最近のトラックバック

フォト

2018年10月21日 (日)

柏木先生のエレクトーン

東京ビッグサイトの楽器フェア、YAMAHAのブースで柏木玲子先生の演奏を聞いてきました!

ザ エレクトーンミュージックと呼ぶにふさわしいオリジナル曲の数々は、ますます輝きと深みを増して心に響き、次々とこぼれる宝石のようでした。

長く関わって先生を仰ぎ、たくさんのことを学び、また今日多くの感動を貰い、こんな幸せなことはありません。

リクエスト!💖ありがとうございます。

嬉しかったなぁ😃💕

思い出いっぱい。また増えました。


Fb_img_1540129518170


Fb_img_1540129522211


Fb_img_1540129525469


2018年10月20日 (土)

美女と野獣?のトーク&コンサート

Fb_img_1540129271034


Fb_img_1540129277383


Fb_img_1540129280991


Fb_img_1540129284440


Fb_img_1540129287908

評論家で作編曲家の真嶋雄大さんのトーク&コンサートに行きました。

シリーズのタイトルは、美女と野獣のコンサート~今日は2回目でオールモーツァルト!楽しく学んで芸術に触れた❤️

中野坂上にあるベーゼンドルファージャパンのサロンには、素晴らしいピアノがならび、ベーゼンの音にも満喫♪

三輪郁さんの明るく軽やかなモーツァルトに癒されました。ありがとうございました。

次回は12/8、オールショパン皆様にもオススメ!

2018年10月19日 (金)

新幹線事故車両

博多を15:19発の東京へと戻る新幹線、姫路駅を過ぎ御着のあたりで緊急停止、どうも人身事故。5時半ぐらいでした。

電気が消え、たまたまカーブで止まったため、斜めってなんだか変な感じでした。

ちょっと停車かと思っていたら、なんと結局車両は破損して前には進めず、バックでとにかく乗客をおろすために姫路へ。動き出したのは8時過ぎ、それから姫路で上りの新幹線に新大阪へ、乗り継いで東京に着いたのは24:40

なんとか、山手線最終電車にのり、終点上野からタクシーで、自宅に着いたのは2時近かったと思います。

この遅れは大変な影響を与えたようですが、当事車両車中、以外と長い時間にも皆冷静で怒鳴ったり、変な行動などおこすことは感じられず、子供も楽しそうな声、そのうちスヤスヤ、大人はみんな諦めておねむらしく、寝息が聞こえる。

それは、車掌さんの車内放送がかなり詳しく的確に伝えていたからと思うのです。今の状況と、安全第一で対応していること、これからの計画、予定10~15分ぐらいの感覚で伝えていました。

それは、乗客の気持ちを安心させることにつながって信頼を生み出したと思います。

そして、やはり、最近はオリンピック対応で訓練されているのか、それらの車内放送は必ずあとに英語でもお話されていて、はぁ~時代はJRも車掌さんも進化してる!

また、途中なんども、安全確認のため、16号ある車両を前に後ろにとおお急がしでも、今から移動することを案内し、特に姫路へとバックで進むことになり、運転手さんを反対側先頭車両へ移動する際にも、お二人で手際よく移動できるように、また運転手さんは、線路に人が入ったことを見て運転されたそのメンタルなどにも配慮されたのではと思います。

ひとりしかいない運転手、彼がパニックになったら、乗客千人をどうしらたよいか。

また運転手さんは、もちろん訓練されているかとは思いますが、新幹線にホームから飛び込むなんて、メトロや山手線ならよくあるあってはならないことだけど、新幹線はあのスピード、もともと通過の姫路駅では、飛び込むほうもかなりのものだったわけで、、、その現場を目撃した運転手さん、乗客の安全をひとりで背負う気持ちなど、いろいろ考えてしまいますが、ひたすら急ぎ車両を移動する時の気持ち、想像するだけで、辛くなるわけです。

でも、そこをうまく支えて、しっかりと乗客対応、本当に臨機応変、平静を保ったアナウンスて対応、とても立派でした。

なんだか、そんなことを感じたら、あってはならない事故なのではありますが、よい経験とすることができたように思います。

JRちょっと私の中では、かなり株か復活した1日、写真は緊急停止した時の車内、姫路駅へ戻った時のホームです。最後に、、、アドバイザー仲間からお土産に貰ったお菓子、夕飯無しでの車中につまんで空腹をしのぎました。

Facebookやラインでたくさんの励ましをいただき、感謝!💖ありがとうございました。

Fb_img_1540128745790


Fb_img_1540128751375


Fb_img_1540128756795


Fb_img_1540128777799


Fb_img_1540129139661


2018年10月18日 (木)

声の伝わり方、話し方

明日の会議のために、久しぶりに新幹線で九州へ。

5時間、一人の時間~

お弁当にお茶、アイスクリーム、そのまんま、売り子さんの可愛いお姉さんのアニメ声が車中に流れて、はぁ~世の中声の伝わり方、アピールの価値と方向について考えました。

NHK的な声のトーンと、伝え方、話し方

スッチーさんのやたら、ご丁寧だけど、偉くなった気分にさせてくれる機内アナウンス的な伝え方

ちょっと若い子が、キャワイイ声で、甘えるようにお願いする伝え方

みんなどれも、耳を傾けたくなります
。そして、購買意欲を掻き立てられる気分になりそうですわ(笑)

大手の病院の自動お会計、お会計を済ませた最後に、明らかにマシンの声で

「ありがとうございました、お大事に!」

私はアンドロイドか?爆笑

ついに、こうなると、高齢化社会寂しいものです(^_^;)

そのうち、年金がふりこまれたら、携帯から赤ちゃんの声で

「おじいちゃん、年金だよ~ん」
な~んて聞こえてくるかもね。

あー、やだやだ、

また、それも楽しいかな😉

2018年10月17日 (水)

楽器フェア!柏木先生が演奏!

10月19日~21日、東京ビッグサイトで開催される「2018楽器フェア」では、エレクトーンを思いっきり楽しめるメニューが盛りだくさん!!

楽器フェアYAMAHA展示情報

そのなかで、私の恩師である柏木玲子先生が、演奏されます。

嬉しい❤️❤️❤️嬉しいなぁ❤️❤️❤️❤️❤️

絶対行かなきゃ!

この情報見た途端、元気になる!
私にとっての、柏木先生は、多大なエレクトーン音楽の影響を受けた方であり、先生の素晴らしい音楽は、人生にも影響をうけた勢いなんです。

ご存知ないかたは、聞いてエレクトーン音楽の原点にふれて欲しいなー

皆様、聞きに行きましょう(^_^;)

Fb_img_1539785954065


芸術の秋

やっと元気になり、カレンダーを見ながら楽しみにしているコンサートやイベントにニンマリ!

先日は、久しぶりに友人や生徒さんを誘って、銀座YAMAHAサロンへピアノコンサートに行きました。

リスト「夢」「アヴェマリア」ベートーヴェン「ソナタ18番」ショパン「バラード1番」

そして薫りたつ美しさが感じられたシューマン「子供の情景」に癒され、最後はバルトーク「ピアノソナタ」

圧倒されるリズムと、緊張感を伴うバルトーク節が迫って刺激的、元気をもらって聞き応えありました。

安田里沙様すてきな演奏ありがとうございました。

芸術の秋、来週はモーツァルト、次々と楽しみがまっている~👍

その前に明日から出張が待っている(^O^)

Fb_img_1539785580294


Fb_img_1539785592736


2018年10月16日 (火)

宮地楽器コンチェルト講座

毎日講座のご案内で恐縮ですが、来年1月18日金曜日に、中央線武蔵小金井駅から歩いて3分ぐらいにある、宮地楽器さくらホールで、コンチェルト講座を実施致します。

こちらは楽器店様主催で、jetの先生方をはじめとして、エレクトーンコンチェルトにご興味をお持ちいただく先生方ならば、広くご参加いただけます。

ピアノの生徒さんに、楽しくレッスンするためのエレクトーン活用、アンサンブルの楽しさを、導入初級から上級まで幅広く作品紹介しながらお伝え致します。

どうぞお近くの先生方、ご参加お申し込みお待ちしております。

宮地楽器松丸弘子コンチェルト講座

2018年10月15日 (月)

芸術センターコンチェルト講座

昨日の講座ご案内告知が、PTNAからもはじまりました。

お申し込みはこちらから
松丸弘子コンチェルト講座

私の携帯が春に壊れたため、いつも講座に要らしてくださっていた皆様のアドレスや連絡先が途絶えた方もいらして、毎年参加の方にお知らせが届けることできず大変心苦しく思っている方がいるのです。

目黒のいつもいらしてくださるG店のお二人、こちらお読みになられたら、講座関係なくご連絡いただけると、大変有難いです。

よろしくお願いします☺️

2018年10月14日 (日)

2018コンチェルト講座開催のお知らせ

毎年秋に開催してきました自主開催のコンチェルト講座、大変お知らせが遅くなりましたが、今年も開催することに致しました。

♪華やかな発表会~ピアノ&エレクトーン クラシックアンサンブル♪
松丸弘子編曲 はじめて出会うコンチェルト講座~レクチャーコンサート

■2018年11月29日(木曜日) 10:30~12:30

■場所 東京芸術センターピアノサロン「ショパン」

今年から、初めて出会うコンチェルト新刊発売は、ミュッセからの企画販売がなくなりましたので、この講座でお届けする新作は、講座資料として販売致します。(vol.25までの作品はこれまで通りミュッセでのご購入をご案内させていただきます)

■受講料 3000円(別途、楽譜、音源データ販売あり、データご希望の方はUSBメモリーを必ずご持参下さい)

■内容~新作作品紹介、指導、編曲、演奏のためのレクチャーセミナー&コンチェルトオリジナル曲コンサート

♪紹介予定曲~ブラームス温もりのワルツ/双頭の鷲の旗のもとに/ビバルディ四季より冬/ショパンバラード1番より/チューリップのラインダンス/美女と野獣/乾杯の歌/亡き王女のためのパヴァーヌ/木漏れ日の彼方へ/予感/霧の蔵他
(曲目は変更される場合があります)

今年は様々に活動が広がり、関東のあちこちでセミナーやコンサートを奏でることができました。新たな出会いもあり、皆さま方からの応援大変感謝しております。

そのステージ毎に作った作品と、オリジナルコンチェルト曲3曲をまとめてお届け致します。

場所は、以前からお世話になっていた北千住の東京芸術センターです。

準備の都合がありますので、どうぞお早めのご予約をお願い申し上げます。

チラシできましたら、Facebookや関係各所に告知配布致しますが、こちらブログをお読みにて先行してお席を確保させていただきます。

ご予約は
mla54152@nifty.com または、
gurico.1219@softbank.ne.jp
お電話は 08035172770へ。

内容や、活動依頼等のお問い合わせも、どうぞお気軽にお問い合わせください。
08035172770


20181129


2018年10月13日 (土)

発表会で弾かせたい習いはじめのコンチェルト

よく先生方からのリクエストで、発表会に弾かせたいコンチェルト曲、どういうものが良いでしょうか?お勧めを教えて下さい!とのお尋ねをいただくことがあります。

アンサンブルの楽しさを与えるコンチェルトですので、導入や初級からでも、人に合わせる体験は貴重で、その後のレッスンや音楽人生にもかなり影響を与えることかと思うのです。よって、教育的に大切な部分。

コンチェルト指導は、当たり前の話ですが、ソロ演奏よりもエネルギーのかかることであり、データに合わせる感覚の人間伴奏君的な捉え方では、その指導者の意識レベルを疑問に思うのです。

難易度高くないうちだからこそ、伴奏もちゃんと弾いてあげるからこその、レッスンではないでしょうか?

お手軽に走って後が大変になりますよ~って、最近は父兄たちも弾けなくても音楽性高い方が増えており、親御さんの耳も肥えている(^O^)

指導ひとつで楽しく、練習するようになるから、生徒のやる気をそだてるのにも便利なツール!であることは違いないのです。

ピアコンが弾きたい夢に一歩近づくラインよりも、ずっとぐぐっと実用的なコンチェルト作品を求められ、それは生徒のできることに合わせた編曲を担当の先生がさくっと作られるのでは?と思っていました。

私が手を出すところではないと考えていましたが、お教室をされる皆様には、教えることに第一のエネルギーなわけですので、そのあたりも、実用性第一で考えてみようかなな、なんて思っています。

そのあたり、エレクトーンソロで弾かせても、アンサンブル感覚を育てることができ、耳を育てる経験が大事。

バースデイマーチ、バグパイプの行進とか、子犬のマーチ、ちょうちょ、茶色のこびん、チョップスティクスとか?10人のインディアンとか、

何かいい曲あったら、教えて下さい。

可愛いお友達がコンチェルトで弾けるものつくって見ようかな‼️

2018年10月12日 (金)

御礼のお手紙

今日は先月桶川で開催されたコンチェルトコンサート参加の生徒の皆さんお一人ずつに、御礼のお手紙をお出ししました。

あの子供達のピュアな姿が、とても心にしみて、筆をすすめながら思い出すのです。

にこにこ笑って、楽しそうに奏でる姿、アイコンタクトの表情、大人顔負けにきっかけを出す強さ、ひとつひとつが思い出されて、やっぱりコレ!コレが大事だわ!

あの経験が、これからの音楽人生、いや様々な人生にも役立ってくれるようにと、願う気持ちを込めて書きました。

いい思い出になれたこと、主催者であり、ご指導された工藤先生に感謝です。

元気になったから、筆をとる楽しみを感じることができます。

みんな喜んでくれるといいな。写真はコンチェルトコンサートのスナップ

180916_1106


1537103326191


Fb_img_1537178385251


2018年10月11日 (木)

一万歩を目標に

今日は一万歩目標にちょっぴり思いきっていつもより遠出、綾瀬から亀有抜けて中川へ。
途中面白そうな道場発見!温泉もあった‼️

Fb_img_1539186883169


Fb_img_1539186890318


Fb_img_1539186893920


Fb_img_1539186897691


Fb_img_1539186901202

お散歩で見つけた足立区ならではの面白そうなお店~大谷田から東和へ綾瀬へまっすぐ抜けるバス通り沿い。

Fb_img_1539187108766


Fb_img_1539187112217


Fb_img_1539187115728


Fb_img_1539187119587


Fb_img_1539187122874

お散歩でたどり着いてびっくり!都立中川公園。残念ながらつい数分前に閉門、でも必ずまた行きます!
親水緑道や都立公園が広々とあり足立区よいとこ~👍
ワタクシ病み上がりのせいか、自分でもびっくりするような表情でまるで死相が、、、いーかーん!言霊になるぞぉ、ぞぉぉぉ~😱


Fb_img_1539187336669


Fb_img_1539187340336


Fb_img_1539187343891


Fb_img_1539187349444


Fb_img_1539187353046

そして今日の歩数は?

12643歩!やったぁ😃遥かに目標を上回り、帰宅したら、やたら元気になってきました!

やっと、やっと、ぬけたかな?

2018年10月10日 (水)

テレビがお友達

この一ヶ月ぐらい、体調が悪いことをよいことに、横になりながら時間を過ごすために、映画やドラマをたくさん観賞しました。

何といっても、便利なNHKオンデマンド、見放題パックで相変わらず親方様❤️大好きで、大河をこんなタイミングだからこそ、見放題!

今回は今放送中の「西郷どん」のあたりの時代の将軍様、本木君が演じる「徳川慶喜」を完結見てしまい、はぁ~と、徳川の品性と知覚、歴史を学び、その頃の音楽史なんぞに照らし合わせて、楽しんだりしました。

ついでに見るつもりが、あまりのかっこよさに、武家魂を揺さぶられる気分になった「一路」永山絢斗さんが、やたら素敵、いい男!イケメン~やっぱり、時代劇の主人公はイケメンに限る❤️

その次にはまったBSプレミアムシネマ、最高に懐かしいアル パチーノ!

学生時代、親友が大ファンで、二人して講義やレッスンをサボって、1日アルパチーノ主演の映画を観に行った思い出あります。

バイオリン専攻の友人は、バイオリンケースを抱えて映画館の前に。私が到着した時には、既に午前中の放映を見た後で、私とランチしてその後、終演まで二人で4,5回観ました。

そして、なに食わぬ顔で、自宅生の彼女の家にお泊まりして、ご飯を食べさせて貰ったなぁ~😱 おば様が、こんなに遅くまで、何していたの?と尋ねられたら、「定演前で、合わせや練習が忙しくて、ねぇ~」って、私に同意を求める、悪な演技、かわいい芝居で、定演前に関わらず、スクリーンの前でアルパチーノに胸をときめかせていた私たち、いや、、、私は寝ていたが、爆笑

どんな話だったかすら記憶に無いんだけど、当時ワタクシが、アランドロンの方が素敵だ‼️と言うのに彼女は、アルパチーノ。

彼女は大学教授の娘で純然たるお嬢様、ワタクシはちゃらい庶民の味方みたいなテイストで、二人はやたらボケボケしたのりで気があってましたが、男性の好みが違った~(^_^;)

さて、そのアルパチーノが、なんとプレミアムシネマで登場していたのです。

「カリートの道」

いやぁ、ポポ(親友のニックネーム)が、はまったわけが、今わかる❗確かに、としとっても、カッコいい、良すぎる!

素敵な映画を観ると、そのお話の空気に直ぐに同化してしまう=どうかしてしまう?(^_^;)シンプルな作りのワタクシ。

今日は、黒澤明監督の「天国と地獄」を観ました。

羨望がいつの間にか、憎悪に変わり、その思いが生き甲斐になる様を描いて、なんと人間とは愚かな者かと、ずんと胸に響く流石の黒澤映画。

次第に体調も復活してきたし、あちこちから、今年の講座を求める声をいただいて、有り難いことです。

そろそろ、起きて、マジでエンジンかけなくちゃ!✨

2018年10月 9日 (火)

鴨さん、いた~❤️

夕方、東綾瀬公園散歩、久しく見かけなかった鴨さん、いた~❤️

久しぶり~元気だった?よかった!(^O^)

銀杏は、もう少しで金色に輝きます。

秋の訪れ、最後の夏の名残、さようなら

Fb_img_1539104657884


Fb_img_1539104662755


Fb_img_1539104666200


2018年10月 8日 (月)

三連休

このところ、三連休ありすぎます。

世の中、労働意欲は無いのか?(笑)

月曜病から、火曜日の鬱 とかタイトルで、何かありそうです。

レッスンしている先生たち、月曜日の生徒さん大変だろうなぁ~

あ、ワタクシ、曜日関係なく毎日が、日曜日よ(笑)

少し元気になってくると、やたら、いろいろアイデア浮かびます。

また悪くならぬように、ボチボチ~静かに、静かにです。

2018年10月 7日 (日)

楽譜浄書フィナーレレッスン

今日は、ちょっとまだ本調子ではなかったのですが、保護者付き添いモードで、主人に付いてきてもらい、渋谷へフィナーレのレッスンに行きました。

日曜日、夕方の渋谷は、若者がうじゃうじゃ、あてもなく何を探しているのか、直ぐに分かる人混みで、ジジ、ババカップルなんて、おりませんので、それはそれで、目立つ、、、ことはありませんが、(^_^;)、やっぱり何だか居づらいわ~(笑)

月に二回のレッスンであっても、九州出張や、風邪で二回もお休みしてしまいまして、前回のポイントをおさらいするように、また先生にご指導していただきました。

本格的な浄書には、まだまだ届いていないこの事実を知った時には、奈落の底に落ちた気分になりました。

ミュッセにワタクシが入稿したのは、何だった?既に販売購入された皆様~(^_^;)許して~みたいな気分に陥ります。

が、

ワタクシのよい所、人間って、間違いはいくらでもあるものだわ。また、学んで磨いて、更に力をつけましょ。

そうだ!そうだ!

幸せな😃💕奴と言っておくんなせ~👍

ゴールは遠いし、この年になって、また一からなんて、余程浄書家の方に、お任せする方が早そう。

でも、自分の作品ぐらい、きちんと伝える術を身につけておきたいと思います。

帰りに、原宿方面をジジババカップルで、お散歩したら、若返った気分になりました爆笑

また歩きたいな。

追伸 ❤️ 今日は受講生の中にエレクトーン関係の講師さんであり、演奏家の方とご一緒致しました。なんとぉ、事前に先生がお話されていたこともあるのでしょうが、ワタクシをご存じで、嬉しいのと、恥ずかしいので、久しぶりにオーディションのような、いや、お見合いのような、、、ちがうな(笑)

繋いで下さったそのお気持ち、とても嬉しかったです。

新しい出会いと、新しい関係、大切にして参りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

2018年10月 6日 (土)

亀有お散歩

Fb_img_1538867421181


Fb_img_1538867425195


Fb_img_1538867428983

夕方、お使いへ亀有へ。JR高架下の商店街アルガードがお気に入り。プチデパ地下みたいなんです。今日も、駅前の両さんにちらっと挨拶(笑)、その前のヨーカドー入口横で、紙芝居やってました!なんだかプロの声優さんみたいで、めちゃめちゃ楽しかった‼️


2018年10月 5日 (金)

11月発表会ゲストリハーサル

11月26日に、松戸市民劇場で行われる発表会のゲスト演奏のための、打ち合わせから約一ヶ月、本番まではまだ日はありますが、前回選曲したコンチェルト曲の、初めての合わせを行いました。

リトミックを展開されるピアノがご専門のお二人の講師さんたちは、昨年の私のコンチェルト講座や、アリエッタでのサロンですっかりエレクトーンの魅力にはまり、ぜひ生徒さんにエレクトーンの音を届けたいと、今回の企画になりましたから、ワタクシ、お二人と張り切って以下の内容で、演奏することになっています。

♪オープニング~世界はひとつ!小さな世界
アレンジはこれからですが、構想は出来上がり、鳴り響くファンファーレに、楽しいマーチ、さまざまなお国巡りの音楽スタイルでアレンジして、小さな世界を楽しんでいただきます。

♪ミニコンチェルトコンサート
生徒さんがレッスンや発表会で聞いたり弾いたりしたあの曲が、コンチェルトになったら、こんなになるよ!

■フチーク~剣士の入場
ピアノにはない楽しい音があふれた伴奏にのって、かわいい元気のよいマーチで、さあ!お楽しみコンチェルトの世界へ!

■優しい花、狩猟~ブルグミュラー
ピアノのソロから異なるイメージで、あなたのストーリーを広げてみてね。やさしくうっとりとお花がお話してくれたり、森の中で繰り広げられる狩の様子は、迫力満点のアンサンブル!
■グルリット~小さなロマンス
ピアノを弾く後ろから、綺麗なストリングスが和音で支え、ハープやオーボエといったオーケストラの音が聞こえてきます。何かに掻き立てられるかのような、後ろ髪をひかれるような、、、初恋の思い出思い出してる?

♪素敵な名曲をコンチェルトで味わう
ショパン~バラード1番より
リスト~愛の夢より

お二人の講師さんとお届けするコンチェルト、なんだか合わせて部活のように私たちが楽しくなりました。

他に、、、実はこちらの発表会では、ワタクシ恥ずかしながらエレクトーンのソロも演奏致します。

シンフォニックなものをとのリクエストで、ホルストの組曲惑星より「木星」
キラキラした星や時間と空間、母なる宇宙の壮大なイメージが届けられますように。

お近くの皆様、どうぞ応援に聞きにいらしてね!❤️

2018年10月 4日 (木)

小倉jetコンチェルト伴奏ワークショップ

7月にブルグミュラーのコンチェルト講座を実施したばかり。

これまで、あまり手をわずらわさせないその場で終了スタイルの作品紹介コンチェルトレクチャー講座だったのですが、皆様から、実際に音を出しながら、弾きながらのブルグミュラー伴奏がよかったらしく、では、そのエレクトーン伴奏を学ぶワークショップスタイルの講座を展開してみることにしました。

そう!

エレクトーンの指導者も、みんなエレクトーンが大好き!~当たり前(^O^)

みんな弾いてきたから、ずっと弾いていたい!

そんな気持ちがフツフツと伝わる講座になり、私もたくさん元気を貰いました。

今日は基本ビート、2,4拍子の初級ですぐに使えそうなもの、02ならではの楽しさを伴奏に盛り込んだものからセレクト~

学校へ行こう⑪/新世界より第二楽章ラルゴ⑰/剣士の入場⑰/聖者が街にやってくる⑱/闘牛士⑱/お楽しみおまけ 美女と野獣/チューリップのラインダンス

先生方には、ベーシックで弾いていただきましたので、ベーシック研修にもなりました。

コンチェルトを一人で講座するのは初めてで、どうなることか心配もあったのですが最初にデータをお渡しし、各自ベーシック操作から入りました。

生徒の立場になりピアノパートも弾いて、エレクトーンパートをメインの02から流し、合わせて分担奏して、以外と初見も大変。

何回も何曲も弾いていくうちに、楽しいけれど疲れるぞ(笑)

今日の反省を踏まえて、また半年後ぐらいに、今度は初級から中級に使えそうな
ちょっと素敵な発表会レパートリーをやりたいと思いました。

事前に曲をお知らせして、弾いてきて貰おうかな。(^O^)

生徒さんがベーシックをお持ちの先生にとっては、何よりの現実感(^O^)お一人ずつに、ここ、このボタンと会話することで、先生かたとのコミュニケーションも楽しく進み、なかなかこのスタイルよいかも‼️❤️

よかった❤️

今日の皆様、集合スタイルのレッスンみたいな研修でしたね。赤ちゃん連れて参加してくださった先生もいて、おとなしくお母様の手を煩わせることなく参加!

ベテランママたちや、ベビーリトミックで赤ちゃん対応に慣れた先生方ばかりで、みんな雰囲気よくて、愛が溢れた研修にもなりました。

またやりましょうね!そして、サウンドカーニバルにピアノの生徒さんも参加させましょう‼️

小倉の先生方、ありがとうございました。


1538631326263


1538631322729


2018年10月 3日 (水)

博多の生徒さん

月初は福岡でレッスン。単発受講でもO.K.とうたいながら、継続して受講される方々は6名になりました。

そして、この私のレッスンも、足掛け4年ぐらいのお付き合いの継続の方もいらして下さり、私の状況もありますが、先生方のご都合にもフレキシブルに合わせていますから、お互いに無理をせずマイペースでも、継続は力なり。

その成果を最近大変感じるようになりました。

そんな中にあって、私よりもお姉さまの先生方お二人が、昨年からいらしてくださっています。

のペアのレッスン。コンチェルトを取り組んで下さっています。

私がレッスンすることは何かと、彼女たちからのリクエストにお応えしながら、私のほうが学ぶべきこと、教わることが多いのです。

エレクトーンの機能的なことへのサポート、新たに入ってきた今時の生徒さんへ、今のエレクトーンで楽しくレッスンするコツをご伝授したり、せっかくお二人ですから、コンチェルトも取り組んでいただいています。

今日は、ショパンのノクターン。皆が楽しく弾けるようにと、「ショパン優しくノクターン」の副題をつけた作品。はじめて出会うシリーズのvol.9に入っています。

テクニック的な難易度は、手の届くようにししても原曲のもつ表現のセンスは生かして、内包されるハーモニーは変わりませんから、伴奏するとかなりの勉強になる作品。

登場した減7の和音から、和音(コード)のつくり、ショパンならではの進行、効果的なエレクトーン伴奏のポイントをお伝えしたら、ますます作品にご興味お持ちくださり楽しそう!

夏のなみきでは、「ペルシャの市場にて」を演奏されたお二人。これまで子供たちが取り組むことが多かった作品を、大人テイストで演奏、その姿に、会場にいらしていた多くの先生方が感動、奏でる喜びを目の当たりにして刺激とされる感想をたくさんいただきました。

何より主宰として、またアドバイザーとして、また、彼女たちをレッスンする立場として心に染みたことがありました。

若い先生方から、私もずっと楽しくエレクトーンを弾いてアンサンブルして、あんなふうに年をかさねていきたい。とのこと。

成長するのは生徒ばかりではないのです。

指導者も生徒とともに育っていく姿を共有しながら、分かち合える喜び!幸せなことだと思います。

その瞬間、その時限りの出会いや出来事自体で終わってしまう目まぐるしい時代にあっても、継続の価値はなにものにも変えがたく、よい先輩に誘われて、九州で、福岡での居場所を私も持てたことを感謝します。

明日は、小倉でコンチェルト。どんな1日になるのかな。

芳しくない体調ですが、少しずつの回復です。おやすみなさい。

2018年10月 2日 (火)

博多駅ビル回遊

出張福岡、レッスンを追えて、いつものホテルに戻っても、スッキリと風邪が治りきっていないようで、つい横になってしまいました。

まだ、夕方、明るいうちから、ダウン。

体力が無いなぁ。

こんな時には携帯をいじって、時間を過ごしていたのに、とてもそんな気にならず~

食欲もいまいち無くて、食べないとのりきれないから、無理にでも食べなきゃで、一人で出かけたのは、

soup stock tokyo

福岡にもあるし(^_^;)

慣れたお食事で、安心していただきました。(笑)

世の中、どこにでもある何とか~みたいに、場所をどこでもドアで移動しても、同じ暮らし過ごしてる気分。

博多駅界隈なのに、東京でよく食べるスープを飲んだら、安心したよ~

その後に、阪急やら駅ビル散策、お散歩はついに博多駅回遊コース。

ここにも、MARUZENあるし。(笑)

デザインの本を立ち読み、素材集を手に取り、写真集で癒され、小一時間の気晴らし。

ちょっとずつ元気回復してきたかな。

最後に立ち寄ったお店は、ペットショップ。

熱帯魚や、爬虫類、セキセイインコと、見つめあったぞ!

とうとう、来てます来てます、、、

体が元気になったら、何でもいいから、違うこと始めたいな。


JALの機内オーディオサービス

最近また出張は飛行機を使っています。
新幹線が、今の私には向いていると、言われて、確かに~❤️

でも、短い時間でさっと移動は、便利だし、体も疲れている時こそ、飛行機は有り難いです。

JALの機内オーディオサービス、久しぶりに聞いてみました。

チャンネルは、いろいろあるけど、やっぱりクラシック、そしてjetストリームなどを聞きます。たまに、落語!(笑)

クラシックのコーディネーター&ナビゲーターは、壇ふみさん。クラシックの曲をちらりと解説し、テーマにそったプログラムは、毎回素敵です。

今月はゲーテにまつわる曲が、モーツァルトに、シューベルト、グノーや、デュカスなどもあり、面白かった!

中でも、ジェシーノーマンのソプラノで、シューベルトの魔王は、とても表情豊かで、もともとの男性が歌うテノールや、バリトンとは一味違う迫力を感じました。

夜の女王を思い出したりして(^_^;)

ちょっとした機内での寛ぎと、仕事にも生かすヒントをいただくこともあるJALのオーディオサービス、まるで図書館とか、楽譜売り場、CD売り場にでかけたような気分になります。

意外と集中して聞けるのも、飛行機だからこそかも。

今は映像のサービスも充実していますが、静かに目を閉じて音楽に耳を傾ける時間、よい癒しのひとときです。

2018年10月 1日 (月)

台風去って九州へ


夜更けの嵐は凄まじく、これまで経験したことのない風に怯えて、なかなか眠れないと思っていたら、朝でした(^_^;)

お天気も、気分も晴々となり、いざ福岡へまた出張!しかし、今月は定例会はグレード研修をシステムの先生にお願いしましたので、ワタクシは、レッスンと小倉jetで業務です。

最終便にのって夜間飛行~羽田まで主人が送ってくれました。体調がなかなか戻らずにいるのを心配してくれ、また仕事の相談には、経験豊かな視点で、有り難いアドバイス。

羽田までの小一時間、着いたら美味しいカレーうどんをたべて、夜の羽田を眺めながら、ロイヤル入ってお茶しながら、いろんなことを話しました。

子供達も巣立ち、夫婦だけの時間が訪れています。

思い出深い出発になりそうです。

2018年9月30日 (日)

双頭の鷲の旗の下に~コンチェルトアレンジ

Dsc_0571


Dsc_0572

今日は台風がやってくるというので、お使い以外は散歩もせずに、やりかけていたヨゼフ フランツ ワーグナーの「双頭の鷲の旗の下に」を書き上げました。

同じワーグナーでも、こちらは、あのリヒャルト ワーグナーではないので、注意!

旧オーストリア帝国の紋章↑は、その王家であったハプスブルグ家のもので、その紋章をつけた双頭の鷲の旗というのは、オーストリア帝国時代の軍旗のことなのです。

日本では錦の御旗として、先週の「西郷どん」で鳥羽伏見の戦いの中でも、天皇の勅許を示す戦いであることとして、軍旗の威力が伝えられていました。

それと同じく帝政時代のドイツ オーストリアでは、皇帝の代理のようにみなされ神聖視されていたわけです。

軍楽隊長だった作曲家の、祖国に対する忠誠と賛美を歌ったものかと思います。

写真の楽譜にあと二枚トリオが加わり6枚でおさまりました。

運動会や、ブラスバンドで馴染み深い、よく知られたマーチ=行進曲!きっと、発表会とかで、盛り上がることでしょう!

台風を吹き飛ばすかのように、ファンファーレが、頭の中で響いています!


2018年9月29日 (土)

ヴィバルディ四季より冬アレンジ

リクエストをいただいていたヴィバルディ四季より「冬」の一楽章を、今日はじっくり分析しました。

モーツァルトやベートーベンなどより100年ぐらい前の作曲家、日本では江戸時代前半、関ヶ原から徳川の世へと安定から繁栄の鎖国時代の作品、作曲家~

音楽史でいえば、古典より前のバロック真っ只中なわけですが、よくあるフーガの様式は取らずに、標題音楽の走りのような、当時流行したソネットと言われる詩に合わせて書かれています。

その詩を読みながら音楽を聞いていくと、より理解度深まります。
その詩を知らずに音楽だけ耳にした場合、その和声の連結やら、高い演奏テクニックを要するリズムやら、明快な強弱など、完全なアンサンブルを必要とする、なんとクールで、現代的!ともいえる作品ではないかと感じていました。

さて、この曲、実はもともとコンチェルト=協奏曲です。
ラフマニノフや、グリーグ、モーツァルトなどのピアノ一台と伴奏オーケストラといった、同じスタイルではありませんが、バイオリニストでもあり、教会のオルガン弾きでもあったヴィバルディは、当時のアンサンブルとして、共に奏で合奏する、独奏バイオリンと、弦楽合奏の協奏曲を作り、なんと生涯にわたり、コンチェルトを450曲以上作っているのです!

エレクトーンで伴奏、コンチェルトアレンジに勤しみ極めることが、エレクトーン音楽発展のためにも大いに役立つと信じて疑わない私。

これはコンチェルトの本格的な学びを更に踏み込むことにつながり、私なりのアレンジではあるけれど、ピアノとエレクトーンのコンチェルト作品にすることで、多くの方々にヴィバルディを楽しんでいただけることになり、特に和声の連結の面白さを味わえる作品にしたいと、ぐっとヴィバルディ❤️になって、少しずつ書いています。

最初のハーモニーの動き、エレクトーンで弦楽と、チェンバロでたどり、バイオリンソロからピアノでと思っていましたが、ソネットを読んだら、デザイン変わってきました。

▪️ヴィバルディ~協奏曲「冬」

冷たい雪にガタガタ震え
激しい風の吹く中を
ひっきりなしに足踏みしながら駆けている
あんまり寒いので 歯の根が合わずカタカタ鳴る
(以上 1楽章に匹敵する部分のみ)

ガタガタってイメージ、標題にあわせて同音連打は、二つの音にアーティキュレーションを作り演奏します。

寒い北風が三回吹いたあとに、寒さに凍えながらも足踏みして駆けている、その時の孤独感、手も悴んで、吐く息の白さ、温かさだけを慰めにするかのよう~

しんしんと冷える空気に向かうのは、温かい暖炉のある家なのでしょうか、2楽章へとつながるこの切々と、眈々としたハーモニーの連結と分割したリズムを、ソロで寸分の狂いなく安定してひくには、かなりの強い意志を持たねばならないです。

そして、その伴奏部もまた、まるで打ち込み入力DTMが良さげな音の動きを感じます。

更に、単に支える伴奏に乗っかって、メロディーを弾いて、何とか形になるという音楽の伝え方では、無い!

ということに気がついたら、新しい「はじめて出会うコンチェルト」の作品、挑戦になるような思いなのです。

2楽章は、jetの「音楽ノート」に歌唱教材として取り上げられていました。対応するメイン教材のギャラリィには、クラシックからの学びがたどられ、今頃になって、制作された先生の思いが少しわかったような気がするのです。

エレクトーンを趣味のおもちゃや、便利機器でおわらせるのか、楽器としての歩みへと、ソロとしても通用する確かな奏法をマスターすることをレッスンしていくのか。

またまた話が長くなりました(^_^;)

ヴィバルディ「冬」できたら、またステージや講座でご紹介させていただきます!

今日も長くなってごめんなさい😅

あなたもぜひ原曲を聞いてみてね。
ヴィバルディ四季より「冬」

2018年9月28日 (金)

久しぶりにお散歩へ

体調は回復し、今日はお天気にも恵まれましたから、久しぶりに東綾瀬公園へ。

娘を連れてランチ兼ねた公園散策、太陽の光と森の木々たちが放つ新鮮な空気に包まれ、すっかり元気を取り戻すことができました。

公園の小川には、たくさんの鯉と、メダカが泳いで水も豊かでしたが、残念にもお目当ての鴨たちは、一羽も見当たらず。

どこか住みかを移動したのでしょうか。

彼岸花の朱色が、夏の暑さを乗り越えて、まだ紅葉には届かぬ公園に、秋の訪れを伝えていました。

ただ、草むらには、秋の虫の声が響いています。

新しい季節のページを、私もめくることにしたいと思いました。

Dsc_0557

Dsc_0560


Dsc_0567


Dsc_0570


Dsc_0563


2018年9月27日 (木)

やみあがりレッスン

一週間ぐらい伏せった生活から、久しぶりに世間の風邪を浴びるかのように、お茶の水へレッスンに出掛けました。

今日の生徒さんはご専門のピアノの先生、アリエッタサロンではグリーグのピアコンを弾かれたのが記憶に印象深く、あれから気がつけば2ヶ月。遠い昔の出来事のようです。

あのあとすぐに、クリスマスにご自身の教室のイベントでコンチェルトを頑張ってみたいとお電話でお聞きして、既にエンジンはスタートしていました。

今日はその楽しい企画や演奏曲などをお伝えくださり、楽しみ~みんなの喜ぶ姿が目に見えてきます☺️

いつも、1つ何かプラスとなることを見つけては、ご自身の刺激にされ、それをすぐに生徒さんのために還元していらっしゃって、前向きな姿に感心するのです。

来春の発表会も会場がとれたそうで、更に華やかなプログラムが期待できそう!素敵なこんな先生だったら、生徒さんはレッスンに通うのが楽しみで仕方ないのではと思いました。

生徒さんに頑張る機会を作ってあげるのは、指導者の重要な務め!

そんな刺激を受けて、自宅に戻ったら、ふと思いつき!ワーグナーの「双頭の鷲の旗のもとに」のコンチェルトアレンジに着手。サクサク楽しく筆が進みました。jetの教材曲でもあるし、取り組んでいただける曲になるかも。

内職中のビバルディには、スコアを紐解きながらひたすら感動しています。音楽のルーツ、和声の力、何をもって標題音楽としたかビバルディの奥深い協奏曲の原点を見て、新たな挑戦だなと、コンチェルトアレンジのデザインを考えました。

新しい作品をご紹介できるのも、私の楽しみのひとつ。

寒い晩秋のような1日を終えて、静かに過ごす時、以前ならば、ネットを閲覧する時間でした。

しかし今は、それもやめて、大切に、この時を慈しんでみたいと思います。


Main_00000000268


2018年9月26日 (水)

制作しているときの気持ち

風邪が日毎に良くなって、無理はやめておいた方が良いかな?と言いながら、ちょっとずつの無理がOKになっていくことが、やっと嬉しくなってきました。

というか、一つ作品の目途がたって、自分なりの納得した時間を過ごした充実した思いが、いつも作り終えた時にあるのです。

できないときは、まるで心は小心者で、病魔に侵されているときと同じ・・・これでよいのか?いやもっと、こんな感じか?と悩みに悩んで、おかしくなりそうな時もあります。

以前は、書いている途中の原稿やデータなども、後生大事にとっておいたのですが、最近はもう、とても置いておく気になれず、バンバンゴミ箱行き~

たまに、昔の原稿が出てきたりすると、あら、これ使ってみようかとか(^^ゞ未練があったのねー(笑)

自分の作ったものですもの・・・・私が一番どんな言葉なのかわかっているわけですし。

しかし、続けていけばいくほど、自分を追い込んでいるように感じています。

それは、何かと比べていたりすることもあり、・・・・

わが道をマイペースで充分歩いている方だと思っていますが、だからこそ、すべてのことにお手本を他に見出すことができず、時々エレクトーンを選んでしまったこと、遠くへの仕事について、制作や活動についてなど、問いかけることになるのです。

今はもう、主人も仕事を辞めてシニア生活を静かに送っているので、私が好きな道をこうして続けていること、続けさせてもらっていること、続けねばならないこと・・・等々、様々な見方でわが身を見つめると、思うように反映されないことやら、作品に対する挫折やら、また家族に対する感謝と、健康に対する思いなどが交錯し、いい歳になっているというのに、こんなんでええの?との気分に陥ります。

今回は、体自体も風邪菌に侵されておかしくなっていましたから、その体調の悪い状況の中を、好きな編曲作業は自分のための癒しでもあったわけでした。体は大変だが・・・

用は、うまく進まないと、奈落の底に突き落とされたかのようで、しかし、その感覚がまた心地よさでもあるという複雑な精神状態を楽しむ、いや乗り越えながら、私は書いています。

きっと、作るのを仕事にしている人々は、きっとこんな感じなんでしょうと思います。

楽譜の中に、その作曲者の❤を感じると感動するから、私もそんな仕事をしたいなと思います。

それは、名だたる音楽家の作品には到底及ぶものではありませんが、同じ生活感、共感度の高い日常を過ごす方々とは、きっと相容れるもの高いわけですので、「今」の時代にいても、多様な音楽の世界の中では、きっと教育のところで生かされる作品を作り続けていくこと、それは音楽の歴史をたどって伝えることも、大きな仕事の要になると思っているのです。

きっとこれから、だんだん歳をとっていけば、演奏から離れていくことになり、私の作品を弾いてくれる方、楽しんでいただける方を育てておかねば。でも、すでにエレクトーン人口はとてつもなく縮んでいることの現実を知った時、ちょっと悲しくなるものです。

最近、またエレクトーンが復活してきていて、私のやっていることも、お日様の当たるようになれたらいいな。って、え?影なんですか?と尋ねてくる方々には、いえいえ一緒に頑張っていきましょうよと声をかけながら、一瞬走る虚しさも、現場のお教室の子供たちの様子や、熱く奏で、教える姿を目の当たりにすると、迷い自体がぶっ飛んで、こんないいことがわからないって、かわいそーと思えてくるから(^○^) 私は筋金入りのエレクトーン、jet、コンチェルトの人なのですよ爆笑 あ、PTNAの会員でもありました。

そう、私の作品で幸せになってね!って、思っていましょ!

すべての人が素敵!と思っていただけたら、そりゃ最高です。たまに、お好みではない方もいて、いろいろなことも経験してきました。でも、良いと思ってくださる方が一人でもいたら、その人のために音楽で喜ばせてあげたいと思うのが、身上。

だから、小さなピュアなハートで、一生懸命心を合わせてコンチェルトする子供たちを裏切ることなんて、絶対にできませんのよ~私のそばの身近な人たちを音楽で幸せにしてあげなくては。

・・・・・・・次第に風邪は風是となり、

ブラームスの子守歌へと優しく優しく穏やかに穏やかに・・・・・

今年は、この時期いつもならば、「初めて出会うコンチェルト」新作発表講座をご案内する頃なのですが、残念にも、「初めて出会うコンチェルト」は、PTNAから新たに出せなくなりましたので、新たな道を考えねばならず、講座企画自体も自主的なものは頓挫しています。

でも、皆様から、今年はいつ?とか、次にご一緒するステージはいつ?と尋ねられると、有難いのと頑張らねばいけないとの感謝でいっぱいになります。

この時期、毎年講座の準備のために書いてきたからこそ、今の私があって、作品を愛して下さる方々がいて、育くんで来た歴史も感じています。

何かを克服するように、制作する時の気持ちに新しい変化を伴って、生きていこうと思っています。

皆様どうぞよろしくお願いします。今日は、とっても長くなってしまいました。最後までお読みくださって有難うございました。

2018年9月25日 (火)

ブラームスはお好き?

先日お知らせしたブラームスのワルツを書き上げました。

風邪をひいて寝込んでいた最中の制作になり、なかなか思い出たっぷりです。

中間部の副属七で広がっていくメロディー、シンプルなつくりなのですが、そのシンプルさがぐいぐいと気持ちをつないで、まるで芽を出した植物が、ずんずんと大きくなっていくみたいだ!

短い曲でも、作曲者の意図を深く感じて、次は子守歌を取り上げてみようかなと思っています。

この子守歌がまたいい!

というのも、エレクトーン伴奏としての教材になれるのではと思うのです。

伴奏で、ハープの音を使って、アルペジオで刻むのは、意外とピアノ畑の方々にとって、たやすいことのようで、その雰囲気作りが難しいとのこと。

エレクトーンクラシック伴奏には必須のハープアルペジオ奏法なのですが、楽器自体が進化したせいで、最近ではあまりお見かけすることが少なくなってしまいましたね。

でも、ハープというとグリッサンドがお得意・・・なんだけれど、そうそう簡単にグリッサンドは登場するものでもなく、この優しい音色を使って、穏やかにリズムを刻んであげるだけで、ある意味、エレクトーンならではの伴奏かもしれないと思いますので、ゆっくりのワルツや子守歌ならば、これは使える!と思って、弾いてほしいなぁ。

風邪が少しずつですが快方に向かいつつ、咳がひどくて、横になるとごほっ、げほっと、これってアレルギーもありそう・・・・

ブラームスは、ピアコンもなかなか素敵ですから、いつかはエレクトーンのコンチェルトにしてみたいです。

気難し屋のブラームスさんの、謙虚でプライドの高い雰囲気は、作風からも感じられ、細やかなところにこだわりを見つけては、なぞなぞの答えを得たかの気分になっています。

2018年9月24日 (月)

人にうつしたら治る風邪(^_^;)

結構しんどい風邪が、ちょっとずつ良くなってきたかな?と思っていますが、その横で夫と娘が、しっかり風邪にかかってしま
い、お熱が、、、すみまーせーん😢

人にうつる頃良くなるよ~なんて、冗談かと思ってましたが、

ホントですね(^_^;)

この病気で、何にもしなかった妻、母は、ひたすら看病致しましょ(*_*)

徳川慶喜、全部見たし!

本木のファンになった!❤️

あ~明日から平日やん、お仕事モードでござります!

病気のだらけた生活、体が辛いからとはいえ、何にもしなくて構わない怠惰な日々よ、(笑)また、、、、来なくてええ爆笑

こうして、家庭内は、またグリコ独りの毒舌ショーが始まり、夫と娘は、静かに横になるのであった‼️

«寝こ垂れお彼岸

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ