最近のトラックバック

フォト

« 三人のお客様と | トップページ | 虎ノ門へ »

2018年9月12日 (水)

テニスの試合をみて

幾分涼しくなり、秋の気配を感じます。

夏の一連の本番の疲れが、本格的に訪れてきました。持病の糖尿にもかなり影響しているのか体調優れず、やりたいことは、足踏み状態。

さらに、最近気になる環境、よけいなお世話でも、ついつい静かに影響を与えられているかのようで、思考回路はネガティブにはまりそうです。

いーかーんーぜよ!(いきなり龍馬登場!)

横になって、録りためた大河ドラマなんか見て静かにしていると、やたら眠りが襲ってきて、睡眠が薬になっているのでしょうね~💊👌

前置き長いね(^_^;)

さて、テニスの全米オープンも見ましたら、いやぁ~なんと、品格ないスポーツに転落、まあ、昔からマッケンローやら、いろいろやらかしていましたが、セレナさん、育児でストレス抱えていたのが見てとれました。

ものの言い方かえたら、審判にもちゃんと伝わったものを、、、女王のプライドは、平静さを保てなかったわけで、真の女王ではなかった残念。

試合の空気を観客巻き込み、なにやらドロドロにしてしまったセレナさんご自身であることに気がついてないですよ、確かにコーチは軽率ですが。

なおみさん、日本人、あなたのコメントは、多くの日本人の価値観と一致、それは謙虚さではないかな。

多くの人の前にたったり、影響を与えるような立場におかれる者の心得、発言って、昔は結構、お手本みたいに、さーすーがー(^O^)と感じる人やら、事実があり、そんな教育で世の中回っていました。

しかし、ネットの普及は、簡単に多くの支持者を獲得できるツールになり、そこに慣らされて育てば、また違う価値観育成、それが新しい「今」を作っているのでしょう。

共感って、何?

スポーツは、勝敗わかりやすくてええな。と思っていたのは安直すぎ、なんと一歩間違えば、尖った刄をむき出しです。

あそこで、なおみさんが、腹立たしく態度に出したりしなかったのは、素晴らしいことで、テニスというスポーツゲーム自体の捉え方、向き合い方、彼女の人生、これまでの育てラれかたなどすべて見えた気がして、日本人として誇りに思いました。

セレナさん、学ぶべきです。

アメリカは、この件かなり世論が賑わっているようですが、様々な記事、情報を見ると、やはり国民性の違いをかなり感じました。

あの試合が全世界に放映され、子供達がみたら、真似するようなこと出てくるでしょ。

大人はどう伝える、感情むき出しシーンは、暴力的。

これって、音楽の世界でも、コンクールなどの評価にクレームつけたりするような話を以前耳にして、唖然となりましたが、人ってどこまで欲があるかと思えて、何が音楽指導者なのだか?腹がたったことありました。

あら、ちょっと脱線。

セレナさんの身内が、そっと、ちょっとちょっと、、と、やさしくセレナに寄り添ってなだめてあげたら良かったかも。一人でコートで孤独に戦う、それも勝負のうちね。

ゲームを本当の意味で楽しむなおみさん、あなたこそ、やっぱり真の勝者なのよ!

おめでとう‼️🎁

« 三人のお客様と | トップページ | 虎ノ門へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199021/67166223

この記事へのトラックバック一覧です: テニスの試合をみて:

« 三人のお客様と | トップページ | 虎ノ門へ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ