最近のトラックバック

« 木漏れ日の彼方にコンチェルトレッスン | トップページ | ハッピーサンデー~はじめてのレパートリー »

2019年4月24日 (水)

高齢者の自動車運転

1554558428989

高齢者の運転ミスによる交通事故が報じられ、憤りを覚えながら、果たして自分がその運転手であったならと、他人事ではない加害者になりうる恐怖を感じます。

転勤で九州にいた頃は、毎日の生活の足として、車無しでは考えられない日々をすごしていました。

しかし、都内にもどり、交通機関が発達している環境に、車は必要なく、車自体も処分しましたし、たまに乗りたいな~というときもありますが、視力の衰えを実感するようになったこの10:年ぐらい、万が一慣れない運転で事故でも起こしたらと、全然乗りたいとも思わなくなりました。

免許の更新、次には返上しようかなと思っていますが、世の中身分証明は、運転免許証だから、更新だけしておこうかな、なんて思ったり。

年取ると、自然豊かな場所でのんびり静かに田舎暮らし~って、車がないと生きていけない世の中になっているのでは、、、。

病院にも、買い物にも、高齢者こそ、もしかしたらしがみつきたい車かも。

しかし、体の衰えで意思判断鈍り、機敏な所作も不可能となるのは当たり前のこと。

後期高齢者の運転は、禁止とかぐらいにしなかったら、こんな事故はあとをたたないし、高齢者がいきていくためのサポートを、若い人の考えだけでなく、お年寄りの意見にも耳を傾けて、様々に対応する世の中にしていかねば~

若いママとお子様の死を悼み、2度とこんな事故が起こらぬように願っています。

 

« 木漏れ日の彼方にコンチェルトレッスン | トップページ | ハッピーサンデー~はじめてのレパートリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木漏れ日の彼方にコンチェルトレッスン | トップページ | ハッピーサンデー~はじめてのレパートリー »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ