最近のトラックバック

2019年9月17日 (火)

アレンジステージ

Dsc_0240_20190918084501

昨日支部のイベントが無事に終わり、盛況のうちに皆様で作り上げた実感が嬉しい喜びを感じて、みんなで🎵音楽の楽しさを実感した1日になりました。

支部活動でしか体験できないこの気持ち、大切な体験だとアドバイザーとしても思います。個人の人生においても貴重な機会であることはまちがいありません。

その翌日とあって、各々お疲れ様と思いきや、次の目標に向かい、頑張る先生方が、レッスンにいらしてくださり、皆様の姿に感動します。

jetでは、毎年指導者対象の作編曲のコンペがあり、今日はそれに取り組む先生の対応を中心にレッスン致しました。

Withエレクトーンとして、エレクトーンアンサンブル、伴奏エレクトーンの姿でそれぞれのお教室や活動、指向が見える挑戦、私も力になりましょうぞ(^o^)

博多の松丸弘子レッスン生徒募集中、2ヶ月に一度程度ですが、あなたの音楽整理整頓(^o^)方向軌道修正のお手伝いしてるかな😃別名元気の出るレッスン、また、気合いの入るレッスン、、、おいおい~(^o^)

お問い合わせは、ヤマハ博多センターまで。0120-808-349

2019年9月16日 (月)

福岡jetミュージックステージ2019

Dsc_0021

今日は2年に一度の福岡jetミュージックステージでした。

今までコンテスト部門、発表会部門と2日間で実施してきた支部イベントを、1日にまとめて、朝から夜まで、長丁場でありながらも、楽しく予定通りにおさまったのは、スタッフやリーダーのお陰で、ほんとに上手く終了し良かった♥️

審査やサウンドチェック、写真を撮影する暇もなく、ちょっとだけ、写真撮影で並ぶみんなの様子を一枚撮りました。

思い出また1日増えた!

生徒さんたちの成長嬉しく、みんなで作り上げて笑顔のイベントになり、終わって打ち上げで盛り上がって、ややこわれた状態。

人生豊かに一緒に歩いてくれてる福岡jetの先生と(^_^;)

相変わらずワタクシ顔でかっ。

皆様ほんとにお疲れ様、そして有難う

Dsc_0027

Dsc_0025

2019年9月15日 (日)

九州で

Dsc_0019

Dsc_0020

昨日の最終の新幹線で九州へ、本日は午前中明日のjet福岡のイベント準備と、午後は明日コンチェルトで演奏される大人のアンサンブルレッスン、私のアレンジ作品チャイコフスキー「フランスの古い歌」合わせれば合わせる程に、曲は表現豊かに聞き映えしてきて、迫力も出てきました。取り上げて下さって嬉しいな🎵😍🎵有難う!明日頑張ってね♥️

しばらくの空き時間に、図書館感覚で楽譜を見に楽器店の楽譜売り場へ。今夜メシアンが確かテレビであったかもと、スコアを見たり、いろいろと物色、その後チラッと買い物、ここでなんと、昔の教え子に偶然ばったり。綺麗になって、見違えました爆笑!私は、年をとり、還暦だよって話したら、一応、先生かわりませ~んって、気を使ってくれた(^_^;)教え子は、ありがたいものです。(*^^*)💕

そして夕方には、気になる先生の発表会リハーサル見学にいってきました。子供たちの爽やかな歌声と、ベルのサウンドが、輝く笑顔と共に清々しく、感動しました‼️

音楽教育の発表シーンのために見聞を広めた1日~まだまだ暑いけれど、既に芸術の秋は始まっているのね(^o^)


2019年9月14日 (土)

地域イベントに応援参加

Dsc_0015_20190915233101

昨日は奥村京子先生の地域イベントにお邪魔して参りました。先生と2人でソロに、アンサンブル伴奏で、楽しく会場の皆様と過ごしました。

京子先生のブログ

https://ameblo.jp/okumuraonngaku/entry-12525309586.html

2019年9月13日 (金)

久しぶりにムジカでレッスン

_20190124_012747

この写真は、ちょっと前の写真ですが、ムジカサロンフォレスタでのワタクシ、素敵な響きの程よいホール、ごきげんな一枚。

いつも、ムジカに来ると、集中したレッスンを行うことができるため、ストレスフリーで、音楽指導に集中できるというものです。

今日は、以前からの生徒さんや、初めてレッスンにいらした方も含め、3人のレッスンを行いました。

最初は、明日がご自身の地域のイベント参加を控えていらっしゃる先生で、急遽私も応援兼ねてご一緒することになり、アンサンブルにソロにと、いきなり即興でアンサンブル~楽しかった―最高!

昨日の輝さんのご指導で、言葉のリズムをよく聞き取るようにしたら、そこに乗る、その流れをつかんで、またその声の高さを聞き取って、応えるコツをちょっとつかんだ気がしましたので、アンサンブルにもそれを応用してみましたら、自然に寄り添うことができるようになった気がします。

それって、相手の話をよく聞きましょう!的な、ごくごく基本的な事なのですが、自己主張確たるものがあると、アンサンブルにならず、・・・・それぞれ立派でも、合わなかったらアンサンブルの良い演奏にはなりませんもの~ということを、お二人の方にも、しつこくお話ししたりして・・・・(*^_^*)

だって、私は、コンチェルト作品を制作して、それを習いに来てくださる方々が多いわけで、作品に取り組んで下さる方々からしたら、よりよい表現について、習いに来てくださっていると思うのです。

自分のパートがちゃんと弾けているかどうかの確認なんて、時間の経過と共に書かれている音符の確認作業は、ご自身でできることです。

大切なのは、楽譜にかかれていないことを、自分として発見し、どう表現するか、アンサンブルとして、どうしたらそれをうまく相手と共に奏でていくか?

その肝となるのは、気持ちよく、美しく、楽しくなる、音楽の本質に触れていることではないでしょうか。

おっと、こちらでレッスンしてどーする(笑)

三人目の生徒さんは、先日の銀座でソロで演奏して下さったマダム、銀座での経験が早速現れていらして、今日はモーツァルトのアイネクライネを練習してきて下さいました。

モーツァルト! すてきー。やっぱり教えていても、元気になれる! 明日、本番でワタクシこれを演奏するのでしたハハッ。

リクエストもいただいて、そういえば、先日の銀座のゲストのテノールさんからも、同じビゼーカルメンのリクエスト。

そんなこんなで一日ドタバタ、jetの仕事もあちこち連絡しておかねばならないことが・・・・

夜は、明日の準備に歌詞カード作りました。

明日ご一緒する彼女へのお祝い、ささやかなワタクシができる気持ち~

明日、頑張りましょう

Dsc_00152

 

 

2019年9月12日 (木)

表現の幅 自由な扉が開いた!

Dsc_0243

稽古三日目は、私の音楽をじっくりチェック。

演出の佐藤輝さんと、プロデューサーの天童真理子さんの立会いの下、さあ!裸になった(笑)

作品冒頭の川のシーン、東北の川の様子を知らない私のイメージで奏でていた背景は、広くて明るいたくましさのあるイメージ。

しかし、東北の強く唸るような怖いイメージの川を、どう表現するか~で、現代音楽バリバリの鍵盤叩いたり、渦を巻くところは、トリルだったり・・・とにかく、言葉を鍵盤を使って音として表してみました。

って、普段、「楽曲」を作っているもので、(^_^;)ちょっと抵抗が・・・・

と思ったら、もうできまへんがな爆笑

でも、お陰様で、なんとこの年になってまた新たな導きをいただけて、すっごーーーーーーく、知らなかったことを知り得た喜びでいっぱいです。

シーンごとに、奏でるフレーズや間合い、ライブの、表現の「生」の素晴らしさがわかった一日になりました。

テーマのドラマティックな曲は、インパクトあって、オーバーチェアとして奏でるつもりですが、時間をコンパクトサイズにしてまとめるのが、それはそれで難しく、稽古の前に朝から延々と弾いてみるけど、どうやったら落としどころいい感じになれるかで、迷っています。

年を取ると、誰かが物を教えてくれることは次第に少なくなるため、日々の様々な出来事から、自分自身が学んでいく姿勢を持たねば、ついつい怠惰とはいかぬまでも、慣れという現実に、解らないうちに浸ってしまっているのです。

だから、異なる世界へ足を踏み入れるのには、勇気がいるという部分もありつつ、たまたま与えられた機会をどう向き合い、プラスにしていけるかと挑戦してみたいと心掛けてみました。

ハードルの高いことに、怖気づいていても仕方なく、私にとっての表現の幅を広げる貴重な機会となりました。

佐藤輝さんとの合わせ、これはレッスンの何物でもなく、絶対にこの学んだことを更に一層生かして、良い作品にしたいと思います。

久しぶりにこんな体験、感動、教えていただく喜び、学んだ喜びで、急に目の前がぱぁーーーっと広がった気分です。

また、ピアノでどれだけのことが私にできるのかとも思っていましたが、私のできることで作り上げたらよいこと! 

書き上げた何曲かも、朗読に被る部分が新たに出現し、生かすことになりました。ボツにならずに済んだ(*^_^*)

残念ながら、当日の楽譜販売は著作権の関係もあり、今回は見送ることになりました。

しかし、私のオリジナル曲として、様々なシーンで演奏していきたいと思います。

チケット、ご予約2名様―有難うございました! 

芸術の秋、秋の夜長にどうぞお楽しみいただけますように。

2019年9月11日 (水)

台風の名残

61pfarndqbl

一昨日の台風の名残がいまだ続いています。停電や、風雨の被害、皆様いかがでしたか?

千葉の皆様においては、被害大きく、知り合いの先生方、大丈夫でしょうか?どうぞこころより、お見舞いもうしあげます。

そんな中に、私は今日も朗読ライヴの稽古に行ってきました。今日はピアノのない稽古場でしたから、今日は音楽を乗せるわけではありませんでしたが、朗読や流れをより深く理解して、作品に繋ぐこと、朗読のお二人のやり取りは、大変勉強になりますので、同席することにしました。

山形を知らない私が、どこまでできるか、イメージが違っていないか、不安なこともあり、山形の庄内弁のリズムやイントネーション、文字を見ているだけではわかり得ないことも、お二人の声から伝わります。山形ご出身のお二人だからこそ、リアルに心にずんずんと届いて、より山形に心惹かれるのです。

九州宮崎、都城が故郷、南の雪も知らないような町で育った私が、心よせてその物語を見つめるだけでは、伝える表現者にはなり得ないかと、休憩にも山形のお話をたくさん聞かせていただきました。

今月、来月は、本当にスケジュール過密のため、ひょっと山形に足を運ぶ暇はとれず、、、。

でも、いつかいってみたい、何だか待っていてくれるような気持ち~

日頃モーツァルトだ、チャイコフスキーだ、ラフマニノフだと、ヨーロッパやら、ロシアなど他国の作曲家の音楽を奏でるのと同様なのです。ましてや自国の文化を愛でるように、山形の風土と自然を語る中で、ちらちらと背景を感じさせる音楽では、効果音的なピアノの使い方で弾くもの、曲として音楽にしたもの、皆、それぞれ私が取り組んだ藤沢周平作品によせる思いの音楽であり、朗読に寄り添っていかねばと思うのです。

バタバタしていて、実際に劇中では本当にモチーフだけしかちらちらとご紹介できないわけですが、これをピアノソロとして楽曲に残しておきたいと思っています。

果たして形にできるのか、しかし、テーマや、劇中のさらりと流れるモチーフからの、小さな曲たちは、それなりに様々なカラーあり、よそゆきのお洋服のように仕立てて、皆様が弾いたり、聞いたりできたら、朗読劇にあわせて、より楽しんでいただけそう。

60歳を過ぎて、新たな世界を見ているような毎日です。

エレクトーン愛から、それで培った音楽で、異なる世界へと、それはやってみたいことの1つでした。音楽の 原点を知るような気持ち、まだまだ知らないこといっぱい。

実力ある佐藤輝さんのご指導のもと、私に機会を持たせて下さった佐々木亜希子さん、そのお二人との共同作業は、新鮮な感動を与えてくれます。

芸術の世界に踏み出したかの気分です。がんばろう!

一方、まるで学生に戻ったように、大きく包み込まれながら、湧き上がるイメージや、音を自由にやってみる自分がいます。

まっすぐに貫いて、作り上げていこうと思います。

よい作品となるように頑張ります!よろしくお願いいたします。

2019年9月10日 (火)

朗読ライヴ稽古

Received_745227139247611

朗読ライヴの稽古でした!

制作した曲に加えたり、カットしたり、即興で味付け~佐藤輝さんと佐々木亜希子さんの声に引き込まれ、上手く呼吸やイメージを重ねて音楽を味付けし整えていきました。

ほら貝も活躍~藤沢周平文学作品朗読劇とオリジナル音楽ピアノ演奏で、皆様お楽しみに‼️

10月18日(金)19時~、10月19日(土)13時~各々一時間前から会場お食事タイム、会場は神楽坂The  GREE

チケット  4000円

ご予約おまちしています♥️


2019年9月 9日 (月)

制作三日目

Dsc_0014

春秋山伏記から「験試し」の音楽制作、まるでアルバムを作る作業に近いもので、全体像がみえてきました。

朗読劇ですので、あまり長々と音楽が入るのもよろしくなく、あくまでも朗読の邪魔にならぬように、各々のシーンの枠取りイントロを作ること、作品全体のテーマ曲を作ることをこの3日で行いました。曲数、短いものだけど、結構な数~

作品の大きなシーンは、8個にわかれ、その中に小さな段落の変化につける音楽あり、以下のようになりました。

験試し~おきくのテーマ

1赤川

2おとし

3月心坊と大鷲坊

4験試しの提案

5間奏

6婆の心配

7おきくを診る

8歩けない理由

9稲みてぇに光れ

10おきくを背負って

11おまつり

12おきく 立つ

13終曲~テーマ

テーマをつくり、そこから広げてあてはめて、あちこちたりないところを新たに書き足してみました。なんとか出来たものの、もう一息新たな曲をいれたいかと。

全体には、試される「おきく」話のきっかけとなる「おとし」という山形の出羽三山のふもとの村に暮らす2人の女が、自然に身を任せながら悲しくも逞しく生きる姿、そしてそこに寄り添う山伏の心を音楽としてみました。

さて、明日、どんな感じになるかなぁ。楽しみ~

それぞれ、しっかりはまったら、きちんと楽曲にしたいな。

譜面にもしたいなぁ。

とにかく、三日間で書き上げた自分にお疲れ様!まだまだ明日監督やらプロデューサーやら、ダメ出しなどいただくでしょうが、叩き台完成でひとまず形に。

また、プロデューサーから、私の過去に作った音楽をお聞きになりたいとのことで、CD制作してから17、8年前かたち、どこかに一枚サンプルのこってないかと、探しだしあった!

あの頃からすると、活動も広がり世の中を広く認識(^_^;)

もっとよい録音でお耳にとどけられたらと、欲も出ますが、これがワタクシの現実、私の作る音楽の持ち味をお伝えすることができたらと思います。

やっと、なんだか自分の音楽を広げる機会をもつことができ、還暦おばさん、続けてきてよかったと作りながらも感謝で泣けてきます。

皆様、応援してね~

Dsc_0015

2019年9月 8日 (日)

制作二日目

Dsc_0013

台風がやって来る!というので、やたら構えて、午後早い時間に銀座から帰宅、午前も午後も夜間も札曲三昧二日目、インターバルに、シーンは7までなんとかデザインできたけど、演奏は、、、

そうでした、本番は10月なのでした。(^o^)

創作のネタ探しに、山形に関するいろいろな情報だけでなく、山形のハートにふれたい一新で、買ってきました、山形産きゅうり!(^o^)

こんな楽しみもって作ってます笑

もう、びょーき、びょーき、爆笑

私の部屋には、クーラーがないため、汗だくになりながらも、なぜか、楽しい作業~

山形ご出身の先輩の先生から、私の作品がどのように山形なのかと楽しみに期待しています、とのこと、ひやぁ~どうしましょ

どんなテーマでも、同じような曲になってたりして~(^_^;)

ちょっとインターバルには、きれい目の癒し系ピアノサウンドにしてみました。

私の作曲活動は、コンチェルトを作るようになってからのこの10年ぐらいはやや休眠状態でしたが、これからは作曲復活だ!

人生残された時間に、たくさん書いていきたいです。皆様応援してくださいませ。


2019年9月 7日 (土)

朗読ライブ音楽制作

Fb_img_1567893004110

Fb_img_1567893008838

来月の公演にむけて稽古が来週から始まります。

スケジュールはパンパン、そんな中に今日から3日間で作曲。今日は全体のテーマや、シーン1#2#3ぐらい進みました。

取材に山形へ行きたいところ。でも時間もとれず、山形や作品に関する様々な資料に目を通し、山形のお酒を飲みました。

これは、取材?笑

出羽桜~すっきりフルーティー(*^^*)

これが、山形のお味と思うと、山形県民、立ち位置高い~(^_^;)

藤沢周平文学作品に付ける音楽を、模索しながらも、ちょっと深くて、分かりやすくストレートに、してみました。

霊験新たかな出羽三山のふもとの町に、修験僧に寄り添って、みなが心を寄せて暮らす人々の姿、何があっても心は凛々しく美しく、山の力、自然の力に誘われているのでしょうか。

もの悲しいメロディー、映画の序曲や、エンドロールにあたいする曲、日本の風景、そこには、逞しく力強い男と、日々の暮らしを賄う女の姿、どちらも自然に守られ、自然を慈しんで暮らしている日本人かいます。

今、時をへて、その山形の風土から、語られる藤沢作品によって、いつの時代も変わらない日本の心や、生きる力を感じていただけたら!そんなさりげなくも、心に残るメロディー、音楽を佐藤輝さん、佐々木亜希子さんの朗読に寄り添って、私の音楽もお届けしなくては!

当日は、全曲オリジナル、ピアノで、私が演奏致します。エレクトーンでと、皆様ご期待されるところかもしれませんが、お二人の声で作り上げる作品には、アコースティックなピアノの音で、私なりの言葉をご一緒してみたいと思います。

エレクトーンでは、その次の作業として制作していけたらと考えています。

ピアノの新作作品、予感や木漏れ日の彼方に に並ぶ曲を作ります。頑張るぞ🎵

聞きにいらしていただける方は、メールでお知らせくださいね‼️

gurico8765@gmail.com

Fb_img_1567893008838_20190908072401



2019年9月 6日 (金)

サウンドクリエイト研究会

1567772947999

今日は神戸jetにお邪魔して、研究会でした。

来月10/6に、アレンジステージとサウンドカーニバルを組み合わせたサウンドクリエイトというイベントを実施する予定で、そこに参加される先生方を中心に集まって下さいました。

お一人ずつ取り組んでいる作品について私がアドバイスするスタイルで進めて、皆様には裸になっていたたき(^_^;)、個人レッスンではなく、公開アドバイスみたいな感じで、ご自身の作品についてだけでなく他の方の作品も聞きながら参考になりますから、共有し学び合えるよい機会に刺激しあえたのでは⁉️と思います。

午後からは、個人レッスン。これから講座やレッスンと、神戸で先生方のお役にたつように特別講師として指導業務スタートすることになりました。

出張も最終日、ややお疲れさんです(*^^*) 、今月、来月は特にスケジュールパンパン~楽しんで過ごすコツは、笑顔ね(^o^)

今回の出張で、個人レッスンは、実に13人+そして本日の研究会で7名。20人の音楽に触れて、知らず知らずのうちに、刺激をいただいているのは、私自身か一番楽しませて貰っている!

銀座から二週間。

現場にでてたくさんの先生とふれあうと、エレクトーン指導、音楽指導に真摯に向き合うエネルギーを感じます。

その方々は、生徒さんに音楽で夢を与えていらっしゃる、エレクトーンで。その愛情たっぷりの姿を知れば知るほど、私なりの自分磨きを続けていかねばと思います。

明日から3日で、朗読ライブの音楽制作、来週火曜日にはじめて、稽古に音楽をのせます。即興で骨となるようなものからでは、作品にならず、このステージを確たる作品に仕上げるために、よい曲、メロディー、背景作りに挑戦してみよう!。

そして、この藤沢周平作品の朗読作品が、私にとっても音楽制作作品としてクリエイティブな取り組みとなりますように。

10/18 19の公演チケットも出来上がったとのこと、皆様お楽しみに~応援してくださいね。

2019年9月 5日 (木)

jetYMRJ小倉店支部最後の定例会

Dsc_0010_20190905190301

Dsc_0007_20190905190301

今日は小倉jetでした。

実は来月からYMRJ小倉店支部は、ヤマハミュージックストアナガト小倉店支部になります。支部の名前が変わっても、小倉でエレクトーンをずっと頑張っていく仲間たちです!

お世話になりました担当者様との最後の定例会、坂井さんありがとうございました。

ワタシ~撮影(^o^)↓いないよ(*^^*)

来月からお世話になる社長様もご挨拶下さりひとまず皆新たな気持ちになりました。研修は、シニア生徒のレッスン研究でした。

自分達も人生重ねてjet人生重ねて、支部の歴史を一緒に重ねてます。


2019年9月 4日 (水)

芸術の秋、レッスンたけなわ

Dsc_0241_20190905061501

発表会が近づくと、いつもよりも、ちょっと意識高く、エネルギーかけて、少しでもよりよいステージへと、教える先生も張り切って取り組まれます。

芸術の秋は、そんな先生方の本気をだす時!(^o^)今日は、そんな先生方のレッスンでした。

エレクトーンは、演奏のためのテクニック磨きもレッスンしますが、音色の作り方、それを作るための操作、またどんな機能があるのかも、お教え致します。

生徒さんのために、お作りになられるアレンジ、既存の既成曲のちょっとしたレジスト修正で、見違えるような作品にリメイク、レッスンの時間の中で仕上げていくには準備も大切。

今日は6名の先生方のレッスンでした。

みんな、熱心~(^o^)

16日のjetの合同発表会のために、愛情たっぷり~私も少しでも力になれたらの気分です。

夜小倉入り~

明日は、小倉jetで、シニアのためのレッスン研究講座。頑張りまーす!

2019年9月 3日 (火)

長崎でコンチェルト講座

1567497269559

Center_0001_burst20190903151003672_cover

長崎でコンチェルト講座、jetの先生方や一般レスナー様がご参加下さり熱心にお聞きくださいました。長崎の先生方、アドバイザーのU先生、ご担当者様大変お世話になりまして、ありがとうございました。

アンケートにいただいた言葉から~

▪️生徒の演奏に対して、イントロ、エンディングをつけるだけでなく、伴奏を拘ってつけることで、満足感があるだけでなく、音楽力を身に付けることができると、改めて感じました。それは、コンチェルトで生徒さんを主役にして素敵な経験をさせてあげること、そんな経験をさせてあげたいと思いました。

▪️とにかく始めから終わりまで美しい!心が豊かに感じる内容でした。

▪️「予感」のびのびと空を清々しく飛んでいるようでした。

▪️ラフマニノフピアコン、感動して涙、ストリングスがきれい

▪️ブルグミュラーの曲等に、ぜひ生徒と一緒に演奏したいと思います。

▪️幅広い年代の生徒さんに使える曲で、自分の練習にもなりたくさん使いたいと思います。

▪️お話も面白く、演奏も本当に素晴らしくて、まるでコンサートに来たような楽しい講座でした。

▪️たくさんのアレンジをご紹介いただき、とても参考になりました。アンサンブルが好きなので、二人でこんなに色々な曲ができる!と嬉しくなりました。

▪️以前S講師をしていて、現在は少しずつ自宅でピアノを指導しています。元々エレクトーンなので今日は久しぶりにエレクトーンの素晴らしさを感じることができ、素敵な時間を過ごせてありがとうございました。

▪️生のオーケストラに負けない迫力で凄い!

▪️レッスンに取り入れると、素敵な教室を作ることになるなと思いました。

等、皆様に良かったと喜んでいただけて、私も長崎に来て良かった~(^o^)

終わって、ピアノアシストの村浜ひかりさんと、教え子の田副智子さんとランチしてパチリ!港のそばのおしゃれなカフェ、目の前には、船が浮かんだロケーション!

でも逆光で、眩しくもお店をバックに記念写真。二人の教え子に助けられて、今日もコンチェルト、エレクトーン普及、頑張りました‼️お疲れ様~

2019年9月 2日 (月)

イベント皆の力を合わせて

Horizon_0001_burst20190902103725716_cove

今日は福岡jetで、今月16日に迫ったミュージックステージのために、最終打ち合わせを行いました。

組織に帰属し仲間として高めあおうと集ってくださる先生方20名ぐらいで、個人で発表会やコンクール等にご参加されていらっしゃる先生や、遠方の先生は、イベントに不参加のかたもいらっしゃいますが、今回は今まで2日に渡っておこなっていたイベントを1日にまとめて、130人ぐらいの参加者の規模になりました。

皆様、楽しそうに、最後のドレミの歌の練習で、より団結!(^o^)

何かしらお世話になっている組織へお互いに共存共栄のマインド、力を合わせて作り上げれば、楽しさ倍増~自分一人ではできないこと、見えないことも、先輩に後輩にと影響仕合ながら頑張れると言うものです。

福岡jetに伺うようになり8年目、ミュージックは、4回目、毎回何かしら変化しつつ、その度に親睦深まり、お一人ずつとの交流が広がりと、今日もありがとうございました。

写真とる時間がうまくタイミング合わず~いつも楽譜や講座のご案内下さるM様をパチリ。みんな店頭でお世話になってるよ❗️ありがとうごさいます。

2019年9月 1日 (日)

博多へアドバイスレッスン

Dsc_2029

朝の新幹線で福岡へ。博多の街は少し雨がポツポツ降る中にも若者がいっぱい。といっても、子供ではなく、二十代の若い人たち。

九州のあちこちから、日曜日にはやって来るのかな。博多駅は混雑していました。

さて、今日は今月半ばに迫ってきたjetイベントのために、アンサンブルのレッスン、そしてアレンジのレッスンを2枠、どちらも表現、アーティキュレーションや、構成と強弱などの気になるところをチェックし、アドバイス。

アンサンブルの三人は、とても仲良しさんの様子~何と言っても、このコミュニケーションが音楽の楽しさを伝えるというものです。

もうお一方は、大学の後輩にあたる講師さんのアンサンブルアレンジ。久々にバランスのよい整理されたよい作品を聞かせていただき、嬉しくなりました。本番が楽しみ~

写真とるのを忘れちゃった、残念~

にこにこ笑顔でアンサンブル!

今日のレッスンご伝授、極意はこれだ‼️

笑顔なら  練習不足  気にならず      嬉しさ楽しさ  奏でる喜び~

2019年8月31日 (土)

美女と野獣のサロンコンサート

1567235809632

Dsc_0004_20190901005401

昨晩携帯が壊れてしまい、朝から携帯屋さんへ。

何かイベントがあり大きなデータのやりとりを続けていると、ダウン、またやった~((T_T))

結局買い換えで、まだ使い慣れないままにブログを書いています。

慌ただしく朝から出かけて、そのまま午後は、中野坂上のベーゼンドルファージャパンのサロンコンサートに行って来ました。

音楽評論家眞嶋雄大先生プロデュースのサロンで、美女と野獣のコンサートとタイトルがついたシリーズに伺っています。

Photocollage_20190901_052711730_20190901214001

先生の解説は大変解りやすく、作曲家や作品を紐解き、とても勉強になります。また、お人柄かとても温かい方のようで、聞いていて面白いのは、人間味溢れるコメント。このトークは、NHKか何かで番組やったら、良さそう~といつも思います。

さて、今日の美女はピアニスト田部京子さん。ゲストにオーボエの中村あんりさん。

モーツァルトのバイオリンソナタを、オーボエで演奏、大変よい曲で、二楽章が素敵な曲でした。

最近モーツァルトは、マイブーム(^_^)v だから、作品のここかしこに、言葉として憂いをひめたかのモーツァルトらしい音の動きや作りを感じて、また譜面が見たくなりました。

他によかったプログラムは、メンデルスゾーンの無言歌からの二曲。内緒話と、ベニスのゴンドラの歌!涙でて、感動~

田部京子さんの、深い表現、間の取り方、大人過ぎて、渋くて、それでいて高貴な愛にみちていました。

後半、ブラームス、グリーグと続きましたが、エレクトーンで持続音で鍵盤を奏でる私にとって、ピアノは打楽器のため、ペールギュント第一組曲に関して、何かもの足りない音楽に感じてしまいました。

アンコールに、邦人作曲家の作品展から吉松隆さんの曲もご披露され、いらしていた吉松先生の解説も加わり、とても貴重なコンサート~なかなかこんなことは無いですもの。

Photocollage_20190901_052116342

終わって、吉松先生、眞嶋先生にお願いしてツーショット。ちょっと厚かましくて申し訳ありませんでしたか、快くO.K.有難うこざいました。有難う😆💕✨

ベーゼンドルファーのピアノの音も、結構気に入ってます!スタンウェイや、ヤマハ、ベヒシュタイン、いろんなピアノの音、色合いがちょっとだけわかるようになってきました。(^o^)

今日の収穫は、メンデルスゾーン!もう一度無言歌、聞いてみよう~🎶

Dsc_0004

来週長崎へ

Dsc_4598

銀座のコンチェルトのことで忙しくして、すっかりお知らせが滞っていますが、私の音楽活動業務は、また九月から通常に戻り、そのための準備も恐ろしいペースで、この一週間過ごしました(^_^;)

でも、東京では基本、自宅で過ごしますから、自分なりにお昼寝タイムやら、ビデオ鑑賞やら・・・このビデオが強烈なのですけど爆笑(難波のの金融伝 とか、ミナミの帝王とか、極道の妻たちとか、)

銀座コンチェルトで、美しい、ピュアな感動の世界に浸ったから適度な刺激がやっぱり必要よねー(笑)

まあ、大きな疲れが襲ってきては、次のスケジュールに響くかと、おそるおそる体を労わっていましたら、全く疲れ知らず・・・・

さて、この数日に仕事したこと書いてみると・・・・

ボーっとしていたら、jet福岡支部の会報原稿締め切りは過ぎていて、あせって作成提出。銀座のコンチェルトコンサートのことを書きました。福岡の皆様、読んでねー。ってここを読んでいたら、同じ内容だけど・・・よろしく~

この秋からjet神戸店でレッスンをスタートすることになり、その詳細をご担当者様と企画立案。個人レッスンもですが、ちょっと仕切り直しのエレクトーン指導研究講座をスタートさせることになりました。3回完結で、とりあえずの10月 11月 12月です。こんな感じ

ダウンロード - e383afe383bce382afe382b7e383a7e38383e38397e59fbae7a48ee7b7a8.pdf

来週、以前から予定していたヤマハ長崎店へコンチェルトの講座があるので、そのための資料作成やら、演奏曲を決めて、スケジュール立案、あ~マネージャーほしい(笑)

この前、大学で教えている友人と話していたら、彼女には助手がいたのだった~当たり前だが、実力があるから今の彼女でもあるわけだけど、その部分が特にウラヤマC(^O^)

ピアノのアシスタントは、お願いしている方々が待機状態でいるけれど、カバン持ち状態のアシストがいたらなぁと、マジで思ったわ~

あ、横にそれました、

銀座終わって、楽譜やら、データのご注文が次々に入っており、有難い~特別楽譜も増刷しよう!

以前からお知り合いの先生が、地域でのイベントに参画されていて、そこでコンチェルトをやってみたいとのことで、私もご一緒することになりました。行くからには、彼女のお役にたつように頑張らなくちゃ。彼女のイベントなんですから! 彼女を輝かせるにはどうしたらよいか!

来週小倉jet定例研修は、大人のレッスン研究講座を私が担当するため、実は先月ぐらいから少しずつ関連の本やらで勉強。また親しくしている先生方に取材し、今日はそれをパワボにまとめ、担当者へ送った。今回大人のレッスン研究は、シニアのレッスンについて考えてみました! 何とか形にできて、ほっとしてます(^_^;)

そして、絶えず頭の中で考えているのは、朗読ライブの音楽制作。

なかなかまとまって鍵盤や五線に向き合えていないけど、9/10に第一回目の音楽も入った合わせがあり、エンジンかけなくてはならない。

まだ一枚も書いてないが、チラシをあちこちに配ってご案内。この現実~(^O^)

良いものにしたいなぁ。と、何度も原稿を読んでイメージを膨らませ、なんとなくまとまってきた。サントラ作る気分~楽しく頑張ろう!

で、そんな時に、携帯が壊れた!

大体イベントで写真の大きなデータやり取りが始まると、ダウンする。明後日から福岡なんですけど・・・・

明日、朝から携帯屋さんに行ってきましょー

今日も長々とお付き合いくださってありがとうございました。

 

 

2019年8月30日 (金)

コンチェルトコンサート第Ⅰ部

コンサートの第Ⅰ部 このコンサート、エレクトーン一台ずつのクラシックアンサンブルで、子供たちの演奏は、多彩で皆様をあっと驚かせるものがありました。

小さくても、堂々と華やかに奏でてくれて皆有難うございます。ご担当の先生方、ご指導有難うございました。

そして、ご父兄も一緒に頑張った! 良い経験、思い出の一日になりましたよね。

ちょっとぼけてるのもあるけれど、演奏ではなく何気ない表情をアップしてみます。

それぞれにお写真を少しずつお送りしますね。いっぱいあります~

人魚のうたを頑張ってくれた元木玲ちゃん。プログラム1番の大役を果たしてくれました! いつも私のアドバイスを真剣に聞いて、合わせる度にコンチェルトの楽しさ、美しさも感じて弾いてくれました。有難う(^O^)

Dsc00175

双頭の鷲の旗の下に を演奏してくれた櫻井樹里さん。アサインを使ったエレクトーン伴奏で、一緒に行進曲、迫力ありました! ゲストの花束贈呈も担当してくれました。有難う~

Dsc00168

異国からを弾いてくれた中川結友さん。原曲プロローグから、ジャズワルツのアレンジへ。先生なハートで、新鮮な作品の取組をご一緒して、本番ばっちりアイコンタクトもとって、弾いていて合わせる醍醐味いっぱい感じました。音楽を大切にする気持ち、とっても嬉しかったよ❤

Dsc00154

ベートーヴェンのソナタOp49-2 1楽章を弾いてくれた川﨑龍哉君。シンフォニックに支えるアレンジでまとまったコンチェルト、そのオーケストラとピアノコンチェルトしているかのようで会場からも大拍手でした。この経験が本格的なピアコンへとつながるといいなぁ~

Dsc00147

ちょっとうっとり、フォーレのシシリエンヌを奏でてくれた寺内理虹さん。テンポや音色の変化、構成に注意しながらドラマティックに。ピアノとエレクトーンの配分が対等なアレンジでしたから、出だしはピアノ伴奏から~一味違う苦労があったけど、とてもよく頑張った!

Dsc00138

ビバルディ四季より「冬」を弾いてくれた土谷瞭苑さん。りおん君は、↑の龍哉君みたいな感じの小2の時から私と時々コンチェルトに取り組んでくれていて、毎回この曲アレンジして下さいとリクエストしてくれます。その選曲のセンスは、皆が弾きたい曲そのもので、りおん君セレクトで出来た作品は華々しい私の代表作ばかり~今日も、バロックのこの曲、チェンバロの音に乗って、新しいコンチェルトの世界を伝えることになりました。すっかり少年から青年になって成長、私もコンチェルトでその成長により添えてとても感謝しています。

Dsc00129

もう一人のメンズコンチェルト! 川瀬治紀さん。彼も私とのコンチェルトで、いろいろな曲をご一緒してきました。部活に大変忙しい中にも、ピアノで気分転換、優しいきれいな音でラフマニノフのパガニーニの主題による第18変奏曲を演奏、曲の持ち味を大切に取り組んでくれて、まさしく音楽を心の糧にしているようでした。有難う~

Dsc00099

次は私のオリジナル曲「予感」に取り組んでくれた堀口真緒さん。頑張った―! 彼女は実はビゼーのファランドールで準備していたのですが、事前の銀座ステージ対応サロンコンサートでご紹介したら、すっかり気に入ってくれて、この曲へ変更。私の曲が弾きたいとにこにこキラキラした目で申し出てきたときの様子は、私も一生忘れない! 彼女も以前にコンチェルトをご一緒した経験がありますが、あの時はまだあどけなさが残るぽちゃっとかわいい女の子でした。曲に取り組むにつれ、その成長ぶりを感じながら、本番は自分のものとして、私の曲を自ら伝える姿は、著作者の私には何よりの励み、喜びとなりました。この挑戦する気持ち、自分を信じていく気持ち、ずっと忘れないでね。そして、私のこの曲を奏でてくれたこと、本当に有難う。

Dsc00108

最後は、かなちゃん、樋口佳那さん。私とのコンチェルトはたくさーん! ご一緒したいろんなレパートリーは、YOU TUBEにもたくさんアップして下さっているので、コンチェルトの選曲でYOU TUBEを開くとお目にかかるかなちゃん。いつも集中して思いを込めて演奏してくれます。今回は、やはり私のオリジナルの「木漏れ日の彼方へ」を演奏。曲自体に私の深い思いが込められているので、呼吸感やら音のバランスやらと、エレクトーンの持続音をかなり意識したコンチェルトになりました。こういうゆったりとした、持続音が薄くかぶるようなアレンジは、ピアノの人には緊張~でも、本番は彼女の木漏れ日として奏でてくれたかなちゃん! 有難う(^O^)よく頑張った~

Dsc00089

一部の皆様は、それぞれのピアノの先生のご指導の下、合わせとしてのコンチェルトレッスンにそれぞれ2回から5回ぐらい、私の活動拠点とするムジカサロンに通ってきてくれました。それぞれ親御さんと一緒に、みんなお母さまたちも通うほどに成長するわが子の姿を実感されたのではないでしょうか。

エレクトーンで伴奏しながら、真摯に透き通るような美しい心で、私と音楽を作っていこうとする子供たち!

毎回、そんな機会を持つたびに、この子たちのために私ができることは何か、明日の未来に繋ぐことは何かと、突き上げられるかの思いに動かされて、銀座を迎えました。

今はまだ、とにかくのこの思い出の一日ですが、今日のあなたたちの演奏と取組が、コンチェルト活動の歴史のように刻まれて、次に追いかける方々のための指標になり道標になることでしょう。

彼女たち、彼らの人生に関わってこんなに幸せなことはありません。そして、応援して下さって、大きな拍手を下さったお客様、本当に有難うございました。

Dsc00243

2019年8月29日 (木)

銀座コンサート写真アップ

銀座のコンサートのお写真を個別にお送りしたいと思います。少しずつお送りしますので、参加者の皆様どうぞお待ちくださいね。

今日は、2部の皆様をご紹介します。

まずは、福岡でいつもご一緒して下さる松岡良彰さんのモーツァルト フィガロの結婚から「伯爵のアリア」伯爵に扮した日本語の歌詞で、解りやすいオペラの世界を楽しませて下さいました。

Dsc00163

エレクトーンソロのマダムなお二人Yさん×2 わいわーい(^O^)

其々お好きなエレクトーンの世界、クラシックとポピュラーでレパートリーを広げていらっしゃいます。

今日の演奏曲、シュランメルのウィーンはいつもウィーンを弾いて下さった山田恵子さん、とピアソラのリベルタンゴを弾いて下さったのは山本利喜子さん。粛々と続けてきて銀座でご披露~お二人ともハードルを感じながら、とても頑張ってくださいました。有難うございます。

Dsc00080

Dsc00196

ご自身のオリジナル曲「水平線上のロマンス」をご披露されたのは福岡から参加の村濱ひかりさん。

ピアノアシストとしていつも助けていただきながら、作曲のレッスンにいらして下さってます。毎回お聞かせいただいて、とても新鮮な感動を受けています。これからも、たくさん、いい作品を期待しています!

Dsc00305

二部の最後はサンサーンスの動物の謝肉祭を奏でて下さった持山愛さんと、菊竹みなみさんのコンビ。仲良しのお二人の息の合った演奏、曲のよさを引き出して華やかに迫力ある演奏で楽しめました。有難うございました。

プリモの持山さんは、3.4年ぐらい前福岡での学生時代に、ピアノアシストを務めて下さったのが出会いのきっかけです。昨年就職で上京され、今も何かとお世話になっています!これからもよろしくお願いしまーす。

菊竹さんは今回のコンサートで、エレクトーンにご興味をお持ちいただいたとのことで、きらきら光線送っちゃおうっと(^O^)

Dsc00309

では、一部へとつづきまーす。データの関係で別に立て直しますね~

 

2019年8月28日 (水)

銀座の反響その2

今日は先日のコンサートにいらしてくださったとある方からお電話がありました。

ご招待でお招きし、当日さっとだけお顔を見て笑顔でご挨拶したものの、たくさんの人だかりで言葉をかわすことができず、翌日にお電話したものの、タイミング会わず会長は外出しております~あらら、、、。

エレクトーンプレイヤー第一号で創世期から活躍されていた桐野義文先生、今は埼玉の和幸楽器の会長をつとめていらっしゃいます。

30年前、埼玉にマンションを持ち音楽教室をはじめた頃からのお付き合いで、その和幸楽器のjetアドバイザーを私はつとめていました。

当時、発表会のゲストにお呼びしたこともあり、会長はその頃50代半ばだったのですが、私の小さな生徒さんたちやその親御さん、地域の方々、本当に一般の方々にエレクトーンの魅力を伝えて下さり、皆様が大変感動される様子を見て感動!一流のエレクトーン音楽の伝え方を教わり学びました。

その後も何かと遠くから支えて下さり、CDを作ったときもお送りしたら最初に感想を書いてお手紙下さったり、先生ご自身のコンサートではアシストを勤めさせていただいたこともあり、私は多大な影響を受けて育ってきたと思っています。

なので、先生にはぜひ、今回のコンサートは聞いていただきたく、今日はなんと先生からお電話いただきたくさんの嬉しい言葉を頂戴することができ、力をいただきました。こんなに嬉しいことはありません。

まずは、プロデュースに関して準備等皆を束ねてステージを全うしたこと、

演奏をかなりの数こなして、多彩なエレクトーンであったこと

一台によるエレクトーン伴奏でエレクトーン可能性を感じさせるものであったこと

最後に、松丸さんのやっていることは、エレクトーンが喜んでいると思うよ~って、❤️何よりも嬉しい誉め言葉に、ああ伝わった、続けてきてよかったと涙でそうでした。

またエレクトーン界の重鎮がもうひとり、恩師 柏木玲子先生もお見えになって下さっていたのですが、短いご挨拶の中の祝福、その後のメッセージに、私の活動を応援して下さる愛情一杯の言葉を感じて、先生方に喜んでいただけたステージを持てた自分にほっとしています。

そして、私のたどってきた人生に大きな影響を与えた方々とのこのご縁、育てていたはだいたからこその銀座コンチェルトステージであったことを、今も感謝の思いで胸に噛み締めるのでした。

私とコンチェルトしたお友達や先生方に、またレッスンしている皆様へも、私が受けてきたエレクトーン音楽について、伝えていけるかな?いやもうすでに、当の昔から繋いでいるはず~

コンサート終わって5日目、次のことを考えながらのんびりと、ゆっくりといただいたお花を大切にながめています。

Dsc_0005_burst20190824124744880

2019年8月27日 (火)

コンサートの反響

銀座の写真が届きました。いい思い出になりました。

出演者の皆様には、少しずつお送りいたしますね。

とりあえず、一枚ずつご紹介、3.4部を今日はお伝えします。

まずは、ホールステージ、素敵な空間、響きはまろやか、最高の気分で皆楽しんで弾いて下さいました。

Dsc00011

Program4部と3部の皆様、聞きごたえありました!

 

ラフマニノフピアコンの持山愛さん

Dsc00354

学生のころからアシストを務めていただいてるので、息もピッタリ。普段は音楽教育のお仕事で大変お忙しい毎日の中に、久しぶりにじっくりピアノに向き合う良い機会になれましたと、実力発揮のステージとなりました。

↓は、ゲストの佐々木さんとシューベルト「魔王」

私は迫力伴奏で、髪をふり見出し「魔王」になりきっています。佐々木さんの歌は、「誰も寝てはならぬ」の2曲、皆様大拍手!

 

Dsc00329

モーツァルトピアコン23番3楽章は森田香先生と。

今回半年ぐらいかけて準備しました。ようやく伴奏アレンジと、レジストができたのは4月。それから演奏の練習でしたが、難易度高くて、とにかくあのテンポでまとめられるかどうか、いつも森田先生と励まし合いながらの取組みでした。やっとなんとなく流れるようになり、ピアノと合わせる度に、この曲の持ち味を引き出したくなり、久しぶりに挑戦する楽しみを覚えつつ、自分なりのこの作品根気持ちも入るようになり、ますますモーツァルト熱が加速! 森田先生、これ全楽章あるよー(^O^)

Dsc00368

 

四部のピアコン最後は、生徒さんも4人参加で、指導に演奏に、舞台周りスタッフとしても、大変力になって下さった小原久美子先生。

 Dsc00379

たまたまお住まい近くて、なにかとついつい頼ってしまったことが、もしかしたら、小原先生のコンチェルト熱を引き上げることにもなって、生徒さんたちも本番皆頑張った! 先生のお力添えがなかったら、銀座のステージはこなせませんでした。

また、先生のご紹介によって、たくさんのお客様の応援をいただくことにもなりました。有難うございます!

本当に支えて下さり感謝!有難うございました。

グリーグに、モーツァルトに、ラフマにと、聞きごたえの3曲の後に、コンチェルトを作るきっかけともなった「霧の蔵」。

片平義浩先生と、ずっと弾き続けてきた、私のオリジナル曲です。

Dsc00405

いつも、こうしてステージで奏でながら、エレクトーンとのかかわりをお互いに持ち続けて生きてきたこと、この楽器を愛する気持ちで貫いてきたこと、お互いに刺激し合いながら励ましながら、九州におけるエレクトーン普及をご一緒しています。時々こうして最近は東京でも「霧の蔵」をご披露できるようになりました。これからもお互い、ジジババになっても、弾き続けていこうねー(^O^)

↓演歌歌手じゃないですよん~最後にご挨拶。

実は私、こんなに素晴らしい響きのステージは初めてで、嬉しくて最高!な気分でした。

今までは、何かイベントで感動すると、胸が詰まって、今までの苦労が・・・なんてお涙ちょうだいモードに入りがちだったのですが、今日は違いました。

やったー! 最高~みたいな気分で終わり、弾いている時も、全く緊張がなく、客席の皆々様に向かって伝えられる至福の喜びを実感しました。

こんな私が、このヤマハホールに立つことができたこと、スタッフさんに恵まれ、出演者の皆様は精進して下さり、応援の皆様はたくさんのお仲間に声をかけて下さり、集客を頑張って下さったりと、多くの皆様に支えられて私は幸せ者です。

これからも、精進して、エレクトーンを、音楽を作り続けて奏でていきたいと思います。みんな、応援してねー。

Dsc00414

2019年8月26日 (月)

次の仕事へ

_20190827_041447

月曜がまた始まりました。

銀座の残務は、まだ少し残っていますが、体も然程疲れずで、用心しながら(^_^;)のんびりしてます。

写真もFacebookにアップできて、ちょっとほっとしました。これから順次参加者の皆様にお送りしなくちゃ。

さて、今日は、福岡jetの会報原稿制作し、神戸jetでスタートする三回シリーズの指導研究基礎講座ワークショップなるものの企画書を作り、夜は音楽制作で今度ご一緒する佐々木亜希子様の活動弁士シネマートライヴに行って来ました。

その間、仕事の依頼や、楽譜問い合わせ、レッスンの申し込みなど電話が入り、落ち着かないままに、すべて完了。

さて、新宿シネマートへ。

活動弁士佐々木さんの語りは、多彩な声色を使って演出、引き込まれていきました。またその音楽があまりに自然に背景となっていたために、あ、聞きに来たのだ!(笑)

音楽は、永田雅代さんが、生で演奏されて、かなり勉強になりました。映像にあわせて、BGMを即興で弾かれ、まさしくワタクシも今度取り組まねばなりません。

でも、今日の映画「雀」とは、雰囲気と異なる朗読ライヴなのですから、私は作品として、何か作って見ようかと思います。

楽しみに取り組みます。

2019年8月25日 (日)

自然の力を浴びながら

Dsc_2034

Dsc_2036

Dsc_2040

Dsc_2044

コンサート終わって二日目、疲れが出やしないかと、何せ9月はスケジュールつまりまくっていますし、そのための準備もこなさねばならず、ダウンするわけにはいきません。

はっと、考えた!

疲れが出てくるのを、じっと待ちわびてる自分に、あああほらし~😆💣✨

確かに、肩や背中に浴びた視線が矢のように筋肉をこわばらせているので、これはリラックスが必要と、近所の親水緑道へお散歩。

たまたまの曇り空は、緑の優しい森林浴みたいな効果でしょうか、夏の終わりを告げるセミの鳴き声大合唱も、頑張ってるステージに聞こえました。ソプラノ大きすぎ、押さえて~はいテナー、少し力ないね、頑張れ~って、どんだけのセミ合唱団でしょ。😁

セミたちの声に辟易しているのか、いつもよくみかける鳩は、茂みの中でたぶんお昼寝かな。

小川には赤い金魚が二匹、仲良く泳いでいたのですが、すばしっこくて撮影できず~二匹の戯れを眺めて、トロトロ歩きました。

足立区東綾瀬、自然がすぐ身近にあり、いだかれて、癒されて、、、。

明日からは、通常モードで頑張らねば、、、❤️

御礼のメッセージ、ようやく終わりに近づいてきました。皆様、まだの方、ごめんなさい。そして、皆様私の音楽を大変喜んでいただけたことに、今頃嬉しさこみ上げ、これまでの出来事が思い出され、長いことエレクトーンに向き合ってきたなと、涙でます。

父や母が生きていたら、どんなに喜んだことでしょう。

そう、主人の母に電話で報告したら、その様子を喜んでくれて、聞きたかった、そして私も詩吟を歌いたかったよと。

まだやる気満々な母、98歳、何かしら?してあげられることは。

また、穏やかな毎日が訪れています。

2019年8月24日 (土)

御礼のメッセージ

Dscpdc_0003_burst20190825150655730_cover

昨晩関係者で打ち上げ、祝杯で終わったのが11時、新橋のホテルに出演者を見送り、車で荷物と共に帰宅したのは、一時前ぐらいだったと思います。

一夜明けて、疲れが出るかなと心配したわりには、全く元気!(^O^)

今回のコンサートは、準備を練りに練って、スタッフさんたちにも力をお借りして皆で取り組んでいましたから、あれこれ追加やら修正があっても、皆で分かち合えているという安心感があったせいか、いつになく、緊張もあまりありませんでした。

演奏は、私は伴奏者の立場で、メインのピアノさんが気持ちよく弾けるにはどうしたら良いか?

そのあたりも、かなり合わせを行いましたし、今回のコンサートが私とはじめてといった方は、ごく少数、つまりは、今回のコンサートは、10年の月日をかけて作りあげてきた集大成的なステージだったわけです。

私たちは、スタッフさんも、演奏者も皆が笑顔で音楽で気持ちをひとつに、楽しさや喜びを分かち合えてる実感があり、あちこちからいただく嬉しいお言葉、こちらこそ、生きてて良かったに近い喜びがありました。

手作りで、手探りで、私の活動にはいつもお手本はなく、迷った時に話し相手になってアドバイスくれる方々は、みなバランスがとれた方ばかりで、だからこそ昨日のような感動を共有できるステージになれたかもと、打ち上げ参加メンバー20名は、ワタクシのスペシャルプロジェクト❤️

皆様ありがとうございました。

ちょっと近所をお散歩~

ひまわりの向こうに、今度は何がみえる?‼️

たくさんのお客様からいただいたメッセージ、メール、素敵なお花、プレゼント❤️みんなありがとうございます。

松丸、糖尿病ですから、甘いものはお裾分けで、いただきました。これお気持ちだけしっかり受け取って、全部たべたら、死ぬ~~~(笑)

御礼を皆様にそれぞれお伝えしながらのやりとり、なんと私は幸せだろうかと思いました。

皆様に私の音楽がとどいて、何かしらの風を感じて、これからも精進し頑張って参りたいと思います。

皆様、これからもよろしくお願いします。

2019年8月23日 (金)

with エレクトーン はじめて出会うコンチェルト コンサート

1566642365318

1566580497474

1566580506102

1566642260163

Dsc_2022

銀座ヤマハホールにおける、はじめて出会うコンチェルトコンサートか無事に終わりました。出演の皆様お疲れ様、スタッフの方々、ありがとうございました。また、ご来場の皆様、応援ありがとうございました。

今年は2月ぐらいから、この準備におわれて、しかし、様々に仕事が発展した中で計画的に準備、本当に少しずつを積み重ねました。

よって全く緊張することなくリラックスの演奏をすることができ、私はこれまでになく私自身が楽しいコンサートを行うことになり、新しい体験になりました。

楽しさは、他の出演者にも伝わり、そのままステージにつながり、お客様にもつながる。よい経験になりました。

小さな生徒さんから大人のかた、セミプロ、指導者の方々、ゲストの佐々木洋平さんの声楽と、多彩なプログラムで内容の濃い演奏会は、多くのお客様のご来場を賜りまして 、私にとっては、人生の節目となる音楽会!、1日大変楽しい思い出深い時を、会場にいるすべての方々と集い合い、大変楽しくご一緒することができ、幸せ者です。

皆様のお陰で今日の日を迎えることができて、ひたすら感謝!お世話になりました皆様、ありがとうございました。

一番嬉しかったのは、私の求めていた音響で、まろやかな響きで音楽を伝えられたこと、ヤマハホールのPAは、流石なのです。スタッフ、作品ひとつひとつに、細やかな対応を示してくださる音響で、気持ちよく弾くことができました。幸せ~ありがとう💖

お客様からも、バランスよく心地よくて、素敵な作品とたくさんの嬉しいお言葉頂戴し、自分の頭の中で流れるイメージが、具現化するような感覚を覚えました。

また、ピアノはYAMAHAのCFXが入っており、以前に北九州黒崎のひびしんホールで弾いたことがあるのですが、その音を体験したときに、ラフマニノフのピアノコンチェルト2番を書きたい!と思った経験があります。

リハーサル最初は、私のオリジナル曲「霧の蔵」から。ピアノにふれた瞬間、夢のような体験、なんとよい音、なんと私の音楽が羽をつけたように響いていくの、素敵すぎて、幸せ~たくさん、たくさん弾いていたい、伝えてみたいと思いました。

ムジカでいつもスタンウェイを弾きながら、幸せと思うけれど、YAMAHACFXコンサートグランドの魅力に触れて最高~私の頭にこの経験インプット(^O^)レジストが増えたみたいな感覚❤️

写真は、これからアップ、とりあえずの雰囲気だけお伝えしますね。

お花やメッセージ、プレゼントのお礼は、これから、どうかお待ちを❤️

新たな景色見えてます。

神様ありがとう‼️


2019年8月22日 (木)

いよいよ明日

1565540840706

いよいよ明日、いや正確には今日!銀座でコンチェルトのコンサート本番です。

ワタクシごときが、銀座で作品展をひらくことになり、2月からスタートしたこのコンサート、やる前から感謝です。

ご一緒してくれる皆様がいてくださるからこそのステージ、さあ、楽しまなきゃ😃

今日は、正確には昨日は、最終準備で、主人にも助けてもらい、そうだ!養生テープ!とか、袋物や文房具など、かなり現実的な買い物へハンズに行ってきました。

楽屋弁当も手配、主人と私のセレクトで、スタッフさんには頑張ってもらわなくちゃ!よろしくお願いします。

もう夜になってから、そうだ、作品展だ、プログラムに解説差し込むんだった!と、原稿かいて、ファミマに行って300印刷して先程終了。受付周り、毎度、紙系の準備には、こんな感じになって、自分のことに関しては、最後の最後~それでも、当日のスタッフさんにお世話になるための、あれこれ、抜けそうだ(^_^;)

それも、ずいぶんと慣れてしまいました(^O^)こんなマイペースを許してね

明日が晴れの舞台なのだとわかっていながら、なぜか緊張感が全くないのは、一体なぜか?

それなりに、積み重ねてきたからかな。もはや、捨てるもの、失うものはない気分で、運命のシナリオのページは進む~

ご一緒する方々、スタッフの皆様と、会場のお客様と、楽しまなきゃ。

楽譜販売について、特別記念楽譜の他に、在庫から少し持って並べることにしました。

はじめてのレパートリー

コンチェルト選曲集(vol.1819あたりの楽曲挿入)

モーツァルトピアコン21番3楽章

この3種類も並べます。価格は、こちらは格安在庫処分~(笑)

両親が生きていたら、さぞや喜んだことだろうな。

私のために、遠くへと仕事を求めて離れて暮らした父、不自由な体で、父の留守を守り私を育ててくれた母。

今は主人が、両親に成り代わって私を守り支えてくれる毎日です。ありがとう(^O^)

作品展、作品ごとに、そのままの辿ってきた人生が見え隠れするだろうな。

これからは、与えられたものを、たくさんの人に与えて、自分もその人たちにも、幸せな気持ちになってもらえるような仕事をしたいなぁ。

結局、髪は伸ばしてしまいました。この雰囲気を、三輪さんか、假屋崎さんか、いや、アルゲリッチか😁

人前に出るような私ではないこと、重々わかっていながら、伝えたい音楽の力で、明日を迎えます。

ご一緒する皆様も、張り切ってるかな?緊張してるかな?とにかく、一生のうちにあまり経験できないステージになるだろうから、いい思い出としてよい時間を過ごすことにしたいです。楽しみ~

さあ、寝よう。おやすみなさい

 

 

2019年8月21日 (水)

特別記念楽譜

_20190822_014517

_20190822_014443

銀座ヤマハホールで開くコンチェルトコンサート、カテゴリー別にまとめて、四冊の特別記念楽譜を作りました。

表紙は、今回も娘である東條飛鳥の作品から。それぞれにつけられたタイトルにまた想像が膨らみ、ページの奥へと誘われるように。

背景色パープルは、vol.27の改訂版、オリジナルコンチェルト曲3曲を見直し、音や特に「木漏れ日の彼方へ」は、エレクトーンアレンジを細部に渡り手を加え更にバージョンアップしています。表紙のタイトルは、「風、落ち葉と」銅版画です。

背景色薄オレンジは、コンサートプログラム一部の曲を7曲収めました。はじめて出会うコンチェルトシリーズからの選曲で、導入から上級、発表会に良さそうな、生徒さんと楽しめるアルバムになっています。表紙のタイトルは、「手芸道具の夢」

背景色薄ブルー、山並が綺麗な空の色に映えた絵、印象深いでしょう。タイトルは「静寂」この楽譜は、声楽曲3曲を収めました。

背景色薄グリーン、グランドピアノの屋根をイメージさせるかの絵のタイトルは「演奏前」それを囲む黒いもやっとしたのはどんな意味があるのだろう、など、ついタイトルからぐいぐいと、想像力を広げたくなります。この楽譜は、今回4部で演奏、フルサイズで取り組んだモーツァルトピアコン23番3楽章のみの楽譜です。1楽章からすべてを一冊にしたかったけれど、単楽章のみでまとめました。

4冊並べたら、その表紙の力にも助けられ、大変嬉しく、作品を形にできて、制作の苦労も吹き飛びます。

本番当日、ロビーで会場販売致します。内容によって、既にお持ちの楽譜と被る内容かもしれませんが、コンサートを記念した特別楽譜、もちろんデータもご用意しています。よろしかったらUSBお持ちになりますように。

私の作品、いつもこうして皆様にお届けするのも、昨年から、ミュッセのネット販売から自主制作で販売するようになりました。

音楽を作ること、楽譜として形に残し、製本すること、その音楽を披露し発表する場を持つこと、さらに楽譜を販売すること、その音楽を広げるための普及活動、後進の育成、と、多くの方々のお力をいただきながら、皆様に助けられての今回のコンサートでもあります。

一生懸命に取り組んで貫き進んでいても、形にならねば、なかなか見えていない自分の姿、その辿った足跡を自ら励ますこともでき、もうどこにも逃げられる場所は無し😁と更に覚悟!

あといよいよ明日1日を残し本番です。

皆様とお目にかかること楽しみにしております。

2019年8月20日 (火)

リハーサル弾き合い会

Fb_img_1556583582540_20190821004001

今日は、銀座のコンサートのための最後の合わせで、リハーサル会でした。

平日お仕事もおありの参加者の皆様もいらして、欠席者がありつつ、それでも11名の方々が本番さながらに、演奏をご披露。

司会の先生も、いらしてくださり、コメントを読み上げて下さり、気分はそれなりに本番気分!

緊張しながら、其々が頑張ってきた姿を伝えていました。あと数日、さあ、張り切って盛り上げていきましょう。

午後には、最後のプッシュでレッスンさせていただいたり、ゲスト佐々木洋平さんもお見えになり、軽く合わせ~行ける、行ける!

素晴らしいテノールに合わせて、エレクトーン伴奏楽しい❤️

終わって、雨の中をお茶の水へ出かけ、モーツァルトピアコン23番3楽章を一冊にまとめる作業を行きつけのお店にこもって行いました。

既に、昨日発注依頼した3冊は出来上がっており、仕事の速さに感謝。でもお楽しみは明日、今日発注した分も一緒に受けとることにして、とっておくことに。

コンサートの準備、些細なことも一つずつクリアにしながら、今年の夏の最大イベント、私の人生の中でも思い出深い1日になることでしょう!

今日集まったお友達、お母様、マダムたち、先生方、皆様の銀座コンチェルトコンサートは、どんな感じ?楽しんで欲しいけれど、なかなかイメージがつかめないのが、もどかしい様子も感じられました。

帰宅したら、美味しいご飯を主人が作って待っていてくれ、感謝感謝!

参加者の皆様、スタッフの方々と作りあげるステージ、そのためのドラマを感じて、私なりの今回のコンサートへの思いは、人生においても新たなステージへの思いへ移ろいでいます。

よい1日が、この気持ち、この思いが、1日でも長く続きますように。

お休みなさい。

«秋のスケジュール

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ