最近のトラックバック

フォト

« バラ1コンチェルト完成!(^O^) | トップページ | 母の日のプレゼント »

2018年5月12日 (土)

キュレーターの必要性

今日は午後から、新宿にある松丸家の墓参に出掛けたあと、またまた大好きなMARUZENから、皇居散策。

その途中で休憩したくて、新丸ビルでお茶。

東京駅界隈は、一昨年あたりから、やたら素敵になったけれど、もともとオフィス街にファッションビルとコラボで、なにかと見せかけを感じて不愉快になる。

GWは、ラフォル~で、丸の内はあちこちクラシック生演奏を楽しめて、音楽が人の心を繋いでいた。

一流ところの演奏を身近に楽しめるお祭りは、いまやGWの恒例看板行事。

その流れを辿ってるか何なのか、本日現代音楽バリバリのピアノがビルの中に流れていて、正直こんな場所にふさわしいとは言えない空気。

遠目にピアノを囲んで聞いているのは、この手の音楽に興味のありそうな音大生のみ。

一般客もいるにはいたようだが、普通の人には、この天井の高い空間に、コンクリートビルに響き渡るピアノを、心地よいとは思わない。

よく、美術館や博物館に、キュレーターといわれる方々がいて、作品を伝えるためにプロデューサーのような役割を行い、彼らの手腕が企画展の成功や、評判を呼ぶ。

音楽は、空間をつくる。

パブリックなスペースで奏で放つと、人を選ばす耳に届く。

BGMとまではいわないが、少なくとも、ホールコンサートとは異なる空間にふさわしいプログラムをビル側の企画として、責任もって放ってほしい。

なんのために、あのスペースで、無調のピアノ曲を延々と放っているのか、、、?

ビルの中のカフェに入り、その苛立つ音楽で心に投げつけられたものから、にげようとしたが、心は汚れたまま。

こんなに素敵に構えている建物だけど、皇居を眺める窓の汚いこと、狭いスペースに過剰なテーブルと椅子の数、店内うるさい。

いい大人は来てはいけないところだったのだ!

帰り、和田倉噴水公園へ。

皇居へ続くお堀に並ぶ樹木、緑のシャワー、和田倉門から噴水公園へ黄昏時のライトアップが美しかった。

日比谷通りも、内堀通りも、大変な交通量だけど、ある程度の整理された空間は、自然と共に調和が保たれ、歴史とその文化を感じて散歩。

それだけで、心を労った気分。

音楽とは、なんぞや?

歩きながら自然に口ずさむメロディー、それだけで幸せになる。

Fb_img_1526145991091


Fb_img_1526145996094


Fb_img_1526146007023


Fb_img_1526146013311


« バラ1コンチェルト完成!(^O^) | トップページ | 母の日のプレゼント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199021/66713454

この記事へのトラックバック一覧です: キュレーターの必要性:

« バラ1コンチェルト完成!(^O^) | トップページ | 母の日のプレゼント »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ