最近のトラックバック

フォト

« 無くした現金戻る! | トップページ | 連休前に »

2016年4月28日 (木)

自宅指導者の音楽力

仕事柄、たくさんの先生方とお付き合いがあり、レッスンにもいらして下さったり、私にとっては、生徒さん、お客さん、お仲間、師匠・・・・

特にエレクトーンを教えることにおいての繋がりでお付き合いが続いている方々とは、人生ともに歩いている~(*^。^*) 機種と共に歩いて・・・・(笑)

昨今、コーチングばやりで、自宅で音楽を教える先生方のプロ意識は、経営の芽を育み、ネットの力が活躍の場をバネとしているように思います。

それは広告として、とっても効果的かもしれません。

でも、よく気を付けていると、実力のある先生は、ジタバタしていないです。

少子化の中での生徒獲得、昔なら指導力、音楽力を磨いていたら、音楽に長けた生徒が自然に育って、先生自身も力をつけてのシナリオだったのでしょうが、塾が始まればスパッと音楽のレッスンをやめていく生徒さん側の現実を、しっかりと受け止めているからこそ、あの手この手の獲得手段。

生徒さんがいたら、自分の存在価値を実感するということなのかな。確かに、経営的にはそうでしょう。でも、育てていけばよいのではと思うのです。本来は、それが仕事なのですもの。

小さい子のレッスン、ベビーから幼児と、音楽との出会いの年齢化が進み、母親を伴ってのレッスンは、孤独に陥りがちな母親たちのママ友サークル的存在にもなって、母子で楽しめるリトミックなど大流行り。育児相談にも乗ってくれるベテラン主婦の先生は有難い存在。

さて、その想像力を高め、豊かな感性を育んだ、その後!  鍵盤なり、なんなりの楽器へとつなぎ、弾ける生徒として、中級、上級と進んでいけるような指導を行っている先生方は、果たしてどれぐらいいるのでしょうか? この世界、教える生徒の成長が、指導者自身の学びとなっていく現実があります。

逆に、素晴らしい演奏をされる先生が、優秀な生徒さんを輩出しているかというと、割合は高くなるでしょうが、演奏家向き、指導者向きなど、先生のタイプもいろいろ・・・・慕われている先生は、比較的まんべんなく様々な世代の生徒さんをお持ちです。

楽しく、アットホームに、心を育む・・・・確かに・・・・先生方のお悩みを聞いていると、何を持って自分で音楽指導者の自覚、プロ意識の置き所をお尋ねしたくなるものです。音楽を教えたいのか? 音楽によって子供と遊びたいのか・・・・

この忙しい時代ですもの。お相手してくれる先生なら、親にはとっても便利なレッスン。

決して派手でなくても、音楽を心から楽しんでいるかいないか・・・・それを解かる親の目、生徒自身の心がわかるようになりたいと、いつも厳しく考えつつ、レッスンはなかなか思うようにはならなくても、信念がないとよいレッスンはできないです。

指導者としての努力はどこに持っていたら良いのでしょうか?

一生勉強、誰かの物まねでうまく生きていける世界だとは、私にはとても思えないんです。

そんな教室の先生の役に立つ作品、私は作っていきたいと思います。

« 無くした現金戻る! | トップページ | 連休前に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199021/63550169

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅指導者の音楽力:

« 無くした現金戻る! | トップページ | 連休前に »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ