最近のトラックバック

フォト

« 制作しているときの気持ち | トップページ | 久しぶりにお散歩へ »

2018年9月27日 (木)

やみあがりレッスン

一週間ぐらい伏せった生活から、久しぶりに世間の風邪を浴びるかのように、お茶の水へレッスンに出掛けました。

今日の生徒さんはご専門のピアノの先生、アリエッタサロンではグリーグのピアコンを弾かれたのが記憶に印象深く、あれから気がつけば2ヶ月。遠い昔の出来事のようです。

あのあとすぐに、クリスマスにご自身の教室のイベントでコンチェルトを頑張ってみたいとお電話でお聞きして、既にエンジンはスタートしていました。

今日はその楽しい企画や演奏曲などをお伝えくださり、楽しみ~みんなの喜ぶ姿が目に見えてきます☺️

いつも、1つ何かプラスとなることを見つけては、ご自身の刺激にされ、それをすぐに生徒さんのために還元していらっしゃって、前向きな姿に感心するのです。

来春の発表会も会場がとれたそうで、更に華やかなプログラムが期待できそう!素敵なこんな先生だったら、生徒さんはレッスンに通うのが楽しみで仕方ないのではと思いました。

生徒さんに頑張る機会を作ってあげるのは、指導者の重要な務め!

そんな刺激を受けて、自宅に戻ったら、ふと思いつき!ワーグナーの「双頭の鷲の旗のもとに」のコンチェルトアレンジに着手。サクサク楽しく筆が進みました。jetの教材曲でもあるし、取り組んでいただける曲になるかも。

内職中のビバルディには、スコアを紐解きながらひたすら感動しています。音楽のルーツ、和声の力、何をもって標題音楽としたかビバルディの奥深い協奏曲の原点を見て、新たな挑戦だなと、コンチェルトアレンジのデザインを考えました。

新しい作品をご紹介できるのも、私の楽しみのひとつ。

寒い晩秋のような1日を終えて、静かに過ごす時、以前ならば、ネットを閲覧する時間でした。

しかし今は、それもやめて、大切に、この時を慈しんでみたいと思います。


Main_00000000268


« 制作しているときの気持ち | トップページ | 久しぶりにお散歩へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199021/67214904

この記事へのトラックバック一覧です: やみあがりレッスン:

« 制作しているときの気持ち | トップページ | 久しぶりにお散歩へ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ