最近のトラックバック

« 缶詰め | トップページ | 表参道カワイピアノサロン »

2017年3月 9日 (木)

ピアノの先生方へのフォローアップ講座~小倉

春の生徒募集のシーズンを迎え、ご自宅でレッスンされる講師の皆様はもとより、楽器店に所属しレッスンされる先生方も、新たな出会いの準備の時期となりました。

何でも長く同じことを続けていると、キャリアアップを感じながらも、マンネリな自分をなんとかしてやりたいと思うもの。それは、帰属をとりまとめ、円滑な運営を司る側も同じ思いなのです。

そこで一粒300メートル宇宙の果てまでエレクトーンと心中しそうなワタクシguricoが参上し、本日はピアノ指導において、特に導入、体験レッスンなどで生かしたいキーボードハーモニーや、新規生徒獲得、退会防止にもつながる諸々のお話を、ヤマハ音楽教室で教える指導者として総合鍵盤指導の観点からお伝えしました。

正直、このお話をいただきました時に、現状の把握を私自身が見えないため、この数ヶ月自分なりにリサーチしましたら、どんな指導の現場にいても、教える、育てることに関わるもののマインドは、共通の悩みを抱えていることに気づいて、それならばと、これまでの経験からまなんだこと、感じたことを後に伝えればよいのだわ!(^O^

なんといってもこの道40年、いつか来た道じゃないの、いつも来る来てる、気てます、来てますアドバイザー業務❤

ピアノスタディのノウハウを時間があれば紐といて、私自身もかなり勉強になりました。

ヤマハだからこそ、導入には特に総合鍵盤指導、エレクトーン大活用!これからのピアノ指導者が教えねばならない、具体的な姿も感じるままにお話したら、やっぱりそれは即興伴奏と、エレクトーンがポイントでしょう。

世の中は、アンサンブル流行りですが、持ち味、役割で考えたら、幼稚園や保育園の先生の代わりをやりたい音楽教室なのか、音楽を教えながら人間教育したい音楽講師なのか、はたまた自分の趣味の世界の延長の拍手もらいたいサークル教室なのか、よくよく地域の中における自分の姿を直視、視野も広く持ち、音楽指導者としてのプロとは何ぞや?の自覚を持たねばいかんぜよ~f(^_^;なんて思います。

あらら、今日は、語ってしまいました。

語るのは講座だけよ~

ちょっとだけよ~古(笑)

« 缶詰め | トップページ | 表参道カワイピアノサロン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの先生方へのフォローアップ講座~小倉:

« 缶詰め | トップページ | 表参道カワイピアノサロン »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ