最近のトラックバック

« 制作少しずつ進む | トップページ | 電車で喧嘩 »

2017年3月20日 (月)

発表会見学その2

春の発表会シーズン、毎週あちこち、私のコンチェルトをお使いの先生方から、お知らせをいただいて、可能な範囲で出向くことにしています。

って、いきなり著作者が伺って、緊張するからとの正直なご意見に従い(^O^)😆👍❤、失礼することもあるのですがf(^_^;、その場の空気などよくよく考えてプラス思考でレッツゴー!です。

あ、あ、カタカナが、昭和だ~爆笑

さて、今日は、純然たるピアノ教室の発表会に上尾へ、うちからですと、一時間半ぐらいのゆとりを持っての場所、以前からPTNAステップでコンチェルトをご一緒してくださった先生のお教室、つまりは、私とのコンチェルト共演のお友達がたくさんいる発表会なわけで、彼、彼女たちの成長も、見たい、聞きたい。

更に、ご指導の先生にも、お世話になりっぱなしでご挨拶にお伺いしなくてはと、今年はバッチリ!うまく伺えました。

というのも、あまりにこの時期年度末の忙しさも重なり、過去にこちらの教室の発表会へ張り切って出掛けた電車の中で何気に広げたプログラム、ギャー昨日だった!f(^_^;(>_<)

こんな私の過去も、皆様ご存知なのかどうかはわからないけど、(今書いたしf(^_^;)とにかく、意思全うする発表会訪問でございました。

こちら、22回目の発表会、流石に慣れていらして、育った大きな生徒さんたちが、進行に動く動く!発表会とは、こんなプロデュース的なこと、スタッフ的なことの経験、を行うことになりますから、単にステージ回してるのと訳が違うなと、ひたすらご指導される先生のキャリア感じました。

演奏は、小さい生徒さんもご専門で進んだ生徒さんも、みんなしっかりとしてピアノ音楽を奏でつつ、連弾にボディパーカッションに、ジャズにと、ピアノ1台でも、飽きない工夫が満載、楽しそうな生徒さん、ご父兄の姿、またOGにOBにと、地域に根差す教室活動の発展する姿を目の当たりにして、習い事で育っていく、音楽以外の学び、求められている、そこにしっかりと応える姿を感じで、演奏もすばらしかったのですが、主宰の先生の力を感じました。

昨今、セミナー流行りで、音楽指導者にやたら、経営者としての資質を教育する風潮を感じることが多く、そこに上手く乗って教室を発展させていらっしゃる方々、これからどのようになるのか楽しみに思うところでしたので、大変刺激になる機会になりました。

個人指導に求められる心得を、プロとして信念お持ちの先生がこうして増えていったら、音楽を学ぶ発達段階に役立てたいと思う、私の作品も、きっと適期教材として、視野を広く取り組んでいただけるかと思いました。

コンチェルトでご一緒した生徒さん、みんなソロも素晴らしく、特に連弾には、その立体的な表現が盛り込まれ、オーケストラにも聞こえて嬉しかったな!コンチェルトにずっと取り組んで下さっている成果が、静かに息づいているのかと、ちょっとだけ嬉しい🎵😍🎵気分。

今日は皆様お疲れ様、有難うございました。❤❤❤❤❤(^o^)✌

« 制作少しずつ進む | トップページ | 電車で喧嘩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発表会見学その2:

« 制作少しずつ進む | トップページ | 電車で喧嘩 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ