最近のトラックバック

フォト

« 人にうつしたら治る風邪(^_^;) | トップページ | 制作しているときの気持ち »

2018年9月25日 (火)

ブラームスはお好き?

先日お知らせしたブラームスのワルツを書き上げました。

風邪をひいて寝込んでいた最中の制作になり、なかなか思い出たっぷりです。

中間部の副属七で広がっていくメロディー、シンプルなつくりなのですが、そのシンプルさがぐいぐいと気持ちをつないで、まるで芽を出した植物が、ずんずんと大きくなっていくみたいだ!

短い曲でも、作曲者の意図を深く感じて、次は子守歌を取り上げてみようかなと思っています。

この子守歌がまたいい!

というのも、エレクトーン伴奏としての教材になれるのではと思うのです。

伴奏で、ハープの音を使って、アルペジオで刻むのは、意外とピアノ畑の方々にとって、たやすいことのようで、その雰囲気作りが難しいとのこと。

エレクトーンクラシック伴奏には必須のハープアルペジオ奏法なのですが、楽器自体が進化したせいで、最近ではあまりお見かけすることが少なくなってしまいましたね。

でも、ハープというとグリッサンドがお得意・・・なんだけれど、そうそう簡単にグリッサンドは登場するものでもなく、この優しい音色を使って、穏やかにリズムを刻んであげるだけで、ある意味、エレクトーンならではの伴奏かもしれないと思いますので、ゆっくりのワルツや子守歌ならば、これは使える!と思って、弾いてほしいなぁ。

風邪が少しずつですが快方に向かいつつ、咳がひどくて、横になるとごほっ、げほっと、これってアレルギーもありそう・・・・

ブラームスは、ピアコンもなかなか素敵ですから、いつかはエレクトーンのコンチェルトにしてみたいです。

気難し屋のブラームスさんの、謙虚でプライドの高い雰囲気は、作風からも感じられ、細やかなところにこだわりを見つけては、なぞなぞの答えを得たかの気分になっています。

« 人にうつしたら治る風邪(^_^;) | トップページ | 制作しているときの気持ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199021/67211683

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームスはお好き?:

« 人にうつしたら治る風邪(^_^;) | トップページ | 制作しているときの気持ち »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ