最近のトラックバック

« ジュラルミンのアタッシュケース | トップページ | 墓参り »

2017年8月22日 (火)

モーツァルトミサ曲KV167伴奏編曲

この夏、10月本番のモーツァルトミサ曲KV167の伴奏編曲に明け暮れてようやく完成~譜面だけですが、やり遂げたゴール、達成感で安堵、目処がついたぞと、喜んでいます。

長かった、600小節~マラソンのような制作作業になりました。

当初は、あまりの膨大な作業、また宗教曲でもありますから、流れる祈りの心と、スコアに語られた木管、金管、弦、ティンパニ、四声部パート、オルガン、の各音を、ピアノ&エレクトーンの5段スコアに、どう整理し、弾きやすく、鳴り良くしたらよいか、悩みながら、迷いながらで、果たして間に合うか大変心配でした。

安易に和声でまとめたり、カットしては、モーツァルトらしさが失われ、作品の価値まで落としてはならないと、これから音をのせ、レジストつくり、演奏の練習に入ります。演奏では、襟を正して、神々しく天を仰ぐかの気分でいたいものです。

音符からモーツァルトが何をしたかったか、感得しては涙~幸せな音楽を作る人の祈りの思い、ワタクシもつなぎましょうぞ。

自らの可能性、一歩踏み出した思いです。

Fb_img_1503478018183


« ジュラルミンのアタッシュケース | トップページ | 墓参り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルトミサ曲KV167伴奏編曲:

« ジュラルミンのアタッシュケース | トップページ | 墓参り »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ