最近のトラックバック

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

サロンの写真アップ

昨日のサロンの様子ご紹介、

12512452_555329384642547_1227590932


12791072_1279673655381551_374781352

12809753_555329061309246_2078648508


12321576_555329267975892_6040034288
12801616_555329151309237_2858541271

12800190_555331627975656_6528197369

12376795_555329087975910_8972043878

12512254_555330971309055_5262966220

12472552_555331154642370_2249403310

10334418_555331414642344_6965685880

12705507_898125153642325_7545251820


12799341_1279224835426433_181404249


12794613_555329691309183_3865408440


12805744_555330034642482_8487350275


12800279_555329984642487_4889652585


もっともっとあるんですけれど、(^^ゞこんな感じでとっても盛り上がりました!

皆様有難うございました。










2016年2月28日 (日)

ホテル日航福岡春咲く調べサロンコンサート終了

12800118_1279224582093125_819839122


1935406_1279224762093107_7716169749


福岡のホテル日航で昨年から開いているサロンコンサートが、今年も無事に終了しました。

今年は昨年よりプログラムが、多彩になりアンサンブルが多く、和やかで楽しいコンサートに更に進化して、皆様の笑顔で帰っていかれる姿が大変嬉しく、その姿にやってよかったと元気をもらいました。

おって、またご紹介させていただきます。

参加者の皆様お疲れさま、ご協力くださいました関係の方々に心より御礼申し上げます。

2016年2月27日 (土)

コンチェルトの「予感」初合わせ

福岡2日目、明日のサロンで最後に演奏するオリジナルコンチェルト曲「予感」の合わせをK先生と初めて通しで行いました。

ピアノソロにオーケストラを書き加えたものが、K先生の演奏とレジストで、さらに広がりを持って自作曲でありながらも、大変心に響き、この10年近く続けて取り組んでいたコンチェルトスタイルの作品として、新たな光を放って伝えてくれているような気が致します。

K先生とは、かれこれ40年ぐらい前からのお付き合いで、エレクトーンと共に人生を奏でてきた同志のような存在であり、その信頼関係は演奏におそらく伝わっていくのではと思われますが、新作初演はやはりK先生でないと、K先生だからこそだと、改めて感謝と共に感じながら、「霧の蔵」から20年近くを経て、またピアノとエレクトーンのオリジナルアンサンブル曲の新たなレパートリーが増えました。

大変!嬉しくて、ホントに合わせた一回目には、小さな子供になったように、小躍りして喜んで先生に御礼を伝えました! こんな幸せなことはありません。私には、初演新作を弾いてくれる強い味方がいるのだぞ!と思えて、嬉しくて、どんな些細な不安や迷いもはねのけるような気分・・・そんな曲なのです。予感は、まさしく幸せに向かっていく予感を創出する力強さを伝えてくれる曲になりたいのです。

この曲は、実は、霧の蔵よりもさかのぼること5年ぐらい前に作ったピアノ曲なのです。一時期最初の曲の出だしの部分がラジオ番組のテーマとして使われたりもしました。以前からコンチェルトにしてみようかと何度も考えてみたものの、弾いてくれる人が東京にはなかなか見つからず、昨年から福岡で開くことになったサロンコンサート、良い機会にしてみようかと、今回取り組んでみたものです。

明日、皆様の反応が楽しみ。

そして、多くの参加者の方々と、ともに分かち合うそのサロンコンサート!

どうぞ、うまくいきますように!

ご一緒して下さる皆様、どうぞ楽しいひと時をよろしくお願いいたします(*^_^*)

2016年2月26日 (金)

福岡には春が来ていた!

福岡空港からホテルに向かう車中からの1枚、菜の花一面の上を飛行機が降り立ち、飛び立ち、あまりの素晴らしい光景に感動。
12717942_554075294767956_3209540233


2016年2月25日 (木)

25日のお仕事

やっと体調もスッキリとよくなりました。ご心配おかけしてすみません。

最近は、なるべく自分の体に気をつけています。

ただの咳や、肩こりも油断は禁物と思っていますので、実家の父の見舞いにも、暫く父には我慢してもらって、日曜のコンサートへむけて直接福岡に入るスケジュールにしました。

やっぱり本番に穴を開けるわけにはいきません!

そんなわけで、今月はいつもの25日のお仕事、ゆとりの時間を使うことになって、一仕事おわり。銀行に郵便局、買い物、明日からの九州のためになにかと買っておかなくては。

例えば、お米~くまもんの印刷のお米をつい買ってしまいました(;^_^A元気になれそうだ

それから、洗濯洗剤、以外と無くなって困ることあります。

午後は、湯島にサロンのための練習。みっちりやったぞ!って、ゴールがないような気分、耳だけは肥えているわけで、弾けば弾くほど、欲が出てくるけど、キリがない、、、(;^_^Aどこらで形をつけるか~

最近は、音源のお問い合わせやご注文、レッスンのお問い合わせや、新たな生徒さんが増えてきて嬉しい中、たまに風邪引いたり、疲れがたまってダウンすると、ばあっと放り投げて一日映画三昧したり、洋服買いに出掛けたり。いつもの食料品の買い物も、献立吟味して食材の買い出しすると、なかなか楽しい時間の使い方になって、そこからまた発見があるというものです。

世間の主婦が皆様家族のために賢く頑張る25日。

今日は美味しいご飯を作って、ちょっと早めの団欒タイム。

明日からは、私のいない生活に、主人も娘も口を揃えて、ああ、またルームシェアが始まる!

ルームシェア!なんだか、なんだか、ねぇ。笑


2016年2月24日 (水)

春がきた!つもり~(;^_^A

今日はまたまた寒さがぶり返し、一日自宅にこもっていました。治りかけてた風邪もまたぶり返し、花粉はひどいわ、風邪の咳か鼻水か、よくわからない~胃腸に来ていた風邪の症状はおさまっただけでも、良くなったと、夕方思いきって夕飯の買い物へ。

いつもとは違う道をゆっくり歩いたら、なんと華やかな春が来ていた!

12495249_553429961499156_6042600313


アシストの方々のリサイタル

この春は、コンチェルトでピアノアシストを勤めてくれるお二人が、それぞれリサイタルをされます。

それぞれに、若い方々の着実に音楽家として階段を昇る様子を心から嬉しく思います。

私はピアノが専門ではありませんが、私なりにご一緒しながら、作品を奏でてくださるなかに、彼女たちのそれぞれにお持ちの個性を感じますし、合わせれば合わせるほどに、ますます豊かに表現していただける可能性を感じて嬉しく思っておりました。

東京では、新明知美さんが、今度の日曜にお友だちのピアニストさんと、六本木のKサロンで二台ピアノコンサートをされます。彼女は、様々な伴奏をこなしますので、二台ピアノならばなおのこと、聞き応えある演奏になるのではと、伺いたいところですが、私の福岡サロンと重なってしまいました。残念!

ブログラムも楽しめそうなものばかりで、クラシックはもちろんのこと、ポピュラーもあり、ウエストサイドをされるようです。二台のピアノで聴くウエストサイド、迫力ありそうだなぁ。

もう一人、福岡のアシストを勤めてくれる山本朝子さんは、3月3日お雛様の日に、福岡アイレフホールで、ソロリサイタル。こちら、たまたま福岡におりますから、聞きに伺うつもりです。

私の作品を奏でてくれて、力になってくれるアシストの支えは大きく、彼女たちには多大に感謝しているところで、彼女たち自身の活動を私も同じ表現者として、いろいろと影響しあえるように励んで行きたいなぁ。歳は離れているけれど、若い方々からの刺激で学ぶべき姿を目の当たりにすると、少しまた元気になって頑張れるような気が致します(*^.^*)

お二人とも、ご自身の道を貫いて、のびのびと輝かれますように。

ますますのご活躍を応援しておりますね。

2016年2月23日 (火)

九つ転び十起き

ブログやその前のホームぺージの日記、毎日かかなくてはと思った訳じゃないのに、書き留めることがまるで生きる証のようになってますね(;^_^A

だから、振り返ることもできて、思い出に浸ってみたり、アンナコトモ、コンナコトモ、、、。

正直、、、

また同じことしでかしてるやん、爆笑怒呆諦

だから、転んでおきて、また転び、ころころころ、ずるずるずるずる~(;^_^A

それでも、何かを掴んで生きてる実感。

ははっ、転んでもそこいらの草、つかんでいきまひょ、生きまひよ。

朝がきた!朝が行く、昼も夜もまってぇ~

いつか、もっと年老いて何してきたか?と振り返ったら、あ、ここで草つかみ、ここで転がり、滑りまくり、、、、。

そんなのも楽しいです、面白いです、

やっと、図々しい自分をさらけ出す気分になってきましたわ。

お姉さま、ちょっとやっぱり、お花お待ちしてますね~(;^_^Aよろしく!

2016年2月22日 (月)

にゃんこの日

仕事場の近くに猫カフェがあって、いつの間にか結構賑わっているみたい、前を通ると実家の留守を守ってるみいちゃんのことを思い出します。みいちゃん、寂しいだろうなぁ。

ヘルパーさんに、みいちゃんのごはんをやりに行ってもらって、みんなに助けてもらいながら生きてる父とみいちゃんとワタクシ。

事情で独りになった猫ちゃんを引き取って、次の引き取り手を探す場所にもなっている猫カフェ。

みいちゃん、頑張れ、東京にこれるかなぁ。


2016年2月21日 (日)

いよいよ来週日航サロン♪

Dsc_0651


日ごとに春の光を感じる季節になりましたね。

いよいよ今度の日曜日、ホテル日航福岡でのサロンコンサートとなりました。

関係の皆様、どうぞ楽しい音楽のひと時をご一緒致しましょう!

プログラムはこんな感じです。「salonfukuoka2016.pdf」をダウンロード

お席はすでに満席でございます。どーーーーしてもいらしたい方は、こっそり・・・・メールください。(^^ゞ

2回目の福岡でのサロン、前回の様子で今回はコンチェルトで私とご一緒して下さる方がたくさんいらっしゃいます。もちろん、ソロ演奏も、生徒さん同士のアンサンブルも多彩に参加者が集ってくださいました。

私も、オリジナル曲を、もフルートやピアノ+エレクトーンでご披露いたします。よい発表の機会となりますように。

仲良しの先生方とのリコーダーアンサンブル・・・こ、こ、これが一番不安だ~(^^ゞ

バリトンで私のオリジナル「ひかり」や、良く知られた「誰も寝てはならぬ」をエレクトーンで伴奏します。エレクトーンの可能性を身近にお楽しみくださいませ。

2016年2月20日 (土)

レジストメニューを活用したソルフェージュからの発展

先週、エレクトーンステージアレジストメニューで、指の練習しながら、様々な音楽体験に目覚めたAちゃん、今日は、そのレジストメニューの活用を本来の姿に一歩音楽的に近づけた新たな活用で楽しみ広げましたよ!

それは、よくテキストの後ろにあるトレーニングのページ、私はよくソルフェージュとして、新曲視唱として使ってみたり、初見演奏の訓練に使ったりしていますが、時々そのメロディーを弾いたら、和音をつけて両手で弾かせています。

トレーニング素材はメインのレパートリーをサポートし能力を高めるようにと、教育的見地から明解なカデンツでできていていますので、うたって、右手でメロディーだけをとらえるだけでなく、左手でコードベタびきは然程難しくありませんし、メロディーから和音をつける能力訓練は大切だと思っています。

Aちゃん、今ピアノでひいた両手奏、ではそのまま、レジストメニューのボタンを選び、その音とリズムにあわせてエレクトーンで弾いたら、お目目キラキラ!自分で弾いてる音楽にびっくりぽん!さらに選んだボタンの数だけ様々な音楽体験で、次々に弾きたくなってきました!

リズムに乗れば、自然にタッチやアーティキュレーションもついて、楽しそう。

グリコならではのレッスンだ(*^.^*)・・・・一粒で二度美味しい(^q^)~二度どころか、やればやるほど楽しさを満喫したようでした。

これこそ!

エレクトーン演奏の原点!

ソルフェージュで歌わせるときの伴奏は、なるべく豊かなハーモニーや刻みで、楽しく生伴奏してやるわけですが、自分一人で楽譜を読み取り、和音をつけて、レジストメニューで、弾けた喜びは格別のようでした!

自由に、たくさんエレクトーンに触って!楽しく弾きながら、音楽を覚えていく様子は、レッスンしていても楽しい~(*^.^*)なんといっても、この笑顔!楽しいのが一番、エレクトーンだからこそです。


Dsc_1904


2016年2月19日 (金)

ご専門の方々のレッスン

本日朝からレッスン、音源の問い合わせと、慌ただしい一日でした。

本日は、エレクトーンの奏法と即興、コンチェルト作品演奏のアドバイス、教室活動に生かす作編曲指導のご相談、ピアノの即興伴奏のためのコード付け、ポピュラーピアノアレンジと奏法、ちょこっとだけ・・・私のピアノ作品ご紹介~と、一日頑張ったー、なんと密度濃い一日だったことでしょう。

パソコンを開いたら、またまた音源お問い合わせやご注文のメール、有難うございます。

発表会にご活用は、「初めて出会うコンチェルト」の様々な楽曲。

ステージが華やかになり、弾いている先生の姿、寄り添う姿も感動を呼びますから、最近ちょっと広がりを感じます。

私は・・・・ピアノの先生方が、弾いてみたかったあの曲・・・・ピアノコンチェルトを弾けるなんて!とおっしゃる時や、このオーケストラの曲がこうしてコンチェルトで弾けるのね!と喜んでいただく時に、ヤッタネ!と、制作の時の苦労が吹き飛ぶ思いです。

それは、同じ鍵盤楽器のエレクトーンを認めていただけたかの様な気持ちになります。

ピアノのご専門の先生方でエレクトーンのご興味をお持ちくださる先生の熱心な様子は半端なく、レッスンに生かすコード付け、それは簡易アレンジ、簡易即興伴奏につなぐこともでき、連弾にも生かすことができるため、柔軟な音楽指導手法への学びとなっていらっしゃる様子、私も解かりやすく、より実践を伴って身に着けていただくように心がけてレッスンしています。

今日は、静岡や、府中、柏と、皆様それぞれ遠方より通ってきてくださっており、嬉しいです!有難うございます。

千代田線なら新御茶ノ水か湯島、JR、丸ノ内線なら御茶ノ水、銀座線なら末広町、それぞれ徒歩7.8分の湯島三丁目にあるマンション、パークアクシスの一室でレッスンしております。

エレクトーンを核とした音楽、演奏、指導についてレッスン致しております。ご興味あります方は、どうぞお気軽に体験レッスンお待ちしております。

2016年2月18日 (木)

父の声が聞けた!

今日はヘルパーさんが父の病院から電話をくれて、父の声を聞くことができました。

かなり弱っているようで、寂しい、電話をかけろ!と怒鳴っており、きっとヘルパーさんを困らせたのだなと思います。

以前父に買ってやった携帯は、何処かにしまいこんだか、なくしたか?都合の悪いことは相変わらずまた、私のせいにしているワガママな父の声も、思い出になるのかなと思ったら、涙が出ます。
嬉しくて
それにしても、生命力ある我が父、独り暮らしで鍛えてきたから流石です!

病院やヘルパーさんたちにお世話になり、どうしたかと気の休まる暇がなく、今日は声を聞いて、状況がよくわかりました。
日毎に春の日差し目映くなり、父も春の訪れを嬉しく感じてくれますように。

穏やかな時間を過ごせるようにと祈る毎日です。

2016年2月17日 (水)

指導感性の共感

今でも信じられないような話ですが、私の考えている鍵盤指導、個人教室の担う役割を共有する感覚の方が、今日はいらしてくださり、初対面というのに、おおいに盛り上がって、エレクトーンを教育機器として活用するレッスンについて、エレクトーン音楽について、私の作品を紹介しながら、気がついたら彼女はエレクトーンについて奥深いところへと足を踏み入れ、私は新たな出会いで自らの信念を確認し元気をもらいと、大変な一日となりました。

もともと、導入指導教材について、私の作品のご興味を抱いておみえくださったわけですから、作品をアレコレご紹介。

それぞれ曲を引いて差し上げたら、作品自体の雰囲気もお好みだったようでした。

彼女はピアノの先生。すっかりエレクトーンを面白くお感じになられ、なんとステージア購入を考えているとメール!

私は、セールスしていませんよ(;^_^A

エレクトーンの魅力を指導に生かすお話しただけですよ(*^.^*)

レッスンにいらしてくださるとのこと、彼女のお役にたつ活用法、違った!エレクトーン音楽を伝えていこう!

お仲間ふえた。(*^.^*)どうぞよろしく。

2016年2月16日 (火)

お問い合わせ

これから春の生徒募集に発表会のシーズン、年度はじめにむけて、ご準備される先生方からのお問い合わせや、音源のご注文、制作や伴奏のご依頼問い合わせが入ってくるようになりました。

一番多いのは、導入教材「はじめてのレパートリー」様々な音楽体験ができる五指でひくメロディー30曲は、発売から15年たった今でも、ご愛顧いただく先生方の根強い人気で、レッスンや発表会にご活用くださり、そのご指導もキャリアアップされて、導入の生徒さんのデビューステージイベントにされるなと、当初の作った私が想像もしなかったことで、その様子が届けられるたびに大変嬉しくて、また次の制作の礎としています。

はじめて出会うコンチェルトは、作品数がふえてきたからか、ご興味をお持ちくださる方々の幅が広くなり、YAMAHAの講師さんだけでなく、他社メーカー電子オルガンユーザーのかたからのご縁ができ、思わぬ広がりにびっくりぽん!あの、他社様の先生も一応YAMAHAのステージアをお持ちくださっていると言う現実。流石~(*^.^*)

でも、逆にワタクシは他社の楽器の知識がありませんなかで、電子オルガンのための作品に向き合っておりますから、そのうち向学のために1度あちゃこちゃ訪ねて研究するべきではと思いました。

また、指導者ではなく、一般の生徒さんが、クラシックを身近に取り組めるからと、お母様とお嬢さんで弾きますとか、趣味の大人の方々のアンサンブルにお使いくださったり、嬉しいです。

メールでお問い合わせくださいましたら、ご注文される以外にも、様々な状況にあわせご相談に応じて相応しい作品をご案内させていただきます。

お気軽にどうぞお問い合わせ下さいませ。

2016年2月15日 (月)

塾がはじまったら!

小さい時から少しずつ楽しみながら通い続けて来たレッスンも、世の中の流れに従って、受験のために塾が始まり、レッスンをお休みしたり、辞めてしまうケース、よくきくパターンです。

せっかく頑張ってきたお友だち、教わる側も教える側も、とっても後ろ髪引かれる思い感じながら、次のストーリー始まって、これも時代の流れ、今や普通のことになってますが、もともと音楽のレッスン、楽しく楽器が弾けるようになり、豊かな気持ちを育むことが目的なのですから、練習していなくても、レッスンに行ったら楽しかった!が基本、できればペースを落としてでも続けてほしいところ。

自分のための癒し、精神安定剤のような音楽の力をうまく活用する、時間の使い方や取り組みの考え方を、ご父兄とともにその家庭環境に応じて、寄り添ってあげたらと思ってこの10年ぐらい育ててきた生徒さん、気がついたら途中でお休みしても復活して続けてくれて、一緒に年をとって、いや(;^_^A、成長しているのだ!笑

中学生や高校生、大学生と心の成長に伴って、素敵な曲を奏でていきましょうね。

コンチェルトでご一緒したお友だち、また復帰を楽しみにしています。

2016年2月14日 (日)

くつろぎの一日

気がついたら実に今年になって初めての日曜日、やっとのんびり自宅で過ごしています。

先週は宮崎で父の看病見舞い、その前はたまたまレッスン、その前も確か父のことでなにかの用が入り、その前は九州に年頭の仕事、今年になってなんとそわそわ、忙しいことか。

何とか暇なし状態ですが、少しずつやらねばならない作品や準備も、コツコツ書き上げて、今月末の福岡での本番の準備はいよいよ演奏に入りました。

演奏する曲自体ができてないと、はらはらしますものね。

さて、今日は久しぶりにタップリ朝も遅くまで眠り、主人と二人寛いで録りためたビデオをみて、自分達のためにお昼から豪華ランチを手作り。和風でまとめて、体に優しい食事をとりました。

忙しいとつい、栄養のバランス崩れたまま食べ過ぎる傾向、よろしくないです。

どこかに出掛ける元気よりも何よりも、我が家で静かにのんびりが、何よりのプレゼント、あ、バレンタインでしたから、もちろん!家族にチョコレートを用意。

そんな、何でもないお休み。

くつろぎの一日。

2016年2月13日 (土)

エレクトーンのボタンを楽しく覚えるレッスン

エレクトーンステージア02を買って一年の小学生の生徒さん、短い曲を和音付けして弾くのがおもしろくなってきたところ。せっかく買ったエレクトーンの操作をマスターするなにかよいアイデアをと、以前から考えていたところでした。

自分で選んだことが新しい発見で、面白い、楽しいとどんどん弾きたくなるために、レジストメニューボタンでハノンのようなテクニック練習をさせてみることに。

指の動きは自分のノートに楽譜をかかせ、選んだレジメでいろいろと弾きます。

レジメのリズムに合わせてのってひかねばならないこと、出てくる音に合わせたタッチとイメージで楽しく練習でき、選んだレジメのタイトルをノートに書いてきてもらいましたら、凄くエレクトーンを触って来た様子!

おなじメロディ、といっても単純な運指のパターンをダンスビートやマーチやらチャイニーズ、きら星のように果てしなく並んだレジメの秘密と仕組みを感得した2週間、自分で触って奏でるエレクトーンの面白さを堪能した様子です。

このアイデアいいかも!

Dsc_1893


Dsc_1894


2016年2月12日 (金)

いよいよジャズへと


中学生から教えてかれこれ10年近く通ってくれているピアノの生徒さん、これまで演奏が上達するに従って、テクニックと言うより、その弾く曲の音楽について教えてきました。

だから彼女の体験した作曲家、音楽の幅はひろく、こんこんとピアノ名曲、大曲をじっくり向き合うには、ちょっと異なる感性が育ち、味わう楽しみを育ててたように思います。

彼女に何をどう教えていこうかと、資格だけはしっかり取得させていく方針でやってきましたので、グレード5級を取得、やはり実践としてぱっと耳から入った曲を即興で奏でる、アレンジを教えていこうかと、既にコードはばっちりの彼女に、好きな曲から市販のアレンジを先ずは体験してもらったところ、ポピュラーに興味も出てきているなと思っていました。

さらに、知らぬは教えるワタクシだけ(;^_^A彼女は、なんとジャズにも興味をもっていて、ビルエヴァンスが好きだと話してくれました。

そう、もう彼女は、素敵な女性として成長し、音楽する感性の翼も広がっていたのです!

まさか、本格的にジャズピアノを生徒さんが取り組んでみたいと思ってくれる、いやそんな生徒さんの成長を感じる日が訪れたとは!

ワルツフォーデビーや、ダニーボーイ、マイフーリッシュハート~全部カタカナで書いちゃったよ笑

私のレッスン室から生徒さんが、渋いジャズを奏でてくれること、嬉しいです。

これから、新しいレッスンになりそう、頑張っていきましょ!

大人になった生徒さんが眩しく嬉しく思えた一日でした。

Dsc_1888


2016年2月11日 (木)

エレクトーングレード即興レッスン

今日から10日間ぐらいに、レッスンを集中して毎日行うスケジュール、今日はグレード受験準備で四級の即興やレパートリーを行いました。

五級取得で、ある程度のご経験がありますから、いちからグレード即興について お話することでも無いけれど、ご自身がなにができて何が出来ていないか、つまりは合格に向けて必要なことを明確に実感していただくには、ご自身の即興作品を簡単でも楽譜にしてもらっています。

五級取得を目指す方には、この楽譜にすることで、書き方ひとつに音楽経験が現れて、基本的な楽典、音楽理論も教えることになります。でも、たまに結構な経験をお持ちでも、譜面におこせない、面倒くさがりやさんもいらっしゃるのですが(*^.^*)、習いたいこと教わりたいことの焦点がボケボケになっているとの実感ないようで、ワタクシもつい諦めがち、諦め、勝ち笑!おいおい。あきまへん!

エレクトーンの録音機能をつかい、演奏される即興を録音してもらうと決まって、教える私の演奏を録音していいですか?

また、人真似ですかぁ~(*^.^*)。

何かの参考になればと、いいですよとかつてやってましたが、最近は生でお聞かせして終わりです。

それに、即興ですから2度と同じもの弾けないわけで。

本当に合格したいなら、自分が弾けなきゃ話にならないですよ。

余談ですが、エレクトーンの演奏よりも、機能的なことに興味をもつ趣味の生徒さん等見ていると、エレクトーンマニアとしてのグレードあれば、またオタク度アップとはいいませんが、エレクトーンの楽器博士として普及にならないかな?と、時々思うことあります。

たとえば、この機能を使うということに特化した課題を与えたイベントや、オンステージ、秋葉原あたりでやったら受けそう~ついでに初音ミクとか、ゲーム音楽と絡めても面白そうだ!

あらら、グレードでした。(;^_^A

さて、あなたのコレ!をなおして合格に導くには、楽譜機能を使って視覚からも訓練を訴えるようにレッスンするのもよくやります。

何気なく感じてきた音楽のルールをよりセンスアップした姿へと感じとり、新たな音楽マスターしてもらえるように、しっかり教えなくては、特に指導者のかたには、その姿勢自体がレッスンですものね。

即興は、その方の音楽経験がそのまま出るものです。

その音楽経験は耳からのことが大きなウエイト。

よく、即興は苦手と言う方は、曲についての捉え方、音楽について楽譜主導の方が多く見受けられますので、コード付一段譜を楽しく簡易アレンジすることや、鼻歌見たいにこの続きはどうなる?をたくさん作る訓練をする必要があり、ちゃちゃっとマスターできる傾向と対策法だけでは、四級からはなかなか難しいものがあるかもしれません。

グレードはあくまでも試験ですから、発表会やイベントで楽しく弾くようなものではなく、勿論あれを楽しめるならば、そりぁ大したもんだぁ!のユトリですが、世の中の受験と同様に努力なくして合格はあらへん!と頑張らねば、受からないものと、分かっていなくてはいつまでたっても合格しません。当たり前~

以外と、カラオケで楽しく歌いまくってるような方は、B即興モチーフの広がりが上手かったり(*^.^*)

また、どんなに素敵なアレンジでも、当然ですが?のコードつけでは、音楽的にはダイナシ~(*^.^*)

日頃から取り組む楽曲にも、参考とすること、ネタは溢れている!

音楽指導者としてレベルアップを目指すために、名刺かわりのグレード、これまで培ってきた指導者としてのキャリアを本物と証明するためにも!また、生徒さんの次のレッスンに生かす新しい道がグレードによって広がる方が多く、ぜひ、トライしていただけたらと思います。

五級取得を目指す方は半年(6級程度の方)、四級からは一年を最短で目指してレッスンお受けしております。
3級を目指す方は、指導四級取得された方をお受けしております。

グレードがきっかけで、アレンジやオリジナルに目覚め、より豊かなエレクトーン音楽を楽しく広げていく姿に寄り添うのも、私は大変幸せに感じるもの。

既に講師のかたや、これからご自宅で教室オープンを目指していらっしゃる方も、お気軽にお問い合わせください。

2016年2月10日 (水)

家族で飲み会

父のこと。仕事と、宮崎や福岡とあちこちやっている間に、息子と娘の就職がきまり、主人は仕事で大きな山をこえたとのこと、私も東京に戻って慰労会かねて、家族で行き付けの居酒屋にでかけました。

実はもうひとつ、飛び上がるほど嬉しいことがあり、こちらはまた別日に書かせていただきます。

我が家の歴史、ひとつコマが進んだ気分、それぞれの道をそれぞれのペースで歩いて家族でこうして語り合える喜びを大事にすること、これからも家族が増えたときにも、この絆を分かち合っていくように子供たちに伝えました。

いつになく神妙に素直に耳を傾ける姿、当たり前ですが32と27になった我が子が愛おしいわれわれ夫婦でございます。

実家の父、主人の母、皆の気持ちをひとつにこれからも頑張っていかなくては。

命をつないで、生きていることを楽しくかたりえる時間、 遠くに嫁いで家族を持っています。

2016年2月 9日 (火)

父と病院

土曜日から4日目。

後ろ髪を引かれながら東京へもどりました。

父は会話もでき、少しですが食事も自分で食べています。しかし、手術できないので、強い痛み止のせいで時々幻覚や幻聴もあるようになりました。

昨晩は夜中にも大声を発したり、痛みに苦しんで暴れるなど、皆様にご迷惑をおかけしたようで、今はナースステーションの横のお部屋に移動、正直ほっとしました。

他の入院の皆様にもご迷惑おかけして、本当にすみません。

病院は、吉松病院という私が小さいとき、小学生の音楽倶楽部で一緒にエレクトーンを弾いたパートナー、ひとつ年下のMちゃんのおうちが、この病院なんです。今、父を見てくださってるのは、彼女のお兄ちゃんで、私の高校の先輩です。私は一年の時に生徒会をやっておりましたので、三年の特別クラスにいらしたように思います。東京じゃ考えられませんが、全てばれてるぅ~(*^.^*)

妹さんとは。小学生の時に、背か高くて、さらさらの髪を横に分けて、一台のエレクトーンに上鍵盤をMちゃん、下鍵盤とベースをワタクシで弾いて、岡崎幸男先生のご指導のもと朝練に夕方遅くまでの練習にと毎日一緒に頑張ってました。

いわゆる美少女!とは、Mちゃんだと当時の私の価値観、線引きにいまでもしっかり植えついておりましたので、父がかかりつけとしてお世話になっていると知った時には、とても嬉しく思っていました。

こうしてお世話になり、たくさんのご迷惑をお掛けするたびに、ありがたいご縁と申し訳ないような気分で穴があったら入りたい~(*^.^*)

病気が、言わせてるとはいえ、いゃぁ~(*^.^*)強烈発言、先生、看護婦さん、皆様、本当にすみません。どうか、よろしくお願いします。

2016年2月 8日 (月)

つかの間の看病

父は都城で生まれ育ち、五人兄弟の真ん中3番目、小さいときには上の二人の兄が軍隊に行っていた間に、幼い妹の面倒を見ながら、自分の両親も見送りと、かなりの苦労を一人で背負ったようで、母と一緒になってからは、いわゆるマスオさん状態、しかし、私が言うのも何ですが決して仲はよいほうではなく、常に生まれ育った環境、価値観の違いにストレスだったか、私の教育を理由として、40歳の時に単身赴任で遠方へと仕事に赴く道を選び、定年まで両親は別居生活、私はその間、進学、就職、結婚と家を離れ、母は一人で実家に、両親が揃って暮らすようになった時には、私も既に家庭をもっておりましたから、父との家庭的な絆は、普通の親子関係より少し密度薄いかも知れません。

父との幼い頃の思い出が、ベッドに付き添いながら走馬灯のようによみがえります。

離れていた分、客観的にもなりつつ、いかに母方の家を守らねばと、古い体質の価値観に生き抜かねばならなかった父のプライドや誠意を思うと、娘の私の出来ることを考えさせられ、病院と実家との往復の道を、これからのこと考えて歩きました。

都城、いいところ~(*^.^*)島津屋敷?の古い土地、姫城山を登ったり降りたり。

遠くに見える山々と、小さいときからある木々が、実家へと歩く道に今も聳えており、幼稚園に市役所や美術館、図書館、小学校に中学校、みんな私の育ったところ。古い空き家となった廃屋が少しずつなくなっているけれど、ふるさとの自然が慰めて、時の流れを感じさせ癒してくれてるかのよう。

年賀欠礼のハガキ、父から頼まれておりましたので、福岡出掛ける前に慌てて作成、投函。皆様に届きますように。

2016年2月 7日 (日)

父の容態急変

昨日、福岡から宮崎にはいり、空港からのバスの中病院から電話、容態急変とのことで、病院に到着したときには既に意識もなく、あまりの急なことにいよいよかとびっくりしましたが、おかげさまで夜中に目覚めたら復活して、今は会話もできるようになり、ひと安心。

動かぬ中にも、私を耳元までよんで、私の首もとをがっと引き寄せ、文句の一言。

まだまだ大丈夫だわ~(*^.^*)

背中の痛みが大変で、辛い様子。

今年90歳。男の人にしては長生きの方だと思います。

従姉妹や叔母が心配して来てくれました。毎日お世話になるヘルパーさんたちもお見舞いに顔を見せてくれ、大変助かります。父の知らない日常が私の耳に届くたび、私の知らない父の姿を感じて、一人暮らしを支えて下さる皆様の暖かいお気持ちに感謝です。

しかし、うちの父の様子、子供に帰っていくのか、ベッドでのワガママが大変。

看護婦さんも、さすがプロ。

私がそばに着いていると、なにか話さねばならないと思うのか、喋りだしたらキリがなく、興奮状態が続きました。

看病するほうも体力勝負、泊まり込みは一晩だけに。実家では猫のみぃちゃんが、父の不在を寂しそうに待っていました。

もう帰ることができないかと思うとつらいです。

2016年2月 6日 (土)

予感の合わせ

ピアノオリジナル「予感」をコンチェルト仕立てにアレンジして、初めての合わせ。

新作物は、やっぱり簡単にお願いできる話でもなく、いつもお願いしている片平先生に事前にお送りしていたPDFをお互い初見で合わせてみた。

この瞬間、これこそ初演!

私のペースでまだまだ完成と言えなくとも、片平先生のセンスでなかなかいい感じ!ありがとう~

天神で30分のレンタル、大人のレッスンでお部屋の空が取れず30分で何ができる?と言いながら、できたできた!(笑)

お付き合いして下さって有難うございます! またいい作品つくりましょう。よろしくお願いいたします。

2016年2月 5日 (金)

一人ディナー

今回の出張、いろいろと予定していたものの、なかなかスケジュールがうまく調整いかず、なんと毎日一人ディナーを楽しむことになりました。

一日目 JR九州ホテル1Fのレストランで、エビのアヒージョとか、イベリコ豚の生ハムをつまみに赤ワイン・・・スパニッシユ!

二日目 小倉の老舗和菓子屋湖月堂の和風喫茶レストランで松花堂弁当、季節を感じるメニューが嬉しい~デザートは白玉ぜんざい。

三日目 博多駅上の中華馬屋?だったっけ? お一人様用のディナーセットが2000円ぐらいからあって、3000円で前菜の他に4品自分でセレクトでき、飲み物も一つ選べる、私は赤ワイン注文 少しずつ好きな中華メニュー楽しめてかなりお得な感じ。

和洋中、あまり食べ過ぎない程度の自分ご褒美。

2016年2月 4日 (木)

小倉jet定例会~感動の秘密を知る音の心理学

なぜ音楽を教える仕事をしているのか?と問われたら、おそらく感動の体験を私も誰かに伝えたいと思うから。

そして私は、大好きなエレクトーンをおしえて音楽をおしえて、、、。

そんなこと、大っぴらに言えるような恥ずかしい(;^_^Aことを、ここでしてますが、今日は小倉のjetの先生方と一緒に、その感動のもとになる「音」について、いろいろとお話しながら考えていきました。

まずは、 音楽に癒しの力があるという歴史から~(*^.^*)

音楽の力で何が出来ていたかをおさらい、そのあと、プロの演奏とコンピュータの音楽との違いは何だろう?

レッスン室や練習の時の音楽と、発表会やステージでの音楽、演奏心理に音の響きはどう作用しているのかな?

そこからついでにの感覚で、よく発表会やイベント、ステージ音響について先生方からお尋ねをいただくのでPAについてお話しました。これって、以外にもかなり反応あり好感触!

その後、音楽の三要素とエレクトーン音楽の三要素を考えて、私たちだからこそ教えられる姿に、皆様となるほどの納得感!それは頷く先生方の目の輝きがものを言うかのようで、何よりも私が一番励まされ支えられた気持ちになりました。ありがとうございます!

音楽と脳のはたらきについては、最近大流行のため、たぶん皆様それなりにお勉強されていらっしゃるかと思いつつ、せっかくつくった資料をひけらかし爆笑、みんなで笑ってホルモンの名前を連呼するワタクシ。

音楽の癒し効果をレッスンに生かす、療育的な発想の指導手法をご紹介しながら、アベイラブルをおしえて、スケールを覚えてもらい、その効果、カラーを実感してもらいました。たぶん、今日のレッスンで、フリジアン使って、「何があるのかわからない~、何があるのかおしえてね~、」って、皆様やってたりして、、、。(*^.^*)

最後に大人のエレクトーンレッスンについて、シニア層の聴覚について話し、エレクトーンレッスン展開手法までちらっと体験談、しゃべったぁ!

振り替えれば、なんと内容濃いなと自分でもびっくりです。

でも、私には分かります、皆様、私の出席参加お誘いメールで、寒いなかに来てみたら、ヘェヘェと、なにか元気になったかなと、おもっていただけたような印象がありましたよ!

だから、だから!

九州にきて、頑張ってみようと、私も思うのです。

2016年2月 3日 (水)

福岡へ

2月月初の業務がスタート、最近毎週羽田に通っているようです。正直、疲れます(;^_^A

でも、九州の風に吹かれると、人間らしく生きていく実感がある~、東京はどんなんや!?笑

サロンの準備で、バリトンの松岡さんと、トゥーランドット「誰も寝てはならぬ」と「ひかり」のあわせ、その前にメンデルスゾーンの春の歌をN先生にあわせて頂きました。3番目のお嬢ちゃんも一緒に楽しくあわせて、人見知りのする時期になったのか帰る頃にはご機嫌で、バアバは安心したよ~(*^.^*)

バアバは嫌われたくないの(*^.^*)

次々とスケジュールこなしながら、なにかを忘れるふりをしています。

さて、午後からサロンの打ち合わせ、プログラム進行をきめたら、一段落。

本業のスタッフ、上司と打ち合わせもして、一日がおわりましたが、なんとなく父のことも、東京の我が家のことも気になって夜は眠れず、、、。

結局、なれた常宿のベッドで明日の準備、こんな毎日が福岡の私の過ごし方。

明日は小倉おやすみなさい。

2016年2月 2日 (火)

アンサンブル、伴奏力発揮のエレクトーン

このところ、日航のサロンのために、ご一緒して下さるフルートの方やバリトンの方と合わせをすればするほど、アンサンブルって、本当に音楽の良さを感じさせてくれて、精神的に正直父の事でまいっいる中に、元気をもらうかのようです。

ここで実名で御礼~松岡さん、金さん、有難うねー(*^_^*)

気持ちが不安定でも、お相手の方たちは、私を思いやって下さり、今回の合わせでは、イマイチ張り切りが足りなかったのですが、ワタクシの方は、一緒に寄り添っていてくださる感じがして、嬉しかったなぁ!

フルートの方は、私のオリジナルの「真っ赤なリンゴのロマン」を演奏して下さるのですが、合わせて見たら、この曲、フルートに何と向いていることか!

「ひかり」の方は、当初の作った時から、松岡さんのアドバイスでさらに豊かに広がったメロディー、人生重ねた経験が感動のツボを心得ていらっしゃる! ・・・・って、松岡さんは合唱やオケの指揮もされるから、そのあたりの心得がさすがなのですね~

いろいろとありますが、自分のためにも音楽で癒されて元気にならなくっちゃ。

2016年2月 1日 (月)

まさかの花粉?

昨日から今日にかけて、今年のもしかして、花粉症スタートしたのではないかしら?

おっ、丁度、2月になったぁ。

早いですね~この前年賀状とか、新春を祝う華やいだ気持ちでしたのに。時間もどんどん過ぎている感じ~

アレグラを飲んだら、ピタッと鼻水やくしゃみがストップしたぞ。

効くぅ~

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ