最近のトラックバック

« アレンジのアドバイス | トップページ | 病院へ »

2014年10月29日 (水)

講座の営業業務

今日は、講座のチラシをあちこち関係のところや知っている楽器店などにお送りました。

お席はほとんど埋まってきましたが、残席僅かの状態が続いており、満席に早くしたいと思う、主催者の立場、口座を行う本人の立場では、聞きたい人が聞きに来て欲しいと願って出会いをもとめたいところ。

お送りする前に、まずはお電話と思い、知っているところは、お久しぶりーと明るい元気でお電話できるわけですが、あまり知らない楽器店や以前お世話になったり、知り合いの社員さんのつてを頼りにお電話するのには、いくら私が身の程知らずといえども、ちょっと勇気のいること。

でも会話って大切ですものね。

大事な時間をアポとってまでご挨拶に伺って、何だこんなことかなんて思われる前に、私にできる順序で、お電話、ご送付。ご挨拶 長いお付き合いにしたいものです。って、実際に長いお付き合いのところが受け入れてくださってるわけです。

たとえ参加者がいなくても、この活動を少しずつ広げて行きたいわけですし、実際に音源をご注文くださる先生は、私の作品をかなり有効利用されて、生徒さんと音楽を楽しんでいらっしゃって成果をあげていること、あちこちから耳に届いており、何よりの力強い励まし、味方パワーだぞと思ってます。今日お電話した皆様有難うございました。

私一人がエレクトーン普及活動というわけではなく、これはきっかけ、種まきで、喜んで頂く方を増やすことが、私自身にも、エレクトーンをこれまで続けてきた先生にも、生徒さんにも、売った人にも(^_^;)、楽器を作った人にも(*゚▽゚*)みんなに良いことなのだからと信じて、あちこち送りました。

たぶん、・・・・こいつ、だれー?と不審がられるかもです。

チラシお届けした皆様、どうぞご協力よろしくお願いしますねー

なんでそんなにあなたがやるわけ?と、時々おっしゃる方がいますけれど、もちろん大真面目に自分の音楽ひたすら走らなくっちゃ音楽家ではございませんわーと思っていますし、逆にやっと自分なりの音楽を自分のスタイルでできるようになってきたのかもと思う昨今。

昔から、たぶん小学校で働いていた時に、まだ20歳なのにいきなり音楽発表会を任され、ベテランの先生方の指示に従って、音楽指導ではなく、いわゆるスケジューリングと運営全体の企画を教わりまして、いかにサポートする側の準備で肝心のイベントが成功するのかを叩き込まれ、3倍のエネルギーが運営には必要だと教えられたのでございますが、その流れで今もずーっと来ています。

3倍はかけられないけれど、作って嬉しい、弾いて嬉しいだけでは、生き残れない厳しい世界ですので、まずは役立つ作品作り、そしてそれを大切に思って下さる方々を大切にして、もっと素晴らしいものを作りたいと思うようになりました。形に残してきたものを今度はたくさん活かしていく活動をしっかりとやらなくてはならないです。

世間の冷たい風にさらされることもあるのですが(。>0<。) 世の中広いのだから、いいと思ってくれる人を私知ってるモーン!と考えるようにして前向きに頑張らなくっちゃです。

メジャーな何かバックボーンがあるかと言ったら、何もないです。あったらこんなことは思わないよなと思った瞬間に、もう作品を否定しているような気分に陥りますので、自分の作品と活動を土台に築いていくしかないですものねー

って、今日は自分を励ましてる私。さあ、もう一回ジュノムを弾いて帰ろーヽ(*´∀`)ノ

« アレンジのアドバイス | トップページ | 病院へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講座の営業業務:

« アレンジのアドバイス | トップページ | 病院へ »

フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ