最近のトラックバック

« 東京一周払い戻しの旅 | トップページ | ひたすら制作ビバルディ »

2018年10月23日 (火)

編曲許諾とJASRAC

早朝に目覚めて、頭の冴えているうちに仕事をしています。

来月の新作講座を前にして、編曲楽譜の準備を進めていますが、やればやるほどゴールが見えずに苦戦のブラームスのワルツ、やっとこれでいこうと区切りをつけるに至りました。

今年から、ミュッセを離れて、自主制作。そのために、自分ですべてやらねばなりません。でも、自分らしくマイペースで、良いものを作って行こうと思っています。

今日は、新作楽譜に入れる「チューリップのラインダンス」の編曲許諾がとれました。嬉しいなぁ😃💕

ブラームスのワルツ、双頭の鷲の旗の下に、チューリップのラインダンス、ショパンバラード、亡き王女のためのパヴァーヌ、ビバルディ冬、乾杯の歌、モーツァルトピアコン23番1楽章の8曲が今年の制作曲にならび、この中からページ数など整えて、作品集としてまとめるつもりです。

って、まだまだ皆様にお伝えできる状態ではありません(T_T)

でも、チューリップ~が、出版管理のJASRAC、全音、KAWAI出版から編曲として発表、使用をO.K.いただけたことは、大きな励みになれそう。かねてからこの曲のコンチェルトアレンジを注目してくださっているお声を思えば、ぜひとも挿入しなくては。

今日はグッと気温が下がり、冬支度を本格的に行いました。皆様のお宅も、暖かくして、風邪に気を付けてくださいね。

新たな楽譜について、さあ、ますますエンジンヒートアップして、頑張りましょ😃

皆様、どうぞおたのしみに💖

« 東京一周払い戻しの旅 | トップページ | ひたすら制作ビバルディ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 編曲許諾とJASRAC:

« 東京一周払い戻しの旅 | トップページ | ひたすら制作ビバルディ »

フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ