« 躑躅の季節 | トップページ | 嬉しいメール »

2015年4月22日 (水)

アヴェマリア~夏のボサノバコンチェルト

アヴェマリア、この名前でたくさんの楽曲があります。
有名なのは、シューベルトとグノー。どちらも美しいメロディー。
バッハの平均率の一番を伴奏にしてメロディーをつけたグノー。
のびやかなメロディーに、バッハの流れるアルペジオ、バッハの和声をうまく生かして産み出されたグノーのメロディーセンスは、ある意味アレンジャーでもあるのです。

時代を経てその言葉を身近に伝えるために、テンポをどうするか?ビートをどうするか?
エレクトーンでメロディーと持続で和声をとり、ピアノはバッハをそのままつむぎ、あとは書法としたスタイルをどうするか?

倍サイズ表記とすると8分音符がクオンタイズ(最少分割単位)と考えて、8ビート系ボサノバが、エレクトーンなら弾きやすいのでは?と、夏のサロンに大人の生徒さんが楽しんで弾きたくなるような夏のアヴェマリア完成!エレクトーンは中級程度。生徒さん同士でもいけるかな。

夏の暑さを忘れて、爽やかなボサノバでぐっとくるアヴェマリアを。

これも初めて出会うの新刊へ。皆様お楽しみに。

« 躑躅の季節 | トップページ | 嬉しいメール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アヴェマリア~夏のボサノバコンチェルト:

« 躑躅の季節 | トップページ | 嬉しいメール »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ