最近のトラックバック

« アンドレリュウのアレンジで | トップページ | 曙光への階~エレクトーンコンサート »

2016年6月29日 (水)

バルトークピアノコンチェルト

バルトークのピアノ協奏曲第一番第一楽章を、とある方の勧めで書いてみることにしました。

正直、これまで私の中には、バルトークの音楽は、難解で弾くのにも難しい音楽だというイメージが強く、ましてや一般的に受け入れられやすいかどうかで行けば、たぶん・・・NOの部類で、マニアックなこの手の音楽をお好みの方のためのステージでないと、プログラムは難しいぞと思っていました。

つい最近、上野の博物館でのロビーコンサートでバルトークのバイオリンソナタを耳にしても、自分の音楽的視野が浅はかなのか、やっぱりこりぁ、現代物は一般には難解かもーと、私を含む一般人には睡魔が襲ってくる・・・・爆笑

しかし、このピアノコンチェルト、オーケストラのパートも、スコアをみたらかなり難しそうです。って、私は弦も管も弾けるわけじゃないけれど、譜面から伝えられる姿に、どひぇ!と驚いています。

CDを聴きながら、スコアを追って、たまたま手にした2台ピアノ譜も参考にしてみたら、これをエレクトーン一台に伴奏すると、スコアを整理するような作業で、何だかコントラストがはっきりしてきて、もしかしたら難解さから回避され、バルトークの伝えたかったことが明解に浮かび上がることにならないかと思っています。

でも、これだけのピアノ、誰が弾いてくれるの???ですよ~(^^ゞ

10月の講座でお披露目できたらよいなぁ。こんなのも、作ってるよーって・・・(*^_^*)

弾いてみたい人、この指とまれ!ご連絡お待ちしていますmla54152@nifty.com

« アンドレリュウのアレンジで | トップページ | 曙光への階~エレクトーンコンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルトークピアノコンチェルト:

« アンドレリュウのアレンジで | トップページ | 曙光への階~エレクトーンコンサート »

フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ