな生徒が復活とか、ご連絡いただくようになりました。

また、エレクトーンはねぇ~と(たぶん)遠目に敬遠していた先生方も、あらなかなか便利そうと、昔弾いたことある気持ちをバネに、またまた復活、なんだか仲間がふえた気分になります。

一方、スピードと数の論理で、世の中の動きに乗った?か、何か、エレクトーン離れが組織として起こっていることにも、びっくりしながら残念ですが、なんとなくわかる気分。

何を核として音楽を教えていくか、何のための組織なのか、それをぶれずに、まずは私たち指導者のところではしっかりとエレクトーンという楽器に向き合う必要があると思うのです。

自分自身が好きなことを、未来につながる子供たちに教えて、その生徒さんと、ご家庭を幸せにする仕事、いいことやってます☺️そう思えるようなjetにしたいとアドバイザーとして、またエレクトーンに関わる作品を作り続けて行きたいとおもいます。

なんだか語ってしまいました。最後までお読み下さってありがとうございます。

と、ここで、教室のPRいれるところなのですが、ワタクシの場合、

はい、8/23銀座のコンサートにぜひ、ご来場おまちしております。

 

 

2019年5月24日 (金)

アランドロンの孤独

B93348e1603e3a8eb6cd93c67a3385ec_1

アランドロン。最初に見たのは「太陽がいっぱい」の映画でした。

ちょいワルの雰囲気を持って、どこか陰りのある表情は、今時のイケメンとは、コンセプトが、、、って、どんなんや(笑)

そのアランドロンのインタビュー番組があり、ずっと録画したままになっていてやっと観れた!

あ、今のアランドロンは、「マスク」に出てくるマスクを被ると別人に変身のギャングみたいな風貌で、あのアランドロンも今や80代、でも身長177センチの凛とした背筋のまま登場。

俳優として語るアランドロンは、役者人生に誇りをもった、やっばりナイスガイでした。

ワンちゃんが大好きで、今まで飼った犬のお墓、30匹ぐらいの横にご自身のお墓を既に建立。

ど、ど、ど、れだけ孤独。

やはり、一流を極めると本質的なところで我が道貫き、寂しさいっぱい、孤独。

つまりは、信じられない世界に自ずを信じ、ワンちゃんに癒されてきたのかなぁ。

未だお元気なアランドロン。

一連の作品を見てみようかなぁ。

2019年5月23日 (木)

銀座チラシできた

Dsc_1689

銀座のコンサートのフライヤーが出来ました。

かなりのシンプル、分かりやすい~

テノールの佐々木さんからいただいたプロフィール写真をどう生かそうか、レイアウト考えてこんな感じに。

印刷から早速YAMAHAホールやYAMAHA銀座店に置いていただけるようにとご挨拶。

60周年となったこの時に、このような機会を得ることが巡ってきたのです。

これまで続けてきた活動は、すべて大好きなエレクトーンと共にあり、私を育ててくれたようなもの。

伴奏楽器として捉え、メインに奏でる方に寄り添ってその人を輝かせるための優れた楽器と見て作り続けた作品を愛して下さる方々のためにも、このステージを励みに更に高めていきたいと思います。

音楽の準備のデザインは、なんとなくみえてきました。

これからは、集客やら裏の準備へエネルギーをかけていかねば。

皆様どうぞいらしてくださいね。私の伴奏エレクトーンで、可愛いお友達から、可愛いお姉さま、お兄様、マダムにおじ様、皆が奏でてくれます。

ダウンロード - e98a80e5baa7e382b3e383b3e38381e382a7e383abe38388e38395e383a9e382a4e383a4e383bc.pdf

 

チケットのご予約おまちしております。

https://www.yamahaginza.com/hall/event/003867/

2019年5月22日 (水)

コンチェルト立ち会い

Dsc_1688

6月5日に武蔵境のスイングホールで開かれるピアニスト安田裕樹さんが、リサイタルを開かれます。そのプログラム最後に、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番をフルサイズで、エレクトーンステージアカジュアルモデル一台を使って、黒園克則さんが伴奏されるとのことで、今日は事前合わせに伺わせていただきました。

男性二人で本格的なラフマニノフを聞かせていただき、迫力あるサウンド。豊かでまろやか、力強いラフマニノフをカジュアルモデルのステージアが、新たな挑戦のように作品を作り上げて、黒園さんらしさが伝わる伴奏でピアノを支えていました。

お二人の真剣さに引き込まれて、ついワタクシも、スイッチオン(^O^)

本番が楽しみ~頑張って下さいね😃

Dsc_0001_burst20190522161011780

2019年5月21日 (火)

時間は未来からの贈り物

 

Dsc_1354

今日は嵐のような雨が降りしきる中に、石神井のムジカサロンでレッスンでした。

素敵なマダムたちは、それぞれのペースで粛々とレパートリーを増やして頑張っていらっしゃるのです。

趣味の世界で続けていることは、ある意味ダイヤモンドの輝き、ひっそりと私のレッスンの世界で輝いて、その頑張りをどこかで光らせたいと、8月の銀座のコンサートでは、お二人ともソロで演奏していただくことに致しました。

自分自身への挑戦を続けていらっしゃる姿に、ワタクシも励まされ、エレクトーンを教えてきて良かったなーと思えます。

私のレッスンを受けてくださり、様々な理由で今はいらしてない方々のお顔も思い出しながら、時々思い出話。まるで炬燵を囲んでミカン食べながら、、、なんて程ではありませんが、人生の先輩、お姉さまたちからいただくエネルギー、私もそうして生きていこう。

おしゃれなネイルで、軽やかに踊るように、マダムたちは、エレクトーンで思いを語ってくれるのです。

長い付き合い、あれこれ悩む私にアドバイス

「時間は未来からの贈り物」

ホント、ホント!

素敵な未来になるには、今、この瞬間大切だ!

どんどんやってくる贈り物、素敵なものにしなくては。

2019年5月20日 (月)

ビルの吹き抜けから

Dsc_1698

 

ちょっとでかけた都心のビル、休憩にお茶した場所から何気に天井を見上げて驚いた❗

ビルの吹き抜け、空間はまるで未来への時間を知らせるかのようだった。

アートを感じてとても頼もしい気持ちに。

生きている実感!

Dsc_1697

2019年5月19日 (日)

エレクトーン指導研究講座

福岡で4月からスタートしたコンチェルトワークショップ。

東京では、エレクトーンの先生に限らず、お教室にエレクトーンを使ってみたいと思う先生方もご参加下さり、エレクトーン指導研究ワークショップスタートとなりました。

1558360174942

ムジカサロンにもう一台ステージアが入りましたので、ピアノと、エレクトーン二台を使って、参加の皆様にコンチェルトの「よろこびの歌」を全員弾いていただきました。

エレクトーンの経験値の温度差はあるものの、同じ自宅音楽指導者として皆様真剣に演奏。

人数は、7名でしたから、和気藹々と大変楽しい時間になり、皆様一同に笑顔!写真をまたまた忘れてしまいました(^_^;)。

講座自体では、エレクトーンの歴史を振り返りながら、進化してきた楽器のポイントを機能の面でもたどり、レッスンにそのポイントがどのように生かされるか、奏法や多彩な音色について、伴奏の考え方とレジストなど、盛りだくさんの内容を、実際にベートーベンのよろこびの歌コンチェルト伴奏を使ってお話致しました。

ピアノの生徒さんへのエレクトーン体験、音色から広がる豊かなイメージで、ピアノ本来の演奏にもよい影響をもたらしてくれること、実感していただけたようで、きっと直ぐにやってみてほしいなぁ。

また、進化をたどっても、変わらぬエレクトーンの3要素に注目。

音楽の3要素をリアルタイムで奏でるエレクトーン!

いかに教育機器としても音楽的に価値高く活用することができるか、またそのために必要なこと、体験レッスンから取り組むエレクトーンについてもお話しました。

次回は子供たちが大好きなアサインについて、実際にハイドンの驚愕シンフォニー 2楽章アンダンテのコンチェルト伴奏を使って、楽しく取り組んでみたいと思います。

其々に人生を重ねてエレクトーンに関わり、それでもやっぱりエレクトーンが好き!と思って下さったからこその今日の勉強会。

先生が弾いている姿をまずはレッスンで見せなくては!先生ご自身がエレクトーン普及です(^O^)

指先から感じる様々な音色、楽しいリズムにのったら、自然と体もゆれて、楽しさ倍増、サポートしてくれる音源に合わせた達成感で、生徒さんがエレクトーンが大好きになってくれたらと思って作った「はじめてのレパートリー」こちらも、ちらりとご紹介。

先生方のエレクトーン活用は自由な発想のもとに、生徒さんへアンサンブルで愛を与えながら、喜ばせることが大切。

次回は7/21またどうぞよろしくお願いします

Dsc_1610

 

 

2019年5月18日 (土)

銀座のコンサート少しずつ

銀座のコンサートのために、ひたすら練習しているモーツァルトピアコン23番の3楽章が、少し流れるようになり、ちょっと嬉しくなっています。

モーツァルト好きな生徒さんに聞いてもらわなくっちゃ😃って、まだ途中だけどねぇ😁

これから練りに練って、いい演奏となるように、もっともっと弾かなきゃと、まるでエアロビクスやったかのよい汗を流す毎日。

ご一緒するピアノの森田先生とのあわせがとても励みになります。

銀座の準備、フライヤーも原稿が出来て少し前進、PAさんもご紹介いただいて打ち合わせ日程きまりました。

フライヤーはこちらから

ダウンロード - e98a80e5baa7e382b3e383b3e38381e382a7e383abe38388e38395e383a9e382a4e383a4e383bcc.pdf

 

少しずつ、頑張ります。

また、私のオリジナルを弾きたいと言ってくれるお友だちも現れて、大変有難いことです。

ありもののピアノ曲ソロを弾くこととは異なる楽しみ、ましてや一応著作者の私との共演を求めて下さるということは、新作コンチェルトアレンジをずっとご指導して下さっている先生の存在、影響があってこそというものなのです。

難易度は、これまでと一味違う難易度、「予感」も「木漏れ日の彼方に」も、彼女たちの感じた作品そのものを、どうか花開くように寄り添ってコンチェルトしていきたいと思っています。

私はピアノは専門でないため、なかなかテクニック的なところは担当の先生のお力をいただかねばと思いますが、表現に関しては作者ですから、私なりの作品に対する思いや制作にあたっての設計図のようなものをご指導させて頂こうと思っています。直伝なのだ!(笑)

関係の皆様、どうぞお世話になりますがよろしくお願いします。

 

 

2019年5月17日 (金)

こんにちは!すてきなお花たち

Dsc_1672

Dsc_1673

Dsc_1675

 

Dsc_1678

Dsc_1680  

Dsc_1681

Dsc_1682

東京にもどって、またいつもの日常が始まった😁

すっかり、初夏のお花が、咲き誇ってこんにちは!

毎日あるくお散歩コース、冬の間も私の話し声きいていたんだよね、

やっと会えたね❗こんにちは!(^.^)

2019年5月16日 (木)

九州出張お疲れ様

Dsc_1659

長丁場の九州出張、無事に完了、よく頑張りました😁

先週8日に新幹線で移動、

9日小倉jet、

10日(金)は、小倉でレッスン、

11日(土)は、博多のいつものホテルで仕事、懐かしい生徒さんとランチ、

12日(日)は、翌日のためにひたすら仕事、午前中リコーダーサークルのための音源作成してたら、ちょっと体調不調でダウン、

13日(月)は、福岡jet定例会、「エレクトーン音楽講座」いつもより参加者多くて嬉しかった!終わって、サクッとリコーダー、終わってレッスン三人、夕方安堵しながらも、気になるモーツァルト、ちょっと手直し。学生時代の友人とは、今回パス。ちょっとごめんなさい。

14日(火)は、レッスン!たまたま、お二人休み、それでも、三人、コンチェルトにピアノに、エレクトーンにと頑張っている人、来ること自体だけでも頑張った人、新たな作品きかせてくれた人。みんな一生懸命、より高いもの目指して、忙しい中にも遠くからでも来てくれる。だから真剣。スイッチいれて、レッスン。

15日(水)コンチェルトワークショップ第2回目 みんなでエレクトーン弾いた。楽しそうな先生たちの様子❤️しつこく何回も弾いてもらった。次第に磨かれていく、先生たちが本来の力を確かめるように頑張っている‼️開いて良かった😁みんな、どんどん上手くなろう(^O^) 終わって個人面談、終わってたまたま20年ぶりぐらいに、名古屋の山口先生と再会!エレクトーンで繋がった仲間意識、ご縁があるなぁ

16日(木)たまたま今月だけワークショップを昨日同様に開催。今日は村浜さんがアシストで来てくれた、ありがとう、やっぱり助かる。おわって、またまた個人面談。

一週間長丁場、またまた新幹線で東京へ。

ご褒美に豪華牛焼肉弁当😁夕日に背中をおされながら、九州さようなら。

お世話になったYAMAHAの皆様、jetの皆様、生徒の皆様、お友達、ホテルの方々~みんなありがと。

ホテルで毎日見送ってくれたグリーン、またくるね❗

Dsc_1655

 

 

2019年5月15日 (水)

福岡コンチェルト講座2回目

1557156971342

先月から開催しているコンチェルトワークショップの2回目。

今月に限り今日と明日の二回開催!

今日は五名の先生方がいらしてくださいました。

今日は、少しビートの効いたアレンジ、バスティン曲から「学校へいこう!」と、「聖者が街にやってくる」

クラシックからは、ドヴォルザークの新世界、2楽章「遠き山に日は落ちて」のタイトルで知られた曲、これもピアノ、バスティン教材のなかに「ラルゴ」というタイトルでおさめられており、大人の方にも、コンチェルト体験できる、大変美しい曲。

こちらは、クラシカルなアレンジと、16ビートのリズムに乗った伴奏アレンジも作っており、一曲で二度美味しい(^O^)

皆様に、伴奏を弾いてもらいましたが、弾けば弾く程、楽しさ倍増、リズムのあるものは、ワクワクが倍増!

クラシカルな曲では、静かで丁寧な曲調を、みんなで心合わせて奏でるそのこと自体が、十分にアンサンブルの醍醐味を実感するものでした。

音楽って本当にいいですね、アンサンブルって、音を重ねて合わせるだけで、一緒に奏でるそのことは、気持ちも合わせる、同じ気持ちが伝わって、感動を分かち合うことが、今日はとてもわかるワークショップになれたと思います。

そんな気持ち、生徒さんとご一緒したら、より深い絆で結ばれるかのレッスンになりますよね😃

つまりは、楽しさを分かち合うことになり、先生に会いたい、また一緒に弾きたい‼️コンチェルト大好き❤️となることではないでしょうか。

お忙しい中にご参加下さる先生方に、私の夢を放ちました。😃❤️

コンチェルトで頑張る皆様と、共に高めあえるように(^O^)

明日で長丁場の出張終わり~最後の博多の夜。

お世話になった皆様、ありがとう☺️おやすみなさい

2019年5月14日 (火)

火曜日レッスンの1日

Dsc_1653

長丁場出張、今日は1日レッスンでした。

九州あちこちからお見え下さる先生方に、せっかくお越しいただくのですから、少しでも実になることをと、今日もアレンジのこと、エレクトーンのこと、和声に即興にとアドバイス。

しかし、ご自身の努力あってこその成果と言うものです。

子育てに、介護に、ご家庭を切り盛りしながら、お仕事は職住接近、ご家庭と仕事の両立に悩みながらも、ご自身を高めて行きたいお気持ちの牽引力、私にあるのか~?といつも問いかけます。

たまたま今日はお二人お休みになりました。

その分、自分の練習にモーツァルト。

最後の生徒さんの作曲作品をレッスンしたあと、明日、明後日のコンチェルトワークショップの下準備で、軽く合わせていただいて、その後にモーツァルトも合わせていただきました。

彼女は、学生時代に生オケで、このモーツァルトピアコン23番を演奏したことあるので、今でも暗譜で私のお相手をサクッとやってくれました❤️凄すぎます!

S部屋で背中合わせにコンチェルト。

掛け合い感抜群に感じながら、先日の森田先生との合わせでも感じたことですが、やはりピアノのお相手がいてくださると、一人では弾けなかったところも、あれっ❗行けた❤️

120ぐらいでも、イケイケで弾ける、流れてきました。

オーディオ化したエッシェンバッハさんのCDに合わせる練習から、なんと生の楽しさ、豊かさは、味わう喜び度が違います。

森田先生、村浜さん、本当にありがとう。

ワタクシ、いっぱい精進致しますので、またどうぞお付き合いくださいね。

ホテルのレストラン入口に咲くブーゲンビリア、綺麗な濃いピンク❤️大好きな色、優しく語りかけてくれてます。

あなたは大丈夫よ~がんばれーって。(^O^)

2019年5月13日 (月)

福岡jet定例研修「エレクトーン音楽講座」

Dsc_1631

Dsc_1632

Dsc_1633

Dsc_1635

今日は、福岡jetの定例会、研修は私の担当で、「エレクトーン音楽講座」タイトルの名前に負けそうで、準備段階から荷が重い(* ̄∇ ̄*)

朝からいや、昨日から緊張してました。どこが?と言われそうですが、、、(^_^;)

今日はいつもよりも出席者が多くて、ありがとうございます。久しぶりにお目にかかる先生も❤️みんなの雰囲気何だか以前に比べていい感じ~

最初はお店からの連絡事項やら、9月に控えているイベントの連絡やらと、事務局のkさん、GWの活動で日に焼けたらしく、なんだかお休みは、皆の心にゆとりを生んだようでした。

そこにきて、私の講座、エレクトーン60周年を意識して、張り切ってお話致しました。

Dsc_1637

Dsc_1638

Dsc_1639

Dsc_1640

Dsc_1641

Dsc_1642

Dsc_1643

Dsc_1644

Dsc_1645

Dsc_1646

Dsc_1647

前半は、エレクトーンの歴史について、後半は、それを指導する立場として、エレクトーン音楽ならではの奏法や音色の考え方、楽譜について、その他思い付くままにご持参いただいたjet教材、ギャラリイ4を使い、皆で音だししながら、私たちエレクトーン指導者が取り組むべきことを考えました。

Dsc_1648

Dsc_1649

Dsc_1650

Dsc_1651

Dsc_1652_1

楽器メーカーが母体の組織とはいえ、地域に密着した音楽指導者だからこそ、教育的な視点で楽器を捉えてこの楽器を伝えて行かなくてはならないと思います。

こんなに便利で、時代の最先端をいき、教育機器的な部分での活用を私たちはもっと学び、マスターすべきであり、まだまだその可能性を感じているのはワタクシだけでしょうか。

終わって、皆様から、笑顔で挨拶されました。

なんだかとても晴れやかな表情(^O^)

皆でこれからも、頑張りましょうね

お読み下さってありがとうございます。

2019年5月12日 (日)

読書の楽しみ

 

Dsc_1629

毎日夜寝る前には必ず少しだけ本を読んで眠る習慣、気分転換にもなり、ほっと安心、好きな読書タイム。

だから活字を読むと眠くなる(笑)という側面も、確かにあるけれど、一人の完全なイマジネーションの世界が広がります。

出張にも重いのに持ってきたのは、「ローマ帝国と皇帝たち」

最近は、以前の親方様熱が、世界史の方に走っております。

歴史本は、どんなドラマやサスペンスより、真実かそのまま(だと思うが(^_^;)なため、かなり引き込まれて、登場人物に対するイメージ膨らみ、面白いのなんのったらありません。

他に、持ってきたのは、スティーブン シーボルト著「自分の磨き方」、飛田 基著「考える力の育て方」

この2つは自己啓発と、仕事のために読んでいます。

寝る前に聖書読んだ😁みたいな自己啓発本の読書には、勇気や反省、ポジティブな自分のために、時々開いては、襟がただされます。最近の起爆は、この本と、あと毎日送られてくるメルマガ。こちらについては、またの機会に書いてみたいと思います。

「考える力の育て方」は、博多駅の丸井、HMV&BOOKSで見つけました。

こちらは、仕事にかなり参考になり、教育の視点で音楽指導に取り組む先生たちに、読んでほしいなと、今まだ途中ですが、かなりレッスンの見直し、私ならばセミナーの見直しにもなりそう。

明日のエレクトーン音楽講座にもかなり役立つことだらけなのです。

忙しいと時間がとれないと思いがちな読書、習慣にすると、毎日豊かな学びを得た気になり、不思議と心は平穏に。

おやすみなさい

 

 

2019年5月11日 (土)

福岡jet講座準備

Dsc_1628

小倉から昨晩博多に入りました。

長丁場の出張、今日と明日はオフのため、ちょっと息抜き。

懐かしい福岡時代の生徒さんにお目にかかりランチ。彼女は少しお姉さんで、当時から何かとワタクシの方が頼っていたぞと、今また気がついてます。(^_^;)

突然のお誘いにすぐに出掛けてきてくれて、とっても、とっても嬉しかったです。ありがとうございました😁

午後は、ホテルにこもって、月曜日の福岡jet定例研修、今月はワタクシの担当で「エレクトーン音楽講座」

なんとデカいテーマ😅

荷は重いが、なんだか張り切って取り組めそうかと、ずっとあたためていた様々な要点をまとめて、いざ資料作り。

エレクトーン60周年らしいテーマ、その歴史を振り返り、変遷と進化発展を、機能にも着目、その上でも変わらない楽器としての本質を見つめ、jetの私たちが取り組むべきことを探ってみたいと、只今、午後10時半、まだできてませんわ。明日も頑張らねば。

楽しくやらなきゃねぇ。

講座に来て、なるほどと学びにしていただいて、直ぐに帰ったら今日のレッスンに使えるような、または、そのアイデアを生かそうと思えるように。

一生勉強、一生エレクトーン😁

 

2019年5月10日 (金)

2019/8/23銀座YAMAHAホール コンチェルトコンサートご案内

Yamahahall04

コンチェルトをベースとしたWithエレクトーンコンサート、今年は東京で銀座YAMAHAホールで8/23に予定しております。

ホールの公演情報にアップされましたので、お知らせ致します。

こちらからYAMAHAホール公演情報 8/23

参加者の皆様❤️頑張りましょう。

クラシックスタイルのエレクトーン一台によるコンチェルトコンサート、今回はピアノとエレクトーン、一部ソロや連弾、またピアノソロオリジナル曲に、コンチェルト曲のオリジナルもお伝えします。

ゲストは、テノールの佐々木洋平さん、

たくさんの伴奏や、ピアノを弾きます。

ピアノを学ぶ子供たちのために、エレクトーンをオーケストラ風に見立てて書いたコンチェルトアレンジ「はじめて出会うコンチェルト」の作品展のような感じでしょうか。

60歳、エレクトーンと同じく年、この記念すべき時に、やっと銀座のステージ、私にとっても記念のステージ。

ご一緒してくださる方々と、私のアレンジした作品で素敵なステージをご一緒できますように。👍

演奏者のお名前をいれたチラシなどの作成はこれから。

皆様どうぞ聞きにいらしてね。子供から大人まで、奏でて下さる方々が生き生きと輝くアンサンブル作品展。

応援よろしくお願いします。

2019年5月 9日 (木)

小倉jet定例会

Dscpdc_0001_burst20190509125116389_cover

Dsc_1621

Dsc_1619

小倉jetは、5月を年度始めとしているため、今日が新年度初の定例会でした。

参加して下さったのは9名。事前にお声かけして、お久しぶりの先生がいらしてくださったり、お一人ずつお話していただいたり。

新年度活動方針もお伝えして、意識同調を求め、緩い集まりから、学びの組織へと意識改革。

長いことやっているために、ついマンネリに陥りがちな組織から、来て良かった、入っていて良かったと思っていただくために、客観的な活動報告、現在の状況を踏まえての、新年度へのアプローチをつたえて見ました。

終わって、御礼のメールやラインで、先生方それぞれの参加の感想が届いて、刺激になったとのこと、あ~前の晩に4時までかかった準備のエネルギー報われました。嬉しいなぁ😃💕

参加して下さった先生ありがとうございました。

2019年5月 8日 (水)

オーボンヴュータン

Dsc_1614

今月の出張スタート、またまた新幹線で移動、毎月のことになると、お弁当も楽しみです。

今日は、東京駅南口改札でた直ぐの右手にあるおにぎり専門店で、梅と昆布をゲット。一緒に唐揚げや煮物の小さなパックが売ってたので、オカズのつもりでそちらもゲット。

楽しみにいざ、いただきまーす。と、煮物パックの里芋一個たべたら、新幹線が揺れたんです。

油断した途端、ああっ、煮物パックが落っこちた!

ガーン、シートや床に散乱(T_T)

美味しそうな椎茸も、いんげんも、人参も、、、

なんだかグヤジ~😠💢と、おにぎり食べたあとに、ついコーヒータイム。

お菓子とコーヒーで、わぉ840円!高!と思ったら、なんとクッキーの詰め合わせは、オーボンヴュータンのものでした。

どこかで聞いたお名前?そう、新婚時代に住んでいた近所にあった有名洋菓子店。

ウィンドウの向こうに、きれいに並べられたマカロンにクッキーは、ケーキよりも、お洒落で、素敵なマダムがちょっとつまむようなお菓子にかんじて、頭の中にはシャンソンが流れて~みたいな思い出。

若い衆私たちは、経済的にゆとりなどなく、でも毎日は新鮮な発見がいっぱいの幸せな日々でしたが、ちょっとガラスの向こうにならぶあのクッキー、いただきたいものだなと、チラチラみていた思い出。

今日は新幹線で口にできたよ。と、高い!と先程まで思ってしまわれますいたのが、懐かしい思い出よみがえり、なんだか誇らしくいただくオーボンヴュータンのクッキー。

上品なお味。

煮物がころばなかったら、この思い出もよみがえらなかったな。(笑)

そして、思い出すあの頃の風景、もう2度と戻らないけれど、心の中のアルバム。

胸がきゅんとしました❤️

2019年5月 7日 (火)

モーツァルト合わせ

Fb_img_1557255039287

爽やかな新緑を浴びて、ぬける風の中に、かねてから制作していたモーツァルトのピアコンの第1回目の合わせに行って来ました。軽やかなピアノが入ると更に音楽の広がりに楽しさが満たされます。

様子を森田先生が、ご自身のブログにアップしてくださいましたので、シェアさせていただきます。

森田先生blog

 

 

2019年5月 6日 (月)

珈琲物語

Dsc_1591_1

Dsc_1586

Dsc_1587

Dsc_1585

創作のための健やかな思考、自然にふれ合うお散歩タイムをはじめとするお一人様タイム的な時間を何より大切にしています。

今日は北千住散策で、素敵なカフェを見つけました。

お店の名前は「珈琲物語」

ス、ス、ストレートやがな~(^O^)

居心地よい空間に、また渋いこのカップにソーサー😁

素敵な♥️お一人様物語~

2019年5月 5日 (日)

墓参り

Dsc_1582

Dsc_1580

GWも後半となり、今日は早稲田夏目坂までお墓参りへ行きました。

休みがこう続くと、一体何曜日かがわからなくなります。って、我が家はずいぶん前から、毎日日曜日気分の全力投球モードで楽しいわけで、(^_^;)昨日も夜中まで、ボヘミアン ラプソディーを観賞。感動した😁

さて、お彼岸は、年度末業務で忙しく、いろいろと重なってしまい、こんな季節になったけれど、一番の爽やかな新緑の頃が、静かなお寺参りにはぴったり!

でも、我が家のお墓へ行く途中に、大変面白いガソリンスタンドがあるんです。

それは、いつもイケてるラテンが流れてて、信号待ちしながら、つい「デーオ!」とか、「ビバ!」とか言いたくなるの、あっかる~い気分になれます☺️

夏目漱石ゆかりの土地にある我が家のお墓、つーまーりー👍お墓参りに行く度に、元気になる有難い効果があるというなんだか、我が家らしい(笑)

お暇な方は行ってみるといいよ🎵

2019年5月 4日 (土)

季節の変わり目衣替え

Dsc_1603

 

インドア派の我が家では、GWも毎日何かしらと家事で忙しい~😁って、日頃仕事で飛び回っている分、やたらお掃除やら、お片付けに精が出てますわ👍

2年前に湯島の事務所をたたんで、自宅マンションに戻り、同じマンション内で一部屋広い間取りのお部屋に引っ越しました。その時もかなりの断捨離状態でしたが、わずか二年で、娘が嫁いだこともきっかけになり、またまた更にすっきりと今回タンスやクローゼットにも及ぶスッキリお掃除。

気持ちがよいよい(^O^)

タンスの中の衣類も整理、かなり処分。

痩せたら来たい服は、期待違いでさようなら。

今、近年において最高の成長状況のため、タンスの引き出しは、かなり空きました😁

こんなに、すっきりしたら、リビングに家具がほしくなり、お散歩がてらのお買い物ついでに近くのニトリへ。

なかなか気に入ったソファーはなかった(T∀T)残念❗

衣替えに、模様替え、お腹のお肉も取り替えたい😆💣✨

写真はお散歩の途中で見つけたすてきなアート♥️

2019年5月 3日 (金)

1日モーツァルトで

 

Mozart01_1

ピアコン23番3:楽章の第一回目の合わせが来週火曜日というのに、なかなかまとまらない~

しかし、モーツァルトは、弾く度にその音楽がいきいき、わくわく、ポジティブに前向きにしてくれるので、あせる気持ちもどこふく風になります。

長大な楽曲への取り組みも、はじめてのことではないけれど、それだけ没頭できる時間もなかなかとれないから、学習訓練のような編曲やレジスト作成、演奏の効率的な作業に、そうだそうだと、経験を振り返り思い出しの壁塗り学習、のんびり~😁果たして間に合うか?

まあ、とにかくできるところまで頑張ります。

先日、ワルシャワのモーツァルトを描いた映画を観ました。

モーツァルト❤️イケメン~

あの肖像画をヒントとして、かなり過大評価し似た俳優さんを抜擢したのでしょう。

ピアコン練習すると、チラチラ思い出します(笑)

ビョーキかも😆💣✨

出来たら楽しいだろうなぁ‼️

弾けたら、軽やかで、ピアノM先生と、ニコニコでコンチェルトだぞ🎵

さあ、あと一頑張り😁

2019年5月 2日 (木)

新緑を浴びて

Dsc_1568

午後からすっかりお天気に恵まれて、久しぶりに早めのお買い物&お散歩。

ほとんど何もなければ、毎日運動のために亀有まで散歩します。

見慣れた風景も、季節の移ろいを感じながら、のんびり~

木々や草花の鮮やかな色は、ますます晴れた青い空の下で生き生きと輝くようですし、空を飛ぶ小鳥やカラスも、元気に鳴いていました。

もう15年ぐらい前に福岡で手術した予後があまり芳しくなく、その2年後に転勤で東京に戻ってまた、近くの総合病院で手術しました。

その東部地域病院は、あの頃からすると、庭木が成長し、ちょっとした森のようです。

暑い日差しから逃れて木陰に入ると、涼しげで爽やかな風を感じました。

住まいは綾瀬でも、我が家は丁度亀有との真ん中ぐらい、どちらの駅、街にも、散歩をかねて、歩いて出かけるのが楽しみになっています。

Dsc_1570

Fb_img_1556786212260

住宅街の中で、今日は素敵なバラの花がこんにちは!賑やかに次々と咲いていました。

Dsc_1573

GW中盤、季節の衣類の整理や日頃手の届かないところを綺麗にお掃除したりしながら、入れ替わり立ち代わり遊びがてら顔を出してくれる娘と息子のために、美味しいご飯を作って待つことにしましょう🍀

 

2019年5月 1日 (水)

新しい時代「令和」第1日目はこんな日

Dsc_1560

テレビで、平成天皇から令和天皇へと、移り変わる時代関連、皇室の特集番組を見ながら、新天皇となられたなるちゃんこと、浩宮様の人生を嬉しく懐かしく拝見していました。

凛々しくなられ立派に新天皇になられて、年が近い私は、よく母が、「あらいよ~あらいよ~むじねぇ~」(あらあら、まあなんと可愛らしいのでしょう)と、テレビに向かって話しているのを思い出しました。美智子様が、美智子様なりにお育てになられた、新天皇、これからの活躍が楽しみになります。

浩宮様の時代、さあ、私も同世代だから、頑張らなくちゃ😃

さて、私はサロンが終わり、毎日モーツァルトピアコン23番3楽章を立て直しで苦戦中、夜は食事したあと、早寝して超、超早起きして毎日書いています。

やっと、仕立て修正、レジストをはりつけながら、見通しが立ちそうな感じまできていますが、演奏は全く❌これから😁

令和となった今日も、午前2時半起床そのまま6時半まで制作に没頭し、主人が起きてきたら一通りの家事一切ね勤めを終えてまた仮眠、昼食をとり、午後はちょっと銀座まで。

帰りは雨にたたられて、咲き誇る躑躅も雨に負けず更に花開き、なんだか元気をもらいました。

地球に生きるどんな命も、その限りをつくし、精一杯。

そのひとつの私も、創造の力を尽くして、作っていきたいと思います。

令和の第1日。コンチェルトの覚悟。エレクトーンとの覚悟。

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ