最近のトラックバック

フォト

« 楽譜浄書の腕 | トップページ | 今日もよい一日を~最近の様子 »

2018年6月26日 (火)

エレクトーン伴奏者育成のために

ピアノとエレクトーンの一台ずつのアンサンブルや、合唱伴奏など、ソロとしてではなく、メインの楽器または歌の伴奏としてエレクトーンを弾くスタイル、伴奏エレクトーン奏者を育成したいと最近とても強く思っています。

というのも、おそらく、楽器を学ぶ方は、みな演奏家を目指した場合、殆どの方がソロ演奏でデビュー。華やかなステージでライトを浴びることに夢を持つことでしょう。

でも、伴奏も大事な役割を持つ演奏家になれます。

バレエやミュージカルなど、リハーサルの生伴奏は、とてつもない音楽力が必要ですし、即興伴奏力は音楽の呼吸感を合わせるだけでも大変なことです。

ピアノの伴奏の世界に、私が注目する方がいらして、名人のような凄い伴奏!ピアノであっても、オーケストラの伴奏のように立体的に聞こえてきて、その先生が静岡でワークショップを開いていらっしゃることも存じており、一度参加したい!けど・・・・ピアノなんです。私はピアノでは、そこに参加できるそんな力は無くて、ちょっと残念。

そう思って、いろいろな音楽を聴くたびに、ますます伴奏側の演奏に耳を傾けることにしてみたのです。そしたら、伴奏者や伴奏アレンジ次第で、気持ちよくソロの方が輝くものなのではと、さらに思いました!

子供たちのために書き続けてきたコンチェルト作品制作、とても楽しいものです!

でもその作品を奏でて下さる方も成長してきて大人になり、アレンジ物を楽しむこともですが、本格的なピアノコンチェルトを生オケでやりたくなるのではと思うのです。そのためには、生オケの前の練習にエレクトーンが活用されたり、これからはエレクトーンの見せ方も一味違って、その一代の生伴奏がとても効果的に見えることが出てくるのではと思っています。

エレクトーンの機能優先スタイルの演奏で育った方々は、なかなかクラシックのアゴーギグは難しく感じるようで、かえってクラシックピアノの世界の方の方が、クラシックエレクトーン演奏に近いところにいらっしゃるのではと思うわけですが、どうもピアノの世界からみたエレクトーンは、チャライ楽器に見えるようで・・・・泣 チャライ楽器どこの楽器店だよー、どこにあるんじゃ?大爆笑

チャライ楽器は、なんでも売ってるかも~対応能力あるからねー爆笑

皆さーん! エレクトーン伴奏頑張ってみませんか?

レッスンに発表会にと、ご自身の音楽教室のためだけでなく、様々な楽器との伴奏に役立つエレクトーン、あなたのスキルをワンランクアップさせることでしょう。

エレクトーン伴奏法をマスターすれば、自然とエレクトーン演奏が身に着いてしまいます。って、だんだん、なんだか通販のような・・・(^^ゞ

私の主催するコンサートなどで、ぜひ伴奏者として活躍していただきたいですし、合唱の伴奏、様々なシーンで伴奏エレクトーンの可能性をとても感じているわけです。

ご興味のある方は、どうぞお電話なりメールなりでお問い合わせ下さい。

« 楽譜浄書の腕 | トップページ | 今日もよい一日を~最近の様子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199021/66874214

この記事へのトラックバック一覧です: エレクトーン伴奏者育成のために:

« 楽譜浄書の腕 | トップページ | 今日もよい一日を~最近の様子 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ