最近のトラックバック

« 小倉&福岡 打ち合わせツアー | トップページ | 結婚式出席 »

2016年8月26日 (金)

コンチェルト新作合わせ

10月10日の講座の予約が少しずつ増えて、午前の部も開催となりました。フェイスブックで繋がったお友達とかの様子を見ていると、少しずつ広がってきたのではと感じる。

福岡で同様のスタイルで実施できたらと思っているけれど、いろいろな状況を考えると、やっぱり所属のヤマハ福岡店に頼らざるを得ない状況ではと思えるし、また仕事増やしてどーする!の気分。

そんな中に、今日は福岡でアシストしてくれる持山愛さんと、久しぶりにコンチェルトの合わせをしていただいた。

一応、新作物をいろいろと音だし。

剣の舞・・・かなり面白いし、派手な作品になって、今回の講座の目玉的なものになるといいな。

ドボルザーク「スラブ舞曲10番」・・・・なかなかの味のある作品になり、子供たちにも大人でも、講師演奏でもよさそう。曲がいいと、心にすーっと入っていく感じ。思い切って3/4表記にしたのが、コンチェルトらしくて良かった。合わせる楽しみ、いい作品。

ビゼー「アルルの女より メヌエット」・・・・渋い曲。ゆっくり弾いても、アレグレットでも、なかなか味わい深いけど、難易度はそう高くない。単品より、ファランドールとか、メヌエットとかアルルの曲を集めて演奏したら、楽しそう。今回は、鐘も入れたかったけど、3拍子系多くなり、パスすることに。

アイネクライネ~三楽章メヌエット・・・・古典はその嗜みが問われます(^^ゞ持山さん!上手い、さすがー。モーツァルト、好きなんだなきっと。

ラフマニノフ~ラプソディ・・・・ぐぐっと簡単にして弾きやすくしすぎた(笑)ピアノをもう少し難易度高く、以前のアレンジに戻すことに。あと、通奏低音、ピアノでとったほうがよさそう。この作品は、手の届くKey in Cで、楽しんでもらえるように書いてみた。フェイスブックで紹介したら、なんとすさまじい反応が。作品耳に届けて、受け入れられなかったら、こりぁ命取りですわん(*^_^*)

予感・・・・・片平先生の代わりに、今日は持山さんのピアノで私がえれくとーんを弾いた。片平大先生の偉大さを感じました! 自分の曲だけど、片平さんの演奏みたいにいかないなぁ。こんどレッスンしてもらおうかな。

コンチェルト、良いものを届けないと。弾いてみたいと思わせる作品でなければ、アウト。

世の中は厳しいものだと良く解かっているから。

頑張ろう、(^○^)

お付き合いして下さって、持山さん有難う。

« 小倉&福岡 打ち合わせツアー | トップページ | 結婚式出席 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンチェルト新作合わせ:

« 小倉&福岡 打ち合わせツアー | トップページ | 結婚式出席 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ