最近のトラックバック

フォト

2018年6月23日 (土)

かつろうキッチン

我が家の近くにある葛飾区立ろう学校で、時々調理師を目指す学生によるランチ会が催されています。

いつもポスターやチラシを眺めながら、忙しくて行ったことはなく、楽しそうな学生の通学の様子に出会いながら、行ってみたいなと思っていました。

やっと今日実現!

それはそれは、食について、大変感動する時間になりました。

あまりに近所過ぎるため、なんと携帯も腕時計も、メガネも忘れてしまい、写真も撮れずに帰って来たのですが、この感動を書かずにはいられない気分です。

学校の一部を食堂としておもてなし、生徒さんたちが案内して食券を買って素敵なお席に通されました。

さりげなく飾られた室内、梅雨の紫陽花やカエルのイラスト、テーブルにはお花や、メニューやアンケート、綺麗に整理してセッティング。

窓際の席でしたから、グランドが目の前に広がり、左手には常磐線、結構な電車の音がしていました。しかし、ちょっとお洒落なジャズがBGMとして、静かに流れていました。

今日のメニューは、オムライス。ふわふわ卵とトマトベースのソース、中には手の込んだ味付けのチキンライス。じっくりとチキンのスープで炊き込んである感じがします。

付け合わせは、3品あり、ピクルスなど野菜を使った小さな箸休めのような品々、それがまた優しい味と色合い、この梅雨時に元気をくれるビタミンカラーのオムライスと、ぴったりのきゅうりのグリーンや大根の白、パプリカの黄色、、、そして、パンナコッタのデザート付き。そうそう、優しい野菜のスープもついていました。

これで800円!

見た目も、お値段もお味も最高!

そして、なんといっても、心がこもっている感じがしました。食べる人のことを思って、一生懸命作っていること、伝わってきました。

今まで、ひたすら働いて、家族にもせっせとご飯も作ってきたわけですが、ひたすら毎日忙しく、あわただしく、食事をゆったりと気持ちよく楽しむ時は、旅行やら外食~

でも、それは今日のこの贅沢な幸せとは異なる食事の楽しみであったのです。

音楽を作るときにも同じエキスが、きっと神様からおりてくるかも‼️なんて、そのエキスは、愛だと信じてるけど、お料理も同じ。

耳が不自由な生徒さんたちが、集中して作るお料理から伝わる春いろのエネルギー、自分らしく生きていく夢をこの料理に託しているのではと思えたら、一口一口が、語りかけてくれるようでした。

ゆっくり美味しく召し上がれ!

かつろうキッチン、今日はさすがにまだ報告がアップされていないけど、また行きたいなー。

かつろうキッチンレポート前回の分はこちらから


2018年6月22日 (金)

梅雨時しばしの憩いのお散歩タイム

うっとうしい空、雨が止んだしばしのひととき、公園に気分転換。

なんと、小鳥たちも散歩してました。賑やかに語らうように、可愛い声でした。

小さな小川には、先日生まれたばかりの雛たちが、この2週間ぐらいで4羽だけになっていました。

カラスにやられたのかな。

それでも、公園は鴨に鷺に鯉に小鳥にお散歩中のワンちゃんたちで、賑やか~あ、我々みたいなシニア夫婦も、みんな動物に混じって憩いのひととき!

Fb_img_1529762697881


Fb_img_1529763094859


2018年6月21日 (木)

楽譜をお求めいただく皆様へ

いつも、私の作品をお使い下さりありがとうございます。

様々な作品は、ピアノ&エレクトーンアンサンブル、「はじめて出会うコンチェルト」の楽譜を、PTNAミュッセからネット販売しておりますが、vol,25で一区切りとし、これまでの作品は、ミュッセにしばらくおいていただきますので、今後の制作物については、あらたな道を考えて、自分で製作を考えています。

「はじめて出会うコンチェルト」は、お陰様でvol,25まで継続して参りました。
関係の皆様方のお力添えや、ご協力によるもので、エレクトーンの世界の私が、ピアノ教育の世界で作品を取り扱っていただき、新たな世界も広がって大変感謝しております。

しかし、エレクトーン伴奏楽譜という性質上、作品が広がれば広がるほど、エレクトーンに向き合う原点に戻ることになりました。

ピアノとのアンサンブルから、伴奏へ視点が広がり、声楽伴奏、生楽器とのアンサンブル、合唱伴奏編曲へと、広がるようになりましたので、編曲や音源制作を含め、形に残すものは、私サイドで、販売も取り扱うことに致しますので、どうぞメールでお問い合わせ下さい。

と申しましても、あまり今までと変わりません(^_^;)新作について、自主講座を定期的に開き、発表の場をもち、新たな私なりの取り組みを継続していくつもりです。

私はエレクトーンを核として活動しております。ご自宅でピアノとエレクトーンを使ってレッスンされるあちこちのjetの先生方、支部の皆様でお呼び下されば、どこにでもお伺いさせて作品をベースに、導入からのエレクトーン活用鍵盤指導や華やかな発表会クラシックアンサンブルのお話をさせていただきます。
お気軽にご相談下さい。

はじめて出会うvol,26は、自主制作になりますが、挿入予定曲も準備中です。

手を休めることなく、書き続けております。

ホームページも、リニューアルしなくてはなりませんね~(^_^;)

皆様どうぞこれからもよろしくお願いします。


2018年6月20日 (水)

会報リニューアル

担当している福岡jetの会報が、新たにリニューアルすることになり、これをきっかけに支部の活動もまた違う展開で頑張るきっかけにならないかと、ちょっと嬉しく期待しています。

その復活第1号に、毎回書いているニコマル通信の原稿を作成しました。毎回、何を書こうかいつも迷うなかにも、その時期になると、何かしらアレコレ大したことじゃないけどネタが出てきます。

今回は会報リニューアルから、私自身の活動もコンチェルトにおいて新たな展開に入っていることを綴り、エレクトーン指導者が身に付けたいエレクトーン伴奏スキルの意義なんぞを書きました。

関わった先生たちには、せめて私がお役にたてることを伝えたいと思うのです。

関東で今までは頑張っているつもりでも、どこかの支部に拠点を持たないために、あまり活発な動きをすることは憚られました。

でも、これからはもっと大きな視野に立ち、できることを進めていかねば、なんのために18年も東京と福岡を往復するような、広い地域の先生方との関わる経験を生かさねば、生きてきた意味が、、、そんな大層な話でもありませんが、、、笑

福岡jetのあらたな運営委員さん、どうぞよろしくお願いします

2018年6月19日 (火)

楽譜浄書

ショパンバラード1番を、ぐっと難易度を落とし弾きやすくまとめてミュッセに入稿、ピアノソロアレンジではおそらく初めてになるのかも。

もちろん、コンチェルト版も作成しました。今は発売に向けて最終段階に入っています。

原稿を何度も見ては、チェックしたり、ピアノのペダル記号を整えたり、緻密な作業が続きます。

サロンやなみきでひいて下さる方々にも、最終稿をお送りしなくちゃ!

音楽を作ることに力をかけて、それを形にするにはパソコン作業が必須。

フィナーレもかなり新しくなっており、今使用している2012版をそろそろ新しくしなくてはと思っているところです。

やることいっぱい、どれかを整理と思うと、さて何を×にするのか、、、悩むなぁ(^_^;)

やりたいことから順番順番~

2018年6月18日 (月)

モーツァルトがなんとか~(^o^)

ピアノコンチェルト23番、作品番号488,通の皆様はヨンパッパで、通る名曲。

数年前に、まるでメロドラマのテーマみたい!と言われそうな2楽章か、比較的取っ掛かりも、とっつきも良さげかと、はじめて出会う~におさめました。

弾けば弾くほど作品の魅力にとりつかれ、とうとう決心したのです。

ピアコン23番は、全曲やるぞ!と。

作品を演奏するには、全楽章で一曲。

でも、現代において、ソナタ形式をはじめとする古典の形式美は、あまりのスピード感ある日常には、やや合わないかもしれない。だからこそ、奏でていたい魅力があります。

すっと入っていく芸術性の高さ。

ラフマニノフやグリーグ、チャイコフスキーなどの有名どころは、皆ロマン派の大オーケストラがバックです。

こじんまりとしたモーツァルトのコンチェルト、クラシックのオーケストラ、どんな楽器がバックに使われているのか、エレクトーンの伴奏アレンジとしてその構築とレジストを学ぶにも、身近なピアノコンチェルトになるのではないかしらと、作ってみました。

譜面も音もなんとか出来上がり、あとは弾きあげねば~(^o^)

来月7/29松戸アリエッタでのサロンコンサートでは、以前天空でジュノム1楽章をご一緒していただいた森田先生とご一緒していただき、8/12福岡なみきWithエレクトーンでは、村浜ひかりさんのピアノでお楽しみいただきます。

少しずつの達成感による充実の思い、これを繋いで生きているのかも(^_^;)

どうぞ皆様のお耳に届きますように!

楽譜は、ミュッセに入稿するつもりです。頑張ろう~(^o^)

2018年6月17日 (日)

音展

よい音、よい耳、今日は東京フォーラムで開催の音展に行って来ました。様々な音響メーカーやブランド各社のブースでイベント、デモや講演、なかなか面白かった!
そこでなんと!同窓会のように以前仕事でお世話になった方と10年ぶりぐらいにばったり!そのあと、とっても偉くなられた上司に遭遇ご挨拶、ワタクシのこと覚えてくださっていたかなぁ?
そしてそして、会場内案内パネル、視聴サンプル音源案内表示に、お世話になった福崎雄也君が!活躍嬉しいな(^o^)


Fb_img_1529281415173


Fb_img_1529281420456


Fb_img_1529281425721


2018年6月16日 (土)

なき王女のためのパバーヌ

来月29日に松戸アリエッタ、8月12日福岡なみきホールでの本番のために、準備。

いつも夏になると、かなりの制作をかかえて、フルでアレンジ、午前中にモーツァルトが流れていたら、午後からフランスもの~そして、夕方になると、、、時々、猛烈に甘いものが食べたくなります。

さてさて、来月のアリエッタでは、大正琴から発達したビオリラという楽器を演奏してくださる方もご参加で、伴奏アレンジを作ることになりました。

早速、ラヴェルのオーケストラスコア準備しました。もちろん連弾版や、原曲ピアノも!こうして、過去の作曲家の仕事をよく読み、分析するときは、至福の喜びがあります。

充実した時間、先を考えると、あらら、安心をもらいたくて、スピードアップしたくなりがち、でも良いものを作らねばと思うのです。

よいものをつくるためには、メンタルも整えて向き合わねばなりません。

楽しみと苦しみと~

ああ、人生だ~

2018年6月15日 (金)

協力体制

なんだかんだで、毎日大変忙しくしています。

そんな中で、凄く嬉しいのが協力者の出現!

今は、ネットで繋がる方々と、あれこれ助けてもらうこともあるし、逆に私ごときがお役にたつようなこともあり、お互いに目的がより実り多い結果を出せると、嬉しさ倍増!ランランラン♪

自分に足りないところ、スキル不足を補ってくださりありがとうございます。

助けてもらえるところがあるって、幸せなこっじゃ!(^o^)まだいける爆笑😆💣✨

2018年6月14日 (木)

本腰制作~モーツァルト

今年初めに制作していたモーツァルト、いよいよ御披露目来月となり、全く練習する時間なくて弾けていないため、巻きをいれねばで、最近ずっとピアコン23番に取り組んでいます。

いつもながら、爽やかで明るいモーツァルトを弾くと、元気になります!

ピアコンは、ほとんどのものが、前奏部といえる部分があり、モーツァルトピアコンはオーケストラが序奏として奏でるため、エレクトーン一台でそれをやらねばなりません。そして、その作品を大きく紹介するような作りですから、張り切ってしっかりとソロとして作り上げねばならず、そこだけ弾いたら、もうお腹いっぱいの気分になってしまいます。

いやいや!本腰はピアノが入って伴奏として賄うエレクトーン、その姿次第でピアノが引き立つわけなので、またまたそこで、汗を流しつつ、ひたすら練習~

やっと一段落もつかの間、中間部は、古典ならではの対位的な書法かあちこち登場し、木管やホルンが活躍、レジストもスコアに忠実に作った上で、一台だからこその鳴りのよさをバランスとり、コントラストをはっきりさせと、一工夫、それをベース弾き上げて、やっと再現部へ。

華やかでおおらかで、しっかりとした確たる真実を守り抜くような気持ちが語られて、作品のテーマフレーズが、すっきりと伝えられるようにするには、エレクトーン伴奏もへこたれぬように演奏しなくては!

ピアノのカデンツァにつないで、最後のエンディングは、しっかりと、そしてその大切な気持ちを優しく包み込むようなおわりかたをエレクトーンで閉じるには、すごい演奏力が必要なのです!

って、一曲弾く演奏説明をこうしてかくだけでも大変だ~(^_^;)頑張らねば!

今日はたまっていた事務仕事もワンサカ処理しました。

東京にいても、jetの仕事、エレクトーン普及コンサートのための仕事、講座の準備対応、楽譜浄書の件、新作制作依頼対応などなど、、、あと、エレクトーン購入のご相談~

グリコ商店は、フル活動でございますよ!

へぃ、いらっしゃい、わちき、エレクトーンなんでもやで、ござぃ~(^o^)

2018年6月13日 (水)

内藤将左衛門

先日、故郷都城の実家の墓地の菩提寺となる旭丘神社の住職様から、久しぶりにお電話がありました。

明治維新の頃、戊辰戦争あたりで、都の警備をしていた薩摩軍の中に、我が家のご先祖様がいらしたのでは?

京の都の警備をしていた薩摩方が、新撰組と出くわし、新撰組は発砲、その時には大きな騒ぎにはならなかったものの、新撰組と戦わなかったことから、切腹を申し出たものの叶わず、自刃して果てた六人の若者のうちの一人、内藤将左衛門は、お宅のご先祖さまではないかとのお話で、びっくりするやら、まさか?やら、、、

早速叔父に連絡し、家系図調べて、、、

それらしき人をあたってみても、なかなかわからず、、、気になる気になる。

それがきっかけで、またまた故郷のことを思いだし、写真をだして、またまたびっくり。

母の若い頃の1度も見たことない写真や、おそらくその頃の彼の👀📷✨が出てきたのですよ!きゃあ~ちなみに、岩崎一真さんって、誰?

生きていたら、91才の母の青春やら、母のご先祖様かどうかわからないけど(^_^;)、その内藤将左衛門さんやら、もしかすると、西郷や大久保のもと、戦ったご先祖様~人の血のつながりで、歴史を感じた1日となりました。

そうた!またお墓のお掃除たのまなくちゃ!

1日故郷と、内藤家のこと考えたら、一人っ子には深すぎて、とうとう夕方は、ぐったり疲れてしまいました。

足の不自由だった母の全く笑顔がない写真の表情、思い出しては、幼い頃の母に対する思いなどもよみがえり、複雑な心境でした。

我が子が巣立ち新たに家庭をもつような年になっているという還暦のワタクシなのに、毎日モーツァルトやエレクトーンだjetだと、騒いでページをめくるのは、いくつになっても変わらないため、時間の経過を全く考えることもなく、自分も夫も子供も、年をとり、家族の歴史を重ねていました。

ご先祖様に感謝して、日々恙無く、精進したいと思います。

2018年6月12日 (火)

講座打ち合わせ行脚

今日は午前午後と中央線を西に東に、東に西へと、陽水のメロディー口ずさみたくなるように、忙しく講座の打ち合わせに伺いました。

これまでは、自らが放つコンチェルト講座だったので、新作発表自作自演みたいで、分かりやすいコンセプト。

華やかな発表会のために、エレクトーンとピアノでこんな作品いかが~と、カタログコンサートみたいなものでした。

参加の方々はリピーターが多く、私の作品を愛用して活動に取り入れて下さるので、自然と回を重ねて取り組まれる程に、ワタクシの音楽がじわじわと染みて、染めて、馴染んで、はまって、楽しんでいきましょいただけている!はず!の皆様です。

昨年、コンチェルト制作10年を迎えて、次のステップにと、決めた訳でもないのに、活動は少し今までよりも、エレクトーン普及に目を向けた方向へ展開。

少しずつ伝導者のように、たまたま自分が作った音楽を携えて、エレクトーンを広めていくような気分です。

その広め方は、求めて下さる場所に合わせて、どのような参加者を集めたいのかで内容も変えなくてはなりません。

①ピアノの先生方に、エレクトーンを使った新しい鍵盤指導をご提案するための、作品プレゼンテーション的なレクチャーコンサートなのか、

②エレクトーンをすでにご指導されている先生方に、より効果的なエレクトーン活用コンチェルトご提案で、エレクトーン伴奏法を作品を紹介しながらその編曲や演奏を解説し、指導法も実践事例をご紹介。より、エレクトーン音楽について教育的な見地で深みを極めていこう!みたいな、エレクトーン活性のためのものか?

ついでにちょっと思い付いたコンセプト
③ピアノの先生方のためのエレクトーン伴奏講座とか、

④コンチェルトで楽しむ音楽史~作曲家と語る、、、

⑤エレクトーンコンチェルトで世界一周~音楽リズムを伴奏法でマスター

なーんて、いろんなことを思いつきます(^o^)。できるできないは、考えてまっせーんが、、、爆笑

よく言われます。

よくアイデア浮かぶね、、、はい、常にこんなのあったらいいなが、全ての始まりでした。(^_^;)

でもでも!私が思うに、、、

今の時代にあった教室活動、教室運営から考えても、コンチェルト指導をレッスンに取り入れると、生徒の音楽的な成長だけでない部分にも、確かな効果がある!という部分を強くアピール、そこにエレクトーンの楽器特性にも及ぶ絡みだと思えますので、こうなると、ワタクシが活躍するとか、張り切って頑張るとかいう、我こそはモードなどという私利私欲なんぞの話ではありません!

よく、頑張りすぎだとか、何であなたがやるの?みたいな発言を受けるたびに、思います。

問題意識はないのか?

たぶんあなたは、満足しているのか、逃げているのか、鈍感か、、、

失礼しました。( ;∀;)

まさしく、進化した時代に進化していく音楽指導、そのための教育機器的な楽器エレクトーンだと思っているワタクシ。

こんなことを、ワタクシ一人が思ったところで世の中変わるわけではないけど、せめて自分達がよいと思った楽器を、それを教える道を選んだことを誇りに思えるためには、弾けなきゃ話にならないわけで、生伴奏して生徒に音楽教える手法を身につけて、生徒と一緒に幸せになってほしいなぁと、ひたすら制作者は願うのみ~

今日は、それぞれの担当者様のお気持ち大変有り難く拝聴、よい方々に巡り会えたからこそ、また次の扉を開くかの思いです。

6/29ヤマハ千葉センター、来年1/18宮地楽器小金井、それぞれ楽しみに伺わせていただきます。よろしくお願いします。

チラシは、千葉のもの、お近くの皆様、コンチェルトにご興味ありますかた、ぜひご参加お待ちしています。

_20180611_140457


2018年6月11日 (月)

エレクトーン普及

今日は台風~でも思ったより、雨も風も大したことない感じでした。

しかし、そうは言っても台風は台風、普段の日より、我が家のマンションの廊下はかなりの雨ざらしで、玄関でたら2分でびしょ濡れ~(^_^;)

そんな中に先日の小田原の楽器店さんが、たまたま近くにお仕事でいらして、ついでに楽譜やら音源などのお買い上げ~有難うございます!

また、なんと!あの講座参加者の方からエレクトーン購入が決まったそうで、熱く語ったエレクトーン、普及につながって結果が出せたと、一緒に喜びました‼️

私の音楽聞いてくださって、エレクトーン頑張ってみようかと思って下さったこと、何よりワタクシは、嬉しくて、たぶん楽器店様とまた異なる喜び、お互いの喜びをかみしめて、またまたエレクトーン普及に頑張ろう!と誓いあった!嘘(笑)みたいな、同じ気持ちでとにかく、共感高まった‼️わけです。(^_^;)

台風に、爽やかな笑顔で普及の実感、jetの仕事で関わる九州では、こんな感動共有は担当者様と分かち合えても、東京ではフリーですから、なかなかこんなことは少ない~

私がエレクトーン買ったわけじゃないのに、めちゃめちゃ嬉しくて、ルンルンになれる自分が、あ~ビョーキね、エレクトーン病。

ますます進行中😆

2018年6月10日 (日)

アドバイスレッスン

今日は6/24の発表会を控えてコンチェルトアドバイスレッスンを、府中の塚原先生のお宅で行ってきました。

この数年コンチェルトに取り組まれ、私も伴奏にお伺いさせていただいておりましたが、今年はいよいよ本格的に生徒さんとのコンチェルトで、塚原先生ご自身が伴奏。大好きな先生とご一緒する生徒さんたち、みんな嬉しそうでした❤️

写真は、昨年のアドバイスレッスン~教室がコンチェルトによって成長される姿も感じた1日、塚原先生お世話になりありがとうございました。


Fb_img_1528814049293


Fb_img_1528814060364


2018年6月 9日 (土)

家族

主人と結婚して37年ぐらいでしょうか。随分と長いこと一緒にいます。

喧嘩したこともたくさん、子供は息子に娘、二人とも私たち夫婦の姿を見て育ちました。

二人とも結婚してもよい年になっても、未だに一人で、さていつになったら孫の顔が見れるのやら~でもまだおばあちゃんになるって、ピンとこないけど、よくデパートなどで、小さい子になつかれると、自分の孫ならなおのこと、可愛いのだろうと思うようになってきました。

たまたま、音楽教室稼業をしばらくやっていた時も、いろんなご家庭を横から眺めてきて、私もその生徒さんのご家族から学ぶこともありました。

子育てにしても、母親業にしても、何気に地味なお母さんがいつも、我が子に誠実に接して日々の積み重ねの中に大切なことを確実に育てていらっしゃる姿、「非凡なる凡人」「平凡なる非凡」の偉大さ!

普通の極々自然なお母さんの力をかんじると、本当に頭が下がるほど、その生き方に感動していました。

何か目立って我が子に与えるという話でもなく、控えめでもいつも我が子を見つめているお母さん、深い愛情で人は豊かに育つことをよく知っているから、レッスンにも、私はそんな価値観を大切に繋いでやってきました。

時間がたち、子供たちの時代になり、仕事でも、若い方々に少しだけ経験が生きる世代になっています。

そんな思いがつながって、我が家の家風というようなものができていくのでしょうね。

子供たちが既に大人になり、もはや私の手を離れていく頃、一抹のさびしさ。

これが親の子離れなんでしょうか?!?

家族の絆で、共に人生重ねて、楽しんでいきましょ!苦労も涙も、家族で分かち合い、これからもそうしていくわけですものね。

世の中、シニア世代がメインとなり、やたら我々の気持ちや考え方がターゲットになっていますが、この今我々夫婦が感じる家族への思いは、たぶん皆同じ~

よい人に廻り合い、よい家庭を作ってほしいです

2018年6月 8日 (金)

コンチェルトだけの発表会

昨晩九州出張からもどり、1晩ぐっすり眠ったら、スッキリ。

なみきや、アリエッタのステージのため、千葉の講座のためにと、次々に開拓精神燃やしながら過ごしています。

昨日小倉でとある出版社のかたに偶然おめにかかる機会に恵まれ、ワタクシたまたま現在おかれている状況、タイミングよくあたってくだけろパワーで、作品についてのご相談をいたしましたら、現在の出版業界から、その手の業界筋の現状に話がおよび、jetスタッフとして僅かながら、いやよしとするエレクトーン、音楽教育業界に関わるものとして、かなりインパクトある時間を過ごすことになりました。

それを引きずり、心でどう考えようかと思い悩んでみても、はっきり言って、変えようもなく、あまり夢のない世界に泳いでいてどうすると思いたくもなるわけですが、私には夢のある世界なもので(^_^;)、、、なんだかどこでもそうだけど、社会は過去の栄光を引き続き輝かせたいわけで、切り開くには、違う見方をして、幸せにならねば、半永久的に烏合の集の、群衆心理になぞった生き方になってしまい、幸せからは離れてしまいます。

つまりは、自分の信じた道を生きてこそ、幸せ~よって、さっと考え方切り替えねば、、、と思っていたら、今日はコンチェルトでイベントを考えている先生との、打ち合わせでした。

彼女の導入や初級の生徒さんと、かつてご一緒した思い出が未だに眩しく心に焼き付いていて、まさに自宅音楽指導が、何をめざしていきていくかを教えてくださるかの活動、そしてそこに私が参画させていただいている気になり、私も育てていただいているのではとご縁に感謝しました。

たまたま、ミュッセ25巻を一区切りにして、今後は違う方向で活動をと、決断する前に人生が次第に異なるステージの扉を開いてくれている感じかいたします。。

ものの考え方ひとつ、ストレスかかるように思えばそれ自体が、不幸!

だから、よいように考えていきましょう!切り開いて生きる力にいくらでもしていくのは、自分自身だわ~

打ち合わせしながら、またよいご縁に恵まれて嬉しいな。たくさんの生徒さんに、私の作品が喜びとなれるように、工藤先生どうぞまたよろしくお願いします(*^^*)

工藤先生のホームページはこちら
http://www.k-piano.com/

2018年6月 7日 (木)

小倉jetエレクトーン音楽指導のために

小倉jetで定例研修、福岡jetと同じテーマ「心に届く音楽表現のコツ」ですが、こちらお一人一台ずつエレクトーンに座っていただいてるので、jet教材をみんなで音だししながらエレクトーン音楽について考えました。

導入初級からの美的感覚育成、持続音エレクトーンの演奏は今日のレッスンから生かしていただけますように♥️

この春チェンジされた新しい担当者様もずっとお聞き下さり、嬉しかったです。ありがとうございました!~


この真剣な表情!スタッカートにスラー、伴奏の刻み方ひとつで拍子やリズムに命が生まれるように。曲はラベンダーブルー♪

みんなでエレクトーンを盛り上げていきましょうね‼️

Fb_img_1528420424199

ピアノ生徒が多い皆様であっても、エレクトーンが主である自らのスタンス!エレクトーン音楽や奏法が、ピアノ生徒にも生かされるはずと皆考えています。
「喜びのうた」「小さなロマンス」をコンチェルトとしてとりあげ、その編曲と演奏についてお話しました。


Fb_img_1528420430339


2018年6月 6日 (水)

習い事、フィガロの結婚伯爵のアリア

今日は♪お山に雨が降りました~、、、6月6日に雨ザアザア降ってきて、、、~

雨降り熊の子の歌のように、雨がちょっと降っていたけれど、習い事を始めるには6歳ね6月6日からといわれ、なんとこの日は楽器の日とも言われているそうで、ちょっと良いことないかなぁ😃気分で朝からそわそわ~

レッスンでは、コンチェルトやら、ピアノの先生にエレクトーンレッスンやら、多彩にやりがいのある時間のあと、バリトンでいつもご一緒していただいている松岡さんが、新しいレパートリーをお持ちくださいました。

来月のアリエッタでもしできたらいいなあ!

モーツァルト、フィガロの結婚より「伯爵のアリア」またまたインパクトある曲で面白そう~

忙しい人には、さらに忙しいことが舞い降りてくるのですが(^_^;)またそれも、自分の肥やしになれそうでありがたいと思っています。

楽しみ増やして、レッツゴー!

2018年6月 5日 (火)

福岡での日々

福岡と小倉で出張中は、毎日音楽づけの時間を過ごし、くたくたになりホテルに帰ります。

jetの研修業務以外に、エレクトーン個人レッスンをこなし、そのあとに、自分の音楽活動のための打ち合わせや、会議参加、音合わせ等、結構な目まぐるしさ。

たまに、ホテルにもどったら、パソコン開いて事務作業~

でも、家事がない分、好きなことをしているのだから、しっかり楽しくを信条に九州で有意義に過ごしていること感謝です。

食事は、いきつけのお店がいくつかあり、昼のランチも、夜ご飯もひとりのときにもよく行く「石蔵」、やきとり「八兵衞」、コーヒーの「野田」私がいないときには、このどこかを探してね~(^_^;)ぐらいのかんじです。

音楽三昧、好きなことで生きていくには厳しいハードルもありますが、それも楽しい苦労にして、いくぞ人生これからじゃ~(^_^;)

1ヶ月のうち、3,4日つまりは、10分の一ぐらいを福岡でよそ見もせず過ごすこと、いつまで続くやらと思うか、これを定めと思うか、、、

やっぱり!

定めでしょう。

関わった方々が、いきいきとエレクトーンで頑張っていかれる様子は大変嬉しく思うし、私にお題をだしてくれる友人は、ありがたく共に成長していきたいし~

次のステージまでに、アレンジも演奏の練習も山ほどかかえています。でも、みんな全部楽しみの何者でもないから、たぶんやり遂げられるはずと思っています。

お付き合いくださる皆様、どうぞご一緒によろしくお願いします。

2018年6月 4日 (月)

福岡jet心に届く表現のコツ

なんだか元気にしています。(^o^)

昨晩遅く久しぶりに空を飛んで福岡にやって来ました、魔法のじゅうたん!あー、鳥小屋みたいに狭いところに座って、じゅうたん、落っこちはしませんが、となりのトトロではなく、オヤジがそばで発てるイビキやら、吐息やら、飛行機って、そういうのがダメなんだけど、なぜかパワーみなぎっていたようで、無事にホテル到着後、熟睡。

エネルギー温存チャージ!

さて、本日は福岡jetで、ワタクシの定例研修。少し本格的な音楽表現、音楽美学を目指して、生徒さんへの演奏力アップにつながるようにと、大テーマのもと、講座。

弾けた喜びを、伝える喜びに変えて、共感を教えるために、心に届く表現を目指そうと、つまりは感動する音楽についての研究講座になりました。

どんなに短い曲でも、簡単な曲でも、弾いている人の心がピュアで愛があれば~なんて、一歩間違えば宗教染みた話にもなりかねないので、現実路線で、教材を使って、あれこれ解説、皆様にも弾いて気づいていただきました。

そのあと、サウンドカーニバルにつなぐヒントをお伝えして、またまた最後は焦りそうになりましたが、なんとか今日はまあまあ私の持ち味も伝わった講座で無事に終了。

アドバイザーって、いろいろ考えてます。

先生方の教室に、少しでもお役にたつ内容になることは、どんなことで、何をしなくてはならないのか?

最近読んでいるのは、「大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる」東大の時阿部誠先生の本。

めちゃくちゃ知りたかったことが満載で、読みながらフムフム~でもないオツムに1ページ目から、目から鱗の知識がガンガン入ると、直ぐに満腹感で眠くなるかの凄い本なんです。

あ、決して、全く文字がミミズに見える話ではなく、図解でまとめていること自体にも感動。

なんだか、この感動が似ているんです。

つまり表現の仕方、心の捉え方には、シンプルなルールがあるわけで、それが音楽という世界でのましてや、教育のところで何を教えねばならないか、自宅指導者が担うのは、その部分ではないかと。

あらら、長くなっちゃった(笑)
木曜は、小倉でも実施です。

皆様どうぞよろしくお願いします‼️


Fb_img_1528445539974


2018年6月 3日 (日)

プリンスタワー

本日朝から、次回の天空に匹敵するような発表のサロン会場下見のため、芝のプリンスタワーへ。

一階のメロディーライン奥に普段はクラシックや様々なライヴを行っているちょっとしたステージがあり、規模としてはアリエッタの少し広い感じでした。

いわゆるホールではないけれど、よいピアノが入っていて、エレクトーン一台ずつのクラシックアンサンブルならば、拡声せずとも、それなりに奏でられる感じ。

福岡のホテル日航のサロンでの経験を生かすこともできますし、参加者の合流もはかれそう。

美味しいお食事と音楽、あれ?これって春咲く調べ~(^o^)と同じだわ。

やっぱり私はこのスタイルなのかなぁ?


お天気がよくて青空に紫陽花も映える~Fb_img_1528121998281


Fb_img_1528121994101


2018年6月 2日 (土)

冷やし中華

暑くなってきました!

こんな日には、むしょうに冷やし中華が食べたくなり、せっかくならば美味しい本格派をと、主人と神保町不忍通り沿いにある「新世界菜館」まで行って来ました。

お店の向かいには、ドラマ台本や芝居の脚本の老舗古本屋矢口書店、この界隈凄く好きな場所なんです。

主人は、たぶん学生時代からの縄張り、居場所感で、落ち着くらしい(笑)

仕事場も神保町時代が長かった(^_^;)

帰りは新御茶ノ水のMARUZENへ。本屋が唯一のわれら共通の趣味~

Fb_img_1527953587177


Fb_img_1527953594329


Fb_img_1527953600638


Fb_img_1527953606185


Fb_img_1527953611386


2018年6月 1日 (金)

思ったよりタフな私(^_^;)

昨日の講座、実は準備に追われて、重なる時にはいろんなことも重なり、徹夜続きで睡眠不足でした。

昨年湯島をやめて、通勤がなくなり一年!

久しぶりの朝のラッシュに遭遇、全くもって人間はなぜに毎日こんな思いまでして働かねばならないのか、と、今にして、振り返り、本番の前からどっと疲れて到着。

新幹線は、座れましたが、北千住から上野東京ラインに乗ったら、重いカートは混雑には場所もとりますので、デッキならイイワとグリーン車にたっていたら、ぎょえ~デッキでも特急券必要で、しっかりきれいな女性の車掌さんがニッコリ、「東京まで1030円いただきます」

そんなわけで、超豪華ルートでありながらも、新幹線一本乗り遅れ9時に小田原到着。普段なら一時間半コースが、朝のラッシュでしくじり、帰りはしっかり、小田急ロマンスカーで、またまたこれが北千住行きにバッチリ乗れて、お友達の先生とおしゃべりしながら、ワタクシ缶ビール!

一仕事終えた充実感いっぱい!

講座は、大変熱心な皆様がいらしてくださって、手応え感じるものになりました。苦労してラッシュに負けじと頑張って伺った甲斐があったな。

大村楽器さんには、本当によくしていただいて感謝です。お世話になったS様、このご恩は忘れませぬぞよ~(*^^*)小田原よいとこ♥️先生方も、皆様良い方ばかりで、たまたま他のご用で欠席になった先生は、なんと大人の生徒さんを代わりに参加させてくださり、とても熱心に聞き入ってくださいました。

また、システム講師の先生方は、私の制作の意図したことをよく受け入れて下さり、特にオリジナル予感には感動していただけたようで、大変嬉しかったです。

ベテランの先生もお見えになられて、指導に役立つ新しい教材に出会えたわと、「はじめてのレパートリー」を気に入って下さいましたし、コンチェルトでご紹介した楽譜を全てお買い上げ~凄すぎます。ありがたいです。

私のコンチェルトを大切に思って、お付き合い下さる先生方も、遠くからいらしてくださり、感謝!やっぱり知ってる顔があると、リラックスします。

たまたま作ってみたコンチェルトガイド本、好評で便利にお役立ちになれそうでした。良かった❤️皆様ありがとうございました。

と、感動の講座を終えたら、小田原駅の近くのお寿司屋さん風居酒屋ランチで、生きのよいお魚堪能、特にシラスの握りは、最高!

力になってくれたI先生、そして、ピアノのアシストを勤めてくれた南さん、朝からお疲れ様でした、素敵なピアノに感謝です。ラフマニノフも予感も剣の舞も、上級になるほど、実力が伝わり、ショパンも特別午後の部(*^^*)皆様お聞きになっていただけて、もっとゆっくりお話したかったなぁ。

そんなやこんなで、帰宅したら五時半。それから夕飯の買い物へ行き、主婦タイム。1日ちかれた~が!

寝たら今日はめちゃくちゃ元気になり、最近おサボりだったお掃除して、美容院いき、なんだかダウンするかと思ったのですが、しませんでした。笑

来週は、月曜日、木曜日で、九州福岡と小倉のjet、「心に届く表現のコツ」というテーマで講座をするため、今夜はまたまた、準備しています。

一生勉強、一生エレクトーン、一生、、、なんだ?笑

こうして続けていられるのは、家族や関わってお世話になっている方々のおかげです。

時々、年のせいか、いや性格か、奈落のそこを迷える子羊、いや婆豚かもしれないが😅、残された人生、楽しくできることで味わっていきていきたいな。

疲労感は、糖尿でさらに増幅?かと思いきや、音楽のちからで元気になっています。

以外と、、、タフなワタクシでした。


2018年5月31日 (木)

小田原コンチェルト講座

コンチェルト講座@小田原 大村楽器~無事に終了しました!

エレクトーンを使ったアンサンブル指導について、導入から上級までの作品をご紹介。

熱心な皆様の参加がとても嬉しく励みになりました。

手応えを感じながら、無事に終わってホッとしています。

小田原の皆様、遠くからご参加の皆様も、大変お世話になりありがとうございました。

私の音楽を気に入って、共に活動の道を歩いて下さること、こんなに幸せなことはありません。

新たな出会いは、幸せの予感、誰かがはなしていたギフト、プレゼントということでしょうか。

徹夜に近い3日間から解放された体を癒してあげよう~(*^^*)

皆様本当にありがとうございました。

Fb_img_1527804280761


2018年5月30日 (水)

コンチェルトガイドブック

明日は今年度はじめてのコンチェルト講座、小田原の大村楽器で行います。

エレクトーンを使ったレッスン、コンチェルトに取り組んで10年、その活動を振り返りまとめたガイドブックを作りました。

演奏、編曲、指導で皆様のお役立ちになりますように!

Fb_img_1527803587347


Fb_img_1527803596151


Fb_img_1527803600926


2018年5月29日 (火)

不安から一変!嬉しい予感

プライベートで大変気になっていたことがありましたが、そのことが逆にバネになって、大変嬉しいできごとになりそうで、とてもほっとしました。

仕事には、講座準備に追われています。

来週はまた九州、いろんなことが慌ただしく、気が休まることはありません。

大変忙しくなってきている中に講座の合わせで、午後からピアノアシストをお願いしている南さんと合わせ。

ラフマニノフが素晴らしく、疲れた体と心を一変に払拭、音楽って素晴らしい!

予感を弾きながら、幸せにひたり、自分の曲でも元気になっているのは、ご一緒して下さる素晴らしい南さんの演奏の力!

何事も深く考えすぎず、風に身を任せていきましょう~


2018年5月28日 (月)

堀切菖蒲園

ご近所散策のお散歩、健康のためのウォーキング!

なんでも続けると、だんだんバージョンアップです‼️

堀切菖蒲園まで30分ぐらいでしょうか?

まさに今は菖蒲の季節。

仕事にいろいろと考えさせられることが多く、やや気分は落ち込んでいた中に癒されました。

綺麗な色、紫は、萎えた心を慰めて、引き立てる力があるようです。


1527412205350


Fb_img_1527802026476


Fb_img_1527802034227


Fb_img_1527802038927


2018年5月27日 (日)

エレクトーン音楽指導を振り返る

お天気のよい日曜日、実は今日はプチプチ同窓会の予定で楽しみにしていましたが、ちょっと都合で欠席、その分、頭の中はまた時間のゆとりをもつことになり、講座の準備につながる、エレクトーン音楽指導の歴史を振り返りました。

私はエレクトーンという楽器と同じ年齢、自分自身の人生、エレクトーンの取り組みがそのままエレクトーン指導や音楽の歴史を見つめることになります。

たまたまこの世界に生きることになり、それも一匹狼、いや、一匹犬(笑)(^_^;)

組織のスタッフとして、先生方と歩いてきたので、自分自身の作品も先生方の活動を見つめたからこそのコンチェルト。

そのコンチェルトに対する思いは、単に我が身のためだけではなくなり、頑張った先生方の高い指導効果が耳に届く度に、制作者として大変な喜びを感じています。

そんな姿が、広がっていけば、エレクトーンも生き残っていけると信じている者です。

ピアノ指導へと生徒がいないからと、完全に転向される先生には残念~エレクトーン講師としてご自身が向き合われてきたお気持ち、簡単に無しにしてよいのかと。

最近は、若手のピアノご専門の先生が、昨今の住宅事情を考えて、通ってくる生徒の一般的なレッスンに求めるものと、ご自身の指導活動の未来を見据え、エレクトーンベーシックを教室に置かれ、コンチェルトを発表会などに取り入れようとする方々もいらっしゃいます。

そんな指導の新しい風もあるなかに、従来のエレクトーンご専門の方々の状況も踏まえて、そこに横たわるものを、今日はじっくり考えました。

会報誌も届き、全国の頑張っている他支部の様子が明るく語られていました。仲良く協力して共に歩いていく力が伝わって来ます。

今週木曜日、小田原講座、さあ、どんな出会いが待っているやら楽しみです。

ショパンバラードアレンジもお披露目!

伴奏音楽からとらえた教室活動、先生方のお役にたちますように。

2018年5月26日 (土)

エレクトーン音楽を教える喜び!

今日は、朝からレッスンでした。

五年生になって、塾も忙しくなり、たぶん毎日スケジュールはぱんぱん。練習する時間はどれぐらいありそうか?どれぐらいの時間でこれをこなせるか、見極めも重要なポイント。

今日は、フランス曲「クラリネットをこわしちゃった」でオルタネィティング ベースの練習。楽譜を弾くだけなら、ど根性の修行レッスンですが、何のためにこの動き、その効果を感じさせて、ベースの動きのルールを教えました。

あと、それから発展した順次進行や、ベース音とメロディーは、重ならない方が良いことなどを、実際に音を確かめながら弾いてやると、納得するようで、動きもスムーズでできるのです。

つまりは、たぶん脳のどこを使って弾けるようになるのか!奏でるのと、視覚から入った作業的な運動では、弾けるようになるという意味が、全く違ってきます。

急がば回れ~(*^^*)

ついでに視覚からかっこいいなと思わせるには、先生が弾いてきかせて、トゥー&ヒール!これは、かなりお目々キラキラの反応でしたから、ついでにベースの半音階トレーニングまで教えました‼️

生徒さん自身も、出来なかったことができるようになれる実感がはっきりあれば、それは嬉しいことだし、次へと繋ぐことができます。

そして教える側も、教えたことが今すぐに反応して成就した思いになれて、喜びが持てるというものです。

エレクトーン教材、ぎゃらりい4に入り、やっとちゃんとした個人指導のためのメソッド、大好きエレクトーンは、感覚育成でややグループレッスン向きの感じがして、指導者の演出エネルギーがかかるものでした。

しかし、ぎゃらりい4で中級へと進み、まだまだ入り口ですが、エレクトーン音楽を教えている喜びが、私にも生徒さん側にもあって、それは決してわくわくドキドキみたいな話ではないけれど、この積み重ねが、あいみちゃんのエレクトーン力をつけて、大好きエレクトーン!になっていくことでしょう。

あいみちゃんのレッスンで教えられること、指導歴が40年でも、新鮮に実感、あいみちゃん、ありがとう😅♥️

2018年5月25日 (金)

仲間との関わり

仕事のつながり、学校のつながり、地域のつながり、、、、様々な関わりで友達になった人と、自分らしくおつきあい。

ネットが発達して、遠くの友達とも会話できる時代になりました。

一方、仕事での関わりで、組織としてのお仲間、同じ楽器や志し、さてどんな関係かというと、当初の同一性からやればやるほど、関われば関わるほど、異なる部分が見えてきてしまうもの。

その時こそが、異となるなかに同じものでたぐりよせられた力を発揮する時なのではと思います。

すこし広がった視野は、異となる存在に気づいたからこそ。そこで対抗してしまうのは、驚異を感じてしまう証。確かにびっくりすることや、足もすくんでしまうことだってあるけれど、すぐに「敵」でないことは明白なわけで、それならば、その自分にはないものを、仲間としてのよしみにして、プラスに考えてみたいもの。

しかし、人は悲しいかな、「敵」と思って自分らしくは聞こえがよいが、守りの体制に入りがち。

世に名を馳せた名将や、名人の多くは、自分らしくをよく守り、「敵」となるかならぬか(笑)異とする風をよく知って、大きくなっていった!

またまたでました、親方様爆笑!

ひとりで、机に向かう時、孤独が力となるにはしばらくの時が必要と後から、その価値に気づきますが、ザワザワと様々さな思惑を感じたら、孤独ではないと言うことになるのです。

これからの私、、、できることを貫いていきたいと思います。

«はじめてのテキスト

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ