最近のトラックバック

« フォーレができました!次は? | トップページ | 大人のピアノレッスン »

2017年3月25日 (土)

白鳥サン・サーンス

フォーレに続いてのアレンジは、フォーレの師でもあったサン・サーンス。動物の謝肉祭より「白鳥」

手ごろなサイズを、さあどうしよう!

そもそも、この動物の謝肉祭は、昨年ドカンと全曲アレンジ起こしたくて開いてみましたら、あまりのサン・サーンス様の即興性を感じてしまい、クラシック即興の風を浴たよ憂な気分に陥り、いやーそんなに瞬時に語られたものを、アンサンブルとして残したい意欲が高いか低いか、トーンダウン。原曲は原曲でお楽しみいたしましょう(笑)

ても、フォーレを作った後には、そりぁおフランスに興味津々。

そこで、アドバイスもあって、善は急げ!とばかりに、書き始めました。

スコアを眺め、2台ピアノの伴奏の動きや、簡潔なメロディーとテンポで伝えたかった言葉のようなものを感じたら、あらチャイコの白鳥の湖の白鳥様の心の叫びのようなハーモニーの共通音を生かした進行をここにも見つけて、ますますぐぐっとその世界に突入。

チェロのメロディーと、しめやかな和声を静かにエレクトーンから出すことにして、原曲アルペジオの伴奏形は、原曲のままで行くか、オリジナルで新たに施すか・・・お悩み中。

短い曲です、でもストーリー、ドラマを作りたいかな。

これは、難易度をちょっぴり高くして、大人のアンサンブルにしよう!

皆様、お楽しみにー!

« フォーレができました!次は? | トップページ | 大人のピアノレッスン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥サン・サーンス:

« フォーレができました!次は? | トップページ | 大人のピアノレッスン »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ